洋画

映画『ワンダーウーマン』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじ

このページでは、映画『ワンダーウーマン』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\31日お試しで動画無料/ 映画『ワンダーウーマン』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ワンダーウーマン』はアメリカDCコミックスの同名作品の2017年の実写映画です。『マン・オブ・スティール』、『バットマンvsスーパーマン』、『スーサイド・スクワッド』に続くDCEU(DCエクステンデッド・ユニバース)の4作目となります。

ディズニーデラックス

映画『ワンダーウーマン』動画を無料でフル視聴する方法

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど
他の動画も見放題!

『ワンダーウーマン』を
無料視聴する

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『ワンダーウーマン』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT × 440円/2日 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV × 300円/2日 932円 30日間
dTV × 300円~/2日 550円 31日間
TELASA × 200円/2日 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
Amazonプライム × 199/2日 500円〜 30日間

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

動画で視聴可能なDCEU(DCエクステンデッド・ユニバース)作品

映画『ハーレイクインの華麗なる覚醒』エンドロールクレジット後おまけ映像は?続編や評価感想まとめ2020年3月20日から、DCコミックスの人気ヴィラン(悪役)キャラクターの一人であるハーレイ・クインが主人公となった映画『ハーレイ・ク...

動画で視聴可能なDC映画作品

動画で視聴可能なガル・ガドットの出演作品

動画で視聴可能なパティ・ジェンキンス監督の作品

  • 映画『モンスター』
  • ドラマ『ザ・キリング』シーズン1
  • ドラマ『ザ・キリング』シーズン2

 

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ワンダーウーマン』の映画情報

映画『ワンダーウーマン』あらすじ

現代のフランス、パリのルーヴル美術館。主人公、ワンダーウーマン/ダイアナ・プリンス(ガル・ガドット)は素性を隠しそこで働いています。

そんな彼女のもとへ第一次大戦時の写真が送られてきます。100年も前のものですが、そこには兵士たちと写る今と変わらないダイアナの姿があります。

写真の送り主は大企業ウェイン・エンタープライズのオーナー、ブルース・ウェイン/バットマンです。

写真とともにこんなメモがありました。「この写真に隠れた物語を聞きたい。」

ダイアナは昔のことを回想します。

彼女が生まれ育ったのは女性だけの一族が秘密に暮らすセミッシラという島で、そこの王女でした。

幼いころから戦士にあこがれ、母であるヒッポリタ女王(コニー・ニールセン)の反対はありましたが、叔母であるアンティオぺ将軍(ロビン・ライト)の指導の下、厳しい訓練を受けて一族の中でも優秀な戦士となりました。

ある日、一機の飛行機が島の近くに墜落し、ダイアナは乗っていた操縦士を助けます。生まれて初めて見る男性の名はスティーブ・トレバー(クリス・パイン)。

アメリカの兵士で連合国のスパイとしてドイツに潜入し、非常に強力な毒ガス兵器の存在を知った彼は情報が書いてあるノートを奪い飛行機で逃走したのでした。

外界と隔絶されたセミッシラで育ったダイアナは、悲惨な戦争で何千万人という人が犠牲になっているというトレバーの話にショックを受けます。

彼女はドイツ軍の総監、エーリヒ・ルーデンドルフが戦争の神、アレスであると思います。

かつて、創造の神ゼウスは自分たちに似せて人間を作りましたが、ゼウスの息子であるアレスはそんな人間に嫉妬して心に悪を植え付け、争うようにしたのでした。ゼウスはアレスを追放しましたが、アレスはいつか復活します。その時のために我々一族は存在するのだとダイアナは聞かされていました。

彼女は戻ってくることが出来ないことを知りつつも、世界を救うためにトレバーとともに外の世界に行こうと決心するのでした・・・

監督はパティ・ジェンキンス。

女性監督として過去最高の興行収入を記録した人物となりました。この大ヒットを受けて、ガル・ガドット、クリス・パインなどのキャストとともに続編でも監督を務めることが決定し、2020年に『ワンダーウーマン 1984』の公開が予定されています。

今作は批評家たちにもなかなか好評でした。

2時間越えの作品ですが観るものを飽きさせません。監督の手腕によるところが大きいと思いますが、キャストの力も見逃せません。

元ミス・イスラエルのガル・ガドットの美しさや母国での兵役の経験は『バットマンvsスーパーマン』でのビジュアル、アクションのすばらしさとして結果をすでに出していましたが、今作ではさらにそれらの要素が素晴らしい効果を生みました。

また、多くの映画で主役級の出演経験のあるクリス・パインが作品に与えた効果も無視できません。

『スタートレック』シリーズでジェームズ・T・カーク役を演じたパインはスティーブ・トレバーという役に威厳を持たせることに成功しました。ワンダーウーマンの陰に隠れて下手をすると3枚目になりそうな役にカリスマ性をもつ人物描写を可能にしました。

クレジットされていないので詳細は分からないのですが、アクションシーンに特別に監督がいなかったとすれば、パティ・ジェンキンスはアクションについてもかなりの表現技術を持っていると言えるでしょう。

スーパーヒーロー作品には時々リアリティを若干犠牲にした派手なアクションシーンがありますが、今作では非現実的なシーンに説得力を持たせることに成功しています。ぜひ、注目してほいです。

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ワンダーウーマン』キャスト・出演者

  • ワンダーウーマン/ダイアナ・プリンス:ガル・ガドット
  • スティーブ・トレバー:クリス・パイン
  • ヒッポリタ女王:コニー・ニールセン
  • アンティオぺ将軍:ロビン・ライト
  • エーリヒ・ルーデンドルフ総監:ダニー・ヒューストン
  • イザベル・マル博士/ドクター・ポイズン:エレナ・アナヤ
  • パトリック・モーガン卿:デヴィッド・シューリス
  • エッタ・キャンディ:ルーシー・デイヴィス

主人公、ワンダーウーマン/ダイアナ・プリンスを演じたガル・ガドットは『ワイルド・スピード MAX』で映画デビュー、前作『バットマンvsスーパーマン』で注目され、その好評を受け今作で初主演となりました。

元ミス・イスラエルの美貌と母国イスラエルでの国防軍の戦闘インストラクター経験が活かされたアクション演技がワンダーウーマン役にぴったりですね。

ダイアナが初めて見ることになる男性、スティーブ・トレバー役のクリス・パインは両親ともにハリウッド俳優という芸能一家。

2003年にテレビドラマ『ER緊急救命室』でデビュー、『プリティー・プリンセス 2』で映画初出演。その後『スタートレック』シリーズのジェームズ・T・カーク役を演じたことで有名です。

ダイアナの母親、ヒッポリタ女王を演じたコニー・ニールセンはデンマーク出身。2004年から2012年までメタリカのドラマー、ラーズ・ウルリッヒと交際、男の子がいます。6ヵ国を話す才女です。

ダイアナの叔母、アンティオぺ将軍を演じたロビン・ライトは1994年公開の『フォレスト・ガンプ/一期一会』で注目され、テレビドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』では第71回ゴールデングローブ賞・女優賞を受賞しています。

映画『ワンダーウーマン』スタッフ

監督

パティ・ジェンキンス

脚本

アラン・ハインバーグ

音楽

ルパート・グレッグソン=ウィリアムズ

撮影

マシュー・ジェンセン

編集

マーティン・ウォルシュ

製作

チャールズ・ローヴェン
デボラ・スナイダー
ザック・スナイダー
リチャード・サックル

原案

ザック・スナイダー
アラン・ハインバーグ
ジェイソン・フュークス

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ワンダーウーマン』感想や口コミ評価

女性
女性
ワンダーウーマンは、現段階ではジャスティス・リーグに所属する唯一の女性ヒーローです。やはり、戦う女性は素晴らしいですね!!強いのは男性だけではないんだぞ、と。MARVELでも一番強いのはキャプテン・マーベルで、女性なのではないかと思いますし。それにしても、流石にあれはチートすぎる気もしますが・・。箱入り娘感全開のワンダーウーマンに振り回されるスティーブの構図が好きでした。大変微笑ましい。スティーブ、包容力も兼ね備えていて、普通にいい男でした。正直スティーブが死ぬとはこれっぽっちも思っていなかったので、普通に衝撃でした。2人には是非とも幸せになって欲しかった・・・。そして、個人的に一番テンションが上がったのが、黒幕を演じたデヴィッド・シューリスさんですね!デヴィッド・シューリスと言えば、ハリー・ポッターシリーズでルーピン先生を演じていたことで知られる俳優さん。まさか、ルーピン先生の激しいアクションシーンが見られるなんて・・。ハリポタファンで歓喜した人も多いのでは。最初、ワンダーウーマンは脳筋ヒーローなのかと思いましたが、しっかり知略も巡らせていてグッドでした。美しく強く、賢い新しいスーパーヒーローがここに誕生。
男性
男性
ガル・ガドットが好きでこの映画『ワンダーウーマン』を見ました。悪い敵と戦う系の映画って男性ヒーローが多い中、映画『ワンダーウーマン』では、女性が主人公です。銃弾を跳ね返すブレスレットや真実の縄という最強のアイテムを持ち戦いにいきます。本当に「史上最強の戦士」です。アクションシーンは惚れ惚れするほどかっこいいです。彼女は女性だけで形成された、セミスキラ島というところでアマゾネスの女王ダイアナとして生まれました。ある日不時着した飛行機で出会ったパイロットのスティーブ・トレバーにあい、戦争について知ることになります。戦いの神が関わっていると思ったダイアナは戦争を止めるため島を出ます。納得いかないと思ったら行動するというところが現代の女性にも通じるものがあるのではないでしょうか。また、ダイアナが着ている服が一般的な服装ではないので途中ブティックでいろいろな服に着替えるシーンがあります。どれをきても可愛いのです。ファッションショーみたいでお気に入りのシーンです。会議のシーンでも「女は出てくるな」という言葉を言われても負けずに答えたダイアナの強さも見習いたいです。ほとんどが強く戦うシーンなのですが、スティーブ・トレバーといい雰囲気になるところでは純粋な乙女です。ドキドキしました。作中で「愛を信じる」というセリフがあるのですが、強さも優しさも悲しさも知っているから言えたのではないでしょうか。不毛な争いで犠牲になる人々、理不尽な出来事など考えさせられました。映画『ワンダーウーマン』は、クスッと笑えるシーンも多いですが、とてもメッセージ性の強い作品だなと思いました。
男性
男性
映画『ワンダーウーマン』は、『アマゾネス』ミーツ『ローマの休日』イン第一次世界大戦なヒーロー映画はどこもおいしいところだらけな映画です。映画『ワンダーウーマン』の簡単なあらすじは、アマゾン族の中で王女として世間を知らずに暮らしていたガル・ガドット演ずるダイアナが外の世界からやってきたイケメンクリス・パインと出会い旅立ちます。確かにクリスパインがやってきたらついていくしかないと思います。クリスパインがヒロイン枠なので入浴中に除かれちゃってキャッてなるほうもクリスパインです。お得です。そんな彼らが戦う悪役の二人が毒博士とルーデンドルフさん達は楽しそうに悪事を働いているところが微笑ましいです。リチャード・ドナー版のスーパーマンが好きだったのでところどころにスーパーマンを思い起こさせてくれる演出があるのも嬉しいです。映画の中盤で本格的な戦闘になるのでそこまではクリス・パインを眺めていてください、お願いします。この映画最大の見どころでありもっとも高揚する瞬間が塹壕戦です。塹壕を挟んで機関銃が睨むなか颯爽とダイアナが梯子を登り敵陣に向かう姿は美しさと荒唐無稽さでもうどうにかなりそうです。この映画『ワンダーウーマン』のシーンはスーパーマンの飛行デートやスーパーマン2の電車のシーンに並ぶ名場面です。
男性
男性
映画『ワンダーウーマン』は、2017年に公開されたアメリカの映画です。あらすじは、平和に溢れる島のセミスキラで、王女のダイアナが生活していますが、ある日、島では見たことがない男性が現れ、王女の人生が一変します。ダイアナはその男性トレバーとともに島から出ることを決意します。トレバーから聞いた戦争を止めるために母である女王の元を離れます。しかし、戦いで全てが変わるわけではないことに気づいたダイアナは、すでにぇんせんにたどり着いていました。この映画は、アメリカを代表するスーパーヒーローの「ワンダーウーマン」の実写化で、とても興味深い作品でした。また、主人公を演じたガル・ガドットさんがとても美しかったのが印象的です。また、ワンダーウーマンがとても強く、ドイツ兵たちを次々となぎ倒していく様子はとても痛快でした。
男性
男性
映画『ワンダーウーマン』について、ワンダーウーマンを全く知らず、主演が好きな俳優のガルガドットとクリスパインだったので、興味本位で映画『ワンダーウーマン』を見ました。ワンダーウーマンは、主役のガルガドットの美しさが際立ち、文句なしの女性ヒーローと思いました。見どころとしては、華麗に相手を倒していくワンダーウーマンの戦闘シーンは、他の男性ヒーロー映画とは違い、見ていて飽きないどころか、もっと色々な動きを見たいと思うようなアクションでした。また、それを見て、女性に頼ってしまっているため、負けじと奮闘する一般人の男メンバーたちの勇敢さも際立っており、最後まで飽きずに見ることができました。意外と女性自身が超人的な強さを持つヒーロー映画が少ないため、映画『ワンダーウーマン』は、新鮮な感覚で見ることができました。
女性
女性
映画『ワンダーウーマン』では、ガル・ガドット演じるダイアナの魅力に終始目が釘付けでした。初めて会った男性のスティーブに興味を示したり、初めて食べたアイスに感動してお店の人に誇るべきだと声をかけたり、着慣れない人間の服に戸惑って見せたりとクールな美しさとは裏腹に無邪気なところが可愛くてキュンとしました。しかしその反面で、島を出た時からずっと「アレスの仕業だ」「アレスを倒す」の一点張りで戦争に身を投じようとする彼女は、思慮深くて大らかな100年後とは違い、考え方も戦い方もとても危なっかしくて見ていてとてもハラハラしました。そんな彼女と行動を共にしてきたのがスティーブで良かったと思いました。世間知らずなダイアナに対してあくまでも紳士的に接し、戦場では何度もダイアナを助ける彼にダイアナが惹かれるのも頷けます。爆撃機に乗り込む前、ギリギリの時間の中でダイアナの元へやってきて腕時計を渡して愛を伝えるシーンは涙が止まりませんでした。最初と最後だけに現在のダイアナが語りで登場し、作品自体は彼女の回想という形で構成されていて、映像も全体的に褪せた色合いだった中で、ダイアナのコスチュームのはっきりした色が戦場などでは特に鮮烈に映えていて、彼女の無二の強さが際立っていたのがとても素敵でした。
女性
女性
強くて綺麗な女の人が好きなので、この映画『ワンダーウーマン』に興味を持ちました。また、配役でクリス・パインが出ていたのにも魅力を感じました。主人公は美しいプリンセスなのに、驚異的なパワーを持っているんですよね。美女戦士という設定がかっこいいです。ただ、男性を見たことも触れたこともないし、外の世界がまるで分らない世間知らず。だから不時着した気軽にパイロット・スティーブをつい助けてしまうんですよね。でも彼との出会いで運命が大きく変わるんです。もっとアメコミ的なタッチかと思ったら意外に真剣でガチな戦闘シーンが多くて大人向けでした。スティーブを演じているのは私の好きなクリス・パインだったので、楽しめました。アクション映画に出ることが多いからから、パイロット役もしっくりきていました。ダイアナは外の世界に出てだんだん現実を知るようになるのですが、『戦争こそ人間の本性』といったシーンがその通りだ!と心に響きました。最終的には人間の善的な部分を思い出して全部の力を出し切って最終決戦に臨みます。特にスティーブと結ばれるとかいった結末にならなかったので、恋愛要素がもっとあればよかったなと思います。映画『ワンダーウーマン』は、女性のヒーローものが好きなあなたにおすすめです!

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

今すぐ無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス