アニメ映画

映画『ウォーリー』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替 ディズニーピクサー作品

このページでは、映画『ウォーリー』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\ディズニー作品31日間無料見放題/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『ウォーリー』と言えば、2008年に公開された圧倒的なビジュアルと素敵なストーリーに誰もが息をのむ、大ヒットピクサーアニメです。

ディズニーデラックス

映画『ウォーリー』動画をディズニープラスで無料フル視聴する方法

\『ウォーリー』は/
\ディズニープラスで見放題/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間動画が無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベルの人気作品動画が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『ウォーリー』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 770円 31日間
U-NEXT × 220円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 933円 31日間
dTV × 200円 500円 31日間
TELASA × 300円/3日 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 31日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 199円 500円〜 31日間

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...
ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『ウォーリー』の映画情報

映画『ウォーリー』あらすじ

人間たちが住んでいる地球にゴミが溢れ返ってしまったため、人間たちは地球を捨て、宇宙へ旅立っていってしまいました。

その後、ロボットたちにひとつの命令が下されました。その内容とは「人間が戻ってくるまでゴミを片付けろ!」というものでした。

しかし、最初はそれなりの数いたロボットたちも徐々に数が減っていき、遂には主人公である『ウォーリー』だけになってしまいました。

ウォーリーは一人ぼっちになってしまっても毎日命令通り片付けをしていました。

そして、次第にウォーリーには「感情」という物が芽生え始めていきました。

また、つまらない毎日でもウォーリーにとっては楽しいことがひとつありました。

それは、ゴミの中から「面白そうだな」と思った物を自分の住んでいる「家」と言える場所に持ち帰りコレクションにするということです。

更に、ゴミの中から生き残っていたGの仲間とも仲良く、楽しく暮らしていました。

しかし、時には「1人が寂しい」と思う時もありました。

そんなある日、いつも通りに片付けをしているとウォーリーは、ゴミの中から初めて見るものを見つけました。

それは、「なんらかの植物の苗」でした。それをウォーリーは大切に家へ持ち帰り保管しました。

その何日か後に、またいつも通り片付けをしているウォーリーの元に宇宙船がいきなりやってきました。

その中からは白いロボットが現れました。

いきなり現れた白いロボットはその後、何かを探すようにあちらこちらをウロウロし始めました。

ウォーリーは気になり、白いロボットを尾行していると、白いロボットはいきなりウォーリーに向かってビームを発射してきました。

なんとか間一髪のところで交わしたウォーリーは白いロボットに対して恐怖心を抱くようになりました。

しかし、初めて見る別のロボットだったため、好奇心には勝てずそのまま白いロボットの後を付けていきました。

影から見ているとウォーリーの唯一の友達でもあるGが白いロボットの元へ向かっていきました。

白いロボットはGのことを敵だと認識し、ビームを発射しましたが、なんとGは無事でした。

その後、Gは白いロボット駆け寄って行きました。すると、白いロボットは初めて笑顔を見せました。

それに釣られたのか、ホッコリしたのかウォーリーも笑ってしまいました。すると、白いロボットは再びウォーリー目掛けてビームを発射してきました。

その結果、ウォーリーは追い込まれ、ピンチな状況になってしまいました。

そして、白いロボットはどんどんウォーリーに近づいてきました。ウォーリーは「死んだ!!」と焦っていました、白いロボットはウォーリーの胸の所に刻まれている「WALLE」という文字を見ると、「敵ではない」と判断し、再び何かを探し初めました。

その後、白いロボットがいきなりウォーリーに話しかけて来ました。

意気投合した2人は仲良くなり、ウォーリーは自分が命じられた任務の内容を白いロボットに話して白いロボットにも「なんでここに来たの?」と聞きましたが、白いロボットは「極秘だから言えない」と言って教えてくれませんでした。

ちなみに、白いロボットの名前が「イヴ」である事はこの時の自己紹介で知りました。

その時、いきなり警報が鳴り出し、砂嵐がやって来ました。「危ない!!」と咄嗟に判断したウォーリーはその場から逃げようとしてイブの手を引っ張りました。

しかし、そんな事とは知らずにイブはウォーリーの手を振りほどきました。

果たしてこんな2人ですが、上手くやっていくことはできるのでしょうか?

映画『ウォーリー』キャスト・出演者

  • ウォーリー:ベン・バート/横堀 悦夫
  • イヴ:エリサ・ナイト/園崎未 恵
  • 艦長:ジェフ・ガーリン/草刈 正雄
  • オート:マッキントーク/江原 正士
  • モー:ベン・バート/吉野 裕行
  • ジョン:ジョン・ラッツェンバーガー/立木 文彦
  • メアリー:キャシー・ナジミー/さとう あい
  • アクシオムコンピュータ:シガニー・ウィーバー/小山 茉美
  • セキュリティー:テディ・ニュートン/山野井 仁

この物語は、『第80回ナショナル・ボード・オブ・レビュー:アニメ映画賞』や『第34回ロサンゼルス映画批評家協会賞:作品賞』、そして『第13回サテライト賞:アニメ映画賞』など様々な賞を受賞しています。

是非、そんな約10年以上もみんなから愛されている『ウォーリー』を楽しみながら見てみてください。

映画『ウォーリー』スタッフ

監督

アンドリュー・スタントン

音楽

トーマス・ニューマン

脚本

アンドリュー・スタントン
ジム・リードン

製作

ジム・モリス

興行収入

$223,808,164「アメリカ」と「カナダ」
$521,311,860「世界」
40億円「日本」

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『ウォーリー』感想や口コミ評価

女性
女性
ディズニー映画でも、言葉がほとんどない映画は少ないと思いますが、この映画『ウォーリー』の物語はロボットが主人公なので、ほとんど無言です。主人公のロボット、ウォーリーは旧式。地球に残ったゴミを日々片付け、気に入ったものがあれば手元に残すという生活を一人でずっと続けています。そんな生活はやっぱり寂しさがあるのでしょうね。集めるものは誰かのぬくもりを感じさせるものばかり。言葉がほとんどないから、表現されるものがダイレクトで伝わってきます。寂しい生活の中で、突然現れる新型のロボット・イヴとの出会いはきっとウォーリーにとっては驚きと喜びだったんだなと思います。イヴを追って、宇宙船に入り込みますが、そこにはロボットだけでなく大量の人間たちがいます。食事から移動まで全てロボットに任せて生活をしているから、みんなぽっちゃり体型。こんな日がいつか本当に来てしまうのでは?とちょっと怖くなる部分もありました。でも、正直楽そうで羨ましさもあります。一方でウォーリーの方が人間らしい感情を持ち、日々を豊かに暮らしている気がするのは不思議です。
男性
男性
映画『ウォーリー』の半分がロボット音で構成されるユニークな映画。ですが、この映画には言葉がないからこその切なさや尊さが潜んでいます。主人公ウォーリーが住むのは、アイアムレジェンドを彷彿とさせるかのように人間の全くいない廃れた地球。出だしから、誰もいない地球にいる最後のゴミ整理ロボットであり、そしてお友達はこれまた生き残っているゴキブリ君だけという、この設定がとても寂しく、可哀相で、物語を通してウォーリーを応援したくなってしまいます。そんな映画『ウォーリー』の設定の中、このロボットすごく真面目でけなげな良い子なのです!突然現れた白いロボット-イヴ-に一目惚れ。初めての生体反応である植物にエラーを起こし、機能が停止してしまったイヴに、雨の日も風の日も雷の日も付きっ切り。一緒にお気に入りの映像を見ながら、笑っているイヴを見てウォーリーの目はキラキラ。彼を見ているとこの映画がただのロボット映画ではなく、恋に一途に頑張る不器用で素直な子の奮闘記という印象を受け、とても微笑ましくなります。そんなラブストーリーとは別に、本編には宇宙に逃げ延びた人間たちのその後と全てをコンピュータに管理・整備された様子が映しだされるのですが、もし世界がより便利になり、全てをコンピュータに任せる世界になった際には、この映画の中の人間たちのように足は退化し、筋肉は衰え、肥満気味になりながらコンピュータにお世話をされる未来が来るのか、と少し怖くなりました。これは私がウィル・スミス主演のアイ・ロボットを見た時に感じた印象と似ています。
映画『ウォーリー』の中のシーンで私のお気に入りは、それこそウォーリーとイヴにまつわるシーンです。宇宙で飛行船の大型人工脳オートに潰されたウォーリーを必死に直して、自分のことを思い出してもらおうとするイヴ。これまで、クールビューティーだった彼女がとても必死になっている姿に、胸がグッと熱くなります。涙は出ないロボットのはずなのに、なぜか泣いているようにも思え、とても切なくなるシーンです。ロボットには感情がない、という理論を超えた心温まるストーリーとなっているので、映画『ウォーリー』は、ご夫婦で、恋人同士で、また家族で見て頂きたい作品です。
女性
女性
この映画『ウォーリー』は、2008年に公開されたアメリカの映画です。全編コンピューターグラフィックスにて制作されたアニメ映画です。映画『ウォーリー』の舞台となっているのは、地球上がゴミで埋め尽くされた近未来です。人間たちは良い生活を求めて世界へ旅立ちます。地球にはBNL社のロボットたちが取り残されたゴミの収集をしていました。しかし、ロボットたちは壊れて、最後の1大となってしまったのが、ウォーリーです。ウォーリーは、掃除の任務を毎日こなしていました。そんなある日、空から宇宙船が舞い降り一台のロボットを置いていくという話です。この映画『ウォーリー』では、環境問題という大きなテーマにより問題提起されていて興味深い作品でした。ウォーリーとイブのロボット同士のラブストーリーも見所でした。
男性
男性
映画『ウォーリー』はロボットが主人公という、ちょっと変わったピクサーアニメーション作品です。映画『ウォーリー』全体を通してほぼ台詞はないですが、主人公・ウォーリーの感情や、彼が恋するロボット・イヴとだんだんと心を通わせて行く感じは、言葉がなくてもちょっとした仕草からとてもよく伝わってきます。むしろ、言葉がないからこそ、こんなにも愛おしく感じるのかもしれません。いちばんのお気に入りのシーンは二人(二体?)が顔を寄せ合うところです。ロボット同士ですが、胸がキュンとなりました。そして宇宙遊泳のシーンは本当に美しいです!さすがはピクサーですね。映画『ウォーリー』のストーリー的には、便利になってきている世の中を風刺している面もあり、そういう視点でも観ることができ、奥が深い作品だと思います。
女性
女性
映画『ウォーリー』は、SFっぽくて宇宙が舞台ですが、そんなに複雑ではなくほんわかします。ウォーリーというのは地球型ごみ処理のロボットなんですね。地球の西暦が2700年でかなり進んだ時代の物語で、ウォーリーはたった一つだけ地球に残されてしまうんです。孤独で可哀相ですが、恋に落ちて見ているこちらまで温かい気持ちにしてくれるメルヘンなアニメです。ウォーリーがイブ(最新ロボット)に恋して、救うために勇気を出して宇宙に飛び込みます!もしイブに恋していなければ宇宙に行こうなんて思いつかなかったと思うので、本当に恋する気持ちって強い原動力になるなーと改めて思いました。見どころはウォーリーの恋や宇宙へのロマンあふれる冒険もそうですが、宇宙の美しい風景も見どころです。宇宙のビジュアルが美しい分、人のいなくなった地球が廃墟と化して宇宙との対比がはっきりしています。宇宙と地球が対照的な環境で、まだ地球に住んでいる現代から見たら少し恐怖でした…。ロボットがロボットに恋するんですが、そのピュアな気持ちもまた可愛らしくて、ウォーリーがキュートに見えてきます。ウォーリーは寡黙だけど、恋する気持ちは人間と同じです。その思いは人間でも共感できる部分があります。完全人工的なロボットにも親近感がわきました。

映画『ウォーリー』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス