アニメ映画

映画『トイストーリー4』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替の配信状況も調査

このページでは、映画『トイストーリー4』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\ディズニー作品が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料お試しへ

映画『トイストーリー4』はピクサー・アニメーション・スタジオ制作の長編アニメ映画『トイストーリー』シリーズの4作目、前作『トイストーリー3』は2010年公開ということで9年ぶりの新作です。

ディズニーデラックス

映画『トイストーリー4』動画を無料でフル視聴する方法

\『トイストーリー4』は/
\ディズニープラスで見放題/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料作品でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間は無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベル作品の人気作品が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも利用可能!
  • 会員限定配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『トイストーリー4』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 700円 31日間
U-NEXT × 440円/2日 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV × 400円 932円 30日間
dTV × 400円~/2日 550円 31日間
TELASA × 400円/2日 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
Amazonプライム × 399/2日 500円〜 30日間

\ディズニー作品も31日間無料視聴可能/
今すぐ無料お試しへ

ディズニープラスで見放題の『トイストーリー』シリーズ作品

その他のDisneydeluxeで視聴可能なアニメや映画はこちら

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...

 

ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画やテレビは製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 違法にアップロードされた物と知ってダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\ディズニー作品も31日間無料視聴可能/
今すぐ無料お試しへ

映画『トイストーリー4』の映画情報

映画『トイストーリー4』あらすじ

今作も、主人公ウッディの視点で描かれる「自分とは何者か?」、「するべきことは何か?」というテーマが作品の中心となっています。前作でアンディとウッディの物語は完結しましたが、今回はその後のウッディのアイデンティティを探す旅の話しです。

アンディからボニーに譲られたおもちゃ達は楽しい日々を送っていましたが、ウッディはボニーに遊ばれることが少なくなり悲しい思いをしていました。そんな中、ボニーは幼稚園に通うことになるのですが、内気な彼女は環境に慣れることが出来ずにいます。

心配してこっそりついてきたウッディはボニーを助けようとしてゴミ箱の中から工作に使えそうな物をかき集めて彼女の前に置きます。何かひらめいた彼女はそれらを使って自分だけのおもちゃ、フォーキーを作りだします。先割れスプーンにモールを巻きつけた簡単な人形です。

ボニーはフォーキーを作り出したことで明るさを取り戻し、フォーキーは彼女の一番のお気に入りになります。

しかしフォーキーは自分のことをおもちゃだとは受け入れられず、自分のことをゴミだと思っていて、スキを見てはゴミ箱に入ろうとするのでした。

そんなある日、ボニーの家族は車で旅行に行くことになります。

おもちゃ達も同行するのですが、自分をおもちゃとは思えないフォーキーはとうとうボニーのもとから逃げて、車から飛び出してしまいます。ウッディはフォーキーの後追い、何とか彼を見つけ出します。

ボニーの所へ帰る途中、ウッディはたまたま通りかかったアンティークショップで、長い間離れ離れだったボー・ピープの電気スタンドを発見します。ショップの中に入った二人はそこでギャビー・ギャビーという人形と出会います。

ギャビーは内蔵のボイスボックスが故障していたため、言葉を発することが出来ず、今まで一度も子供のおもちゃとしての役割を果たしたことがありませんでした。そんな彼女は、ウッディのボイスボックスを狙い、襲いかかるのでした・・・

今作では『トイストーリー2』以来、20年ぶりの登場となる磁器の人形、ボー・ピープがキーパーソンとして描かれているのですが、当時では再現の難しかったボー・ピープの材質の表現がCG技術の進歩により可能となりました。

ボーはポーセリン(porcelain)という磁器で作られていて、半透光性で角度によっては透明に見えたり、また青みがかった清潔な感じの白がベースの素材です。

制作チームはこのポーセリンの表現にかなり力を注いでいて、実際のポーセリンを割って断面を調べたり様々なリサーチを行ったそうです。結果、彼女の材質の表現はアップに耐えうる完璧な仕上がりとなりました。CG表現に興味がある方は是非、注目してみてください。きっとその再現に驚かれると思います。

今作も字幕版ではこれまで同様トム・ハンクスのウッディ、ティム・アレンのバズ・ライトイヤーを観ることができますが、今回は声優初挑戦のキアヌ・リーブス演じるとてもコミカルなキャラクター、デューク・カブーンにも注目です。

また、吹き替え版もシリーズでおなじみの唐沢寿明さんのウッディ、所ジョージさんのバズが登場します。そして竜星涼さんのフォーキー、チョコレートプラネットの二人が演じるダッキーとバニーも見どころです。

特にかわいい見た目に反して毒舌のダッキーとバニーは笑いどころ満載です。この二人もボー・ピープと同じく材質の表現が素晴らしく、もふもふのぬいぐるみ感が完璧です。

\ディズニー作品も31日間無料視聴可能/
今すぐ無料お試しへ

映画『トイストーリー4』キャスト・出演者

  • ウッディ:トム・ハンクス(唐沢寿明)
  • ボー・ピープ:アニー・ポッツ(戸田恵子)
  • バズ・ライトイヤー:ティム・アレン(所ジョージ)
  • フォーキー:トニー・ヘイル(竜星涼)
  • ギャビー・ギャビー:クリスティナ・ヘンドリックス(新木優子)
  • デューク・カブーン:キアヌ・リーブス(森川智之)
  • ボニー:マデリーン・マックグロウ(藤巻杏慈)
  • ジェシー:ジョーン・キューザック(日下由美)
  • ダッキー:キーガン=マイケル・キー(松尾駿/チョコレートプラネット)
  • バニー:ジョーダン・ピール(長田庄平/チョコレートプラネット)

映画『トイストーリー4』スタッフ

監督

ジョシュ・クーリー

脚本

ステファニー・フォルサム
アンドリュー・スタントン

音楽

ランディ・ニューマン

撮影

パトリック・リン
ジーン=クロード・コラーチ

製作

ジョナス・リヴェラ
マーク・ニールセン

\ディズニー作品も31日間無料視聴可能/
今すぐ無料お試しへ

映画『トイストーリー4』感想や口コミ評価

女性
女性
おすすめのシーンはウッディがギャビーギャビーにボイスボックスをあげてしまうシーン。ボニーのおもちゃになってからは遊ぶ頻度も減ってしまい、落胆していたウッディ。しかし、おもちゃなのに持ち主がいない自由な生き方をしているボーとの再会で、自分も持ち主のいない新たな生き方をしたいと心の変化が訪れます。おもちゃにとって大事に遊んでくれることが一番大切だと感じていたウッディからは考えられない決断です。そのほかにも、ダッキーとバニーのハチャメチャな陽気さや、ボニーが幼稚園で手作りしたおもちゃのフォーキーが、ゴミ箱に入ってしまうのを防ぐため翻弄されるウッディ、遊園地のきらびやかな景色の中を飛び回るアクションシーンなども見どころです!
女性
女性
おもちゃが主人公のトイストーリーシリーズ。1~3までも見ていたので、映画公開と同時に子どもといっしょに映画館に行きました。今までの作品の中で最もハートフルな映画なのではないでしょうか?
主人公のウッディーは、幼いころから共にしたアンディーとお別れしてボニーの元へ。もちろん、友だちのバズやジェシーもいっしょです。そこに、ボニーがフォークで作ったフォーキーのキャラが加わることでウッディーの生活は一変しました。この時点で、少し寂しい気もしましたが、ウッディーは前向きにフォーキーを迎え入れているところに、1のときからの成長も感じます。
物語は、ボニーと行ったキャンプの遊園地で起こるのですが、そこで1でお別れしていたボー・ピープと再会します。1では、ウッディーとラブラブだっただけに、感動の再会にうれしく思いました。
トイストーリー4での一番の見どころは、何といってもラストシーンです。本作は、全体を通してスピーディーに話が進んでいくのですが、ラストだけはゆっくり時間が流れています。夜の遊園地の情景も相まって、しんみりした空気。そんな中、ウッディーはボニーの元へ戻るのか、ボーといっしょに冒険するのか。出会いと別れの感動シーンで、号泣しました。
女性
女性
公開してすぐに映画館に観に行き、ラストでは涙が止まらず、公開終了前にもう一度観に行った大好きな作品です。子どものころに観ていたらきっと「おもちゃ達の大冒険」と捉えたと思いますが、大人が観るとそれぞれのキャラクターの未来への葛藤や不安がみえてくる深いお話しです。大学生になったアンディからウッディたちを受け継いだ女の子ボニーの成長、新しい仲間との出会い、そしておもちゃ達が下す最大の決断…今作を観ていると自分が幼少期遊んでいたおもちゃの行く末を思い出し、胸が痛みます。
ボニーの元へフォーキーを連れて帰ろうと奮闘するウッディが出会ったのは、昔モリー(アンディの妹)が寄付したはずのボー・ピープだった。ひるまず困難に立ち向かう勇敢なボーの姿に、ウッディの心にも変化が起きます。ボニーがゴミを集めて作ったフォーキーは天真爛漫で、放っておけない愛くるしい新キャラクターです。吹替え版声優・竜星涼さんの声がフォーキーのイメージにぴったりでした!初期の作品よりCG技術が向上しているため、おもちゃの表情がかなり滑らかに細かく表現されています。もう次回作を観ることはできないのかもしれないという切なさでトイ・ストーリーファンは涙が止まらないラストを含め、シリーズ最高傑作を心置きなく楽しんでください。
女性
女性
今までトイ・ストーリーといえば、おもちゃ同士の友情とおもちゃと持ち主との絆が描かれてきました。
今作では飽きられたおもちゃ達のセカンドストーリーが描かれています。
ウッディはかつて仲間だったボー・ピープと再会し、彼女に今まで何がありこれからどうしていくのかを知ります。
彼女は長いスカートを纏っていた昔の姿とは違い、今では何でも立ち向かっていく強い女性に変身していました。
女性の自立や社会進出を感じ、現代の作品だな~と感じる演出です。
新しく出会うおもちゃ達の持ち主に依存しない、自分たちで未来を作っていくんだ。という志が今までにないトイ・ストーリーを思わせ衝撃を受けました。
確かにおもちゃ達にも選ぶ権利はあるよな…と感じました。
ラスト、ウッディは大きな決断を迫られます。賛否分かれると思いますが必見です。
女性
女性
トイ・ストーリーシリーズでははじめての作品ではないかと思います。ウッディが大事にされない世界が。トイ・ストーリーの世界ではあるんだなと思ってしまいました。きっと子供も時代と共に変わってくるから、使うおもちゃも変わってくるのは仕方ないことなのだと思いますが、少し悲しかったです。だけど、自分が大切にされていなくても持ち主が悲しい思いをしないように必死に守ろうとするウッディはかっこよかったです。少し自分の意見を押し付けずぎだと思うところもありましたが、仲間のために自分の声を失うところも覚悟がかっこいいと思いました。一番好きなシーンはずっとお友達になりたいと思っていた子供に振られて悲しくて、でも勇気を持って新しい子供の前に現れたシーン。こどもに抱きかかえられたときに泣きそうになりました。そして最後ボーと旅に出ることを決めたシーンがかっこよかったです。
男性
男性
ウォルトディズニーが作った、トイストーリーシリーズの4作品目です。ウッディの声をトムハンクスさんが演じていることで話題になりました。公開されたのは2019年のことです。あらすじは、ウッディたちは新しい持ち主のポニーと幸せな日々を過ごしていますが、ウッディはだんだんポニーが遊んでくれなくなります。ある日、幼稚園でボニーが自分で作ったおもちゃである「フォーキー」が家にやってきます。そして、フォーキーウッディたちとの冒険が始まるのです。この映画を見る前にトイストーリー3を見ましたが、それを上回る夢のあるストーリーが魅力です。おもちゃたちの冒険の話にはワクワクするものがありました。ぜひ、子どもに見て欲しい作品に仕上がっています。
女性
女性
今までの作品の「おもちゃは持ち主に遊んでもらってこそ幸せ・持ち主と一緒にいることが幸せ」といういわゆる持ち主ファーストから、今作は自分の幸せの為に大きな決断をしておもちゃファーストへ。
長年のファンはこの結末に裏切られたと感じる人がいるのを承知でこの結末にしたピクサーはすごいと思う。
幸せのかたちはみんな同じでひとつでは絶対なわけないし、人それぞれいろいろな幸せのかたちがあってもいいんだと思った。
昔からの「こうあるべき」という凝り固まった価値観にとらわれずに、私も自分の幸せを掴むためには恐れずに決断していきたいと思った。
昔アンディーのおもちゃとして一緒に過ごしていたボーと今作で再開したとき、昔のイメージとは真逆で強い女性になっていたのも今の時代にとても合っているなと思った。
とても前向きな結末でした。
女性
女性
スタートから、主人公のウッディがおもちゃの一軍ではなくなっていることがすごく悲しかったです。アンディはボニーに「大切にするって約束してね」と言っていたのに…と思ってしまいました。
でも、自分自身も子供時代遊んでいたおもちゃはほとんどもう手元にないし、よく遊んでいた当時でも自分の中で流行っていたり、飽きたりしていたなと思うとボニーは責められないと思います。
でもウッディの子供たちを大切にする気持ちは変わっていなくて、心細そうなボニーに着いていって、ボニーにはフォーキーが必要なんだと必死で説得する姿はさすがだと思いました。
ウッディのボーを思う気持ちで捕まってしまったけれど、数々の修羅場をくぐりぬけてきたウッディだからこそ逃げ出せてさすがだと思いました。そしてちゃんと仲間であるフォーキーをボニーのために取り返しに向かうところはかっこよかったです。
今回のウッディは少し空回りをするところが目立ったけれど、それはウッディが旅立つ伏線だったのかなと思うと納得ができました。
仲間のために自分の声を犠牲にして、もうウッディの声が聞けないのかと思うとすごく悲しくなりました。ウッディは自分のことよりも、子供と遊びたいというギャビーのことを思っていて、本当に優しいおもちゃだと思いました。
そして衝撃のラストシーン。もうバズ達と同じように私もウッディとは会えないのかなと考えてしまって悲しくなりました。最後にはアンディと再会、もしくはアンディの子供と遊ぶウッディ達の姿が観たかったです。

映画好きの方なら、月額費用も770円(税込)と安めの値段設定なので、他のVODとディズニープラスを両方契約するのもお勧めですよ。

 

【ディズニープラスなら】
31日の無料視聴期間
ディズニー・ピクサー・マーベル映画が見放題!

映画『トイストーリー4』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス