アニメ映画

映画『トイストーリー2』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替とシリーズ順番あらすじ

このページでは。映画『トイストーリー2』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ動画無料お試しへ

映画『トイストーリー2』は、前作の映画『トイストーリー』の続編です。最高のコンビになったウッディとバズにまたトラブルが!人気シリーズの続編が気になる人も多いはず!

ディズニーデラックス

映画『トイストーリー2』動画をディズニープラスで無料フル視聴する方法

\『トイストーリー2』は/
\ディズニープラスで見放題/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料作品でも見放題の動画が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間は無料で動画見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベル作品の人気動画が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『トイストーリー2』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 700円 31日間
U-NEXT × 330円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 932円 30日間
dTV × 300円 550円 31日間
TELASA × 300円/3日 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム ×/○ × 300円 500円〜 30日間

ディズニープラスで見放題の『トイストーリー』シリーズ作品動画

その他のDisneydeluxeで視聴可能なアニメや映画の動画はこちら

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...
ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\ディズニー作品が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料お試しへ

映画『トイストーリー2』の映画情報

映画『トイストーリー2』あらすじ

人間の少年。アンディは古いカウボーイ人形ウッディを始めおもちゃ達で遊ぶのが大好き。

そんなアンディのおもちゃ達は今日も、アンディがいない部屋で思い思いに時間を過ごします。テレビゲームに興じるバズとレックスの後ろで、自身のカウボーイハットを探すウッディ。

ウッディはこれからアンディとキャンプに行く予定なのですが、帽子がどこにもないのです。ウッディがイライラする中、犬のおもちゃであるスリンキーが帽子を発見。

しかし、キャンプに行く前の5分の間にトラブルが重なり、ウッディの片腕が裂けてしまいます。

そのせいでウッディは留守番になり、終いには壊れたことによってアンディに捨てられてしまう夢まで見てしまう始末。

そんな中、棚の上で会ったのは壊れて高い声が出なくなったペンギンのおもちゃであるウィージー。ウィージーと話している間に、ウッディはアンディのお母さんが、不用品を売りに出すヤードセールをしているのを発見。

おもちゃ達は、誰かが売りに出されるのではないかと大騒ぎになります。

そうこうしている間にアンディの部屋に来たお母さんは、ウィージーをヤードセールに持って行ってしまいました。クリスマスの日に来た飼い犬バスターに乗って、ウィージーを助けに行くウッディ。

無事、ウィージーは助けられたものの、庭に転がってしまうウッディ。ウッディを見つけたのは小太りのおじさん、アル。

ウッディを譲ってくれ、というアルに対して、お母さんは息子のお気に入りだからと拒否。

しかし、どうしても諦めきれなかったらしいアルは、お母さんが目を離した隙にウッディを盗んでしまいます。

それを見たバズは、すぐにウッディを助けに行きますが、車に乗られて逃げられてしまいます。バズが覚えていた車のナンバーから、アルはトイバーンと言うおもちゃ屋さんの店主だという事が分かりました。

早速、バズたちはウッディを助けるためにトイバーンへ。トイバーンへ着くと、そこにあったのはレックスが嵌まっているゲームの攻略本。

そして、大量に売られているバズ・ライトイヤー達。

しかし、本物のバズは、昔のバズと同じく自分を本物のスペース・レンジャーだと思い込んでいる見本品のバズによって箱の中に閉じ込められてしまいました。

そこへ丁度来たレックスの口からザークの名前を聞いた偽バズは、レックスたちと一緒にアルの鞄に入り込み、ウッディのいる部屋へ向かってしまいます。

その後を本物のバズが追うのでした。

一方、ウッディはアルの部屋でおてんば娘ジェシーと愛馬ブルズアイ、そして箱に入れられっぱなしの金鉱掘りプロスペクターに出会います。

自分たちは、打ち切りになったものの昔人気だった番組のスターだったことを知ったウッディは、数あるグッズに感動。

しかし、全員そろったからみんなで日本の博物館に行ける、と喜ぶジェシーの話を聞いてウッディは、帰らなきゃと訴えます。

元の持ち主である女の子に捨てられた過去を持つジェシーは、ウッディが来ないとまた暗い倉庫行きになると嫌がり、喧嘩。

しかし、取れてしまった腕を直してもらい、経年の劣化まで修理してもらったウッディは、ジェシーとプロスペクターの話を聞いて博物館に行くことを決めてしまいます。

迎えに来たバズたちも追い返してしまったウッディ。

しかし、バズ達が去った後で自身の間違いに気づいたウッディは、ジェシーも連れて帰ろうとします。

ここで突然穏やかだったプロスペクターが豹変。

箱から出た彼は、帰ろうとするウッディ達を邪魔し、やって来たアルによって鞄に詰められて空港に向かってしまいました。

追いかけるバズ達を邪魔するのは、トイバーンからずっとついてきていたザーク。偽バズとの戦いの末、ザークはバズの父親だったことが判明。

エレベータの中でウッディを救出しようとするも、またもや邪魔をするプロスペクター。

空港に着き、バズ達の奮闘で、プロスペクターは人形に芸術的なメイクをする女の子に持っていかれるのでした。

飛行機の貨物室からの脱出時、ジェシーだけが取り残されてしまい、ウッディはバズに助けられながらもまるで西部劇のようにブルズアイに乗り救出。

全員で、アンディの家に帰ったウッディは、その後アンディの手によって腕を筋肉マッチョにされます。

ちなみにアルの車の中で助けたリトルグリーンメンは、Mr.ポテトヘッド夫妻の養子になったのでした。

壊さなくてよかった、と喜ぶアンディを嬉しく思うウッディ。

いつか、アンディが自分で遊ばなくなる日が来ても、きっと相棒であるバズがいれば大丈夫だろう、と思うウッディでした。

\ディズニー作品が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料お試しへ

映画『トイストーリー2』キャスト・出演者

  • ウッディ:トム・ハンクス/唐沢寿明
  • バズ・ライトイヤー:ティム・アレン/所ジョージ
  • ジェシー:ジョーン・キューザック/日下由美/メアリー・ケイ・バーグマン(ヨーデル部分)
  • プロスペクター(スティンキー・ピート):ケルシー・グラマー/小林修
  • Mr.ポテトヘッド:ドン・リックルズ/名古屋章
  • スリンキー・ドッグ:ジム・ヴァーニー/永井一郎
  • レックス:ウォーレス・ショーン/三ツ矢雄二
  • ハム:ジョン・ラッツェンバーガー/大塚周夫
  • ボー・ピープ:アニー・ポッツ/戸田恵子
  • アンディ:ジョン・モリス/北尾亘
  • アル:ウェイン・ナイト/樋浦勉

ピクサーと言えば、エンディングに撮影中のNGシーンの特典映像が流れることで有名。

もちろん、映画『トイストーリー2』も例外ではなく、同じピクサーの映画のキャラクターがちょこっと出ているんです。

それは、映画『バグズ・ライフ』に登場するイモムシ、ハイムリック!

さらに、本編の冒頭シーンであるアンディの部屋には、映画『バグズ・ライフ』のカレンダーまで飾られているんです!

映画『バグズ・ライフ』は1998年、映画『トイストーリー2』は1999年という公開日が近いこともあって、アンディは映画『バグズ・ライフ』のファンになりました。

ちなみに、バズとレックスが遊んでいるゲーム機は日本が誇る任天堂のスーパーファミコンです!

ぜひ、注目して見てくださいね!

\ディズニー作品が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料お試しへ

監督

ジョン・ラセター

音楽

ランディ・ニューマン

脚本

アンドリュー・スタントン
リタ・シャオ
ダグ・チャンバーリン
クリス・ウェップ

製作

ヘレン・プロトキン
カレン・ロバート・ジャクソン

製作総指揮

サラ・マカーサー

原案

ジョン・ラセター
ピート・ドクター
アッシュ・ブラノン
アンドリュー・スタントン

\ディズニー作品が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料お試しへ

映画『トイストーリー2』感想や口コミ評価

女性
女性
トイ・ストーリー4部作の2作品目に公開された「トイ・ストーリー2」は、大人とおもちゃの向き合い方についても考えさせられた物語です。今作では、3や4でも大活躍するジェシーやブルズアイが出てきます。
今回は、ウッディがフィギアコレクターに捕まって売られてしまうところを、バズたちが助けに来たり、ウッディが奮闘したりする物語です。この映画を見て、私はおもちゃとの付き合い方をちゃんと考えたいな。と思いました。
ウッディはアンディーのおもちゃでたくさん遊んでもらえていて幸せ。一方、ジェシーやブルズアイは、大人のおもちゃコレクションとしてショーケースに並べられるおもちゃです。子どもたちに遊んでもらうことさえできません。
これを見て、おもちゃにとっての幸せとはなんだろう…。と思いました。私も昔は好きなキャラクターをただ買って箱に入れて並べるだけにしていたのですが、それが果たしておもちゃにとって幸せなのか、遊んでくれる家庭に行った方が幸せじゃないのか。など、たくさん感じました。
この物語でジェシーやブルズアイもアンディーのおもちゃの仲間入りを果たしています。ショーケースに並べられているときよりも、ずっと良い笑顔をしています。
自分の子供にも、おもちゃとの付き合い方をしっかり学んで欲しいと思えた作品です。
男性
男性
アンディー少年の大切なオモチャのウッディが実は価値のあるオモチャだったという話で、ウッディはこのまま子供のオモチャでいるか、歴史的コレクションになるのかの選択に迫られます。オモチャの価値観を前作とは違ったアプローチで描き、スケールアップしたオモチャ目線の世界にドキドキワクワクしました。幼心を思い出させてくれる大切な作品です。
色のハゲたウッディを補修するお爺ちゃんが出番は少ないけれど、なかなか良い味だしてて好きなキャラクターです。初めて見た子供の頃、お爺ちゃんが使うツールボックスがパッと展開されるシーンがカッコよくて目を輝かせました。
他にも、エンディングがジャッキー映画のようにNG集パロディになっているのも前作には無かった要素で好きです。最後に笑えると良い気持ちで映画を見終えることができますね。
女性
女性
大ヒットを記録したトイストーリーの続編。おもちゃ側の視点から世界をとらえた作品です。
名シーンは、博物館に飾られることを望むウッディに対して、バズが皮肉を込めて言った
「名誉?何が?ガラスの内側から子供たちを眺めることか?最高だな」という言葉。
おもちゃとは子供を喜ばせるための存在であり、それは持ち主がいつか大人になり、おもちゃが捨てられるとわかっていたとしても変わらないことである。第一作目で、おもちゃは空を飛べなくてもいい、子供を喜ばせることこそが最高なことだと教えてくれたウッディへの、回答ともとれるこの言葉はとても深く胸に残ります。
自分の幼少時代を思い出し、もし自分のおもちゃもこんな風に話していたら?と考えさせられる作品です。
男性
男性
たったひとりの子供のために生きるか、博物館で大勢のために生きるか、自分にとっての幸せを考えさせられる作品です。大人が観ても楽しめる作品だと思います。一度は博物館に寄贈され、大勢のために生きることを決意するウッディですがいつもの愉快で楽しい仲間が助けに来てくれ、思い直しまたみんなで家へ帰るシーンが印象深いです。ウッディを助けに行くまでの仲間たちの掛け合いや大冒険も見所だと思います。トイ・ストーリーシリーズに共通することですが、それぞれのキャラクターが個性的・唯一無二な存在で言葉選びが最高です。思わず笑ってしまうシーンが何度もあります。小さなおもちゃたちの大冒険。それに加えて『生きがいや自分の存在意義は何か』と改めて考えさせられる、深い作品だと思います。
男性
男性
1996年に公開された〚トイ・ストーリー〛から4年後、新たなメンバーを追加して公開された第2作目〚トイ・ストーリー2〛。当時、続編を待ち望んでいたトイ・ストーリーファンからすれば待望の新作となりました。私も公開を飛んで喜んだそのファンの一人。〚トイ・ストーリー〛の第1作目を初めて見たのが、まだ小学生にもなる前だった私にしてみれば、おもちゃが動く!話している!飛んでいる!というように、おもちゃの世界を題材にしたこの作品はロマンとファンタジーの塊でした。その2作目ということでしたので、どんなに胸が躍ったことか…。現在〚トイ・ストーリー〛シリーズは全4作品ですが、私のお気に入りはこの第2作目。なぜならこの作品の一番のキーワードは「友情」そして、「家族」だからです。おもちゃは決してお互い血のつながりがあるわけではありません。ですが、お互いを仲間として、そして何より共に助け合いながら生きる家族として思い合っている点はいつも感無量です。

見どころ⓵ウィージー救出作戦!
壊れたり、破れたりしているおもちゃ達はどうしても捨てられたり、フリーマーケットに出されたりしますね。ウッディやバズ、アンディのおもちゃ達もいかにアンディのお母さんが古いおもちゃ達をヤードセールに出そうとしても、ずっと一緒に過ごしてきた仲間達を見捨てることはできません。あの手この手でセールに出されてしまったペンギンのおもちゃ(ウィージー)を助けようとします。ストーリーの序盤にも関わらず、ウッディの勇敢さやバズ、レックス達のチームワークにハラハラさせられる瞬間。因みに、このウィージー、ストーリーの最後で大熱唱するのですが、イケメンボイスなので見逃さないでほしい!!

見どころ⓶ラウンドアップの仲間達
この第2作目ではウッディに似た仲間達が登場します。あのジェシーとブルズアイの登場ですね!ただウッディ以外身寄りのないおもちゃ達は新舞台に夢膨らませて、今か今かと旅立ちを待ち望んでいます。ですが、ウッディはやはりアンディを忘れられない。元々家族がいたジェシーは過去の思い出を振り返り、ウッディと衝突します。有名な”When She Loved Me”はここで歌われますね。メインキャストのウッディがいないと舞台は成立しない、役に立たなくなったおもちゃ達の運命は、寄付されるならまだしも捨てられ埋め立てられるなど、決して幸せなものではないでしょう。そう思うといつも悲しくなってしまうこのシーン、そんな影響からか幼い頃の私はおもちゃや物を大切にしようと学ぶことができました。

見どころ⓷ザーグ襲来
ここでは悪の帝王が出てきますが、悪の帝王が実はヒーローの父親で…なんだか有名なあのアクションSF映画を彷彿とさせますよね。ここではザーグの、お父さんとしての立場や息子を思う気持ち、不器用さがいろんな角度から見ることができます。別々のおもちゃ売り場だったからこそ、話す機会が少ないからこそ話し方がわからない。本当にどこにでもいるお父様のようですね!現在スマートフォンやSNSの発達から家族内できちんと顔を合わせて話す機会が少なくなってきています。私達はザーグとバズのように離れた場所に箱に詰められて置かれているわけではありません。自由に動くことも話すこともできます。それなら、お互いに直接話す機会を逃したくはないですね!この映画は友情だけでなく、形の変わった親子や離れ離れになった関係をも、また一つにしてくれる、それを伝えてくれる映画です。ぜひご家族で一緒に見て頂きたい!

因みに、私の一番のお気に入りはウッディが攫われて新品のように修繕されるシーンなのですが…部品部品の質感や色味、道具の細部までこだわっている点はずっと見ていられるように思います。ここはPIXARの腕の見せ所というか、痺れる部分です。

女性
女性
さらわれた主人公ウッディを仲間のおもちゃたちが救出するストーリーです。ピザ屋の車の中にぶら下がっていた3体のエイリアン人形のリトルグリーンメンたちの紐が切れて車の外に落ちそうになった時ミスターポテトヘッドに助けられ、その時のセリフが「命の恩人感謝永遠!」と声を揃えて言っているのがかわいいです。ウッディとカウガールジェシーと老人の人形と馬の人形とセットで博物館に売られそうになるが、ウッディは持ち主アンディの元へ帰りたい思いが強く、ウッデイがいないとジェシーと老人の人形は倉庫へ戻されてしまうのでジェシーとケンカになる。ジェシーも元は持ち主がいたことに気づき馬のブルズアイとともにウッディと一緒に脱出することに。バズ、ミスターポテトヘッド、レックス、ハム、スリンキードッグたちの協力で救出され、ジェシーとブルズアイを加えハラハラしながらやっとアンディの元へたどり着きました。
女性
女性
後にウッディの大事な友達になるジェシーとブルズアイと初めて出会ったシリーズでしたが、初対面ではウッディとジェシーが意見の食い違いから仲違いをする展開で、どっちの言い分も分かる気がしてもどかしい気持ちになりました。ジェシーが元の持ち主が大きくなって遊ばれなくなったことで寂しい思いをした過去があって、明るい彼女の姿からは想像できないほどのトラウマを抱えていました。そんな彼女が倉庫に帰りたくないと思うのは当然だし、どうにか幸せになってほしいと思いました。一度は飛行機で博物館に連れて行かれそうになりますが、ウッディと仲間達の助けで脱出し、新しい友達と新しい持ち主の元に行くことができて、本当によかったと思いました。ジェシーやブルズアイを見て、アンディが大喜びしていましたが、それ以上にジェシーは嬉しかっただろうなと思い、見ているこっちも幸せになるエンディングでした。
男性
男性
1999年に公開された映画で、おもちゃたちの冒険と友情を描いたトイストーリーシリーズの大2作品目です。この映画は、フルコンピューターグラフィックスで描かれているところが魅力的です。あらすじは、アンディがキャンプの間にバザーが開催され、ウッディが玩具屋の店主のアルに連れ去られます。実は、ウッディーは、超レアで由緒正しい人形だったのです。ウッディーはアンディーのところに帰ろうとするのですが、ウッディがかけると存在価値がないプロスペクターが邪魔をします。プロスペクターは他の少女に引き取られて、ジェシー、プルズアイはウッディと共にアンディの遊び仲間に加わります。この映画の面白いところは、おもちゃが意思を持って勝手に動くというストーリーです。まさに、子どもに夢を与えてくれる話だと思います。おもちゃの立場での考え方がわかるのも、魅力的なことです。
女性
女性
子供のころにこの作品を観て、普段、自分が何気なく扱っているおもちゃも、バズやウッディ達のように意思を持って暮らしているのだとしたら、持ち主の自分の事や暮らしている家を少しでも心地よく感じてくれたらいいなと思ったのを覚えています。
多くの子供たちにとっておもちゃは子供の時に遊ぶものであって、大人に近づいていくと共にその興味が薄れていくのは寂しくても自然のことです。
遊んでいるうちにどこかが壊れてしまったり、新しいものに興味が移ってしまうこともおもちゃ達にはどうすることも出来ないのです。
実際に、ウッディの持ち主であるアンディはお気に入りのおもちゃのウッディの腕がほつれてしまったことで、それ以上の破損をおそれてということもあるかもしれませんが、おでかけに連れて行くのをやめてしまいました。それはウッディにとってもとても悲しいことでした。
だからこそ、興味のある人たちが見に来てくれる、キレイなままで価値のあるものだとされる博物館に展示されることが夢だという、子供たちに遊んでもらうことを知らないプロスペクターの言い分は、大人になった今ではとてもよくわかります。
しかし、その中でウッディ達は大好きなアンディのためにうちに戻ることを決めます。
いつこの作品を一緒に観た子供が、アンディのようにおもちゃ達からも望んでもらえるように、たくさん遊んで大切にしようと、物語を通じて感じてくれたらいいなと思いました。
女性
女性
トイ・ストーリー2の最大の魅力は、やはりジェシーの存在でしょうか。とにかく明るくて気も強くて、でも素敵なカウガール。しかし、彼女の過去の話は、涙なしには聞けない方が多いと思います。特に大人には心が切なくなる方が多いのではないでしょうか。ジェシーのおもちゃの立場の心情もよくわかる。しかしそれ以上に、大人になった今だからこそ、ジェシーの昔の持ち主であるエミリーの行動や変化もよくわかるのです…。だって多少なりとも誰しもが大人になる段階で、実際に感じてきた心情の変化だから。トイ・ストーリー2は、子供のためのエンターテインメント作品というよりも、大人のためのエンターテインメント作品としての完成度が高いです。かつ、トイ・ストーリー2は1と違って問題提起をしている部分も特徴です。(アンディが大人になったら、ウッディ達はどうなるのか?)数年後に必ず訪れるであろうこの問題が最後に投げかけられています。そして、その問題に対してウッディがバスに話す言葉…。とても前向きであり、ウッディらしい言葉で締めくくられています。トイ・ストーリー2の完成の時点で、ピクサーは3の制作を予定していたそうですが、ウッディのその言葉には、誰しも3を期待せずにはいられない作りになっています…!

【ディズニープラスなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
ディズニー・ピクサー・マーベル映画が見放題!

映画『トイストーリー2』高画質動画を
無料で視聴

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス