洋画

映画『トイストーリー』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替とシリーズ順番

このページでは。映画『トイストーリー』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\ディズニー作品が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料お試しへ

映画『トイストーリー』は、ディズニーのピクサー・アニメーション・スタジオによって、始めてフルCGで製作されたアニメーション映画です。

文字通り、子どもたちが遊ぶおもちゃたちの物語。

2019年の夏に公開された映画『トイストーリー4』も話題になりました!日本でも大人気の映画シリーズの第一作目、気になる人も多いはず!

ディズニーデラックス

映画『トイストーリー』動画をディズニープラスで無料フル視聴する方法

\『トイストーリー』は/
\ディズニープラスで見放題/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料作品でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間は無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベル作品の人気作品が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも利用可能!
  • 会員限定配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『トイストーリー』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 700円 31日間
U-NEXT × 330円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 932円 30日間
dTV × 300円 550円 31日間
TELASA × 300円/3日 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 300円 500円〜 30日間

\ディズニー作品が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料お試しへ

ディズニープラスで見れる作品はこちらをタップ

ディズニープラスで見れる作品

などなど

ディズニープラスでは、映画『トイストーリー』シリーズ作品をはじめ、ディズニー、ピクサー、マーベルスタジオの作品が見放題なので、全作無料で一気見が可能です!

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為ディズニープラスのホームページでもご確認くださいね。

ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画やテレビは製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 違法にアップロードされた物と知ってダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\ディズニー作品が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料お試しへ

映画『トイストーリー』の映画情報

映画『トイストーリー』あらすじ

いつもたくさんのおもちゃで遊んでいるアンディのお気に入りは、古いカウボーイの人形であるウッディ。

背中の紐を引っ張れば、『カウボーイトーク』まで話してくれる。

アンディは、毎日いろんなおもちゃに役割を与えながら、ウッディを使ったカウボーイごっこが大好き。

ウッディも他のおもちゃも、いつも自分たちで遊んでくれるアンディが大好き。

しかし、おもちゃ達にはアンディを始めとする人間達に知られてはならない『おもちゃのルール』があった。

それは、彼らおもちゃが実は生きていて、自由に動いたり話せる事を人間に知られてはいけないというもの。

そして、今年もやって来たアンディの誕生日に、新しいおもちゃがプレゼントされる。

どんな新入りがやってくるか、みんな興味津々。

喜ぶアンディがおもちゃをベッドに勢いよく置くことによって、ベッドが定位置のウッディが落ちてしまった。

アンディが部屋から出て行った後、まずウッディが確認のためにベッドに上がることに。

そこに居たのは、最近人気の最新宇宙ヒーロー、バズ・ライトイヤーだった。

自身をおもちゃではなく、本物のスペース・レンジャーだと信じて疑わないバズ。

飛べる、と堂々と言ったバズは、偶然が重なって、飛べたというよりもウッディ曰く格好良く落ちて来ただけ。

しかし、アンディのみならず、可動式の翼や光るレーザーにウッディ以外のおもちゃまで夢中になるのだった。

そんな中、アンディ達デイビス一家が引っ越すことに。

バズが入ってきたおかげで、1番の座が奪われたウッディは毎日が大変面白くなく、とうとうバズにちょっとした嫌がらせをしてしまう。

しかし、結果的に事故とはいえ、バズはアンディの部屋の窓から外へ落ちてしまった。

他のおもちゃから、ウッディがバズを突き落としたと誤解されてしまう。

アンディに連れられ、ピザ・プラネットに向かうウッディは、途中で自分たちを尾行していたバズと喧嘩になる。

ヒートアップしていく内に車に乗り込んだアンディは、気付かずウッディ達をガソリンスタンドに置いて行ってしまった。

そこへ丁度、アンディ達が行く予定だった『ピザ・プラネット』の車が止まった。

1人で乗ろうとするウッディだったが、このまま帰っても自分は裏切り者だと誤解されたままだと気づいたため、バズに車は宇宙船だと言って一緒に乗り込む。

無事『ピザ・プラネット』に到着しアンディも見つけ、バズと一緒に帰ろうとするもバズは、自分の宇宙船だと勘違いしたクレーンゲームの中に入ってしまう。

クレーンゲームをプレーして2人を捕まえたのは、隣に住むシドと言う少年。

おもちゃを殺すことで有名な彼の家に2人は、連れて帰られた。

シドの家には、彼に改造されたおもちゃ達がいた。

怖がるウッディ。

何とか脱出し、アンディの家へ帰ろうとするウッディを他所にバズは入った部屋の中で、自身をおもちゃとして宣伝するCMを見てしまう。

このおもちゃは飛べません、の表記にを見て、バズは飛べることを証明するために階段の手すりからジャンプ。

しかし、あっけなく落ちたバズは、片腕と一緒に気力まで無くしてしまうのだった。

そんな無気力なバズを叱咤したのは、他でもないウッディ。

今まで言えなかったけど、バズは最高に格好いいおもちゃだというウッディにバズの心が動かされる。

おもちゃとして、ウッディとともにアンディの下に帰ろうと決意。

シドのおもちゃ達に腕を直してもらい、みんなでシドに復讐。

十分怖がらせた後、2人はシドのおもちゃ達に別れを言って、アンディ達の引っ越しトラックを追いかけた。

しかし、トラックは行ってしまい、もう駄目かと思われた時ウッディが閃く。

シドがバズを飛ばすために括り付けたロケットの導火線に着火。

ものすごい勢いで飛ぶロケットは上昇し、バズが翼を開いた瞬間外れて爆発。

飛んでるぜ、と喜ぶウッディに、格好つけて落ちているだけだ、と最初にウッディに言われたセリフをバズはそのまま返した。

アンディのおもちゃ達が乗ったトラックを通り過ぎた2人は、そのまま前を走っていたアンディの乗る車の中の段ボールに無事着地。

アンディは、おもちゃが見つかったことを喜ぶのだった。

クリスマスになり、誕生日の時と同様、アンディがクリスマスプレゼントを開けるのをグリーンアーミーメンが偵察に行く。

プレゼントの中身は、Mr.ポテトヘッドの奥さんのMrs.ポテトヘッド。

Mr.ポテトヘッドは、髭をそらなきゃ、と喜ぶ。

そして、更に子犬もプレゼントされたアンディ。

ウッディとバズは、顔を合わせて苦笑いするのだった。

\ディズニー作品が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料お試しへ

映画『トイストーリー』キャスト・出演者

  • ウッディ:トム・ハンクス/唐沢寿明
  • バズ・ライトイヤー:ティム・アレン/所ジョージ
  • Mr.ポテトヘッド:ドン・リックルズ/名古屋章
  • スリンキー:ジム・ヴァーニー/永井一郎
  • レックス:ウォーレス・ショーン/三ツ矢雄二
  • ハム:ジョン・ラッツェンバーガー/大塚周夫
  • ボー:アニー・ポッツ/戸田恵子
  • アンディー:ジョン・モリス/市村浩佑

映画『トイストーリー』で、ウッディの声優を務めたのは、俳優の唐沢寿明さん。

しかし、当初の声優は映画『アラジン』のジーニーでもお馴染み、声優の山寺宏一さんだったんです。

吹替作業もすべて終了し、日本語版のポスターや広告にもすべて山寺宏一さん達の名前が掲載されていたのにも関わらず、なんと公開寸前で配役交代!

理由は、『無名な声優よりも有名人を使った方が話題になる』というもの。山寺宏一さんもがっかりしたとか。

確かに有名な俳優や芸能人の方が吹替をするのは、映画『トイストーリー』以降の映画で増えてきた傾向にあります。。

しかし、唐沢寿明さんも上手なのですが、個人的にあのジーニーを務めたプロの声優である山寺宏一さんのウッディを見たかった!

さらに、製作総指揮には当時ピクサーを率いてたAppleの創始者スティーブ・ジョブズの名前が。

今のスマートフォンを造った方々が製作したアニメーションにもぜひ注目して見てください!

監督

ジョン・ラセター

音楽

ランディ・ニューマン

脚本

ジョス・ウィードン
アンドリュー・スタントン
ジョエル・コーエン
アレック・ソコロウ

製作

ラルフ・グッジェンハイム
ボニー・アーノルド

製作総指揮

エドウィン・キャットマン
スティーブ・ジョブズ

\ディズニー作品が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料お試しへ

映画『トイストーリー』感想や口コミ評価

女性
女性
今ではトイ・ストーリー4まで公開されている大ヒットディズニー映画の1作目の作品です。いまだに何回も見返すほど愛に溢れていて、見終わる頃には優しい気持ちになれますよ。
物語の主人公はおもちゃたち!そしてその持ち主の少年アンディーとの日常を描いています。主人公のウッディは、西部一のカウボーイ。そして、アンディーのおもちゃたちのまとめ役です。いつもウッディの言うことは正しくて、正義感に溢れていて愛されている。そんな人って身近に一人くらいはいますよね。人間に置き換えられる設定も魅力です。
そして、そんなアンディーの元にバズという新しい仲間が加わることからウッディの生活が変わっていきます。みんなの人気者でいつも輪の中心にいるウッディですが、やっぱりバズが来ることに不安は隠せなかったようです。この不安な気持ち人間にもよくありますよね。すごくウッディが人と同じ思考だと思えて身近に感じました。
そして、あれだけ避けてきたバズを必死に救おうとする場面がいくつか出てきます。シドの家から救うとき、引っ越しトラックに乗り遅れたとき、ピザプラネットで迷子になったとき…など…。そこにはハラハラしながらも二人を応援する気持ちがこみ上げてきますよ。
女性
女性
公開されてから何年も経った今でも子供から大人まで大人気のディズニーピクサー映画。最近4が公開されたということで、改めて見返した方も多いのではないでしょうか?私もその中の1人なのですが、子供の時に見た印象と大人になってから見る印象が全く違う映画だなと改めて感じさせられる作品でした。小さい頃は「きっと自分のおもちゃも こうやって動いているのかも知れない!」「ウッディとバズ、シドに負けないで!」なんて思って見ていましたが、大人になった今もう一度見て「なんて考えさせられる、感動できる映画なんだろう」と思って何度も涙してしまいました。2人の友情や仲間たちを思う気持ちなど、色んなことが上手におもちゃの世界に置き換えられていて、製作者たちは本当にすごいなと思いました。私の中で特に印象的だったのは絶対に自分は空を飛べると信じているバズライトイヤーが、実は自分は飛べなかったと気づいたところ。昔は何も思わなかったのに大人になった今、本当に胸が締め付けられて涙がこぼれてしまいました。きっと私以外にも、子供のころは特別何も感じなかったシーンなのに涙が出る!という事がこの映画にはあると思います。最後はもちろんハッピーエンドのディズニーらしい終わり方で、見終わった後に幸せな気分になる映画でした。
女性
女性
子供がアニメを見る年齢になったので、久しぶりに見ました。
実はおもちゃ達に意思があり人間のように動けるなら、という設定もとても面白く我が家のおもちゃももしかしたら…なんて考えてしまいました。
おもちゃの中にも人間世界のように序列(この作品の中では持ち主のアンディが好きなおもちゃの順位)がある事からお気に入りだったウッディの代わりに新しくきた最新のおもちゃバズにだんだん心移りしていく様子もついついウッディ目線で見てしまい切なく感じました。
隣の乱暴な子供、シドにウッディとバスが捕らえられた際に、ロケットで飛ばされそうになっているバズをウッディとこれまでシドに解体されチグハグな体にされたおもちゃ達が逆襲するシーンがスカッとして大好きです。
バズの決めセリフ「無限の彼方へ! さあ行くぞ!」のシーンになると子供と一緒にポーズをして、ついつい口に出てしまいます。
男性
男性
トイストーリーは初公開から20年以上経っていますが、未だにディズニーの物語の人気を誇っています。自分の幼少期に「もし、おもちゃが自分で動いてくれたら……」なんて想像は、誰しもがしたと思います。子供のみならず、大人までトイストーリーに魅了されてしまうのは、幼い頃の自分の夢をこの映画が叶えてくれているからだと思います。
私のオススメのシーンは最終場面。引越しをしてしまう持ち主・アンディの乗る車を目指しウッディとバズが試行錯誤を繰り返します。最後はバズに括り付けられたロケットに火をつけ、空高く飛び上がります。その際バズは「落ちているだけだ。カッコつけてな」と言います。
実はこれ、過去に自分が本物のスペースレンジャーだと信じてやまないバズの目を覚ますためにウッディが「お前はおもちゃなんだよ!」と強く言い放ちます。バズがその後色々な経験をし「自分はおもちゃなんだ」と絶望しながらも現実を受け止めていく。そして、全てを受け入れ「落ちているだけだ」というのです。
このバズの心理を意識しながら観ると、面白い中にも感動があり、何度も観たい映画になります。
男性
男性
この映画は、2010年に公開されたアメリカ映画です。ウォルトディズニーにより製作された映画で、多くの人が関心を持つ映画です。お馴染みのキャラクターたちがたくさん登場するので、子どもたちも喜ぶのではないでしょうか。あらすじは、おもちゃたちは遊んでもらうことを仕事としていますが、大人になった持ち主のアンディのことをおもちゃたちは悲しむようになります。捨てられるくらいならと考えて、保育園に向かいます。見所は、おもちゃたちはアンディーの気持ちに気がつくのができるの方、おもちゃたちとアンディーがどう接するのかです。この映画では、おもちゃ同士の友情に心温まります。また、おもちゃがそれぞれのキャラクターを生かして活躍するところもワクワクします。
女性
女性
この映画はメッセージ性が強く、1番初めに見たときは小学生のときでしたが小学生のときでも感動し、大人になった今なお楽しむことができる映画だと思います。また、おもちゃは本当に生きていると信じられるくらいにリアリティ性も高く、作品のクオリティの高さに感動しました。1作目はウッディとバズの友情が描かれており、常にアンディの1番のおもちゃであったウッディが、最初は嫉妬心を抱きつつも徐々にバズとの距離を縮めていくまでの過程が斬新で面白いです。お気に入りのシーンは、アンディがPIZZA PLANETに行きゲームセンターで遊ぶところです。このシーンは、内容というよりも外国の雰囲気が味わえ、わくわくするグラフィックがお気に入りです。UFOキャッチャーのシーンで登場するリトルグリーンメンのかわいさにも注目です。その他にも、常に自身満々であったバズが自分がただのおもちゃであったことに気づくシーンは、すごく切ない気持ちになります。この作品は、ものを大切にしないといけないということを教えてくれただけではなく、友情、忠誠心、プライド、あきらめない心など様々なことを教えてくれました。子供だけではなく、大人も一緒に楽しめる作品だと思います。
女性
女性
ずっとアンディの1番のお気に入りで1番の親友だったウッディの前に、バズ・ライトイヤーが急に現れてお気に入りの座を奪われそうになる冒頭のシーンで、嫉妬してバズ・ライトイヤーにいたずらを仕掛けようとする様子が人間のように見えました。バズが自分をスペースレンジャーだと信じ込んでいましたが、バズ・ライトイヤーのCMを見て自分がおもちゃだと気づいたときのシーンは切なくなりました。そのショックでちょっとおかしくなって、シドの妹にお茶会遊びをさせられているぶっこわれ様には笑いました。自分がおもちゃだと知って一度は絶望していましたが、エンディングでウッディを抱えながらロケット花火で空を飛んでいる姿はすごくいい顔をしていて、2人の固い友情が生まれた瞬間にほっこりしました。
女性
女性
笑いあり、涙ありという言葉がぴったりの映画です。最後はおもちゃ同士の友情に感動してしまいます。トイ・ストーリーは、本来動くこともしゃべることもしないはずのおもちゃが、自由にしゃべったり動けたりするので、お子さんも夢中になれると思います。家族でみるのにもぴったりですね。おもちゃなのに激しいアクションシーンもこなすし、時々ドジするところもおもしろいです。おもちゃはたくさん出てきてみんな仲間同士ですが、特にウッディとバズの友情が素晴らしいですね。バズは新入りで、ちょっと気難しくて無口なところがあって変わってたんですが、ウッディとだんだん絆が強くなっていきます。最後は二人の友情を感じてじんわりきてしまいます。私はウッディもバズも大好きですが、ほかの仲間たちの中で、特にスリンキードッグが好きでした。犬の姿をしたおもちゃなんですが、バネでできているから胴体がビヨーンと伸びるんですよね。その様子がとてもコミカルで笑えました。仲間たちと協力しながら奮闘するので、絆が固いなと思いました。ウッディもとてもいいキャラクターで、みんなをまとめようとする姿が頼もしいです。大人も子供心に戻って楽しめます。

【ディズニープラスなら】
31日の無料視聴期間
ディズニー・ピクサー・マーベル映画が見放題!

映画『トイストーリー』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス