洋画

映画『マイティソー:バトルロイヤル』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替とMCUシリーズ順番

このページでは、映画『マイティソー/バトルロイヤル』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\マーベル作品が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料お試しへ

映画『マイティソー/バトルロイヤル』は2017年公開。MCUシリーズとしては17作目、ソーを主人公にした実写作品としては3作目。

原題は『Thor:Ragnarok』(ソー:ラグナロク)。ラグナロクとは北欧神話の「世界終末の日」のことです。

ディズニーデラックス

映画『マイティソー/バトルロイヤル』動画を無料でフル視聴する方法

映画『マイティソー/バトルロイヤル』動画
ディズニープラスなら
シリーズ作品も見放題

映画『マイティソー/
バトルロイヤル』の
動画を無料視聴

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料作品でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間は無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベル作品の人気作品が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも利用可能!
  • 会員限定配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『マイティソー/バトルロイヤル』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜き) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 700円 31日間
U-NEXT × 220円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× 400円 932円 30日間
dTV × 200円 550円 31日間
TELASA × 350円 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
Amazonプライム × 199円 500円〜 30日間

\マーベル作品が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料お試しへ

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のシリーズ作品順番

フェーズ1

  1. アイアンマン 2008年
  2. インクレディブル・ハルク 2008年
  3. アイアンマン2 2010年
  4. マイティ・ソー 2011年
  5. キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー 2011年
  6. アベンジャーズ 2012年

フェーズ2

  1. アイアンマン3 2013年
  2. マイティ・ソー/ダーク・ワールド 2013年
  3. キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー 2014年
  4. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 2014年
  5. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 2015年
  6. アントマン 2015年

フェーズ3

  1. シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ 2016年
  2. ドクター・ストレンジ 2016年
  3. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 2017年
  4. スパイダーマン:ホームカミング 2017年
  5. マイティ・ソー バトルロイヤル 2017年
  6. ブラックパンサー 2018年
  7. アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 2018年
  8. アントマン&ワスプ 2018年
  9. キャプテン・マーベル 2019年
  10. アベンジャーズ/エンドゲーム 2019年
  11. スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム 2019年

フェーズ4

  1. ブラック・ウィドウ 2020年5月
  2. ジ・エターナルズ 2020年11月
  3. Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings 2021年2月
  4. Doctor Strange in the Multiverse of Madness 2021年5月
  5. Spider-Man 3 2021年7月
  6. Thor: Love and Thunder 2021年11月

映画『マイティソー/
バトルロイヤル』を
無料視聴する

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...
ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画やテレビは製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 違法にアップロードされた物と知ってダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\マーベル作品が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料お試しへ

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』の映画情報

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』あらすじ

『アベンジャー/エイジ・オブ・ウルトロン』でのウルトロンとの戦いの後、ソー(クリス・ヘムズワース)はインフィニティ・ストーンを探し、宇宙を旅していましたが見つからず、炎の巨人スルトに囚われていました。そこでアスガルドの最期、世界終末の日「ラグナロク」の預言を聞きます。

何とかスルトを倒しその王冠を手に入れ、アスガルドに戻ったソーはオーディンになりすました弟のロキ(トム・ヒドルストン)と再会します。父オーディンの不在を問いただし、故郷に連れ戻すためニューヨークに来たソーとロキでしたが、残してきた老人ホームはすでに無くなっていました。

ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)の住むサンクタムに招かれたソーはオーディンがノルウェーにいることを聞き、ロキとともに向かいます。

オーディンと会うことが出来たソーとロキですが、そこで驚きの話を告げられます。それは死の女神、姉であるヘラ(ケイト・ブランシェット)の存在で、自分の死期が近く、いなくなると封印していたヘラが復活してしまうということでした。オーディンが光となってこの世からいなくなると、空間に穴があき、二人の前にヘラが現れます。

自らを女王と名乗り「ひざまずけ」と命令するヘラに対してソーは武器であるハンマー「ムジョルニア」を投げつけますが、ヘラはそれを片手で受け止め粉々に破壊してしまいます。

不利だと感じたロキが脱出するためビフレスト(虹の橋)でアスガルドにソーとともに戻ろうとしますが、ヘラも後を追ってきます。彼女によって虹の橋から放り出されたソーはサカールという惑星のゴミ捨て場のような場所に落ちます。

そこでスクラッパー142(テッサ・トンプソン)という女性に体の自由を奪われる装置つけられて捕まったソーはサカールの支配者、グランドマスター(ジェフ・ゴールドブラム)の元に連れていかれます。

闘技場を開いているグランドマスターはスクラッパー142から闘技場の挑戦者として高額でソーを買い取ります。

ロキもサカールにたどり着いていましたが口の上手い彼はグランドマスターに取り入って客となっていました。ソーは拘束から解放するように頼みますがロキは相手にしません。

「チャンピオンを倒したら自由してやる」と言われたソーはいやいやながら格闘大会(バトルロイヤル)に参加することになります。

一方、虹の橋を通ってアスガルドへやって来たヘラは自分に逆らうウォーリアーズ・スリーと兵士たちを全員殺してしまいます。アスガルドから力を得ている彼女の力は強大で、誰もかなうものはいませんでした。

果たしてソーは自由の身になれるのか?そしてアスガルドを、実の姉であるヘラから守ることができるのか?

監督のタイカ・ワイティティの演出により、コメディ要素がふんだんに盛り込まれています。大ヒットにつながったこれらのシーンはこれまでの『マイティ・ソー』シリーズになかったもので、ソーのイメージが変わると思います。

一作目ではまだ未熟だったソーが二作目で思慮深い人物となり、今作では真面目だけではない面を見せてくれます。周りの人物たちにもこのような演出がされていて笑えるシーンが多くなっています。個人的に一番はロキがドクター・ストレンジによって穴に落とされるシーンでした。

シリーズとしては『アベンジャーズ:インフィニティー・ウォー』に続いていく内容になっていて、一旦終了したわけですが、続編が制作されることが決定していて『Thor:Love and Thunder』(原題)という作品が2021年に公開の予定です。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』キャスト・出演者

  • ソー:クリス・ヘムズワース
  • ロキ:トム・ヒドルストン
  • ヘラ:ケイト・ブランシェット
  • スクラッパー142/ヴァルキリー:テッサ・トンプソン
  • オーディン:アンソニー・ホプキンス
  • グランドマスター:ジェフ・ゴールドブラム
  • ハルク/ブルース・バナー:マーク・ラファロ
  • ドクター・ストレンジ:ベネディクト・カンバーバッチ
  • ヘイムダル:イドリス・エルバ
  • スカージ:カール・アーバン

あらすじでは触れませんでしたが、個人的には今作で初登場となったヴァルキリー/スクラッパー142役のテッサ・トンプソンがとてもいい演技をしていると感じました。

今作での活躍が認められ、『アベンジャーズ/エンドゲーム』、さらには『メン・イン・ブラック:インターナショナル』でのエージェントMへとキャリアをつなげていくことになり、続編『Thor:Love and Thunder』への出演も決定しています。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』スタッフ

監督

タイカ・ワイティティ

脚本

エリック・ピアソン

音楽

マーク・マザーズボー

主題歌

レッド・ツェッペリン「移民の歌」(immigrand song)

撮影

ハビエル・アギーレサロベ

編集

ジョエル・ネグロン
ゼン・ベイカー

製作

ケヴィン・ファイギ

\マーベル作品が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料お試しへ

映画『マイティソー/バトルロイヤル』感想や口コミ評価

女性
女性
初作の豪放磊落で自信に満ち溢れたソーから、本作では真のアスガルド王になるために大人として苦しむ道のりがクライマックスに至るまできちんと描かれています。
なぜ弟ロキとこじれてしまったのか?ねじれてしまったロキの心を再び善の道へ変えたのは何だったのか?今までになく兄に対して真向から向き合っていく姿に心打たれます。
ロキの王子様ルックも良いですが、牢に入れられた時のラフな格好も自然でカッコいいです。
神様のはずのロキが「アメリカに神のご加護を!」とキャプテンアメリカに変身するのには笑えます。神話ではロキはイタズラの神様らしいので、まさに本領発揮で楽しめます。
アベンジャーズでもあるソー、世界を救うのに忙しかったという言い訳はあるにせよ、放置されすぎて機嫌を損ねていたジェーンと心を通わせることができるのか・・・。
実はヤキモチ焼きで繊細なハートを持っているソーはジェーンの彼氏?出現に動揺するシーンも。ソーにもロキにもビンタを食らわせる気の強いジェーン、思わず好きになってしまいますが、ジェーンが取り込んでしまうエーテルが物語の重要なカギとなります。アベンジャーズで狂人になってしまったセルヴィグ博士ももちろん登場し、原作者スタン・リー先生との夢の競演も見逃せません。
男性
男性
マイティソーシリーズは、アベンジャーズシリーズと合わせて見ていたため、今後の展開も含め期待して待っていました。
予告編で出ていましたが、ソーのハンマーが破壊されてしまうところが衝撃的でした。
見どころとしては、映画中盤コロシアムでソーとハルクが戦うシーンです。映画アベンジャーズの時から気になっていましたが、アベンジャーズメンバーの中で一番強いのは、二人のうちどちらかではないか?と考えていたため、二人のバトルシーンは想像以上に興奮して見てしまいました。また、ハルクの姿で会話する貴重なシーンも見れたため、大変満足しました。
また、終盤のヘラとの戦いでは、ソー、ハルクに加えロキと新たに出てきたヴァルキリーが仲間になり、誰もかなわないのではないかと思いましたが、ヘラの強さが想像以上に強く、負けてしまうのではないかと最後までハラハラしながら見ていました。
ロキがいい感じのところでまた裏切るのではないかとこちらの心配もあり、最後の最後まで気の抜けない展開でしたが、映画最後のアスガルドでの決着の仕方が一番衝撃的でした。
今作で、一応ロキが仲間になり、新たな仲間も数名加わったので、次回作のアベンジャーズでの展開がより一層楽しみになり、公開が待ち遠しくなりました。

【ディズニープラスなら】
31日の無料視聴期間
ディズニー・ピクサー・マーベル映画が見放題!

映画『マイティソー/
バトルロイヤル』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス