洋画

映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじ

このページでは、映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は2013年公開。マーティン・スコセッシが監督を務めました。ジョーダン・ベルフォート『ウォール街狂乱日記 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』が原作で実話をもとにしています。

ディズニーデラックス

映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は/
\U-NEXTで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
U-NEXT なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 400円 933円 31日間
dTV × 300円~ 500円 31日間
TELSA なし 562円 31日間
Netflix なし 800円〜 31日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム なし 500円〜 31日間

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる『レオナルド・ディカプリオ』関連作品

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の映画情報

映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』あらすじ

主人公、ジョーダン・ベルフォートは中流家庭で育った株式仲買人です。豪邸に住み、元モデルの妻と2人の子供、ジェット機、車6台、馬3頭、別荘2軒、大きなクルーザーを持つ成功者。そんな彼は毎日麻薬漬けの毎日を過ごす中毒者でした。

しかしどんな薬物にも勝るものがありました。

それは金。

22歳のジョーダンは結婚したばかりで金に飢えていました。金持ちになる野望を抱いた彼はウォール街の投資銀行L.F.ロスチャイルド社に就職し、上司のマーク・ハンナから仕事のイロハを教わります。

昼間から酒を飲み、コカインを吸い込むハンナは株屋のルールをジョーダンに語ります。客に株を買わせたら現実の金にしてはいけない。儲かったら再投資させ、それを繰り返す。客は紙の上では金を稼いだ気になる。しかし株屋は取引の度に手数料として現実の金が手に入る。

株屋で成功するコツは2つ。

1、常にリラックスする。

2、麻薬を吸う。

客を観覧車に乗せ続けさせることが全て。

ジョーダンは6ヶ月間、仲買人の資格を取る勉強をする間に薄給で業界の表裏を学びます。資格を取り、仲買人としてこれから稼ごうとした初日、1987年10月19日。

それは「ブラックマンデー」、世界的株価大暴落が起こった日でした。

L.F.ロスチャイルド社は倒産します。職を失ったジョーダンは倉庫係の求人に応募しようとしますが、妻のテレサが仲買人の求人広告を見つけます。そこは安すぎて上場していない株、ペニー株、店頭銘柄を扱う会社でした。

そこで驚くことが1つありました。

仲買人の取引手数料が株価の50%だったのです。L.F.ロスチャイルド社での手数料は1%でした。ジョーダンは1株10セントのペニー株を巧みな話術で4千ドル、4万株買わせ、たった数分で2千ドルを稼ぐことに成功します。彼は勢いに乗り、ペニー株を手当たりしだいに売って大儲けします。

そんなある日、ジョーダンがレストランで食事をしていると彼の高級車に興味をもった男性、ドニー・アゾフに声をかけられます。彼はジョーダンに仕事は何をしているのか、稼ぎはいくらなのか尋ねます。

株の仲買人で月に7千ドル稼いでいると聞いたドニーは給与明細を見せてくれたらすぐに彼の下で働くと申し出ます。給与明細を見たドニーはその場で務めていた職場を辞め、2人は会社を起こします。

そこに営業マンが必要でした。

彼らは麻薬のディーラーなどの社会のはみ出し者達を仲間に入れます。ジョーダンは何でも売ることができると言う彼らに持っていたペンを渡し、これを俺に売ってみろと言います。仲間の1人、ブラッドはナプキンに名前を書けと言います。必要性を作り出して買う気にさせるというテクニックでした。

しかし集まった仲間は全員セールスの素人、簡単にはいきません。

そこでジョーダンは会社名とロゴを威厳のありそうなストラットン・オークモント社として、仲間たちにセールスの技術を叩き込みます。戦略は富裕層に有名銘柄を売り、信用を得たところでペニー株などクズ同然の店頭銘柄を売りつけ、50%の手数料で儲けるというものでした。

ちなみに店頭銘柄を証券会社が投資勧誘することは禁止されています。会社は売上を飛躍的に伸ばし、社員も増えて急成長します。ある月には店頭銘柄だけで手数料2870万ドルを売り上げて、社内でどんちゃん騒ぎをします。

ストラットン・オークモント社の噂はウォール街で有名になり、望まないところからも注目を集めることになります。
FBIです。

ウォール街を象徴する雑誌「フォーブス」も取材をします。見出しは「ウォール街の狼」ジョーダンを酷評するものでした。

しかし、稼ぎまくるストラットン・オークモント社は有名になり、金持ちになりたい入社希望者が殺到します。会社はさらに成長して、毎日が何でもありの無法地帯となります。ジョーダンは社内の秩序を維持するため会計士の父、マックスを雇い入れます。

マックスはジョーダンに「いつか報いがくる」と忠告します。しかし彼の次の目標は上場できる会社をみつけて大儲けすることでした。新規公開株(IPO)です。

目をつけたのはドニーの同級生、スティーブ・マデンの婦人靴でした。彼らはマデンの会社を上場させることを計画します。これにはからくりがあり、ジョーダンとドニーは内密に株式の85%を持っていました。

もちろんこれも違法行為、FBIが本格的に動くことになります。

果たしてジョーダンはどうなるのか。

今作はジョーダン・ベルフォート本人が書いた原作をもとにして製作された映画です。常軌を逸した物語なので作り話のようですが、主要な登場人物は実際のモデルがいます。

そして映画のラストには実際のベルフォートが登場します。ある意味伝説となった彼の人生に興味を持たれた方は是非、御覧ください。

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』キャスト・出演者

  • ジョーダン・ベルフォート:レオナルド・ディカプリオ
  • ドニー・アゾフ:ジョナ・ヒル
  • ナオミ・ラパグリア:マーゴット・ロビー
  • マーク・ハンナ:マシュー・マコノヒー
  • パトリック・デナム: カイル・チャンドラー
  • マックス・ベルフォート:ロブ・ライナー
  • テレサ・ペトリロ:クリスティン・ミリオティ
  • ドウェイン:スパイク・ジョーンズ
  • スティーブ・マデン:ジェイク・ホフマン

今作にはその後、『スーサイド・スクワッド』のハーレクイン役で人気となったマーゴット・ロビーが出演しています。

彼女のファンには貴重なシーンがあるので是非御覧ください。

映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』スタッフ

監督

マーティン・スコセッシ

脚本

テレンス・ウィンター

音楽

ハワード・ショア

撮影

ロドリゴ・プリエト

編集

セルマ・スクーンメイカー

製作

リザ・アジズ
ジョーイ・マクファーランド
レオナルド・ディカプリオ
マーティン・スコセッシ
エマ・ティリンジャー・コスコフ

原作

ジョーダン・ベルフォート「ウォール街狂乱日記 – 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生」

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』感想や口コミ評価

男性
男性
映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』では、「タイタニック」などで知られるレオナルドディカプリオが演じるジョーダンは、ウォール街で働いていたものの、勤めていた会社は倒産。小さな事務所に移り、セールスの電話をかけると、その様子や契約数に同僚は驚き、ただ者でないことを知らしめていきます。数年後には自分の会社を設立し、女、金、薬に溺れる若社長となるのですが、この、ドラッグやセックスにのまれていくディカプリオの演技が非常にハマっており、ジョーダンがどんどんクズに堕ちていくサマが面白いです。また、ジョーダンの後妻となるナオミをマーゴットロビーが好演していて、この出演を機に知名度が上昇したと言われています。ナオミは簡単にはジョーダンに惹かれず、一筋縄ではいかないとても凛とした女性なのですが、マーゴットロビーはそんなナオミをヌードシーンもある中体当たりで演じています。全体的なストーリーや一人ひとりのキャラクターが愉快なのはもちろん、ファッションやクラシックカーも注目してほしいところです。ナオミのビビッドな洋服のみならず、ジョーダン達のスーツ姿や、結婚式でのパステルなファッションも目で見て楽しめるはずです。映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の監督マーティンスコセッシ×主演レオナルドディカプリオのクレイジーで贅沢なこの映画をぜひご覧ください。
男性
男性
映画『ウルフ・オブ・ウオールストリート』は、米国ニューヨークの証券取引街ウォールストリートにおけるビジネスの虚栄に踊られた男を描いた話題作です。監督はスタイリッシュな映像を決め撮りするマーチン・スコセッシ。ウォール街は言うまでもなく米国のみならず世界の金融センターで、ウォール街での金融取引の成否が世界経済の好不況も左右するほどです。
本作品『ウルフ』では、1987年のブラックマンデー事件で株価が暴落したシーンから始まり、一人の野心家が巨万の富を築くまでを半ばコミカルに、またスコセッシ監督特有の様式美に彩られたタッチで描き切っています。裸一貫のゼロスタートから努力と運次第で一代の成功を達成できる、いわばアメリカンドリームをカリカチュアライズした風な印象も本作は醸し出していて、一筋縄では捕えきることのできないスコセッシ監督の多面性を代表した作品かもしれません。映画の主題となるウォール街での株取引を扱った作品には、本作以外にもノンフィクション作家トム・ウルフの作品を映画化した『虚栄のかがり火』などがあります。こちらはブライアン・デ・パルマ監督が映像化していて、スコセッシ監督を思わせるようなスタイリッシュな映像造形を実現していますので、興味のある方はそちらもぜひどうぞ。
男性
男性
映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は、マーティン・スコセッシとレオナルド・ディカプリオ通算5作目のタッグで息ぴったりと思わせる隙のない映画です。ひたすらアップテンポで駆け抜けるジョーダン・ベルフォートのドラッグとセックスにまみれた半生を基にした映画です。犯罪ものでありながら明るくコミカルで不謹慎な笑いでいっぱいです。特にディカプリオとジョナ・ヒルのコンビが見せるドラッグ漫才は必見です。飛行機で悪ふざけしすぎて座席に縛り付けられたり、盗聴されているかもしれないのにジョナヒルがドラッグのせいで不用意に電話したりと最高にして馬鹿馬鹿しい限りです。妻役のマーゴット・ロビーが美しくも結婚生活への怒りを抱える女性を体当たりで見事に演じています。他にもジョン・バーンサルなど見ればおっ!となるような俳優が出てくるのもいいところです。どこか抜けた憎めない人物たちが悪ふざけしかしていない会社で好き勝手するのはちょっとうらやましいです。映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は、勧善懲悪が好きな人に向けられた映画ではないですが堅苦しくなくかといって中身のない映画でもないです。人間の欲望を描くことにかけては天下一なマーティン・スコセッシが画面いっぱいにぶちまけるドラッグ・セックス・金の奔流は映画でしか見られないもの、映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』必見です。
男性
男性
この映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は、2013年に公開されたアメリカの映画で、マーティン・スコセッシ監督による伝記・コメディ映画です。あらすじは、ジョーダンがウォール街で外務員試験の資格を取得します。勤務初日がブラックマンデーで、会社は倒産してしまいます。アイルランドに職を求めたジョーダンは相棒のドニーと知り合い、会社を興して成功します。どんどん成功する中、FBIのデナム捜査官に目をつけられ、ジョーダンは逮捕されます。しかし、有名人になったジョーダンは、それも金儲けの手段にしてしまいます。この映画は、実話に基づいていますが、本当にこんなことがあったのかと思わせるようなシーンがたくさんあり興味深く視聴できました。特に、ヨットが沈没したり、オフィスに猿が来たり、女性を丸刈りにしたり、金魚を食べてしまうシーンは驚きました。なお、一人の男と人生をそのまま描いただけで映画になるということにも感銘を受けました。
女性
女性
映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』では、ディカプリオはイケメンだけでなく、演技力もさすが!といった感じ。これだけフェロモンをさりげなく出しながら役に入りきれる俳優はいるでしょうか…。ただ、レオの出演作品のチョイスは正直あまいいいと思いません。薬づけや女たらし、残酷な映画や気味の悪い映画によく出ている印象です。ベタな純愛ストーリーや成功者の話でもいいのに、ひとクセあるような映画ばかり出ている気がするんですよね。ザ・ビーチもラリってクレイジーな行動ばかりとる役でした。今回のもそんな感じで、レオのラリった姿が本当にリアリティあってやばかったです。ファンにとってもラリったレオの姿は見どころがあると思います。複雑な想いですが…。映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の中でも、レオが麻薬づけ女づけになっていきます。それはアメリカンドリームを追い求めてついに夢に見た成金になれたからです。とてつもない金額を手にして幸せなのは、最初だけかもしれません…。ディカプリオが出ているから華やかな世界観に変りないのですが、特に衝撃的な出来事は起きません。コメディなのでコミカルな見方もできますが、人によっては下品、汚いと感じることもあるのでその点はご注意を。単純にディカプリオのカッコよさや成金ぶりやラリってるところを楽しむにはいいですが、映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』最初から最後まで悪役で憧れや共感はありませんね…。まぁそこがブラックユーモアでいいのかもしれません。
男性
男性
映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』では、レオナルド・ディカプリオ演じる実在の人物、ジョーダン・ベルフォートは頭の回転で言えば天才的な人物ですが、違法な株の売買をして巨万の富を築き、経営する会社内では無法地帯のようにやりたい放題の日々。実話ということですが、本当にこんなことしていたの?と信じられないような内容です。でもそんなハチャメチャな部分も次第に慣れてきて、途中からは主人公たちがうらやましかったです(笑)。映画の内容もぶっ飛んでいましたが、とにかくディカプリオの演技がいい意味でヤバかったです。元々イケメンでクールな役の印象が強かったのですが、この映画でその印象が180度変わりました。狂ったように薬物や女性に熱中するディカプリオの姿はなかなか見れないのではないでしょうか。クールなディカプリオが好きな方には刺激が強すぎるかもしれませんが、私はこの映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』での彼の圧倒的な演技力を見て、やはり彼は最高の映画俳優だと思いました。
女性
女性
男のやりたい事が全部詰まった映画と知り合いに紹介されたのがこの映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』です。金、女、ドラッグ。喋りの才能から証券会社で大成功を収めた男と周囲の人間の乱痴気騒ぎ。個人的にはレオナルド・ディカプリオが大好きで、男気溢れるワイルドな姿にずっと見とれていました。とはいえ暴力的な意味でも下的な意味でも過激なシーンが多めなのでその辺が苦手な方は注意した方がいいかもしれません。私は大好きなのでむしろ満足しましたが…。頭が良く、喋りの才能を生かして財を築き上げていく。財が増えれば仲間が増える、そんな仲間とオープンマインドな楽しい人間関係でダンスにパーティーにドラッグに…。こういう世界って自分からかけ離れているけど、だからこそ見ていて面白い。印象的なのは「ペンを売れ」のシーン。2回出てくるフレーズ。ペンを売れと言われたら、大抵の人は終盤のようにペンだけに着目した説明になってしまいがちだと思います。でもセールスの神髄は必要性を生み出す事で有り、序盤のようにペンが必要な状況に目をつける必要が有ります。乱痴気騒ぎだけで無く成功者がなぜ成功したかというエッセンスにも触れる事が出来る作品だと思います。最後の最後、仲間を守るレオナルド・ディカプリオ…男の色気が有りすぎて感動しすぎて涙が止まりませんでした。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス