洋画

映画『運び屋』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替や実話あらすじとキャスト

このページでは、映画『運び屋』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『運び屋』と言えば映画界の巨匠、クリント・イーストウッドが監督、そして主演をつとめたファン待望の作品ですね。

『グラン・トリノ』以来10年振りとなる監督・主演作品で、麻薬の「運び屋」を行う90歳のおじいちゃん、という衝撃的な役柄で話題を集めました。

注目作でもあり、全世界での興行収入は1億ドルを超えた大ヒットを記録した映画です!

ディズニーデラックス

映画『運び屋』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\『運び屋』は/
\U-NEXTで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『運び屋』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
U-NEXT × 440円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 400円 933円 31日間
dTV × 400円 500円 31日間
ビデオパス × 500円 562円 31日間
Netflix なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 399円 500円〜 31日間

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる映画『クリント・イーストウッド監督映画作品』

  • 『アメリカン・スナイパー』見放題
  • 『ハドソン川の奇跡』見放題
  • 『ジャージー・ボーイズ』見放題
  • 『人生の特等席』見放題
  • 『インビクタス 負けざる者たち』見放題
  • 『グラン・トリノ』見放題
  • 『父親たちの星条旗』見放題
  • 『硫黄島からの手紙』見放題
  • 『ミリオンダラー・ベイビー』見放題
  • 『ミステリック・リバー』見放題
  • 『目撃』見放題
  • 『マディソン郡の橋』見放題
  • 『許されざる者』見放題
  • 『ダーティーハリー』シリーズ 見放題
  • 『リチャード・ジュエル』

など、U-NEXTでは、映画『クリント・イーストウッド監督映画作品』が38作品見放題、さらに4作品がポイント利用で配信中です!

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『運び屋』の映画情報

映画『運び屋』あらすじ

軍を退役した後、デイリリーという花を育てている園芸屋のアール・ストーン(クリント・イーストウッド)は家族よりも仕事を優先する男でした。

アールの実の娘アリソンの結婚式の日も、花の品評会に出席して、自身が注目を浴びることを優先します。そんなアールは、前妻を含めた家族全員の信頼を失っていました。

しかし、歳月が経ちアールも90歳になった頃。インターネット販売の普及が進み、アールの園芸農家も経営が立ち行かなくなり、廃業せざるを得なくなってしまいました。

あるだけの荷物を車に乗せて、差し押さえられてしまった家を後にしたアールは、その足で大きくなった孫娘ジニーの結婚前パーティーへと姿を見せました。

ジニーはおじいちゃんが来てくれたことに大喜びをしますが、娘のアイリスは父親を見るや否やパーティーから抜け出してしまいます。さらに、前妻のメアリーには「今更、顔を見せるなんて」と責め立てられてしまいました。

パーティーの雰囲気が悪くなってしまったことを孫娘に謝り、すごすごとその場をあとにするアールを、1人の男性が追って来ました。彼は、孫娘ジニーの婚約者の友人で、アールを慰めながら、名刺を渡しました。

その男性は、アールが荷物をたくさん乗せているところを見て、「ドライバーを探している知り合いがいる」と仕事の紹介をはじめました。「いい給料をもらう代わりに、なにも質問をしない」というのが条件らしく、車の運転には自信のあったアールは快諾しました。

教えられた場所にトラックを走らせて行くと、数人のメキシコ人がガレージのなかで彼を待っていました。メキシコ人のなかには大きな銃を持っている男もいて、異様な雰囲気を醸し出しています。

メキシコ人たちは、ひとつのバッグをトラックのなかに積み、絶対に中身を見ないようにと約束をさせました。さらに、アールに携帯電話を渡し、電話が鳴ったらすぐに出るようにと念を押して彼を送り出しました。

言われた通りのホテルに向かい、トラックを指定の場所に駐車してから、車を離れ、しばらくして車に戻ってくると、約束通りの場所に封筒が入っており、そのなかには大金が入っていました。

一度きりの仕事だと割り切っていたアールでしたが、自分の居場所でもあり友人たちが集まるサロンであった退役軍人クラブの立て直し費用や、孫娘の学費援助など、お金が必要な場面が重なり、再び「運び屋」を引き受けてしまいます。

途中で、荷物を確認し、自分が運んでいるのが大量の麻薬であることをアールは知りますが、それでも仕事を続けました。

アールの人柄や、戦争体験がゆえの度胸、マイペースな部分が功を奏して、警察に見つかることもなく次第に敏腕の運び屋、「エル・タタ」として名前が通るようになりました。

組織のボスにも信頼されたアールが運ぶ麻薬は、次第に量を増していきました。アール自身も、次第に、お金よりも仕事を任されているということに生きがいを感じていました。

しかし、裏では麻薬取締局(通称:DEA)が大きな麻薬取引の情報を掴んでいました。

コリン・ベイツ捜査官(ブラッドリー・クーパー)たちは、密売人のひとりを強制的に仲間に入れて、次の取引の様子を探っていました。そのなかで、「エル・タタ」という敏腕運び屋の存在を知ります。

「エル・タタ」を捕まえるべく、ベイツ捜査官率いるDEAは、だんだんとアールの存在に近づきはじめました。

そんなこともつゆ知らず、仕事を続けるアールのもとに、前妻が倒れてしまい余命いくばくもないという緊急電話がかかってきます。

行き先を変えるだけで殺される可能性のある運び屋、前妻のもとにすぐさま帰るのか、それとも運び屋を続行するのかアールは悩みました。

…アールは、前妻の危篤に間に合うことができるのでしょうか?

…そして、捜査官たちはアールを見つけることができるのでしょうか?

続きは、本編でお楽しみください!

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『運び屋』キャスト・出演者

  • アール・ストーン:クリント・イーストウッド
  • コリン・ベイツ捜査官:ブラッドリー・クーパー
  • 主任特別捜査官:ローレンス・フィッシュバーン
  • トレビノ捜査官:マイケル・ペーニャ
  • メアリー:ダイアン・ウィースト
  • ラトン:アンディ・ガルシア
  • フリオ:イグナシオ・セリッチオ
  • ジニー:タイッサ・ファーミガ
  • アイリス:アリソン・イーストウッド

主演のクリント・イーストウッドは、撮影当時89歳でした。老いた体やその表情、身のこなしなどは、実年齢に近い彼にしか演じることのできない魅力的な役だったといえるでしょう。

さらに、主役アールの娘役アリソンには、イーストウッドの実の娘であるアリソン・イーストウッドが演じ、父娘としては34年ぶりの共演を果たしました!

脇を固める、豪華な俳優人にもご注目ください!

映画『運び屋』スタッフ

監督

クリント・イーストウッド

音楽

アルトゥロ・サンドバル

脚本

ニック・シェンク

製作

クリント・イーストウッド
ティム・ムーア
クリスティーナ・リベラ
ジェシカ・マイヤー
ダン・フリードキン
ブラッドリー・トーマス

原案

サム・ドルニック
『The Sinaloa Cartel’s 90-Year-Old Drug Mule』

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『運び屋』感想や口コミ評価

男性
男性
生涯現役を謳うクリント・イーストウッドまだまだ健在だなと思わせる一作です。実在した事件で90歳の老人がドラッグの運び屋をしていたという驚くものです。映画的な味付けがほどこされているので犯罪の細部が描かれていくのではなくクリントイーストウッドの実人生や所感を述べるためのキャラクターとストーリーだなと感じます。家族を省みず自分が好きな仕事に邁進するあまり家族からも見放され仕事も失ってしまった男、イーストウッドならぬアールさんが明らかに怪しい人たちから荷物を渡されしかも上手くこなしてしまいます。ギャングから最初舐められているのに飄々としている90歳というのはイーストウッドにしか出来ない真似です。あと娘の結婚式をすっぽかすは若者に上からお前やりたいことないのか?とか言うところまんま老害のそれですがいいんです、世界で稀な面白い映画を撮れる老害なのでいいんです。実生活では映画監督の弟子的な位置付けのブラッドリークーパーが麻薬取締官として脇を固めています。彼に俺みたいになるなって説くところも映画監督として尊敬してくれるのはいいが自分はいい人間じゃないからそこは参考にするなって意味なのでしょうかどうでしょうか、そういった銀幕と実生活が混じるのが楽しい映画です。
男性
男性
2018年に公開されたアメリカの映画です。あらすじは、デイリリーの栽培に夢中になって家族をないがしろにしたアールは妻子に愛想を尽かされてしまいます。時代の流れについて行けずに脳炎を手放すことになった90歳のアールは、無事故無違反の腕を買われて、麻薬の運び屋になります。堅実な運転により運び屋として成功したアールは、運び屋であることがバレて逮捕されてしまいます。しかし、家族との絆を取り戻せたアールは悔いることなく、刑務所に入るという話です。この作品はさすがクリンとイーストウッドの作品だけあって、面白い作品でした。映画のテンポもよく気持ちよく視聴できました。88歳という高齢のクリントイーストウッドが、自ら主演をしたことにも驚かされました。この映画では、お金が全てではないことを教えてくれました。
女性
女性
巨匠クリント・イーストウッド監督作品はいくつも観てきましたが、実は主演作は観たことがありませんでした。監督業と俳優業は別物なので作品の出来栄えに正直心配していました。しかし、この作品を観終えて不安が馬鹿馬鹿しくなるぐらい素晴らしい作品でした。タイトルのイメージのような重苦しい危険と緊張感と隣り合わせ…なんてものはお構いなしのアール(クリント・イーストウッド)は常にマイペース。家族との時間を犠牲にして全てを仕事である花の栽培に費やしてきました。彼が育てた花は品評会で賞をとり、皆から注目を浴びていましたが既に90歳の老人はインターネットで手軽に花を買える時代についていけず、廃業。仕事も作業場も失い、家族をないがしろにしてきたアールを支える者は誰もいませんでした。全世界の父親たちは少なからず共感できるのではないでしょうか。転機が訪れたのは孫の結婚式を支援したいという家族への罪滅ぼしでした。家族との和解までは一筋縄ではいきませんが、その第一歩がようやく始まりました。初めは一度きりだと決めていた得体のしれないバッグを運ぶという仕事は、簡単に金=人々からの“感謝”を手に入れるのに不可欠なものへと変化していってしまいます。ある日、絶対に見るなと言われていたバッグの中身を知ってしまったアールですが、運び屋を辞めるという決断を下しませんでした。その判断が後に彼を刑務所送りにしますが、決してバッドエンドという訳ではありません。イーストウッド監督が得意とする心温まる作品です。
女性
女性
たまたま試写会に当選したので見に行くことになりました。運び屋、という物騒なタイトルなのでもっとアクションが派手なアメリカ!という感じの映画かと思っていましたがとても穏やかな映画でした。穏やかな中にもとてつもない緊張感が漂う作品で、凄いとか素晴らしいという軽い言葉では評価できない重厚感のある作品でした。組織の輩たちが主人公に対して仕事の説明をしたり携帯電話の使い方を教えたりするシーンは家族に愛想をつかされている主人公との唯一親子らしいというか受け入れられているシーンのようで嬉しかったです。(この映画で唯一ほっこりした部分です)あとは1番ラストのシーンがとても印象に残っています。とにかく切なくてしばらくその気持ちが抜けませんでした。時間のある時にゆっくり見て欲しい深い作品です。
女性
女性
映画館で予告編を見て、興味を魅かれて見ました。クリント・イーストウッドの監督作品は信頼感がありますので、見てしまいます。長年花を育ててきたが、ついに廃業することになってしまったアール・ストーン。仕事第一で、家族を顧みなかったために、家族との関係はすこぶる悪くなってしまっていました。そんな90歳になったアールのところに舞い込んだ仕事は、麻薬の運び屋でした。でも犯罪なのに、アールはマイペースで飄々としていてちょっと気難しいおじいちゃんのアルバイトみたいな感じに見えてしまいますね。実年齢に近い役だったので、こんなおじいさん居そうだなと思えました。そして、実際に年配者の運び屋は存在するようです。疑われにくいということでしょうね。でも、そんな運び屋をさせられて犯罪に加担させられてしまったアールがやはりちょっと切なかったです。いろいろ考えさせられる映画ですが、飽きずに見れるのは演技のお陰なのか、脚本や演出がいいのか確かめてみてください。
女性
女性
準主役のブラッドリー・クーパーで、好きだったので見ました。主演と監督もクリントイーストウッドで超大物ですが、ブラッドリーの存在感も大きいです。この映画のポイントは、本当の話に基づいた映画ということです。80歳代になってから麻薬の運び屋を始めた、退役軍人のレオの実話をもとにして脚本が書かれています。ブラッドリーは捜査官役です。実話に基づいているとはいうものの、ドラマチックなこの設定がまず最高です。老人なのに運び屋という意表をつく設定は、やってることは犯罪でも何だか夢があってユーモアまで感じました。クリントイーストウッドも見事に演じていますね。80歳でも機転が利いて、いろんな障害を一人で乗り越えてしまうからすごいです。時々ジョーク交じりな会話になるところもコミカルです。ユーモアのセンスにあふれたやり取りも見どころですよ。コカインの運び屋という役目は、彼にとっては新しいビジネスであり、お金にものすごく困っていたからちょうどよかったんですよね。彼もまさか自分が麻薬の運び屋なんて職業を、生きている間に選ぶとは思いもしなかったでしょう。犯罪は犯罪でも、彼は生きるために必死だったんです。独居老人で、過去にはアメリカ各地をトラックで旅した経験もあって、運び屋に選ばれたのですね。とても実話とは思えない設定で、最初からワクワクしました。

映画『運び屋』の
動画を無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス