洋画

映画『英国王のスピーチ』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替や実話あらすじキャスト

このページでは、映画『英国王のスピーチ』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『英国王のスピーチ』と言えば、イギリス王ジョージ6世の史実を基に描かれた作品で、第83回アカデミー賞では作品賞など4部門を受賞した大ヒット映画です。

監督は『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー。主演は『キングスマン』でも有名なコリン・ファースが務めました。

吃音を乗り越えようとするジョージ6世と、階級や立場を超えて対等に向き合おうとす言語療法士ライオネルとの心温まるストーリーは必見です!

ディズニーデラックス

映画『英国王のスピーチ』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\『英国王のスピーチ』は/
\U-NEXTで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『英国王のスピーチ』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
U-NEXT なし 1,990円 31日間
Hulu なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
なし 933円 31日間
dTV なし 500円 31日間
ビデオパス × × なし 562円 31日間
Netflix なし 800円〜 31日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム なし 500円〜 31日間

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

『コリン・ファース』出演作品

U-NEXTで見れる映画『トム・フーパー監督』関連作品

  • 映画『レ・ミゼラブル見放題動画作品
  • 映画『くたばれ!ユナイテッド サッカー万歳!』見放題動画作品
  • 映画『リリーのすべて』ポイント利用

U-NEXTでは、映画『トム・フーパー監督』に関連した2作品が見放題動画作品、ポイント利用で1作品を楽しむことができます!

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『英国王のスピーチ』の映画情報

映画『英国王のスピーチ』あらすじ

舞台は1925年のイギリス。父親のジョージ5世の次男である、ヨーク公アルバート王子(コリン・ファース)は、真面目で国想いの性格ではあるものの、言葉が途切れたりつっかえてしまう「吃音症」に幼少時から悩まされていました。

息子が吃音症である事実を認めることができない王は、アルバート王子に厳しく接し、王子もなんとか吃音が改善しないか様々な治療を受けたり、スピーチの練習を重ねて努力をしてきました。

そして、大英帝国博覧会閉会式、アルバート王子は妻のエリザベス妃(ヘレナ・ボナム=カーター)に見守られ、父王ジョージ5世の代理として演説を行いました。しかし、吃音症のために言葉が出ず、努力の甲斐も虚しく、スピーチは失敗に終わってしまいました。

落ち込む夫の様子を側で支え続ける妻のエリザベスは、これまでにも治療のために様々な医師を見つけてきました。そして、ある日、ライオネル・ローグ(ジェフリー・ラッシュ)という1人の男に出会いました。

オーストラリア出身のライオネルは、医師ではなくスピーチ矯正を専門とする「言語聴覚士」でした。彼は、独自の手法を用いて、第一次世界大戦によって戦闘神経症を患った元兵士たちを治療していました。

ライオネルはもともと俳優を目指して劇団に入っていたという異色の経歴の持ち主で、妻に説得して連れてこられたアルバートに対する態度も少し風変わりなものでした。

王室に対する礼儀作法から外れて、アルバートのこちを「バーティ」という愛称で呼び、自分自身は「先生」ではなく「ライオネル」と呼ぶように指示しました。さらには、愛煙家である王子に対してタバコを禁止したりと、一方的な態度で接しました。

そのような態度を無礼と感じ、怒って帰ろうとするアルバート王子に、ライオネルは一つの賭けを提示します。

それは、シェイクスピアの『ハムレット』のセリフをすらすらと朗読できるかどうか、というものでした。

しかも、ライオネルは王子にヘッドホンで大音量の音楽を聞かせ、自分の声が聞こえない状態で朗読をするようにうながし、そしてその様子をレコードで録音しはじめました。

ただでさえ叙情的で複雑なハムレットのセリフを条件付きで朗読するように指定された王子は、からかわれていると感じ、朗読を中断して帰ろうとします。しかし、帰り際にライオネルは録音したばかりのレコードを渡しました。

そして、クリスマスの日。

王室恒例の国民に向けてのラジオ中継が終わり、父王のジョージ5世は、新しい時代におけるラジオ放送を通して国民と繋がることの重要性を王子に語りました。

それと同時に、長男であるデイヴィット王太子はその自由奔放な生活態度から次期国王には不適合であるため、次男であるアルバートに王族の責務をこなせるようにと期待を込めて、叱咤激励をしました。

吃音によって、思うように王室の任務をこなすことができるのか不安な気持ちを抱いたまま、いらだちを隠せないアルバートでしたが、その時、ふと、ライオネルから受け取ったレコードを再生し、流暢にシェイクスピアを朗読する自身の声に驚きました。

ライオネルの治療法は間違っていないのかもしれない。

一抹の希望を胸に、アルバートは再びライオネルの仕事場を訪ねることを決意したのでした。

一人の人間として、アルバート王子を扱うライオネルに、次第に心を開いていく王子。そして、ついには誰にも告白したことがない吃音の原因を告白していくのでした。

一体、何が原因でアルバート王子は吃音を発生してしまったのでしょうか?

兄のディヴィットと弟のアルバートは、どちらが王位につくのでしょうか?

そして、アルバートの吃音は、一体どのようにして改善していくのでしょうか?

史実をもとにした、感動的なストーリーを、是非とも本編でお楽しみください!

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『英国王のスピーチ』キャスト・出演者

  • アルバート王子(ジョージ6世):コリン・ファース
  • ライオネル・ローグ:ジェフリー・ラッシュ
  • エリザベス妃:ヘレナ・ボナム=カーター
  • エドワード8世:ガイ・ピアース
  • ウィンストン・チャーチル:ティモシー・スポール
  • 大司教コスモ・ラング:デレク・ジャコビ
  • マートル・ローグ:ジェニファー・イーリー

主演のコリン・ファース、ライオネル役のジェフリー・ラッシュ、そして王の妻役のボナム・カーターは3人揃って、本作品からオスカーにノミネートされました。

第二次世界大戦を目前に控えた時代背景や、実在する王室を取り扱った社会的な題材をですが、アルバート王子とライオネルの間に育まれる友情に、心がじんわりと温まる作品となっています。

俳優の演技力の高さ、ストーリーの面白さをお楽しみください!

映画『英国王のスピーチ』スタッフ

監督

トム・フーパー

音楽

アレクサンドル・デスプラ

脚本

デヴィッド・サイドラー

製作

イアン・カニング
エミール・シャーマン
ギャレス・アンウィン

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『英国王のスピーチ』感想や口コミ評価

男性
男性
吃音に悩まされた英国王のジョージ6世と、彼の治療に関わった言語療法士の友情を、歴史的な事実に基づきながらも脚色を交えて描いた本作は、英国、オーストラリア、アメリカが合同で製作した2010年の映画で、第83回のアカデミー賞で4部門を受賞しています。
この映画の脚本家デヴィッド・サイドラーは、自身も吃音の障害があることを明かしており、30年以上も映画化の企画を抱いていたそうです。
ジョージ6世の言語療法士はライオネル・ローグという名前でした。ライオネルの息子はジョージ6世の治療記録を所有していましたが、ジョージ6世妃であったエリザベスは、彼女の存命中の公表を拒否していたため、皇太后エリザベスの死後(2002年)に脚本家サイドラーは執筆を始めたそうです。ライオネル・ローグの孫にあたるマークは、亡父の遺品を整理していた折りに、祖父とジョージ6世の間に交わされた書簡があることに気づきました。映画の製作陣はこの情報をいち早く掴んでマークに接触して、シナリオに彩りを添える手直しに着手したのだそうです。
監督のトム・フーバーは、作品の中の感動的なセリフの幾つかはローグの資料から直接引用していることを認めています。そのためか、わたしがこの映画を観たときも作品の実話性にこころを打たれたことを思い出しました。
トリビアなネタになりますが、言語療法士ライオネル・ローグの遺したメモなどの私的な文書は、映画公開の年である2010年の秋に『国王のスピーチ』(“The King’s Speech”)として出版もされています。
男性
男性
吃音に悩まされ、妻とともに様々な専門家のところへ行っては失望して帰ってくるという、癇癪持ちの王族のお話です。

吃音で大勢に囲まれてのスピーチが出来ない、ということから、最初は気の小さい、控えめな男性を想像していたのですが、王族としての威厳にこだわり、すぐに怒り出す主人公を見て、とても驚かされました。王族としてのプライドはあるものの、国王にはなりたがっておらず、また、妻や子供達を愛する優しい一面もところどころに垣間見えて、偉そうに怒鳴ってばかりいるのに好感が持てます。

彼の言語聴覚士を引き受けることになる男性も、とても風変わりであり、それでも優しく、根気強く、主人公に向き合って心を開かせていきます。あくまでも友人として寄り添うこの男性もまた自分の叶えたい夢を追い続けており、主人公に自分の姿を重ね合わせている部分も少しあるのではないか、と思いました。

男性
男性
2010年に公開されたイギリスとオーストラリアの合作映画です。吃音症に悩まされ演説がうまくできずに苦しんだイギリス王国のジョージ6世の話です。その時代背景は第2次世界大戦が開始された頃で、ジョージ6世が吃音症が治らないまま、父が病に倒れ民は王の言葉を待ち望んでいるというものでした。この映画は、ちょっとテーマがむづかしそうでしたが、見てみるとわかりやすく解説されていて興味深く視聴できました。基本的なテーマは家族の絆なので、ファミリーで見るのにおすすめだと思います。主人公がライオネルに対して反発し合いながらも、スピーチを作り上げていく様子は痛快でした。また、離婚経験のある女性と結婚するために王位を捨てたエドワード8世も、素敵なキャラクターだと思いました。
女性
女性
元々主演を演じているコリン・ファースが好きで鑑賞しました。いつもはクールな役を演じるコリン・ファースですが今回は吃音障害を持つ英国のジョージ6世という国王を演じなかなか見られない役柄を演じています。ジェフリー・ラッシュ演じる専門医と吃音障害を乗り越えていくのですが、なかなか上手くはいきません。できない自分に腹が立つ国王、そんな王を見て励ます妻。私的に最高だと思う見どころは物語後半の国王が大衆の前での演説する場面です。演説の出だしでは大衆を前にして言葉がどもる国王。しかし、中盤になるにつれ国王らしい演説へと変わっていきます。国王の変貌ぶりにあきらめかけていた大衆も再び耳を傾けるのです。吃音障害を専門医、そして妻と乗り越えた国王の姿に心打たれました。
女性
女性
イギリス、エリザベス女王の父・ジョージ6世の実話を基にした映画です。現在世界のリーダたちのスピーチが注目されているのを見ると、この映画のいろいろなシーンを思い出すのが選んだ理由です。ジョージ6世は吃音症です。この物語のメインテーマは、ジョージ6世と彼の吃音症の治療をするローグという言語療法士の友情です。しかしいろんな背景がまざっていて見終わったあと深く考えさせられるのです。彼らが出会うのは、ジョージ6世が国王になる前の王子時代、親しい者にはバーティと呼ばれていた頃。堂々とは治療を受けられないバーティ。ローグは失礼な物言いで、友人として接して治療を行います。しかし、ローグも実は言語療法士の資格は持っていません。舞台役者を目指してオーディションに落ち続けているのですが、これらのことをジョージ6世には隠したまま治療を行います。国王として戴冠式を迎えるとき、ローグの正体にジョージ6世が気付くのですが、そのシーンの二人のやりとりがピリピリとしていて緊張感があります。家柄や才能に恵まれているように見えて、互いにどこかうしろめたくコンプレックスを感じている者どうしだったということがこの映画を味わい深いものにしています。また、もう一つのテーマはジョージ6世の家族です。父はジョージ5世、兄はエドワード8世、二人ともスピーチがうまい。エドワード8世は離婚歴のあるアメリカ人女性と別れられないので、周囲の目は厳しくなっていきます。そんな中、後のジョージ6世であるバーティは、実直に吃音症の治療を続けます。そんなバーティを見たエドワード8世が、国王の座を狙っているのか、と怒り、問い詰めるシーンもすごく心に残っています。ただスピーチをうまくできるようになろうという努力が、政治的な問題にまでなる、王族の苦しさを感じました。しかし、バーティは妻と仲がよく、二人の娘たちに自分をモデルにしたおとぎ話しを聞かせるなど、よい夫よい父です。地味な王子ではあるけれど、彼にはローグと妻と娘たちという強い味方がいる。国王になるバーティと兄のエドワード8世の対比がよく描かれています。もう一つ、この映画にある対比は、演説がものすごくうまいヒトラーと演説が苦手なジョージ6世です。治療の成果は出ているものの、ジョージ6世の吃音症は完全に治っていません。ラストに、ローグが完全に治す必要はない、そのままでいいんだというようなことをいうシーンが最も印象的です。ものすごくうまくなくても、自分の苦手を克服しようと努力し、真摯に国民に語りかけることで人々の心を動かせるという結末が胸が響く作品です。
女性
女性
まず初めに、この作品はイギリス好き、王室好き、言語好き(言語聴覚士含む)、教育者、またこれまで思っていることが口から出て来なかった方(吃音症含む)全員に見てほしい映画と私は思っています。誰でも、人前に立ち、緊張からスピーチの内容を忘れてしまったり、声が出てこなかったりした経験はあると思いますが、この作品ではイギリス国王として即位した主人公バーティー(後のジョージ6世)の国を背負うという心理的焦りや不安、他者と比べた自分に対す劣等感、また吃音状態の自分に対する怒り、そんな人間誰しも感じる負の感情を、イギリスの名優コリン・ファースがカメラを通して表現してくれています。この吃音症に関しての見解は諸説ありますが、本編では、バーティーのアドバイザーを務めるライオネル・ローグは原因が彼の心理的部分から発生しているとし、また緊張や不安から来る顎や身体の筋肉の硬直をほぐすアプローチを導入しています。(1990年代に心理的というより遺伝が原因ともされているようですが、ここでは言及しません。)

〚英国王のスピーチ〛というだけでも、重役感たっぷりなタイトルなのですが、その印象を序盤の古い型のマイクが助長させてくれます。和やかなピアノの音色とは裏腹に緊張している面持ちの英国王ジョージ6世を演じるコリンとその妻エリザベス妃を演じる、名女優ヘレナ・ボナム=カーター。ここまででも、配役からしたらすごい映画になりそうですよね。そして、緊張からではなく真っ白な雪景色を背景に、コリンの白い息が撮影時の極寒の様子を表しつつも、そこまでもが監督のシーン作りなのかと感じさせられます。

私はもともと言語に興味があり、それがきっかけでこの映画を見ることになったのですが、話し方や言葉の使い分けによってその地位や生まれが分けられるイギリス国家で、吃音というだけでどれほど白い目で見られたことか…と考えると、恐ろしくなってきます。それでも、プレッシャーに押し潰されそうになりながらも自身のため、イギリス国家のため努力をしていくバーティーの姿に勇気をもらうことができました。

また、自分一人ではどうにもならないことがこの世の中に沢山あると思いますが、権力や地位、これからドイツと戦争を起こそうというそんな中、本作のローグの存在はバーティーにとってとても大事で、心強かったと思っています。彼は治療中にバーティーを英国王としてではなく、一人の患者として対話し、どれだけ怒鳴られたとしても決して彼を見捨てることはしませんでした。電子機器により生活が豊かになり、直接顔を合わせることが少なくなった現代、どれほどの方がローグのような存在を側に感じているでしょうか。

そんな自身と周りとの葛藤や衝突、友情、地位、そんな部分を深く考えることができる映画と思っていますので、是非一度観てみてくださいね。

男性
男性
現英国エリザベス女王の実の父親ジョージ6世の物語。
時代は第二次世界大戦前、ジョージ6世は吃音の影響で民衆の前でスピーチをするたびにひどいスピーチしかできず、ありとあらゆる治療法を試すも効果がないというところから始まります。

妻がたまたま見つけた言語聴覚士に最初は猜疑心を抱いていたものの、だんだんと症状が緩和されていく過程に生まれる信頼関係は必見。また英国国王という大国の偉人でさえ、決して人生は順風万端ではなく、暗い過去を抱えて生きているということを友人となった言語聴覚士に打ち明けるシーンは胸にしみるものがあります。加えて、妻が影に日向に国王を支える家族愛や、垣間見える王室での生活では王室の一員であっても一人の人間であることを改めて感じさせられるところです。

王室に生まれたがために大きな役割を担い、それを当然とされる。重大な局面での一挙手一投足が注目される重圧感は相当なものであると思いますが、それを乗り越えていくラストは見ものです。

女性
女性
英国王のスピーチは、話すことが苦手な国王が居て、国民の前で話すと緊張して話せなくなってしまいます。
私も、人前で話すのが苦手で、緊張してしまうので、見ていてこの国王と似ているなと思いました。色々な人から、緊張しない方法を教わるのですが、試しても緊張してしまい…。自信を失ってしまいます。

映画に出てくる町並みはとてもキレイで、行きたいなと思ってしまうほどです。以前、イギリスに行った事があるので、また、行きたいと思いました。国王は、最後は、緊張することなく、堂々とスピーチをすることに成功するのですが、その、成功するまでの過程が努力をして、国民の前でやらないといけないので大変だなと思いました。私も、同じ様な事をしましたが、出来ませんでした。

男性
男性
この英国王のスピーチは吃音という言語障害を持っている英国王アルバートにスポットを当てた映画です。実際に本当にあった実話をベースにしている話で重要なスピーチの際に吃音が出てしまいうまくしゃべれず恥をかいてしまう英国王アルバートが治療のために専門医から何度も治療を試みるのですが、うまくいきません。そんな時に町で見つけた言語聴覚士のライオネルと出会うことから物語が動き始めます。映画で印象的だったのは自分はうまくしゃべれないと決めつけているアルバートに対してライオネルがヘッドホンをつけさせて音楽を流し、自信の声が聞こえない状態でハムレットのセリフをしゃべらせたところ非常になめらかに発音できていたところです。できない、どうせ無理と決めつけていたアルバートに自信を回復させる出来事で物語のターニングポイントにもなっており、この映画は言語聴覚士の方や言語障害に興味をもつ方にもお勧めできます。最後のネタバレもびっくりします。
女性
女性
コリンファースが主役なので見ました。彼が出る映画はたいてい面白いです。コリンファースは国王の役で、一般市民から注目され、尊敬されている人物ですが、そんな国王にも苦悩の日々はあるわけで。だからこれは国王としての物語というより、一人の男としての物語に感じました。国王は吃音症だから、スピーチをしても悲惨な結末をたどります。歴史や政治を全面的に扱うものではなく、あくまでも一人の男性の苦しみを描いているんですよね。華やかに見える国王でも不幸や苦しみ、葛藤があります。なんだかそれが切実で泣けてきました。スピーチの場面がやはり最大の見せ場でしょう。カメラも本人にアングルを向けて距離を詰めていくので、スピーチの言葉の重みがよく伝わってきます。正直、コリンファースが国王役というのはまだ少し早い気がして、もっと威厳や重みがほしいなと思いました。ほかの貫禄ある俳優さんが演じたらどうだったんだろう?とつい考えてしまいましたが、彼の清潔感あるところや、一生懸命なところ、真面目な雰囲気はやはりコリンの持ち味でしょうね。もともと彼のファンだったら、この映画をより一層楽しめると思います。
女性
女性
この英国王のスピーチは、日本での公開時には「英国史上、もっとも内気な王。」というキャッチコピーが使われていました。当時の私はこのキャッチコピーと、主演のコリン・ファースにひかれて映画館に足を運びました。事実をもとにした作品なので、エンターテインメント性の高い作品に比べれば全体的なストーリー展開の抑揚は低いでしょう。しかし、「英国史上、もっとも内気な王。」と言われたコリン・ファース演じるジョージ6世と、ジェフリー・ラッシュが演じる言語聴覚士であるライオネル・ローグとの出会い、やり取りは、引き込まれていきます。演者の力ありきですね。当たり前かもしれませんが、お二人ともに素晴らしい…!その一言に限ります。またエリザベス役を演じるヘレナ・ボナム・カーターもまた彼女らしい魅力がでていていいので、個人的におすすめです…!映像面でも、表現がうまいなぁと感じる部分が多々ありました。広角レンズによる聴衆の映像などは、ジョージ6世のスピーチ時の緊張感を上手く表現しているなぁとも感じました。英国王だからこそ、失敗ができない、そして聴衆を魅了するべきスピーチをしないといけないというプレッシャー…しかし、吃音症という大きなマイナス…。ここを克服していく姿は、大人だからこその共感と前向きに考えることの必要性を改めて考えさせてくれたと思います。第83回アカデミー賞受賞作品です。ぜひ見てみることをお勧めします。

映画『英国王のスピーチ』の
動画を無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス