洋画

映画『女王陛下のお気に入り』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじとキャスト

このページでは、映画『女王陛下のお気に入り』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\UーNEXTで無料試聴可能/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『女王陛下のお気に入り』と言えば、第91回アカデミー賞で作品賞を含む9部門10ノミネートを受けた超人気作品です。

映画『女王陛下のお気に入り』の主演を務めたコールマンは、同じく第91回アカデミー賞で主演女優賞を受賞しました。

さらには『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーン、『ナイロビの蜂』のレイチェル・ワイズ、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のニコラス・ホルトなどが出演する、豪華な作品となっています!

ディズニーデラックス

映画『女王陛下のお気に入り』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\『女王陛下のお気に入り』は/
\U-NEXTで配信中/今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『女王陛下のお気に入り』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
U-NEXT × 440円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 400円 933円 31日間
dTV × 400円 500円 31日間
ビデオパス なし 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 31日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 399円 500円〜 31日間

U-NEXTで見れる映画『ヨルゴス・ランティモス監督』関連作品

  • 映画『ロブスター』見放題動画作品
  • 映画『籠の中の乙女』見放題動画作品
  • 映画『ノンストップ』見放題動画作品

U-NEXTでは、映画『ヨルゴス・ランティモス監督』関連作品、3作品が見放題で楽しめます!

※2020年6月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『女王陛下のお気に入り』の映画情報

映画『女王陛下のお気に入り』あらすじ

舞台は18世紀初頭、フランスと戦争状態にあるイギリスの宮廷で物語は繰り広げられます。

近隣諸国と緊張状態が続く中、イギリスのアン女王は体調不良に悩まされていました。さらには、精神的にも不安定になり、側近のマールバラ公爵夫人サラを頼ってなんとか公務をこなしていました。

サラと女王は少女時代からの親友で、女王はサラを親しみを込めて「ミセス・フリーマン」と、そしてサラも女王陛下を「アン」や「ミセス・モーリー」と呼ぶ、とても親密な関係を育んでいました。

サラは、女王陛下であるアンにも、物怖じしない率直な意見を述べ、時には叱咤激励のためにアン女王の頬を平手打ちにし厳しく攻めるような一面もありました。陛下として常にトップに居続けるアン女王にとっては、その飴と鞭のようなサラの態度に、どんどん依存していきます。

そのため、サラには宮殿の中に私室が与えられ、女王の寝室への隠し通路とその扉の鍵も持たされており、サラの宮中の権力も大きなものとなっていきました。

そんな中、没落貴族の娘アビゲイル・メイシャムはサラの従姉妹であると名乗り、その縁を頼って女中として働かせてもらうようになりました。

アビゲイルが働き始めて数日が経ったある夜、女王は痛風の症状に苦しみ、その日もサラを一晩中、側にいてもらうよう付き添わせます。それを知ったアビゲイルは、痛みを和らげようと薬草を摘み、サラがいない隙に、許可なく女王の足に塗りました。

その事実を知ったサラは激怒して、罰として部下にアビゲイルを鞭打ちするようによう命じますが、アン女王は、対フランスの作戦会議の途上、薬草のお陰で足の痛みが引いたとつぶやきます。

それを聞いたサラは、すぐさまアビゲイルへの処罰を撤回し、女官にまで昇進させます。アビゲイルは昇進によって個室を与えられたことを大変喜びました。

彼女は昔、父親の賭博が原因で、15歳という若さで醜いドイツ人の愛妾となり、そこでひどい扱いを受けていました。常に最悪の状態から抜け出す機会を伺っていたアビゲイルにとって、女官の位置につけたことは、没落からの回帰の兆しであると期待する出来事だったのでした。

その後も女官として女王アンになんとか取り入ろうとするアビゲイルは、女王の寝室に入り本棚を物色していました。すると、舞踏会を抜け出してきたアン女王とサラが戻ってきてしまいました。

見つからないように物陰に隠れるアビゲイルは、そこでアン女王とサラが親友以上の関係であることを目撃したのでした。

ふたりの秘密を握ったことを、アビゲイルは後日、暗にサラに伝えますが、鴨狩用の空砲を向けられて逆に威嚇されてしまいました。

しかし、サラの強行的な態度は、次第に周りから疎まれるようになっていったのでした。戦争を強行したいサラは、宮廷を公私にわたって取り仕切りますが、徐々に戦うことに疲れていたアン女王はだんだんとその存在が疎ましく思うようになってしまいました。

サラはアン女王の気持ちが自分から離れていることに気がつかず、自身が仕事に追われている時には、アビゲイルを側近としてアン女王のもとに送っていました。

そして、アビゲイルは機会を逃さないようにして、アン女王に気に入られるべく施策の限りを尽くすのでした。

例えば、アン女王が可愛がっている17匹のウサギたち。女王は17回妊娠をし、その子供たちを全て亡くしてしまっていました。その事実を知ったアビゲイルは、ウサギをより一層、大切に扱うようにしました。

また、女王の体調に合わせてダンスを踊ったり、足をマッサージしたり、お世辞を言ったり、とにかく親密な関係を育てていきました。そうして、アン女王も心を許したのか、ついにはアビゲイルに対して性的な要求をし、アビゲイルもそれを受け入れたのでした。

翌日、たまたま2人の行為を目撃していたサラは、アン女王に必要以上に近づいたアビゲイルに対して猛然と怒り狂います。本を投げつけ、激しく叱責をして追い出しましたが、ここからアビゲイルの反撃が始まります。

アビゲイルは投げられた本を頭に打ち付けて、傷をつくり、アン女王に訴えました。

ここから、2人の女王陛下のお気に入りのポジションを巡る激しい争いが起こるのでした。

…女王の寵愛を最終的に受けるのは、どちらなのか?

この続きは、是非とも本編でお楽しみください!

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『女王陛下のお気に入り』キャスト・出演者

  • アン女王:オリヴィア・コールマン
  • アビゲイル・メイシャム:エマ・ストーン
  • マールバラ公爵夫人サラ:レイチェル・ワイズ
  • ロバート・ハーレー:ニコラス・ホルト
  • サミュエル・マシャム大佐:ジョー・アルウィン
  • マールバラ公爵ジョン:マーク・ゲイティス

第91回アカデミー賞では、最多9部門10ノミネートを獲得し、コールマンが主演女優賞を受賞しています。

豪華メンバーもさることながら、本作は自然光とロウソクの明かりだけを駆使して演出を行ったり、魚眼レンズという画面の端が湾曲するようなレンズを使用した独特の撮影方法を取り入れています。

激しすぎて思わず笑ってしまうような、そんなブラック・ユーモアに溢れたおすすめの作品となっています。

映画『女王陛下のお気に入り』スタッフ

監督

ヨルゴス・ランティモス

脚本

デボラ・デイヴィス
トニー・マクナマラ

製作

セシ・デンプシー
エド・ギニー
リー・マジデイ
ヨルゴス・ランティモス

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『女王陛下のお気に入り』感想や口コミ評価

男性
男性
この映画『女王陛下のお気に入り』は2018年にアメリカとアイルランド、イギリスによる合作の映画です。映画『女王陛下のお気に入り』のあらすじは、8世紀のイングランドが舞台で、父親が貴族から転落したことによりアン女王と親交がある従姉妹のサラを頼って女王の城でメイドとして働くことになったアビゲイルが、女王に気に入られて親しくなると同時に自分の地位を上げていきます。しかし、女王はサラと特別親しい関係にあり、アビゲイルと新は女王のお気に入りの座を巡り嫉妬と競争する関係になる話です。この映画は、ブラックジョークが満載で気持ちよく見られる映画でした。また、女性同士の嫉妬心がとてもソロし最も感じました。エマ・ストーンのブラックな演技など、彼女の新たな魅力を感じられる映画でした。
男性
男性
この映画『女王陛下のお気に入り』の物語はフランスと戦争状態にあるイギリスの宮廷内でどんどんとテンポよく進んでいきます。男でも女でも一度は豪華で華やかな宮廷で一夜を過ごしたいと思ったことがある人は多いのではないでしょうか?もちろん夢物語だとしてもこのような映画を観るときは少し想像しちゃいますよね。ただ、女王や重要な官僚の地位にはつきたくないなーと思ってしまうのも、また事実。観ていると分かりますが人間関係がめんどくさいのなんのって。そりゃ権力があれば悪意ある人が近寄ってきて利用しようと思う人なんてザラにいるわけですよ。多すぎるお金がもたらせてくれるのは悪意なんです。お金を手に入れたからって近寄ってくる人にいい人は絶対にいません。どうにかして、そのお金を奪ってやらないだろうか、少しだけでも貰うことは出来ないだろうかなど邪な気持ちで近づいてきます。女王の後継者についてもそうです。誰が相応しいのかなんて誰にも分かりません。支持してくれる人も結局は全て自分の利益のため。世の中を統治する人は必要ですがその使いに権力を持たせる意味はあるのでしょうか?大きすぎる権力は1つだけで十分です。この映画『女王陛下のお気に入り』はコメディ的な要素もたくさんあり笑えるのでおススメです
女性
女性
映画『女王陛下のお気に入り』は、病気がちでわがままを尽くし政務には無関心、そんな女王からの寵愛を巡って策略を巡らす二人の女性の物語。自堕落な女王との横暴に振り回されるさまは、コメディとしての面白味とともに、昇りつめてしまった立場をだれも諫められない、彼女の孤独をも映し出します。その女王に粉骨砕身勤めてきた女官長は、実は秘めたる繋がりを女王と持ち、権力を得、プライドを高めています。そんな彼女の立場を脅かしに来たのは、田舎からやってきた侍女。女官長は当初こそ余裕綽綽の態度だったものの、次第に女王に取り入っていく様を見て、焦りを隠せなくなっていき、二人は対立を深めていきます。そのドロドロとした女の争いの醜悪さがときにコミカルに、ときに恐ろしく描かれます。そんな、豪華絢爛な王宮を舞台に描かれる愛と憎悪と嫉妬が怨念のようにうずまく人間ドラマの妙が濃く楽しめる作品でした。
女性
女性
映画『女王陛下のお気に入り』を見て、孤独な女王と、その周囲で起こる権力争いに、人との繋がりは何なのか考えさせられてしまいました。イングランドのアン女王は、病気持ちで精神的にも不安定であり、国のトップとしては頼りない存在です。そんな彼女のそばで、サラは友人としても側近としても重要な立ち位置にいました。特別な扱いを受けながら、サラは女王に対していつでも率直であり、その態度が女王からの信頼を得ていたところがあったんだと思います。臣下の私欲が見え隠れする宮中で、孤独を癒してくれるのがたった1人しかいなければ、依存してしまうのも仕方ないかもしれない、と感じました。しかしアビゲイルの登場で、2人の関係性は変わっていきます。エマ・ストーン演じるアビゲイルは、最初こそ控えめな様子なのですが、次第にしたたかに動くようになります。可愛らしい見た目とは裏腹に、没落した身から何とか這い上がろうとするハングリー精神が凄まじいです。目的のためには手段も選ばず、サラと緊迫したやりとりを交わしていく姿に、底知れない力を感じます。女王は自分への愛情を求め、サラは自分の正しさを信じ、アビゲイルは権力を欲して、それぞれ行動します。三つ巴の女の闘いって、こんなに怖いものなのか、と恐ろしくなりました。決着がついても、正直なところ救いはないような気がしました。虚構の世界だけが残り、女王のお気に入りは永遠に手に入らなくなったと思わされる結末でした。
女性
女性
映画『女王陛下のお気に入り』は、評価高そうだなと思い、観てみました。意外にコメディタッチで描かれていて、退屈する部分がありませんでした。内容を一言でいえば、女同士の駆け引きです。エマ・ストーンやレイチェル・ワイズ、ジョー・アルウィン、ニコラス・ホルトはみんな知っていたので、キャストの面からも楽しめました。主役のオリヴィア・コールマンは今回初めてでしたが、心身が不安定なところを見事に演じていたと思います。主要な女性キャストは3人なのですが、その3人の女同士の嫉妬が何となく気持ちが分かるというか、女ってこういうとこあるよな~と、女性の視点からも楽しめました。それぞれが個性豊かで、メインキャストの3人の性格の違いも楽しめます。それにしても嫉妬って残酷だなと思います。嫉妬の表現も難しいと思いますが、みんな表情が豊かで表現力がめちゃめちゃ高かったです。女の心情をうまく表していますね。特に美しかったのはレイチェル・ワイズです。ドレス姿がとても似合っていました。私生活でテイラー・スウィフトと交際しているジョー・アルウィンも、イギリスの皇室にぴったりな雰囲気で映画『女王陛下のお気に入り』のムードと合っていました。テイラーの彼氏ということで、確かにジェントルマンっぽくて素敵な俳優さんでした。
男性
男性
映画『女王陛下のお気に入り』は、ジャンルはコメディ映画なのに、アカデミー賞の評価が高かったので興味を惹かれたのと、エマ・ストーンが好きだからです。映画『女王陛下のお気に入り』は、全編美しいお城に集う美しく着飾った人々の映画ですが、性根は醜い人物ばかりなのがアンバランスで素晴らしいです。他の映画では美しく高潔に描かれがちな女王の人間らしさ、子供っぽい残酷さも印象に残っています。序盤では恐ろしいとしか感じませんでしたが、後半になるにつれて、権力を利用しようとする人にしか相手にしてもらえず、お気に入りだったマールバラ侯爵夫人にも最終的には見放され、哀れさすら感じました。また、まさに今戦争が行われているというのに、他人事すぎる女王の態度に、ここではお城の中は言葉通り別世界であると思わされました。歴史ものということで、堅苦しいストーリーかと思いましたが、軽快な会話中心でとても見やすかったです。私が好きなシーンは何といってもラストです。「女王陛下のお気に入り」を仕留めたのは主人公ですが、未来に暗いものを感じます。一生飼い殺される運命のウサギがオーバーラップされることから、主人公もそうなってしまうのではないか、と思わされます。一方勝負から降りたライバルは田舎で悠々自適な暮らしを送っていて、勝負とは何か、勝つことだけが全てじゃないこともある、と考えさせられました。

\UーNEXTで無料試聴可能/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス