洋画

映画『プラダを着た悪魔』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替の配信状況やあらすじキャスト

このページでは。映画『プラダを着た悪魔』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

映画『プラダを着た悪魔』は、タイトル通り、プラダを始めとするハイブランドの服を着た悪魔のような指示を出す上司を持った女性の物語です。

\31日間動画無料/今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

おしゃれ、女性が何歳になっても楽しみたいものです。

映画『プラダを着た悪魔』の原作はアメリカでベストセラーにもなった小説。悪魔のような上司は、アカデミー賞も受賞した大女優メリル・ストリープが演じています。

映画『プラダを着た悪魔』はお仕事を頑張る世のすべての女性に見てもらいたい映画です。映画『プラダを着た悪魔』で、どんな悪魔のような人間なのか気になる人も多いはず!

ディズニーデラックス

映画『プラダを着た悪魔』動画を無料でフル視聴する方法

U-NEXT無料視聴可能!/

『プラダを着た悪魔』を
無料視聴する

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...

映画『プラダを着た悪魔』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT なし 1,990円 31日間
Hulu なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
〇/× × 300円 932円 30日間
dTV × 300円 550円 31日間
TELASA × 200円 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
Amazonプライム × 199円 500円〜 30日間

\31日間無料/今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで視聴できるアン・ハサウェイ出演作

映画『プラダを着た悪魔』のDVDやブルーレイ

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\31日間無料/今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『プラダを着た悪魔』の映画情報

映画『プラダを着た悪魔』あらすじ

ノーズウェスタン大学を卒業したアンドレア・サックスは、ジャーナリストを目指すためにわざわざ田舎から大都会ニューヨークにやって来た。

ジャーナリストになるためにはまず実績があったほうが良いと言われ、幸運にもアンドレアは女性のあこがれとする仕事、ファッション雑誌『ランウェイ』
の編集部へ就職できたのだった。

しかし、そこで待ち構えていたアンドレアの上司はファッション業界でも絶対的な影響力を誇る編集長ミランダ。

アンドレアは、ミランダのアシスタント職に就いてしまった。

ミランダは仕事以外にも自信の身の回りの世話まで押し付ける最悪の横暴上司で、アンドレアの前にも何人もこの仕事を辞めていったポジションだった。

先輩である第一アシスタンとのエミリーはファッションに全く気を使わないアンドレアを馬鹿にし、ミランダはそもそもアンドレアのことを名前で呼ぼうともしない。

朝ミランダが出社したらまず、アンドレアのデスクにバッグとコートが飛んでくる。

次々と要求されるとんでもない内容の指示。

終いには、台風が直撃している中で飛行機を飛ばして明日の双子の娘のピアノの発表会に間に合わせろ、などと言った無茶苦茶を要求してくる。

ある日、アンドレアはミランダの服のコーディネートの色に対してコメントをしてしまう。

自分にとっては、どちらも同じ色に見える、と。

自分が普段着ている服が編集者を始めとするたくさんの人たちが携わった結果であること、それを知ろうともしない無知な自分を指摘されアンドレアは、自分は頑張っているのに、と悔し泣き。

ファッションに情熱をもって仕事をしているナイジェルに、努力をしていない、嫌なら辞めて他を探せば良い。と一刀両断されてしまう。

ただの雑誌ではない、と気づいたアンドレアはきちんと学ぼうとナイジェルに教えを乞うた。

翌日から、見違えるようなお洒落な女性になったアンドレア。

発刊前の『ハリーポッター』の続編を色男クリスチャンのおかげで手に入れられ、チャリティーパーティーでも見事エミリーのカバーをこなした。

ミランダにも遂に自身の名前で呼んでもらえるようになった。

しかし、仕事が順調にいくようになった反面、恋人や周りから距離を置かれるようになってしまった。

プライベートで何をしていてもミランダが最優先。

とうとう恋人と別れてしまった。

そんな中、エミリーはミランダに同行しパリコレに行くことを楽しみにしていた。

同行できるアシスタントは、一人。

しかし、不幸にも交通事故に合ってしまい、同行するのは第二アシスタントのアンドレアだとミランダから言われてしまう。

パリについたアンドレアは新聞を届ける際、ミランダとミランダの夫が喧嘩しているのを見てしまう。

雑誌にバッシング記事を書かれ、娘がかわいそうだと嘆くミランダ。

何か出来ることはあるか、と尋ねたアンドレアにミランダはきっぱりと、仕事をして、と言われる。

アンドレアはネイトと別れて間もないにも関わらず酒の効果もあってかクリスチャンと良い仲に。

しかし、ミランダを貶めようとする人間がいることに知る。

ナイジェルは、有名デザイナーであるジェイムズ・ホルトのアシスタントディレクターになれると嬉しそうに語っていた。

しかし、結局なれたのはミランダの代わりに編集長になる予定だったジャクリーンという女性。

ミランダは、保身のためにナイジェルを裏切ったのだった。

酷いことを、と憤るアンドレアだったが自分もエミリーに対して似たようなことをしてきたと指摘された。

同じようにはなりたくない、とミランダに背中を向けて去っていくアンドレアだったが、いつも通りに携帯が鳴る。

ミランダからの着信をそのままに、それを傍に合った噴水に投げ入れてアンドレアは今度こそミランダと決別したのだった。

ニューヨークに戻り、アンドレアはジャーナリストになろうと新聞社の門を叩く。

彼女を雇ったのは後悔したが、雇わなかったらもっと後悔していたというミランダのコメントを聞いてアンドレアは破顔する。

彼氏ともよりを戻し、エミリーには自分の服を送ると電話する。

サイズを直さなきゃと憎まれ口をたたくエミリーだったが、電話を切って彼女は涙ぐむ。

それも一瞬で、次の瞬間にはアンドレアの代わりに入った助手に、後任は辛いわよ、と叱責したのであった。

\31日間無料/今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『プラダを着た悪魔』キャスト・出演者

  • ミランダ・プルーストリー:メリル・ストリープ
  • アンドレア・サックス:アン・ハサウェイ
  • エミリー・チャールトン:エミリー・プラント
  • ナイジェル:スタンリー・トゥッチ
  • ネイト:エイドリアン・グレアニー
  • クリスチャン・トンプソン:サイモン・ベイカー
  • リリー:トレイシー・トムズ
  • ダグ:リッチ・ソマー

映画『プラダを着た悪魔』は、2003年4月に刊行されたローレンス・ワイズバーガーによる小説が原作です。

悪魔のような鬼上司の下で頑張る主人公の姿が世界中の女性の共感を呼び、なんと27ヵ国語に翻訳されてベストセラーになりました!

日本では早川書房から発刊され、大学英語の教科書として採用されています。

ハイブランドの衣装にかけたお金は、総額なんと約一億円!

メリル・ストリープは映画の撮影終了後すべてチャリティーに寄付したそうです。

実は、メリル・ストリープはアン・ハサウェイにコートを投げつけるシーンに苦戦して30回以上NGを出したり、撮影が始まる前に優しい声をかけた後で他の共演者と距離を置いたそうです。

ぜひ、映画『プラダを着た悪魔』では、二人の表情やコートに注目して見てください!

映画『プラダを着た悪魔』スタッフ

監督

デヴィッド・フランケル

音楽

セオドア・シャピロ

脚本

アライナ・ブロッシュ・マッケンナ

製作

ウェンディ・フィネルマン

製作総指揮

カレン・ローゼンフェルト
ジョー・カラッシオロ・ジュニア

原作

ローレン・ワイズバーガー

\31日間無料/今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『プラダを着た悪魔』感想や口コミ

女性
女性
映画「プラダを着た悪魔」は、もう何度観たか分かりません。気分を上げたいとき、おしゃれしたいとき、仕事を頑張りたいとき、続かないダイエットのモチベーションをあげたいとき…必ずこの映画「プラダを着た悪魔」を観てしまいます。映画「プラダを着た悪魔」のストーリーは、ジャーナリストを目指すアンドレア(アン・ハサウェイ)は、夢を叶えるために自分には全く縁遠い、一流ファッション誌VOGUEの編集長ミランダ(メリル・ストリープ)の元でアシスタントとして働くことになります。しかしこのミランダがとにかく鬼上司で、仕事はもちろん身の回りのお世話(食事やドリンク、娘たちのリクエスト)まで、無理難題を押しつけられアンドレアは早速参ってしまいます。冒頭、ミランダの出社直前に、スタッフ全員が慌てて靴をヒールに履き替えたり、化粧直しをしたり、急いで片付けたりするシーンがあり、その厳しさを物語っています(笑)アンドレアは頭が良いものの、ファッションには疎く、お世辞にもおしゃれだねと言えないほど垢抜けていない格好をしており、余計に周りから浮いてしまっていたのですが、そんなアンドレアが劇的に変わるきっかけとなったのが、同僚のナイジェルに泣いて相談したときの事。思いつきでナイジェルに自分のコーディネートを頼み込み、あっという間にNYの洗練された美女に様変わりするシーンに、もう女子力のボルテージが爆上げ!です。見た目が変わる事で自分の仕事への意欲や周りからの評価も上がっていきましたが、一方で大切な彼氏や友達との距離が離れてしまい…。映画「プラダを着た悪魔」は、アンドレアの、仕事とプライベートどちらも一生懸命頑張る姿に、勇気を与えられる作品です。
女性
女性
映画「プラダを着た悪魔」は、ストーリーが面白いのはもちろんテンポが良くとても観やすいです。映画「プラダを着た悪魔」の中で、アンディーがだんだん綺麗なっていくのを観ていて、ヘアメイクやファッションなど自分の努力でこんなにも変われるんだと再確認させてくれました。ファッション業界を描いているこの作品は、衣装や小物もハイブランドでコーディネートされていています。映画そのものがファッションショーのようで、真似したり着てみたいと思うものがたくさんありました。映画「プラダを着た悪魔」の中でアンディとミランダが取捨選択していく働き方を厳しい世界の中で、伝えていくところが魅力です。ミランダは、仕事に誇りを持っておりプライベートの全てを犠牲にしていますが、その価値があると言っています。彼女にとって仕事が人生の全てであり、納得しておこなってきた、かけがえのないものでした。アンディはミランダの下で仕事をすることは夢であるジャーナリストを目指す近道だが、地道に経験積んで叶えることを選択しており自分には出来ないと感じました。”But what if this isn’t what I want? what if I don’t want to live the way you live?”と言っていました。ミランダのように周りの人間を踏み台にしてまで全てをかけることは出来ないとアンディは気付いてしまったのだと思います。自分で決断することが、大切であると伝わってきました。
女性
女性
映画「プラダを着た悪魔」大好きな映画です。まずアンハサウェイがどんどん綺麗でオシャレになっていく姿に女性は夢中で観れると思います。洋服、オシャレが大好きなわたしにとっては何度見ても新鮮な気持ちになり、頑張ろうと思える映画です。ミランダは一見厳しすぎて怖い上司ですが、ファッションへの想いが本当に強くプライドを持って仕事をしている姿に尊敬します。アンドレアも、逃げ出さず食いついていきミランダに認められる存在まで成長していきます。でもやはり一番の見どころは本当の自分を見捨てないということを教えてくれることだと思います。映画「プラダを着た悪魔」を見て、仕事、恋愛すべて上手くいくのはとても難しいこと。がむしゃらに頑張り、成果を出すのも一つのやり方。でも、そこで本来の自分を無くしてしまうのはとても悲しいことだと気付かされる映画でした。
女性
女性
映画「プラダを着た悪魔」は、日本語版とスペイン語版のDVDを持っているくらい大好き。おしゃれに興味のない主人公・アンドレアがファッション雑誌の編集長のアシスタントとして働き始めて、どんどん美しくなっていくのがかわいかった。編集長のミランダはわがままで厳しいけど、それでもアンドレアはあきらめずに食らいついて、仕事も完璧にこなすようになっていくのを見ると、人ってやればできるのだなあと励まされる映画。最後、アンドレアはミランダに見初められたけど、輝かしい世界にいることではなく自分のやりたいことはジャーナリストで、とかねてからの夢を実現させる姿もかっこよかった。ラストのアンドレアが受けた新しい出版社での仕事の面接のシーンは感動しました。ミランダから届いたファックスがとても粋で、一番好きな言葉が「君を雇わないなら、私は大バカ者だそうだ」です。普段は厳しくとも、人の心をしっかり持っている人で本当は心優しい人間なんだなと思って少しうるっときました。最初夢だけ語っていた少々中身のない女の子が、強くなっていくさまは見ていてとても清々しかったし、働く女性の強さ、美しさを見せつけられた感じです。
女性
女性
映画「プラダを着た悪魔」は、配役がピッタリの映画だと思いました。どの人物も役にハマっていたと思いますが、特にメインキャラの二人、理不尽でとても厳しい編集長ミランダをメリル・ストリープ、主人公のアンドレアをアン・ハサウェイが演じたのはとても良かったです。メリルストリープに厳格な年配の女性はピッタリですね。アン・ハサウェイも持ち前のキュートさやセクシーさが出ていました。見どころとしては、途中から主人公がファッションに目覚めていくシーンです。男の自分が見ていても、ビシッと決めるアン・ハサウェイがカッコよくて、見ていてワクワクしました。女性が好きな映画というイメージが強いですが、男性が見ても全然楽しめる映画だと思います。私は鑑賞してとても楽しかったです。
女性
女性
映画「プラダを着た悪魔」は、ファッション誌の編集部が舞台となっているだけあって、華やかな世界が描かれている映画でした。アン・ハサウェイ演じるアンドレアが最初は野暮ったくて編集部でも浮いていたのに、編集長のミランダからの無理難題にも立ち向かい、容姿もどんどん美しくなっていく様子がとても素敵でした。激務だけど華やかで刺激的な世界に身を置くようになり、交際していた彼とすれ違うようになり、仕事が順調に進むに連れて私生活が上手くいかなくなってしまうという状況に陥りながらも、最後には自分のいるべき場所を思い出し、前向きに生きていくエンディングがすごく好きです。アンドレアがミランダから着信の入った携帯電話を水の中に投げ入れる終盤のシーンで、どこか吹っ切れたような顔をしていたのが印象的です。
女性
女性
映画「プラダを着た悪魔」は、私の中では定番映画のような位置づけの映画です。何度もみます。映画「プラダを着た悪魔」は本当に、働く女性全員におすすめです。社会に出ると、まだまだ女性不利な気もしますが、ボスのミランダと部下のアンドレアがそれを吹き飛ばす勢いで情熱的に仕事をしていきます。出てくる洋服は素敵で、みんな美しく、スタイルもよく、わくわくさせます。作品の中に出てくる名言(発言)がその時その時で胸に突き刺さるのもこの作品の魅力です。それぞれの名言はシンプルなのに、奥が深いのです。女性社会は陰湿、嫉妬、ネチネチなどよくないイメージがありますが、そういった要素が全くなく、映画「プラダを着た悪魔」を見終わった後には愛を感じます。女性に生まれてよかったとすら思えます。心に響くホットなモチベーション上がる映画で映画「プラダを着た悪魔」はおすすめです。
女性
女性
プラダを着た悪魔の見どころは2つあります。一つはファッション性です。ファッション誌の会社なので、勤めているスタッフ全員がおしゃれです。会社員がモデルさんのようで、プロ意識を持って体形維持もしています。そんな意識の高い会社に入ることになった、美意識に疎いアンドレアもだんだん会社に染まっていき、ファッションが磨かれていきます。最初はさえない女の子だったのが、誰よりもかっこよく素敵な社員になっていく変貌ぶりはかなりおすすめポイントです。どのファッションもアン・ハサウェイ演じるアンドレアにぴったりで、かっこいいです。きっとアンドレアのファッション性に魅力を感じて憧れた女性は多いかと思います。2つ目は、仕事です。アンドレアは最初の頃は仕事ができず叱られてばかりでしたが、要領を得てきてだんだん仕事がデキるようになってきます。上司の言われたことだけでなく、先を読んで言われなくてもやってしまうところは、働く女性も参考になる部分がありました。あんなキャリアウーマンになれたらかっこいいなと、この映画を見ると仕事のモチベーションがアップします。自分の先輩よりも仕事がデキるようにまで成長したアンドレアは、本当にかっこいよかったです!
女性
女性
女性がカッコイイ映画、好きなんですよね。映画「プラダを着た悪魔」ではプラダというブランド名が入っていますが、ブランドなんか知らなくっても全然楽しめます。ファッションにまるで無頓着でダサい恰好しかしなかった(機能優先と言って…)アンディがみるみるうちにオシャレにキレイになっていく。ちょっとプリティウーマンっぽい。まぁ元々キレイだからオシャレになるとすんごいキレイになるんですけどね!笑ダイヤの原石は磨くとキラキラ輝くけど、単なる石ころ磨いてもつるつるになるだけってことでしょうか。苦笑それはさておき、もちろんこの映画のサクセスストーリーはとても素敵なんですが、映画「プラダを着た悪魔」の中のアンディのコーデもとても勉強になります。本当に素敵。←語彙力 キラッキラ輝いていく彼女に対して受け入れられなくなっていく恋人、うちに言わせれば器ちぃせーぞー!!そりゃまぁ自分と同レベルだった彼女がどんどん高みに行ってしまって取り残された感は分かる。でもそこは、恋人の成長を誇りに思うべきでは?とか思っちゃいました。あと、ナイジェルに愚痴ったら「君は頑張ってなんかいない」って言われちゃうんですよね。もちろん理由があってそういったのですが、すごく考えさせられました。私こんなに頑張ってるのになんで!!って思いがちじゃないですか?でもそれって…みたいな。映画「プラダを着た悪魔」は、最後もすっきり、見終わった後とてもいい気分になれる映画です★
女性
女性
『恋に仕事に全力の女性たちへ』…まるで女性ファッション誌の特集のような言葉ですが、この映画「プラダを着た悪魔」はまさにこの言葉そのもの!始めは何だかパッとせず垢抜けない、ジャーナリスト志望のアンドレア(アン・ハサウェイ)が、なぜか超一流ファッション誌の編集者としてオフィスで働くことになり、まわりの助けもあって、日々着こなしていくことになるハイブランドの服やバッグ・靴を何通りも見せるシーンは、カラフルで本当にオシャレなんです。NYの街にとても映えて、BGMでかかっているマドンナの曲『VOGUE』は特にぴったりで見どころのひとつになっています。またアンドレアの上司、ミランダ(メリル・ストリープ)の鬼編集長ぶりも、それはそれは厳しく、あんな上司の元で働いていたら、誰だって逃げ出したくなるはずです。しかし職場では鬼っぷりが炸裂していても、彼女も人間、頼りになる部下に成長したアンドレアの前で少し心を開くシーンはまさにツンデレの極みかと思います。普段怖い人がふとしたときに見せる優しさのギャップと言いましょうか。アカデミー賞女優メリル・ストリープのその演技力も見どころです。映画「プラダを着た悪魔」の冒頭の通り、恋も仕事も全力に生きる女性アンドレアがラストに選ぶ道は、いろんなしがらみに縛られている現代女性の生き方の選択肢の一つを提示してくれていると思います。

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど
他の動画も見放題!

『プラダを着た悪魔』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス