アニメ映画

映画『塔の上のラプンツェル』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじ

このページでは、映画『塔の上のラプンツェル』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『塔の上のラプンツェル』は2010年公開のウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ制作の長編3DCGアニメーション。原作はグリム童話の「ラプンツェル」。

ディズニーデラックス

映画『塔の上のラプンツェル』動画をディズニープラスで無料フル視聴する方法

\『塔の上のラプンツェル』は/
\ディズニープラスで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間動画が無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベルの人気作品動画が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『塔の上のラプンツェル』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 770円 31日間
U-NEXT × 330円/2日 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
×/○ × 400円/2日 932円 30日間
dTV × 300円~ 550円 31日間
TELASA ×/○ × 300円/3日 572円 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Netflix × × なし 800円〜 30日間
Amazonプライム × 400円/2日 500円〜 30日間
Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『塔の上のラプンツェル』の映画情報

映画『塔の上のラプンツェル』あらすじ

主人公のラプンツェルはある国の王女です。

物語は彼女の魔法の力と成長の話し。

大昔に一粒の陽の光が地上に落ち、それは「黄金の花」となります。花には魔法の力がありました。病気やケガを治す不思議な力が宿っていたのです。

それから数百年後、その地には王国が築かれ、その国の王と王妃は民からとても慕われていました。

しかし王妃は出産の前に重い病気に倒れます。そこで王国の民は奇跡を探し求めました。「黄金の花」です。花は1人の老婆が隠していました。その名はゴーデル。彼女は花を独占し、何百年もその力で若さを保っていました。花は特別な歌を歌いかけることでその力を発揮します。

王国の民はその花を発見して掘り出し、国へ持って帰ります。その花を煎じて飲ませると王妃の病気は治り、金色の髪をもつ王女が生まれます。

彼女がラプンツェルです。

王と王妃は誕生を祝い、灯火を空に放ちました。幸せな時間が続くかに思えましたが、魔法の力を取り戻すためにゴーデルが現れます。ラプンツェルの髪には黄金の花の力が宿っていました。ゴーデルは最初、ラプンツェルの髪を切って力を得ようとしましたが、切った髪は力を失い普通の髪の毛になってしまいます。

そこで彼女はラプンツェルを連れ去ってしまいます。

王国の民は国中を捜しましたが王女を見つけることはできず、彼女はゴーデルによって森の中の塔で我が子として育てられます。ゴーデルはラプンツェルに塔から出ることを禁じました。
「外の世界は危険だ」と彼女に言い聞かせたのです。

王は毎年、王女がいつか戻ることを願って、彼女の誕生日に無数の灯火を空に放つようになります。赤ん坊のときにさらわれたラプンツェルは何も知らず、ゴーデルとペットのカメレオン、パスカルと塔の上での生活を送っていました。

しかし、もうすぐ18歳になろうとしていた彼女には1つ夢がありました。それは自分の誕生日の夜になると、空に現れる無数の光を近くで見ること。彼女はゴーデルに外へ出ることを許可してもらおうとしますが、かよわい彼女には外の世界は危険すぎると言われ許されません。

そんな時、城から盗賊のスタビントン兄弟と王女のティアラを盗んだフリン・ランドがラプンツェルの住む塔に逃げ込んできます。彼女はフリンをフライパンで殴って気絶させ、ティアラが入った鞄を隠し、フリンに取引を持ちかけます。

誕生日に現れる光を近くで見るために案内をすれば鞄を返す。衛兵に追われていたフリンはその申し出に乗り気ではありませんでしたが、ティアラを返してもらうために渋々取引に応じます。

ラプンツェルはゴーデルに時間のかかる買い物を頼み、その隙きにフリンのとともに塔から脱出します。初めて塔から外にでた彼女は自由の身になったことに感激しますが、ゴーデルの言いつけを破ったことにも罪悪感をもちます。

そんなラプンツェルにフリンは親に反抗するのは自然な流れで、成長の証だと伝えます。

しかし母親を悲しませたくないなら塔に戻って取引をやめて鞄を返すようにと言いますが、ラプンツェルはどうしても光を見たいと譲りませんでした。

その頃、フリンを追っていた王宮の馬、マキシマスがゴーデルと鉢合わせます。

乗り手がいないことでラプンツェルに外の人間が出会ったのではないかと恐れた彼女が塔に戻り、ラプンツェルが脱走したことがバレてしまいます。そこでゴーデルは手配書から彼女がフリンとともにいることを知ります。

フリンはどうしても鞄を返さないラプンツェルを悪党が集まる食堂に連れていき、おびえさせようとしますが、自分の夢を語る彼女に悪党たちは感化され、衛兵に追われるフリンと彼女を抜け穴から脱出させます。

しかしその影にはすでにゴーデルが追いついていました。さらに衛兵たちも迫り、追い詰められた2人は逃げ込んだ洞窟でダムの水に窒息しそうになります。

そこで巻き込んでしまったことを謝るラプンツェルにフリンは知っておいてほしいと本名が ユージーン・フィッツハーバートであることを明かします。絶体絶命となった時、ラプツェルが魔法の髪の力を発揮して脱出、何とか生き延びることに成功します。

ラプンツェルはケガをしたユージーンの手を魔法の髪で治し、自分の境遇を話し、ユージーンは彼女の葛藤を理解します。ユージーンが薪をとりに離れたところでラプンツェルの前にゴーデルが現れ、彼女を連れ戻そうとしますがラプンツェルはユージーンが自分に好意を持ってくれているといいます。

しかしゴーデルは思い込みのロマンスだと一蹴します。

そしてティアラを出し、彼の目的はただティアラを手に入れること、渡してみれば分かると告げます。ゴーデルとスタビントン兄弟は密かに2人を追うことにします。城下町にたどり着いたラプンツェルとユージーンは夜に川に船を出し灯火を見ます。

2人はお互いのことを理解し、惹かれ合っていました。ユージーンはスタビントン兄弟にティアラを渡しますが、彼らはティアラ以上に価値のあるものを見つけたと言います。

それはラプンツェルの魔法の力。スタビントン兄弟は彼女を捕まえようと迫ります。

果たしてラプンツェルはどうなるのか・・・

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『塔の上のラプンツェル』キャスト・出演者

  • ラプンツェル:マンディ・ムーア(中川翔子、小此木麻里・歌唱シーン)
  • フリン・ライダー: ザッカリー・リーヴァイ(畠中洋)
  • ゴーテル:ドナ・マーフィ(剣幸)
  • フックハンド:ブラッド・ギャレット(岡田誠)
  • ビッグノーズ:ジェフリー・タンバー(石原慎一)
  • スタビントン兄弟: ロン・パールマン(飯島肇)

映画『塔の上のラプンツェル』スタッフ

監督

バイロン・ハワード
ネイサン・グレノ

脚本

ダン・フォーゲルマン

音楽

アラン・メンケン

編集

ティム・マーテンズ

製作

ロイ・コンリ

原作

「ラプンツェル」(グリム童話)

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『塔の上のラプンツェル』感想

女性
女性
『塔の上のラプンツェル』は、ディズニープリンセスシリーズ初のフルCG作品です。CGということで昔からディズニープリンセスがお好きな方にとって少し抵抗があるかとは思いますし、実際私もその一人でした。しかし、実際に映像を見ていただければその印象がガラリと変わると思います。風景は風を感じられるほどに美しく、キャラクターは手描きと変わらず生き生きとし、ディズニーお得意の動物も命が吹き込まれたかのように愛らしい。何より素晴らしいのはラプンツェルのその特徴的な長い髪です。一本一本が宝石のように輝き、まさに「魔法の髪」としてふさわしい見た目になっています。
映像技術だけではありません。今までのプリンセスと違い、ラプンツェルは非常に明るく、活発で楽しい女の子です。彼女の笑顔、振る舞いは見ている私たちまでもを元気にさせてくれるでしょう。ちなみに彼女の得意武器はフライパンです。何を言っているのかわからないと思いますが、これも映画を見てのお楽しみですね。
『塔の上のラプンツェル』においての見どころはやはり後半の灯篭を空に飛ばすシーンでしょうか。小さな船に乗り、ラプンツェルとフリンが二人で灯篭を空へと掲げるシーンはとてもロマンチックです。前半が余りにも歌と踊り、そして逃亡それからフライパンというコメディチックなものだったので、プリンセスシリーズとして少し安心しました。
ラプンツェルの小さなお友達、カメレオンのパスカルもとってもキュートです。ぜひラプンツェルと彼女が持つ魔法の髪の行く末を見届けてください。
女性
女性
ストーリークライマックス、ラプンツェルが育ての親、マザー・ゴーデルの嘘を見抜き、自由になろうとします。しかし、一旦はそれを阻止され、打ちひしがれます。時を同じくして、衛兵に捕まったヒーロー、ユージーンのほうは、味方の助けもあり脱獄します。ユージーンは白馬マキシマスが自分のために働いてくれると理解し、ラプンツェルの元に急ぎます。けれども、ゴーデルによって罠にはめられ、ユージーンは瀕死の重傷を負います。ユージーンを助けたければ、ゴーデルに髪の力を渡さなければならない。ラプンツェルはユージーンを助けるため、ゴーデルに屈服しようとします。けれども、ユージーンは最後の力を振り絞って、ラプンツェルの髪を切り落としてしまいます。ラプンツェルからの髪の力を失ったゴーデルは、失脚。しかし、ユージーンは命を落としてしまいます。悲しみで涙を流すラプンツェル。その涙がユージーンの頬に落ちたとき、奇跡が起こります。ユージーンは生き返り、短い髪になったラプンツェルに「その髪の方が似合うと思うよ」と言います。
その後、王と王妃の元に戻ったラプンツェル。ユージーンはラプンツェルにプロポーズし、公正な人が勝利してハッピーエンドです。ハッピーエンドなところ、それから、ストーリーの転に当たるところで、いくつものどんでん返しが用意されているところが見どころで、オススメポイントです。
男性
男性
ラプンツェルは、憧れのディズニープリンセスです。18年間一度も塔の外へ出たことがない捕らわれのプリンセス。強盗のフリン(ユージーン)によって、外へ飛び出すお話です。いたるところに歌が散りばめられていて、とっても楽しく冒険がすすんでいきます。お城へと向かう途中に訪れたレストランで出会った盗賊?は、みんなとってもユニーク。こじらせてはいるものの、それぞれに夢があり応援したくなりますよ。中でも私のお気に入りは、パントマイムをしている人です。彼は、正念場の見どころシーンでも大活躍するので、最後まで注目していて欲しいです。あとは、全体を通してすごくスピード感や臨場感ある演出にハラハラとワクワクしっぱなし間違いなし。お城の護衛たちと追いかけっこをする場面がたくさんありますが、どこも、前のめりで見入ってしまいました。そして、そんな場面にオチもしっかり忘れてないのが、さすがディズニーです。私が一番好きなシーンは、ユージーンとラプンツェルがランタンの光の中、ボートに乗っているシーン。ラプンツェルは、この光を見るために塔を飛び出し、やっと念願が叶った瞬間でもあります。気づけばお互いに惹かれあっていることに気づいたのもこのシーンじゃないのかな?と。最後に、余談ですが結ばれたあとの二人がアナと雪の女王のワンシーンに登場していて、一人興奮しましたよ。
女性
女性
18年間一度も塔の外に出たことがない魔法の髪を持つ少女がフリン(ユージーン)との出会いによって外の世界へ飛び出す。毎年自分の誕生日にあがる謎の光の正体を知る冒険へ。幸せを待っているだけでなく、自分で切り拓いて行く強さ、行動力が現代の女性像としても共感でき、観るととても勇気をもらえます。クライマックスのランタンが海辺の夜空にいっぱいになるシーンは映像と曲がマッチし幻想的でとてもきれいです。モデルとなった実際のタイのコムローイというお祭りに行ってみたくなりました。他のディズニー作品に比べて、ユージーンが王子様ではなく海賊で権力や階級にとらわれていない点もよかったです。とかげのパスカル等おとぼけキャラで所々クスッと笑ってしまう所もあり、笑いあり涙あり感動ありのディズニーアニメ史上最高傑作の作品でした。
女性
女性
ラプンツェルが本当はプリンセスなのに、プリンセスとして育ってこなかったというストーリーがディズニー映画にしては珍しい設定のように思えて、すごく新鮮でした。ラプンツェルはすごく純粋で可愛らしいのに、勇敢で自分で人生を切り開いていこうとする強い心を持っているところが同性としてすごく応援したくなりました。フリン・ライダーは最初はラプンツェルに少し意地悪なのに、一緒に過ごしているうちに徐々にラプンツェルに惹かれていく様子もすごく良かったです。なんといっても、ランタンが空に浮かんでいくシーンが本当に美しくて印象的です。そこで手を取りながら歌う2人の姿がとてもロマンチックで観ている方もとても幸せな気持ちになります。
女性
女性
公開されてから何度も観ている作品で、ラプンツェルはディズニープリンセスの中でも大好きな女の子の一人だからです。映画で一番のオススメシーンは、最後ゴーテルに従うと決めたラプンツェルの髪をフリン(ユージーン)が切るシーンです。歌うと光り、傷を治す力を持つラプンツェルの髪。それは髪の秘密を知る者にとっては、最も価値のあるものです。
しかし、共に行動するうちに彼女の天真爛漫な魅力に惹かれた彼は、最初に王城から盗み出したプリンセスのティアラよりも、希少なラプンツェルの髪の力よりも、彼女自身が自由になれることを選びました。それは、髪の力だけを求める魔女に捕らわれ、自分に向けられた両親達からの愛を遠く眺めることしか出来なかった彼女に与えられる最上の愛です。このシーンだけは何度見ても涙が出てしまいます。物語がフリンの軽い口調の語りで始まり、終わるのもこの作品らしい魅力の一つです。その語りだけでもフリンの良さがたっぷり詰まっているので、ぜひ注目していただきたいです。
女性
女性
生まれてすぐに魔女に連れてかれて、その人に閉じ込められているのに従ってなんて可哀想なんだと思いました。そしてすごく冷たいママだけど、ラプンツェルはこのママとしか接したことがないから、逃げ出すという選択肢がないんだと思うと本当に悲しくなりました。そして初めて外に出た時の嬉しそうな顔は本当に可愛くて私まで嬉しくなりました。外に出れた嬉しさと、ママを裏切って外に出た葛藤がすごく面白くて笑えました。ラプンツェルを助け出すのは強盗というまさかの展開ですが、2人が船の上で恋に落ちていくところがすごく素敵でした。そんなフリンに裏切られたと思って、ママのもとへ戻っていくラプンツェルの後ろ姿は涙が出ました。ラプンツェルが自分がお姫様だときづいたとき、どんな気持ちだったんだろうと思います。何年も閉じ込められて、自分の誕生日にあがる明かりがまさか自分の為にだなんて、私だったらもう許せないし、今までの人生を返してくれと怒ると思います。だけど、ラプンツェルはこれからの未来のことを考えていて、何よりフリンのためにまだ閉じ込められることを願ったことがさすがディズニープリンセスだと思いました。早く髪の毛が整って、幸せに暮らしてほしいと思います。
女性
女性
ラプンツェルの映画は歌も素晴らしいですが、ユージーン(フリン)とのやり取りも面白いです。ユージーンはずる賢くて変っていて、ラプンツェルに対しても最初はあまり優しいとは言えません。ディズニー映画でお決まりだった、素敵な王子様とはまたキャラクターが異なります。でもそれも現代っぽくて新鮮です。ラプンツェルの性格にも強い部分があるので、二人のやりとりをみているだけでも楽しめます。ラプンツェルはお母さんがいない間に塔から外に出るのですが、その外の世界で大冒険をします。酒場でユージーンとラプンツェルが危ない目に合うシーンも、危機一髪でハラハラドキドキしましたが、面白かったです。塔に帰ってきた母はラプンツェルがいないことに気づいて怒り狂って探しに行きます。邪悪な魔女なので変装するのも簡単なんです。ラプンツェルの本当の親は城にいて、今までラプンツェルを育てていた魔女はラプンツェルを誘拐し、若い肉体を保つためにラプンツェルを利用していただけだったという事実も、衝撃的でした。最後、ユージーンがラプンツェルの長い髪を切って魔法を解く瞬間もお見事!といった感じでした。ラプンツェルとユージーンが結婚する時も、ボケとツッコミのようなやり取りが笑えました。
女性
女性
美しい歌声と21メートルにもなる輝かしいブロンドヘアを持つ女性ラプンツェルを主人公とした物語です。その彼女と関わる人や動物たちがとてもユニークで個性的です。彼女の育ての親であるゴーテルは、見た目そのまま悪魔の心を持つ女性です。まだベビーであったラプンツェルを自分の欲のためにお城から誘拐し、嘘で言いくるめて彼女を引きこもらせていました。ラプンツェルが住む塔に忍び込み、ノックアウトさせられた青年フリンは、チャラチャラした性格ながらもどこか憎めない愛らしい男性です。その彼が、ラプンツェルの願いを叶える旅に出て、その途中で出会う様々な危険から彼女を守るシーンは、貧乏で泥棒として育ってきた生活ながらも王子様の役割を果たしているなと感じます。そのフリンを追いかけ、最終的にはラプンツェルのためにフリンと共同して彼女を助けることにした白馬マキシマスは、姿はハンサムでなくても彼のキャラクターが視聴者を笑わせ、誰もが彼のファンになってしまうでしょう。そして、ラプンツェルの唯一の親友であるカメレオンのパスカルは、この作品になくてはならない重要な存在です。人間の言葉を話さなくても彼のボディランゲージや表情が滑稽で楽しくて仕方ありません。ラプンツェルとのコミュニケーション、フリンとの掛け合い、彼が出るシーンはどれも見逃せません。森の中の自然が美しいシーンが沢山盛り込まれている心温まる作品です。

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス