映画

映画『スターウォーズ/エピソード8:最後のジェダイ』動画無料フル視聴!字幕&吹替とあらすじ

このページでは、映画『スターウォーズ/エピソード8:最後のジェダイ』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

映画『スターウォーズ/エピソード8:最後のジェダイ』はスターウォーズシリーズ第8作品目。公開順では旧三部作(エピソード4・5・6)、新三部作(エピソード1・2・3)、続三部作(エピソード7・8・9)。2017年公開。

映画『スターウォーズ/
エピソード8:最後のジェダイ』
動画を無料で見る

ディズニーデラックス

映画『スターウォーズ/エピソード8:最後のジェダイ』動画を無料でフル視聴する方法

映画『スターウォーズ/エピソード8:最後のジェダイ』動画
Disney DELUXEなら
シリーズ作品も見放題

映画『スターウォーズ/
エピソード8:最後のジェダイ』の
動画を無料視聴

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料作品でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間は無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベル作品の人気作品が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも利用可能!
  • 会員限定配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はDisney DELUXEホームページにてご確認ください。

映画『スターウォーズ/エピソード8:最後のジェダイ』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
Disney DELUXE なし 700円 31日間
U-NEXT × 385円/2日 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× 300円 932円 30日間
dTV × 400円 550円 31日間
TELASA × 350円/3日 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 199円/2日 500円〜 30日間

Disney DELUXEで視聴可能な関連作品

Disney DELUXEでは、映画『スターウォーズ』シリーズ作品が、VODで唯一全作が見放題なので、全作無料で一気見が可能です!

https://tsuiokunomori.jp/disneydeluxe-lineup/

Disney DELUXEの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

Disney DELUXEの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画やテレビは製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 違法にアップロードされた物と知ってダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

映画『スターウォーズ/エピソード8:最後のジェダイ』の映画情報

映画『スターウォーズ/エピソード8:最後のジェダイ』あらすじ

前作『スターウォーズ:エピソード7/フォースの覚醒』でスターキラー基地での激闘の後、ファースト・オーダーはレイア・オーガナ将軍率いるレジスタンスに反撃を始めます。

レジスタンスは惑星ディカーを脱出せざるを得なくなります。

脱出の時間を稼ぐためポー・ダメロン中佐率いる部隊が出撃し、ファースト・オーダーの戦艦スター・デストロイヤーやドレッドノートに攻撃をします。

レジスタンスは脱出に成功し、ポーはレイアに戻るように指示されますが、独断で攻撃を続行、ドレッドノートを撃墜しますが、多くの犠牲を出したためレイアに降格させられます。

レジスタンスを逃したハックス将軍は最高指導者スノークに叱責され、呼び出されたカイロ・レンは父、ハン・ソロを殺して弱さを克服したと言いますが、心のバランスを失っていると指摘されます。

ミレニアムファルコンでチューバッカ、R2-D2とともに惑星オクトーにやって来たレイはジェダイ・マスター、ルーク・スカイウォーカーと対面、ルークと父、アナキンが使っていたライトセイバーを手渡しますが、ルークはそれを放り投げ、レイを追い返そうとします。

追いすがるレイに対してルークは新しいジェダイを育てる気はない、ジェダイは滅びる時が来たと告げます。

ファースト・オーダーの艦隊は光速で逃げたレジスタンスを追跡し攻撃、カイロ・レンも自ら戦闘機に乗り出撃します。レイアの乗る艦は攻撃を受け彼女は宇宙空間に投げ出されてしまいます。

レイアはフォースを使い艦に戻りますが、意識不明となってしまい、代わりにホルド提督が指揮を執ることになります。

その頃、カイロ・レンと戦い、昏睡状態だったフィンが目覚めます。彼はレイアが持っていたレイが戻るための携帯ビーコンを手にして艦から脱出しようとしたところを整備員のローズに見つかり、彼女と行動をともにします。

フィンとローズはファースト・オーダーの追跡を逃れるためスター・デストロイヤーに潜入して追跡装置を切ることを思いつきます。追跡装置を切ると6分間の時間を稼ぐことができ、その間に高速で逃げる作戦です。

ポーにその作戦を提案して3人だけで極秘に実行することにします。それにはファースト・オーダーのシールドを突破するためにコードを解除しなくてはいけません。

フィン達はマズ・カナタから情報を得て、惑星カントニカのカント・バイトにあるカジノに向かい、コード破りが出来る人物を探しますが、不法に宇宙船を留めていた疑いで捕まって牢に入れられてしまいます。

ルークはミレニアムファルコンの中でR2-D2と再会してかつてレイアがオビ=ワン・ケノービに送ったホログラム映像を見せられ、レイに訓練をすることにします。

一つの目のレッスンでルークはレイにフォースが何であるかを教えますが、そこでレイがダークサイドを拒まなかったことを咎め、かつてのカイロ・レンの姿を重ねます。

二つ目のレッスンとしてルークは最盛期のジェダイがその傲慢と偽善につけこまれ、ダース・シディアスに壊滅に追い込まれます。

さらにジェダイ・マスターがダース・ベイダーを生み、ベイダーを闇から戻した後、フォースのバランスは保たれていたが、カイロ・レンに力を継がせようとしたことで失敗したと語ります。

レイは自分はカイロ・レンとは違うと主張します。

レジスタンスはファースト・オーダーからの追跡からギリギリで逃れていましたが、燃料は残り少なくなり、ポーはフィン達が追跡装置を切るのを祈るように待っていました。

牢に入れられたフィンとローズが話をしていたところ、同じ牢に入っていたコード破りができるという謎の男DJに出会い、脱出してともにスター・デストロイヤーへ向かいます。

レイはフォースの力によりカイロ・レンと交信し、レンからルークに殺されそうになったことを知らされます。二人がフォースで繋がり、触れ合ったところへルークが止めに入りますが、レイは真実を問い詰めます。

ルークはレンの想像以上の心の闇を恐れ、寝ている間に彼を殺そうとしてライトセイバーを手にしますが、躊躇していたところでレンが目覚め、応戦したのでした。

レンはルークに見放されたことで絶望し、ダークサイドに堕ちたのでした。ルークは自分のせいでカイロ・レンを生み出した言います。

レイはレンが自ら闇に堕ちたのではなく、まだ葛藤している。闇から戻すことができる。彼が最後の希望だとしてルークのもとから離れ、レンに会うためにミレニアムファルコンに乗り、飛び立ちます。

フィン、ローズ、BB-8に託されたレジスタンスの命運とカイロ・レンのもとに向かったレイは果たしてどうなるのか。

映画『スターウォーズ/エピソード8:最後のジェダイ』キャスト・出演者

  • レイ:デイジー・リドリー
  • カイロ・レン:アダム・ドライバー
  • ルーク・スカイウォーカー:マーク・ハミル
  • フィン:ジョン・ボイエガ
  • ポー・ダメロン:オスカー・アイザック
  • レイア・オーガナ:キャリー・フィッシャー
  • ローズ・ティコ:ケリー・マリー・トラン
  • スノーク:アンディ・サーキス
  • ハックス:ドーナル・グリーソン

映画『スターウォーズ/エピソード8:最後のジェダイ』スタッフ

監督

ライアン・ジョンソン

脚本

ライアン・ジョンソン

音楽

ジョン・ウィリアムズ

撮影

スティーヴ・イェドリン

編集

ボブ・ダクセイ

製作

キャスリーン・ケネディ
ラム・バーグマン

映画『スターウォーズ/エピソード8:最後のジェダイ』ファンの感想や見どころ評価

男性
男性
・スターウォーズの最終3部作の2作目。本作ではライアン・ジョンソンがメガホンをとっている。
 1,3作はJ・J・エイブラムス。
・主人公レイ(演:デイジー・リドリー)とカイロ・レン(演:アダム・ドライバー)の対話が本作の軸となっている。
・前作「フォースの覚醒」はハン・ソロ(演:ハリソン・フォード)が影の主役と言われたが、本作の影の主役は前シリーズの主人公であるルーク(演:マーク・ハミル)。特にラストのレイア率いるレジスタンスの絶体絶命のピンチに颯爽と現れ、カイロ・レンとの一騎打ちシーン、おいしいところ全部持って行きました状態。
・本作公開前にレイア役のキャリー・フィッシャーの訃報が伝えられたが、本作でもしっかり活躍していて、何より。
・レイの出自について、何物でもないとの「解」が示され、大いに疑問符が。次作で回収されるが。
男性
男性
世界中ですっかりおなじみになった、スターウォーズシリーズの第8作目です。エピソードとしても8話です。公開されたのは2017年のことでした。舞台となるのは前作の直後で、ファースト・オーダーの反撃が激しくなる中、フォースを覚醒したレイは伝説のジェダイマスターである、ルークスカイウォーカーと対面します。この映画は、かつての作品でレイア姫を演じた、キャリー・フィッシャーにとっては遺作となる作品で感慨深いものがありました。オリジナル三部作と比較すると、ストーリー展開が独創的で見ていて興味深かったです。また、惑星オクトーに出てくるボーグという大きなペンギン型生物が登場し、まるでディズニー映画のようなファンタジー要素があったところも良いです。
男性
男性
私が全11作品あるスターウォーズシリーズの中で1番好きなのは「エピソード8最後のジェダイ」です。

実は、私は小さい頃、ペプシのおまけで付いていたスターウォーズのキャップカバーが気持ち悪いモンスターだったからスターウォーズは、「見らず嫌い」でした。でも最近になってみてみると、なんで今まで見なかったのだろうと思うほど面白かったです。

その中でも、エピソード8が好きな理由は、はっとさせられたからです。

作中でローズとフィンが人探しの為に訪れた、「カント・バイト」という大富豪が集まるカジノの星での会話のシーン。

「ここにいる人たちは何者だと思う? これほどの金持ちになれる仕事は、銀河にたったひとつしかない。―――戦争だ。」

このセリフ自体はあまり重要ではないシーンですが、全作品見た後もこのシーンだけなぜか頭から離れませんでした。今まで、銀河系の現実では起こりえないストーリーを他人事として見ていたこの映画が、このセリフによって地球上で起こっている戦争と変わらないと自覚させられるシーンだったからです。

その後も、ローズとフィンがこの星から逃げ出すとき、大富豪の船を盗んで逃げ出すシーンがあるのですが、その船の持ち主がどんな武器を売っているか武器のリストを見ていると、そこには自分たちが使っている武器もあるのです。ローズやフィンたちも戦うために武器を大富豪たちから買っています。そしてそれがこの大富豪たちの悠々自適な暮らしの財源になっているのかと思うと誰が悪者かわからなくなりそうです。

スターウォーズと地球上で起こっている戦争を重ね合わせて見てみると、また新たな見方ができるかもしれません。

男性
男性
【世代交代を予感させる作品】
率直に感じたのは、世代交代がテーマになった作品だと思いました。
本作はストーリーで賛否両論ありますが、個人的には好きな作品でした。

見どころは大きく分けて2つあります。

1つ目は、ルークの生き様です。

エピソード7のラストシーンで登場した旧三部作の主人公であるルークが今回のメインを担っています。物語序盤では、カイロレンをダークサイドに突き落とした一因を彼が担っていたこともあり、レイを突き放したり、やさぐれるシーンが目立っていました。

しかし、覚悟を決めた後のルークは特にかっこよかったです。ラストのカイロレンとの戦闘シーンに彼の生き様、ジェダイマスターとしての信念がわかります。

2つ目は、レイとカイロレンの共闘シーンです。

敵同士である2人が物語中盤からフォースで頻繁にコミュニケーションを取るようになります。憎み合っていたはずの2人の関係が徐々に変化し、最終的に共闘する場面では鳥肌が経ちました。

最高指導者が次世代に受け継がれ、どうエピソード9に繋がるのかが楽しみになる作品です。

【Disney DELUXEなら】
31日の無料視聴期間
ディズニー・ピクサー・マーベル映画が見放題!

映画『スターウォーズ/
エピソード8:最後のジェダイ』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はDisney DELUXEホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス