洋画

映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』高画質動画を無料フル視聴!シリーズ1作目順番や吹替&字幕

このページでは、映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\スターウォーズシリーズ31日間無料見放題/
今すぐ無料お試しで動画視聴へ

映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』はスターウォーズシリーズの第1作品目。1977年公開です。公開順では旧三部作(エピソード4・5・6)、新三部作(エピソード1・2・3)、続三部作(エピソード7・8・9)。

ディズニーデラックス

映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』動画を無料でフル視聴する方法

\映画『スターウォーズ/エピソード4』/
\動画ディズニープラスで見放題!/

映画『スターウォーズ/エピソード4』
動画を無料視聴

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間は無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベル作品の人気作品が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 700円 31日間
U-NEXT × 440円/2日 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 932円 30日間
dTV × 400円/2日 550円 31日間
TELASA × 350円/3日 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 199円/2日 500円〜 30日間

\スターウォーズシリーズ31日間無料見放題/
今すぐ無料で動画視聴へ

ディズニープラスで視聴可能な関連作品

ディズニープラスでは、映画『スターウォーズ』シリーズ作品が、VODで唯一全作が見放題なので、全作無料で一気見が可能です!

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...
ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\スターウォーズシリーズ31日間無料見放題/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』の映画情報

映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』あらすじ

反乱同盟軍は最強破壊兵器を持つ要塞、初代デス・スターの設計図を奪取し、レイア・オーガナ姫が乗る同盟軍の宇宙船に届けますが、帝国軍の戦艦スターデストロイヤーに拿捕されてしまいます。

惑星オルデランへの帰途にあった同盟軍の指導者であるレイア姫は、拘束される直前に設計図をドロイドのR2-D2に残し、助けを求めるメッセージを録画、人間型ドロイドのC-3POと共に脱出ポッドに乗せて砂漠の惑星タトゥイーンに送ります。

タトゥイーンに降り立ったR2-D2とC-3POは、さまよっていたところを原住種族のジャワにさらわれ、売りに出されます。

農業を営むオーウェン・ラーズとベル・ホワイトスン夫妻と甥のルーク・スカイウォーカーが2体を購入します。

叔父に言われ、ルークはドロイド2体の整備をします。

R2-D2の胴体に何かが挟まっていると思い整備をすると、記録されていたレイアのホログラムメッセージが再生されます。

内容はオビ=ワン・ケノービという人物に救援を求めるものでした。

ルークは近くに住むベン・ケノービのことを呼んでいるのではないかと考えます。

R2-D2はオーウェンの家から出て、一人でオビ=ワンにメッセージを届けに行きます。

しかし後を追って来たルークらと一緒に野盗種族タスケン・レイダーに襲われ、彼らはベン・ケノービに助けられます。

ベン・ケノービは隠居していたジェダイの騎士、オビ=ワン・ケノービでした。

オビ=ワンは彼らを自宅へ招き、ルークの父アナキン・スカイウォーカーの武器、ライトセーバーを手渡します。

彼はジュダイの騎士、父アナキンについて、ジェダイの力の源であるフォースについて、さらに皇帝側に付いてジェダイを裏切りアナキンを殺害した自分の弟子、ダース・ベイダーについて話します。

オビ=ワンはR2-D2が持ってきたレイア姫からのメッセージを見て、ルークを惑星オルデランへの旅に誘いますが、彼は叔父が許してくれないと断ります。

ルークはオビ=ワンを街まで送る途中で、ドロイドを売っていたジャワが帝国軍に襲撃されているのを見て危機を察知し、農場へ戻りますが、叔父と叔母は既に殺害されていました。

留まる理由を無くしたルークは、ジェダイの騎士になる事を決意して、オビ=ワンとオルデランへ行く事にします。

一行は荒くれ者が集まるモス・アイズリー宇宙港に行きます。

そこで密輸業者のハン・ソロとチューバッカを雇い、彼らの宇宙船、ファルコン号でオルデランへ向かいます。

その頃、帝国軍に囚われていたレイアは頑なに尋問に抵抗していました。

司令官であるターキン総督は、同盟反乱軍の秘密基地の場所を言わなければ故郷の惑星、オルデランを攻撃すると言ってレイアを脅します。

彼女は以前反乱軍の基地があった場所を教えますが、ターキンは反乱軍への見せしめのためオルデランをデス・スターの究極兵器で攻撃、惑星は粉々になって消え去ります。

その瞬間、ファルコン号内でルークにフォースの使い方を教えていたオビ=ワンは宇宙のどこかでフォースの乱れが起こった事を感じます。

彼らが光速でオルデランに到着するとそこに惑星はありません。そこで帝国軍の戦闘機に見つかってしまい、後を追いますがデス・スターを衛星だと勘違いして近づいてしまい、牽引ビームによって捕らえられます。

ファルコン号の床下で捜索をやり過ごした彼らは、ストームトルーパーのスーツを奪い、管制室に潜入します。

R2-D2に要塞の情報を引き出させ、牽引ビームの電源を切って停止させる方法を探り出します。

そこでオビ=ワンが単身で電源を切りに向かいます。

R2-D2の情報でレイアが捕らわれている事を知ったルークはハン・ソロとチューバッカを説得して救助に向かいます。

帝国軍兵士らの攻撃を受けながらも、3人はなんとかレイアの救助を成功させます。

その時、牽引ビームの電源を切ったオビ=ワンがダース・ベイダーと遭遇し、ライトセーバーで対決が始まります。

ファルコン号へ乗り込もうとするルークたちを見たオビ=ワンは何かを悟り、構えを解きます。

ベイダーがオビ=ワンをライトセーバーで切りますが、肉体は消滅して着衣と装具だけが残ります。

ファルコン号に乗り込んだ彼らは追っ手を振り切り、同盟反乱軍の拠点があるヤヴィン第4衛星へたどり着きます。

設計図を基に、デス・スターの弱点を突く破壊作戦がたてられます。

ルークは作戦に参加しますが、ハン・ソロはレイアを助けた謝礼を手に姿を消してしまいます。

ファルコン号に追跡装置を仕掛けておいた帝国軍は反乱軍の基地であるヤヴィン第4衛星を攻撃するためデス・スターで近づくのでした。

反乱軍はデス・スターの攻撃を逃れ、破壊することができるのか。

\スターウォーズシリーズ31日間無料見放題/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』キャスト・出演者

  • ルーク・スカイウォーカー:マーク・ハミル
  • レイア・オーガナ:キャリー・フィッシャー
  • ハン・ソロ:ハリソン・フォード
  • オビ=ワン・ケノービ:アレック・ギネス
  • ダース・ベイダー:(演)デヴィッド・プラウズ (声)ジェームズ・アール・ジョーンズ
  • チューバッカ :ピーター・メイヒュー
  • ターキン総督:ピーター・カッシング

映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』スタッフ

監督

ジョージ・ルーカス

脚本

ジョージ・ルーカス

音楽

ジョン・ウィリアムズ

撮影

ギルバート・テイラー

編集

ポール・ハーシュ
マーシア・ルーカス
リチャード・チュウ

製作

ゲイリー・カーツ
リック・マッカラム(特別編)

\スターウォーズシリーズ31日間無料見放題/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』ファンの感想や見どころ評価

男性
男性
映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』は、誰もが知っているスターウォーズ最初の作品。監督のジョージルーカスは禅の心をモチーフとしてこの映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』の製作を行ったそうです。最初は、ダースベーダー役に三船敏郎を出演させてもらえないか交渉したところ断られたそうです。それだけルーカスのこの映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』に対しての熱い情熱が伺えます。スターウォーズエピソード4の一番の見所は一番最後のシーン。デススターを破壊するために一発で仕止めるシーンです。ルークは確実に砲弾ビームを入れるために自分の乗ってる戦闘機についている備え付けのフォーカスを利用して攻撃しようとすrのですがその時ダースベーダーに倒されたオビワンが、『フォースを使え」とルークの心の中に問いかけます。心を無にしてデススターに玉を打ち込みぶっっこ割れるシーンは爽快です。ぜひ一度見てください
男性
男性
スターウォーズシリーズは話のストーリーはエピソード順に物語は進みますが、映画が放映されたのはこの、映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』が最初です。映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』の公開日は1977年と30年以上も前に製作された映画ですが、今映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』を見ても、見劣りしないところがおすすめポイントです。フォースを操り、ライトセーバー一本で戦うジェダイもおすすめの一つです。登場人物のルーク・スカイウオーカー、レイヤ姫、ハン・ソロの人間関係や仲間関係にも注目したいところです。それはあるエピソードでここではネタバレなしにしておきます。この3人がこれから、どういう風に生きていくのかを見てみることも面白いです。宇宙での帝国軍と反乱軍の戦いを描いたドラマで、スケールの大きさは今見ても、スケールの大きさを感じることができ、おすすめです。映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』は古い映画だけに映画で使われている音楽を皆さん何処かで聞いたことがあるでしょう。とてもよくできた多種多少のシーンに合ったBGMが流れるので、音楽を楽しむこともお勧めです。
男性
男性
映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』は、1977年に公開された宇宙もののアメリカ映画です。スターウォーズシリーズの中では、映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』がエピソード4というタイトルながら、最も早く公開されました。スターウォーズシリーズの時系列のエピソードとしては4作目です。その舞台となるのはかつて銀河を統一していた共和国が崩壊して、新たに誕生した「銀河帝国」により圧力的に支配されている世界です。自由を求めて集結された反乱同盟軍と、共和国時代に存在していた「ジェダイの騎士」の末裔であるルーク・スカイウォーカーが銀河帝国に戦いを挑み勝利する話です。この作品は、スターウォーズ作品としては最も古く、まだ、コンピューターグラフィックスがない頃に製作されたにもかかわらず、見事な宇宙空間やスペース湿布の様子が再現されているのは素晴らしいと思いました。映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』は、40年以上前の作品なのに、宇宙理論に基づきながらも、奇想天外なエイリアンなどが登場して見応えのある作品に仕上がっていたと思います。
男性
男性
映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』は、スターウォーズシリーズ第一作でチャレンジ的雰囲気が色濃かったです。ストーリーもシリーズ中一番しっかりしており、明確でした。展開も軽快でスムーズ、バーの宇宙人の雰囲気などがファンタジー感があってよかったです。最後の空中戦の場面も当時新しかったであろうジオラマを駆使して見ごたえがありました。敵を倒すところは緊迫感と達成感が演出されており、ラストシーンもわかりやすいハッピーエンドですっきり感が高いものでした。
男性
男性
スターウォーズシリーズの中では、幼少の頃から繰り返し見ていた旧三部作、映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』が断トツで好きです。旧三部作を通しての話になりますが、宿敵、帝国軍のダース・ベイダーの、吹き替え版での「一人称」が興味深いです。シーンによって、「俺」「わし」「私」の3つを使い分けています。さすがに「僕」は出てきませんでしたが、「俺」が出てきた時は、ダース・ベイダーのイメージとの違和感ににやりとしてしまいました。
男性
男性
映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』【全ての原点、SF映画の金字塔】
映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』は、40年以上前の作品ですが、そうとは思えないほど完成度の高い作品です。スターウォーズの原点で始まりの作品ということもあり、面白さはピカイチだと思います。この映画の完成度をより高めたのがスピンオフ作品の「ローグ・ワン」です。今までだと、スターウォーズを初めて見るのなら、エピソード4からが通説でしたが、「ローグ・ワン」から見ることでより感動度合いが変わります。見どころとしては、ストーリーの王道さです。ジェダイとして生きることになった主人公のルークが、師匠であるオビワンの助けを得ながら、ハンソロやレイア姫たち仲間と帝国軍に立ち向かうストーリーにワクワクがとまりません。
男性
男性
全てはここ映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』から始まりました。長い長い、銀河の物語の始まりです。私はこれを見てすっかりはまってしまい、このエピソード4は2度もお金を払ってみたぐらいです(当時は総入れ替え制ではなかったので、1日中見ることができたのに・・・)其の後42年に渡り、ずっと封切りを見続けることになりました。後に公開されたけど、前編である、アナキンの物語3部作は息子と見ましたし、とにかく親子の歴史といってもいいぐらいに夢中になった映画です。何と言ってもこの、映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』の見どころは宇宙での戦闘シーンのリアルさでしょうか?大きな宇宙船のお腹が画面いっぱいに広がるのを見て度肝を抜かれました。ルークたちの乗るXファイターはとてもカッコよく、後にゲームセンターで多くのゲームが誕生していました。映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』公開当時は、私は不勉強ながらあまりこういうSFものは見たことが無かったので最初から最後まで驚きっぱなしであっという間に時間が経った印象です。ハンソロの乗る、ミレニアム・ファルコン号も丸い宇宙船でとても目新しかったです。多く出て来る宇宙人の奇天烈な事といったらほんとに楽しめますし、何と言ってもベーダ―卿を(ダースベイダー子供のころはアナキン・スカイウォーカー)とフォースを産み出した時点でジョージ・ルーカスは世界を支配したような気がします。優れたキャラクターですし、フォースはまるで禅のように厳しく自己を律するので自分次第で使えない時もある。マスターヨーダに教えを乞うて、フォースの特訓に励むシーンもお勧めです。逆立ちしてXファイターを持ち上げる、この逆立ちのところは後に日本映画の、「永遠の0」で岡田准一さんが真似ていて感動しました。
男性
男性
映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』は、スターウォーズの最初のお話です。映画『スターウォーズ/エピソード4:新たなる希望』は、1970年台の作品なのですっかり古典扱いですが、素晴らしい作品です。個人的にはスターウォーズの中では一番好きなエピソードです。オープニングの銀河の様子からワクワク感がどんどん増していきます。宇宙の中をさまよう様子はカメラワークがなめらかで何となく自分も宇宙に漂っているような感覚を覚えます。クライマックスは同盟軍が帝国軍の基地デススターを壊すシーン。爽快感抜群です。ロボットのC3-POはいかにも「人間が中に入ってます!」という感じで苦笑モノですが、古典映画としてみるならそれもご愛敬かな。コンビのR2-D2はまるっこくてかわいくて大好きなキャラクターです。こっちの方はあまり古くさくないし、今でもこういうロボット、つくってほしいなと思うくらいです。主人公のルーク・スカイウォーカー。あんまり癖がなくて正直印象に残らない。でもそれが、シリーズ化していく上で重要なのでしょうね。(まあ、その分、出自がわかったときの衝撃は大きいですが、それはまた後々のお話)
男性
男性
映画『スターウォーズ:エピソード4/新たなる希望』は1977に公開された、SF映画の金字塔中の金字塔。この作品は監督のジョージ・ルーカスを有名にしただけでなく、ルーカスフィルムという会社の成功、映画産業の新しいモデルケースの構築、SF映画というジャンルに市民権をもたらしました。
ストーリー自体は戦士やお姫様が出てくるような古典的な物語(映画『ロード・オブ・ザ・リングとほぼほぼ一緒)の舞台を宇宙にしたもので、もう40年以上も前ということもあり、今の若い世代が観ると古臭く感じてしまうかもしれません。また、当時斬新だった映像も、今の映像技術から観るとかなり古いです(今の映像技術はスターウォーズから始まったといっても過言ではないので当たり前の話ではあるのですが…)。
では、映画『スターウォーズ:エピソード4/新たなる希望』を観るべき理由はないのでしょうか。それは違います。なぜなら、今の映画の作り手の殆どは映画『スターウォーズ:エピソード4/新たなる希望』を観て育っています。そして、彼らは「スターウォーズは観ていて当たり前だ」と思って作品を作っているのです。つまり、何の説明もなく映画『スターウォーズ:エピソード4/新たなる希望』を観ている前提で作った台詞や小ネタが世界中のあらゆる映画のあらゆるシーンに散りばめられているのです。
たとえば、スターウォーズとは全く関係ないジャンルの映画『カクテル』でも、主人公トム・クルーズが自分の師匠に「Yes,Obi One(はい、オビワン)」と返事するシーンがあります。これは、スターウォーズを観ていない人にとっては「なんのこっちゃ?」という台詞ですが、観た人には「ああ、これは自分たちを『スターウォーズ』のジェダイ(パダワン)とジェダイマスターに置き換えて言ったセリフなんだな」と分かります。こういった感じで、世界中で作られる映画は何の説明もなくスターウォーズを元にした小ネタをぶっこんで来るのです。
もちろんSFとして楽しめる映画ではあるのですが、これを観ることによって世界中の数多の映画がより楽しめるようになるのです。そういう理由で私は映画を愛するすべての人にこの映画をおススメします。

【ディズニープラスなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
ディズニー・ピクサー・マーベルの高画質動画が見放題!

映画『スターウォーズ/
エピソード4:新たなる希望』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス