洋画

映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やシリーズ順番

このページでは、映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\31日間無料で見放題/映画『スターウォーズ』シリーズの
動画を無料で見る

映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』は1983年公開。製作順では『スターウォーズ』シリーズ3作目。旧3部作の最後、劇中の時系列では6番目の物語です。アカデミー賞・特別業績賞を受賞しています。

ディズニーデラックス

映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』動画を無料でフル視聴する方法

映画『スターウォーズ』シリーズ動画
ディズニープラスなら
シリーズ作品も見放題

映画『スターウォーズ/
エピソード6:ジェダイの帰還』の
動画を無料視聴

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間は無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベル作品の人気作品が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 700円 31日間
U-NEXT × 330円/2日 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× × 300円 932円 30日間
dTV × 300円 550円 31日間
TELASA × 350円/3日 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
Amazonプライム × 199円/2日 500円〜 30日間

\31日間無料で見放題/映画『スターウォーズ』シリーズの
動画を無料で見る

ディズニープラスで視聴可能な関連作品

ディズニープラスでは、映画『スターウォーズ』シリーズ作品が、VODで唯一全作が見放題なので、全作無料で一気見が可能です!

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...
ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\31日間無料で見放題/映画『スターウォーズ』シリーズの
動画を無料で見る

映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』の映画情報

映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』あらすじ

エピソード4でデス・スターを破壊された帝国軍は今作でより強力な第二のデス・スターを建造しています。予定から遅れているようでダース・ベイダーは完成を急がせます。

前作で凍結されたハン・ソロを救出するため、ルークのメッセージを託されたC-3POとR2-D2が惑星タトウィーンのギャング、ジャバ・ザ・ハットのもとを訪れますが、申し出は拒否されます。

続いてレイア姫とチューバッカが潜入しますが、ハン・ソロを凍結状態から解放するものの、ジャバに捕らえられてしまいます。

さらにルークもジャバのもとに乗り込みますが捕らえられ、ハン・ソロ、チューバッカとともに砂漠に住む怪物の餌にされそうになります。

絶体絶命となりますが、ジャバのもとに潜入していたランド・カルリジアンとR2-D2の協力でピンチを切り抜け、惑星タトウィーンを後にします。

皆と別れたルークは惑星ダゴバに向かいジェダイマスター、ヨーダの下で更なる修行を積もうとしますが、900歳を超えたヨーダは衰え、病に侵されていました。

ルークはダース・ベイダーが自分の父親であることが真実なのか尋ねます。答えを渋るヨーダでしたがそれが真実であることを認め、真のジェダイとなるためにはダース・ベイダーとの対決が必要であると告げて息を引き取ります。

父親と対決しなければいけないということに戸惑うルークの前に霊体となったオビ=ワン・ケノービが現れます。

ルークは何故ウソをついたのかとオビ=ワンを責めますが、フォースの暗黒面に落ちたことによりジェダイの騎士で父親であったアナキンという人格は消え、ダース・ベイダーが生まれたので、ダース・ベイダーによってアナキンが殺されたということだと言います。

オビ=ワンは父親と戦うことに悩むルークに対して「君が最後の希望だ。」と告げます。さらにルークがヨーダが最後に言い残した「もう一人いる」ということについて問うと、双子の妹がいて帝国から守るため秘密にしたことを明かします。

直感的にそれがレイアであること悟ったルークに対してオビ=ワンは妹を思う気持ちがダース・ベイダーと皇帝に利用されるとして隠すようにと告げるのでした。

反乱軍ではスパイからの情報をもとに、デス・スター攻撃の作戦会議が開かれます。皇帝がデス・スターにいるという情報も伝えられ、帝国軍攻撃においてまたとないチャンスです。

デス・スターは惑星エンドアの軌道上にあり、エンドアからのシールドによって守られていました。そこで反乱軍はデス・スター破壊部隊と、エンドアのシールド発生装置破壊部隊とに分かれて行動することにします。

デス・スター破壊部隊をランド・カルリジアンが率い、エンドアの部隊はハン・ソロが率いることになります。エンドアの部隊にはレイア、チューバッカ、C-3PO、R2-D2、そして惑星ダゴバから戻ったルークが加わります。

エンドアに降り立った部隊は帝国軍の偵察隊に見つかってしまい、帝国軍を追撃することになります。

その戦いの中でレイアが行方不明になり、ハン・ソロ、ルーク達はエンドアの森の中に住むイウォーク族に捕らえられてしまいます。

果たしてデス・スター攻撃は成功するのか。そしてルークとダース・ベイダーの対決はどうなるのか。

今作を初めて観たときに印象に残ったのは惑星エンドアに降り立った反乱軍が帝国軍に見つかった時の追撃戦の場面で登場した高速バイクです。

そこそこの長尺で描かれていて、見ごたえのあるシーンです。現在のVFX技術と比べると仕上がりに粗さが見える所があるものの、「空中に浮遊する高速バイク」というアイデアは注目に値すると思います。

個人的にはこのバイクを観て『AKIRA』の金田バイクや『トロン』を思い出しました。こちらは車輪がついていて浮遊はしませんので関係性は薄いのですが、高速移動できるバイクというのはSFにおいて一つのテーマかもしれないと感じます。

『AKIRA』、『トロン』もU-NEXTでレンタルできますのでバイクに興味がある方や、CG表現、ジャパニメーションの源流を知りたい方はご覧ください。

さらに、金田バイクは2018年にスティーヴン・スピルバーグ監督の『レディ・プレイヤー1』という映画で3D映像化もされています。こちらもU-NEXTで視聴できますのでご興味のあるかたはどうぞ。

\31日間無料で見放題/映画『スターウォーズ』シリーズの
動画を無料で見る

映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』キャスト・出演者

  • ルーク・スカイウォーカー:マーク・ハミル
  • ハン・ソロ:ハリソン・フォード
  • レイア・オーガナ:キャリー・フィッシャー
  • ダース・ベイダー:(声)ジェームズ・アール・ジョーンズ
  • ランド・カルリジアン:ビリー・ディー・ウィリアムズ
  • オビ=ワン・ケノービ:アレック・ギネス

今回は個人的に好きな俳優でダース・ベイダーの声を演じているジェームズ・アール・ジョーンズに触れたいと思います。

独特の渋い声でダース・ベイダー役を演じているジェームズ・アール・ジョーンズはその落ち着いた声と雰囲気で威厳を感じさせる演技派・個性派の俳優で、シリアスなものからコメディまで幅広く演じています。

エディ・マーフィー主演の『星の王子 ニューヨークへ行く』のザムンダ王や、『レッド・オクトーバーを追え』のジェームズ・グリーア中将(CIA副長官、海軍提督)などで知っている人もいるかと思います。

『スターウォーズ』シリーズでは旧三部作の他、『スターウォーズ エピソード3/シスの復讐』、スピンオフの『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』にも声の出演をしています。

映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』スタッフ

監督

リチャード・マーカンド

脚本

ローレンス・カスダン
ジョージ・ルーカス

音楽

ジョン・ウィリアムズ

撮影

アラン・ヒューム

編集

ショーン・バートン
マーシャ・ルーカス
デュウェイン・ダンハム

製作

ハワード・カザンシャン
リック・マッカラム

\31日間無料で見放題/映画『スターウォーズ』シリーズの
動画を無料で見る

映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』ファンの感想や見どころ評価

男性
男性
映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』では、ルークスカイウォーカーと、レイア姫が、兄弟だったのが、判明します。そして、父親の、ダースベーダーを、暗黒面から救い出そうとするルークでしたが、それも叶わず、ダースベーダーを倒してしまいます。でも、戦っている中で、息子であるルークを助けるため、味方を、倒す場面もあり、親子愛もかんじられます。戦闘シーンも、迫力ある映像で、ハラハラします。
男性
男性
アナキン・スカイウォーカー=ダースベーダーがダークサイドから解放されるのが、この映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』です。スターウォーズシリーズの中でも、映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』は、最長の上映時間ということからもわかるように見所満載なのです。さて、映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』のストーリーは、前回のエピソードで冷凍保存されたハン・ソロをレイア姫とルーク・スカイウォーカーが救出する場面から始まります。救出に成功するもジャバダハットに捕らえらるレイア姫。ハットが主催する酒池肉林の宴の中に何ともセクシーなレイア姫に誰もが目を丸くしたことでしょう。そこに、二人を救うために真打ちルーク・スカイウォーカーが登場します。緑色のライトセーバーで敵を倒す場面は迫力満点。前回には決して見られなかったルークの逞しい姿は圧巻です。一方、ダースベーダー率いる帝国軍は、共和国軍により破壊されたデス・スターの修理を終えつつあり、惑星さえ粉々にするビーム砲はすでに実射可能な状態になっています。そのため、レイア姫とハン・ソロの共和国軍は、ビーム砲を作動させるアンテナ基地の破壊を計画するのでした。また、ルークは父ダースベーダーとの闘いに葛藤を抱え、ジェダイのパダワンであるヨーダのもとに立ち寄ります。ヨーダから「ダースベーダーとなってお前の父は死んだ」「闘うのじゃ」と諭されるもそれでも葛藤するスカイウォーカーの心情に、この先の展開がどうなるのか?予想がつきません。その後、ストーリーは、エンドアでの戦いとスカイゥオーカー父子の戦いを交互に描きながら進んでいきます。その中でハン・ソロとレイア姫のラブストーリーも描かれていきます。このドキドキわくわくする場面展開がもうたまりません。エンドアでは、かわいい地元住人との共闘が示す通りコミカルなタッチで描かれる一方で、ダースベーダーとルークのやりとりは重低音のBGMも手伝って実に重々しく、かつ父子が対決しなければならない切なさが醸し出されていきます。決闘と和解のシーンは、皆さんご存知の通りでしょう。その中でも、ルークがシスの攻撃に息絶え絶えになっているところを首を二度三度横に振って見るダースベーダーの仕草がとても印象に残っていないでしょうか。ルークを我が子として心配する父親の姿。この時、ダースベーダーがジェダイの騎士として帰還したことを私たちは感得したことでしょう。そして、最後のシーンは、まさにスターウォーズ・ファンの期待を裏切りません。ダースベーダーを(ヘルメットではあるが)火葬で弔うするレイア姫とルークの後ろで、なんとヨーダ、オビワン・ケノービ、そしてアナキン・スカイウォーカーがホログラムで登場するではありませんか。ルークが、オビワンが、アナキンに微笑みかける場面はもう拍手喝采です。
男性
男性
スターウォーズシリーズの中では、幼少の頃から繰り返し見ていた旧三部作、映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』が断トツで好きです。エピソード6のエピローグで、帝国軍を打ち破った反乱軍が森の惑星エンドアで祝賀する中、戦いを終えたルークたちを、ヨーダ、オビ・ワン、そしてアナキンの3人の霊体が見守るというシーンがあります。旧三部作が公開された当時は、仮面を取ったダース・ベイダーの役は、セバスチャン・ショウという俳優が演じていて、アナキンの霊体もセバスチャン・ショウの姿になっていました。ところが新三部作が公開されると、新三部作と旧三部作の整合性を保つために、このシーンのアナキンがヘイデン・クリステンセンに差し替えられてしまったのです。セバスチャン・ショウ版のエピソード6は、今ではなかなか見ることができなくなっているでしょう…。
男性
男性
映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』では、ダースベーダーが、彼の息子と戦うシーンが大好きです。ダースベーダーはルークのことを息子と知っているのですが、息子のルークは、ダースベーダーのことを父親とは知らないのです。その二人の戦いが、少し感動しました。そして、ルークが勝利するのですが、倒れて仮面をはがしたダースベーダーが、自分が父親であることを告白するシーンが涙ぐましかったです。
男性
男性
スターウォーズは沢山のキャラクターが登場しますが、個人的にはダースベイダーが一番好きで、実際には映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』までの話はダースベイダー物語と言っても過言ではないと思います。そのダースベイダーと息子であるルークとの対決で、ダースベイダーは最後に父親らしい部分も見せてくれますが、生命維持装置が皇帝に破壊され、ルークに素顔を晒してついに息をひきとります。遺体が焼かれていくシーンは感動的でした。
男性
男性
映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』で、二人の人間が、ネオン色に光り輝く緑の棒で戦うシーンと、登場人物の青年のセリフ「僕の父もそうだった(和訳)」と、砂漠のようなところでダイヤモンド色及び白、青でできた二機のロボットのダイヤモンド型の方が転落していくシーンです。全体としては、宇宙のなかで戦いあう戦士たち、先述した青年の名言が勇ましく素晴らしかったです。
男性
男性
映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』は、タイトルにふさわしいラストでした。旧三部作の最終作。序盤からスリル満点で、ストーリー構成も綺麗にまとまっており映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』は、面白い作品でした。見どころはたくさんありますが、ルークの善と悪に揺れながらも意思を貫いていく姿に成長を感じました。特に私が映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』で、好きだったのは森のイウォークたちとのシーンです。緊迫した場面が続く中、森のクマさんのような彼らの可愛さに非常に癒されました。映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』のラストのルークとダースベーダーとのシーンは感動です。新三部作をみた後に改めて見ると感動度合いも変わるでしょう。
男性
男性
映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』は、1983年にアメリカで製作された、宇宙ファンタジー映画で、すでに全国的に有名になった「スターウォーズシリーズ」の3作目で、エピドードとしては6話目です。舞台となるのは、前作から1年後の世界です。ジェダイとして覚醒したルーク・スカイウォーカーは氷付にされた、ハン・ソロの救出に向かいます。そして、実の父であるダース・ベイダーをフォースの暗黒面から解放するために、銀河皇帝にて最後の戦いに挑むと言うストーリーです。この映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』の最大の見どころは、暗黒面に落ちていたダースベイダーは、息子との戦いを通じて善の心を思い出し、息子のルークを助けて命を落とすところです。そのシーンでは、ダースベイダーが命を落とす直前に仮面を外すのですが、その時の顔が日系人のように見えて印象的でした。壮大な宇宙の物語の中に、親子愛が描かれているのが感動的でした。
男性
男性
この映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』の中で、一番好きなキャラクターはマイナーかもしれませんが後半にちょっと出てくる「イウォーク族」です。クマみたいな見た目で、人の腰くらいまでの身長の彼ら。武装していて強そうな雰囲気を出していますが、見た目がいかんせんクマっぽいのでとっても可愛いです。ルークたちに味方して、共に戦ってくれるので、いいやつらという気もします。映画『スターウォーズ/エピソード6:ジェダイの帰還』となると、映画『スターウォーズ/エピソード4』から続いた恋模様にもちょっと終わりがやってきます。ルークはやっぱりレイア姫に惹かれていましたが、彼女が自分の兄弟だと言うことを知ってしまいます。それと同時に、自分の父親が憎き相手、ダースベイダーだったということも。自分の生い立ちについて少し知ることができて良かったという反面、大きな事実に震えてしまいますよね。しかも、父親を倒さなくてはいけないから、辛い立場です。レイア姫はルークが自分の兄弟だとは気づいてもいないのですが、やんちゃな弟的な存在のように捉えているように感じます。そんなレイアはこの物語で、ついにソロと思いを遂げることになります。本当にルーク可哀そうなお話です。

【ディズニープラスなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
ディズニー・ピクサー・マーベルの高画質動画が見放題!

映画『スターウォーズ/
エピソード6:ジェダイの帰還』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス