映画

映画『スターウォーズ/エピソード5:帝国の逆襲』動画無料フル視聴!字幕&吹替やシリーズ順番

このページでは、映画『スターウォーズ/エピソード5:帝国の逆襲』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

映画『スターウォーズ/エピソード5:帝国の逆襲』はスターウォーズシリーズの第2作品目。1977年公開です。公開順では旧三部作(エピソード4・5・6)、新三部作(エピソード1・2・3)、続三部作(エピソード7・8・9)。

映画『スターウォーズ/
エピソード5:帝国の逆襲』
動画を無料で見る

ディズニーデラックス

映画『スターウォーズ/エピソード5:帝国の逆襲』動画をDisney DELUXEで無料フル視聴する方法

\『スターウォーズ』は/
\Disney DELUXEで見放題/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料作品でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間は無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベル作品の人気作品が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも利用可能!
  • 会員限定配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はDisney DELUXEホームページにてご確認ください。

映画『スターウォーズ/エピソード5:帝国の逆襲』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
Disney DELUXE なし 700円 31日間
U-NEXT × 330円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 932円 30日間
dTV × 300円~ 550円 31日間
TELASA × 350円 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 199円 500円〜 30日間

Disney DELUXEで視聴可能な関連作品

Disney DELUXEでは、映画『スターウォーズ』シリーズ作品が、VODで唯一全作が見放題なので、全作無料で一気見が可能です!

https://tsuiokunomori.jp/disneydeluxe-lineup/

  • 映画やテレビは製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 違法にアップロードされた物と知ってダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

Disney DELUXEの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

Disney DELUXEの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

映画『スターウォーズ/エピソード5:帝国の逆襲』の映画情報

映画『スターウォーズ/エピソード5:帝国の逆襲』あらすじ

強力破壊兵器を持つ要塞、デス・スターをめぐるヤヴィン第4衛星の戦いから3年。帝国軍は反乱同盟軍に反撃を開始します。

ヤヴィン第4衛星を追われた反乱同盟軍は惑星ホスを拠点としていました。

ルークのフォースを感じていたダース・ベイダーは、反乱軍とルークの行方を探すために調査用のドロイドを銀河系の各惑星に大量に放っていました。

ホスにも1体のドロイドが落下する隕石に擬態して着地します。

その時、ルークとハン・ソロは惑星の生物、トーントーンに乗ってパトロールをしていました。

調査に向かったルークは現地の猛獣ワンパに襲われます。ワンパの棲み処に囚われていた彼はフォースの力とライトセーバーを使って何とか脱出しますが、猛吹雪の中で気を失ってしまいます。

その時、ルークの前にオビ=ワン・ケノービが現れ、惑星ダゴバに住むジェダイマスター、ヨーダに会いに行って訓練を積むように告げられます。

基地に戻っていたハン・ソロは、ジャバ・ザ・ハットに借金を返しに行きたいと言います。レイアは留まるように説得しますが、ハンは聞く耳を持ちません。

調査ドロイドにより反乱同盟軍の居場所を突き止めた帝国軍は大型四足歩行兵器(AT-AT)を差し向けて攻撃を仕掛けてきます。

物資を積んだ貨物船が脱出する時間を稼ぐため応戦する同盟軍でしたがAT-ATには敵わず、シールド発生装置を破壊されます。

反乱軍は退避し、ハンとチューバッカはレイアとC-3POを乗せてミレニアム・ファルコン号で脱出します。

別行動を取ったルークはR2-D2とともにXウィングでヨーダの住む惑星、ダゴバへ向かいます。

沼と泥だらけの惑星ダゴバに不時着したルークはそこで緑色の小柄な老人と対面します。わがままを言う老人に困るルークでしたが、この人物が探していたマスター・ヨーダでした。

ヨーダはルークに辛抱強さがなく、ジェダイの訓練をするには年を取り過ぎていることから指導に難色を示しますが、オビ=ワンに諭されて彼は指導をすることにします。

ルークは最初のうちジェダイとしての意識が弱く、力を上手く使いこなせず、時には暗黒面に堕ちそうになったり、つい弱音を吐いたりします。

その頃、ベイダーは賞金稼ぎらに何としてもルークやファルコン号を捕えるよう厳命します。皇帝パルパティーンに呼び出されたベイダーは、ルークをフォースの暗黒面に堕とすか、それが無理なら抹殺することを約束します。

ハン達を乗せたファルコン号は帝国軍を振り切り、ハンの悪友でファルコン号の以前の持ち主だったランド・カルリジアンが執政官を務めるクラウド・シティのある惑星ベスピンへと辿り着きます。

ランドに手厚いもてなしを受けるハン達でしたが、ランドは帝国からの干渉を受けないことと引き換えに彼らをベイダーに売り渡してしまいます。

ルークはハンやレイアが危機に見舞われていることをフォースで察知します。

罠だと警告するヨーダとオビ=ワンの制止を振り切り、必ず戻って訓練を終わらせると言い残してベスピンへと飛び立ちます。

フォースによりルークが向かって来ていることを察知したベイダーは、ルークを生きたまま捕獲し皇帝の元へ護送するためにカーボン凍結にかける事を画策して、ハンをその実験台とすることにします。

ハンとレイアはお互いに愛の言葉をかけ、彼はカーボン凍結されて賞金稼ぎのボバ・フェットに引き取られます。

ベスピンに到着したルークは護送されるレイア達を発見し、ベイダーと対決することになります。ベイダーの圧倒的なフォースの力の前に劣勢に追い込まれ、ルークはライトセイバーを持っていた右手を切り落とされてしまいます。

後がないルークに対して彼をフォースの暗黒面に誘うベイダーは、ある衝撃的な事実を告げますが、ルークは誘いを拒絶して奈落へと身を投げ、クラウド・シティの底でアンテナに掴まります。

ベイダーが告げた事実とは何か?

果たしてルークはどうなるのか。

映画『スターウォーズ/エピソード5:帝国の逆襲』キャスト・出演者

  • ルーク・スカイウォーカー:マーク・ハミル
  • レイア・オーガナ:キャリー・フィッシャー
  • ハン・ソロ:ハリソン・フォード
  • オビ=ワン・ケノービ:アレック・ギネス
  • ダース・ベイダー:(演)デヴィッド・プラウズ (声)ジェームズ・アール・ジョーンズ
  • チューバッカ :ピーター・メイヒュー
  • ランド・カルリジアン:ビリー・ディー・ウィリアムズ

映画『スターウォーズ/エピソード5:帝国の逆襲』スタッフ

監督

アーヴィン・カーシュナー

脚本

リイ・ブラケット
ローレンス・カスダン

音楽

ジョン・ウィリアムズ

撮影

ピーター・サシツキー

編集

ポール・ハーシュ

原案

ジョージ・ルーカス

製作

ゲイリー・カーツ
リック・マッカラム(特別編)

 

映画『スターウォーズ/エピソード5:帝国の逆襲』感想や口コミ評価

男性
男性
1980年に公開された、ジョージルーカス原作のスペース映画です。すでに有名となった「スターウォーズシリーズ」の第2作で、エピソードとしては4作目です。舞台は、前作で描かれたデス・スターと攻防戦から3年後です。ルーク・スカイウォーカーは、師匠となる伝説のジェダイマスターのヨーダと出会います。そして、シスの暗黒卿のダース・ベイダーとの戦いを経て、自らの出生にまつわる衝撃的な事実を知ると言うストーリーです。この映画でも、象みたいな4本足の戦闘ロボットなど、珍しいキャラクターを出現させてくれました。この作品では、ルークの仲間の飛行士のハン・ソロが小売り付にされてしまい、宿敵であるダース・ベイダーが、ルークに対して自分が父親であることを告げるシーンが印象的でした。
男性
男性
スターウォーズシリーズの中では、幼少の頃から繰り返し見ていた旧三部作が断トツで好きです。
エピソード5で、惑星ダゴバにやってきたルークとR2-D2がジェダイの騎士ヨーダと出会うのですが、最初ルークは自分の目の前にいる小柄で年老いた人物がヨーダその人だとわかりません。
ヨーダと言えば、ルークの持ち物を勝手に漁り、それを咎めたR2-D2に怒って「わしのだ、わしのだ」と喚きながら近くに落ちていた棒切れで叩く始末…。
このシーンを見ていると、その後公開された新三部作のラストで皇帝パルパティーンと死闘を演じたヨーダと同じ人物だと信じられない気持ちになります。
男性
男性
正史シリーズ全9作のちょうど真ん中に位置する本作は、展開の早さと広げた風呂敷をたたまないという(当時としては)大胆な編集が魅力。特に光学合成を駆使したアステロイド・ベルトでのファルコンとタイ・ファイターの追撃シーンは今見ても遜色ない出来。何かにつけ成功確率を計算し、そのたびに突っ込まれる3POにも注目。スター・デストロイヤーにファルコンが正面攻撃を仕掛ける際にレイアが放った「おだまり!」の一言が特にお気に入り。
男性
男性
【衝撃の真実に世界が驚いた】
デススターを破壊された帝国軍の逆襲を描く本作。前作に引き続き、1980年代公開とは思えないほどのクオリティの高い作品に仕上がっています。

何と言っても見どころはダースベーダーがルークに告げる衝撃の真実の場面です。
このシーンはのちにトイストーリー2でもオマージュとして使われているくらい世界中が驚いた部分だと思います。
ただ見る順番をエピソード1から見ると衝撃度は変わってくる場面だと思います。

本作では、マスターヨーダも登場し、
徐々に惹かれ合うハンソロとレイア姫の淡い関係など見どころがたくさんある作品だと思います。

映画『スターウォーズ/エピソード5:帝国の逆襲』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はDisney DELUXEホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス