洋画

映画『スターウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』動画の無料フル視聴方法!字幕&吹替やシリーズ順番

このページでは、映画『スターウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\31日間全シリーズ作品が無料で見放題/今すぐ無料で視聴する

映画『スターウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』と言えば、ジョージ・ルーカス原作のSF3部作「スターウォーズ」シリーズの第5作目として公開されました。

ディズニーデラックス

映画『スターウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』動画を無料でフル視聴する方法

映画『スターウォーズ/
エピソード2:クローンの攻撃』動画
ディズニープラスなら
シリーズ作品も見放題

映画『スターウォーズ/
エピソード2:クローンの攻撃』の
動画を無料視聴

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間は無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベル作品の人気作品が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『スターウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 700円 31日間
U-NEXT × 330円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× 300円 932円 30日間
dTV × 300円 550円 31日間
TELASA × 350円/3日 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 199円 500円〜 30日間

\31日間全シリーズ作品が無料で見放題/今すぐ無料で視聴する

ディズニープラスで視聴可能な関連作品

ディズニープラスでは、映画『スターウォーズ』シリーズ作品が、VODで唯一全作が見放題なので、全作無料で一気見が可能です!

\31日間全シリーズ作品が無料で見放題/今すぐ無料で視聴する

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...
ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\31日間全シリーズ作品が無料で見放題/今すぐ無料で視聴する

映画『スターウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』の映画情報

映画『スターウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』あらすじ

遠い昔、遥か彼方の銀河系で…。

「スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス」から10年後を描いた本作。

ジェダイの訓練を積み青年となったアナキンの苦悩やパドメ・アミダラとの禁じられた恋愛、そしてエピソード4の中で語られたクローン戦争の発端となった出来事が主要のテーマとなっています。

銀河共和国の腐敗が進む中、旧態依然とした共和国を見限り数千の星系が離脱を表明し、元ジェダイの騎士ドゥークー伯爵を中心とした分離主義勢力を形成して共和国との対立が起こっていた。

この事態を受けて共和国内にも軍隊を保有するかどうか元老院議会で投票を行うこととなり、元ナブーの女王で現在は元老院議員のパドメ・アミダラもコルサントを訪れる。

コルサントを訪れた直後、パドメを乗せた宇宙船が爆破テロに遭い、パドメ自身は難を逃れたものの多数の従者が被害に遭ってしまう。

パルパティーン最高議長の計らいでジェダイマスターとなったオビ=ワン・ケノービとその弟子であるアナキン・スカイウォーカーがパドメの護衛役をすることになり、アナキンは10年ぶりにパドメと再会を果たす。

護衛中パドメを襲った暗殺者ザムを追い詰めたオビ=ワンだったが、暗殺の依頼主を聞き出そうとしたときに別の刺客にザムを殺されてしまう。

ザムを殺した凶器を手掛かりに暗殺の真相を突き止めるためオビ=ワンは一人惑星カミーノへ向かうこととなった。

一方アナキンはパドメの護衛を継続することを命じられ、初の単独任務としてパドメに同行しナブーで身を隠すこととなった。

争いのないナブーでの日々を二人で過ごす中でアナキンとパドメはお互いを意識するようになるが、ジェダイでは「誰かを愛することは執着心を生む」と掟で禁じていたのだった。

同じころ惑星カミーノの代表と面会したオビ=ワンは、今は亡きジェダイマスターであるサイフォ=ディアスが10年前に極秘裏に計画していたクローンの大軍隊の生産過程を視察する。

オビ=ワンはこのクローンたちの遺伝子を提供したジャンゴ・フェットこそがザムを殺した犯人であると判断し、ジャンゴの捕縛を試みるもあと一歩のところで取り逃がしてしまい、宇宙船で逃亡したジャンゴを追跡して惑星ジオノーシスへ降り立つのであった。

アナキンは以前から故郷に残してきた母が苦しむ姿を夢で見ており、パドメの計らいで故郷の惑星タトゥイーンを訪れる。

10年の間に母は奴隷から解放され、水耕農夫のラーズの後妻となっていたことを知ったアナキンはラーズのもとを訪れるも、そこで知らされたのは母が盗賊タスケン・レイダーに誘拐されたという事実であった。

アナキンは必至の捜索でタスケンの集落を突き止め母を発見するも、時すでに遅く母は瀕死の状態で駆け付けたアナキンの腕の中で命を落とす。母を殺したタスケン達に激しい怒りを覚えたアナキンは、ライトセーバーでタスケンの一族を皆殺しにしてしまうのであった。

ジオノーシスで分離主義者たちのドロイド製造工場を発見したオビ=ワンだったが、アナキンに通信している途中で襲撃されドゥークー伯爵に囚われてしまう。

ドゥークー伯爵はオビ=ワンに、共和国はすでにシスに乗っ取られ元老院も多くの議員がシスの配下にあるという驚くべき事実を告げ、オビ=ワンもドゥークー伯爵とともに分離主義者たちに加わるよう持ち掛けるが拒否する。

ドゥークー伯爵の誘いを拒否したオビ=ワンは処刑される時を待つこととなるのであった。

一方オビ=ワンの通信を聞いたアナキンはパドメとともに惑星ジオノーシスへ向かい、オビ=ワンの救出を試みるがオビ=ワンのところにたどり着けずに二人とも捕らえられてしまう。

捕らえられた二人はオビ=ワンとともに闘技場で処刑されることとなる。

死を覚悟したパドメは、立場のために今まで秘めてきたアナキンへの想いを打ち明け、アナキンへの愛を伝える。

その後3人そろって鎖でつながれ怪物に処刑されそうになるものの、必死の抵抗で怪物と渡り合う。

そんな窮地のなか闘技場にジェダイマスターのメイス・ウインドゥが現れ、ジオノーシスでの大決戦が幕を開けるのであった。

\31日間全シリーズ作品が無料で見放題/今すぐ無料で視聴する

 映画『スターウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』キャスト・出演者

  • オビ=ワン・ケノービ/ユアン・マクレガー
  • パドメ・アミダラ/ナタリー・ポートマン
  • アナキン・スカイウォーカー/ヘイデン・クリステンセン
  • パルパティーン議員/イアン・マクダミード
  • ジャー・ジャー・ビンクス/アーメド・ベスト
  • C-3PO/アンソニーダニエルズ
  • R2-D2/ケニー・ベイカー
  • ヨーダ/フランク・オズ
  • ダース・モール/レイ・パーク
  • メイス・ウィンドゥ/サミュエル・L・ジャクソン
  • ドゥークー伯爵/クリストファー・リー
  • ジャンゴ・フェット/テムエラ・モリソン

スターウォーズファンの間では、前作のエピソード1で少年だったアナキンが成長を遂げて青年となり、物語の主人公としての活躍ぶりに大いに期待が寄せられていた本作。

青年となったアナキン・スカイウォーカーを誰が演じるのかにも注目されていましたが、その大役をヘイデン・クリステンセンが射止めます。

このキャスティングについてジョージ・ルーカスは、クリステンセンの中に少年のようでありながらダークな一面を持ち合わせている雰囲気を感じアナキン役に抜擢したと語っています。

また本作ではライトセーバーでの迫力ある戦闘シーンも見どころの一つ。クライマックスでジェダイの騎士の軍勢が惑星ジオノーシスで戦いを始めるシーンは圧巻です。

スターウォーズスタッフはこの撮影のために、20人に及ぶ剣道家の道場を訪ねて調査し、あらゆる格闘技や剣技を組み合わせてジェダイの騎士一人一人に異なる剣術スタイルを作り上げました。

調査した剣道家の人数は何ともなんと500人以上にも及んだそうです。

映画『スターウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』スタッフ

監督

ジョージ・ルーカス

音楽

ジョン・ウィリアムス

脚本

ジョージ・ルーカス
ジョナサン・ヘイルズ

製作

リック・マッカラム

\31日間全シリーズ作品が無料で見放題/今すぐ無料で視聴する

映画『スターウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』ファンの感想や見どころ評価

男性
男性
スターウォーズを見たのは、エピソード1が初めてでしたが、エピソード4以降の内容が分からなくても十分楽しめたため、映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』に引き続き、映画『スターウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』も映画館で見ました。先のシリーズに続くためのきっかけのようなシーンが多く描かれており、雰囲気でもそれがわかるほど、しっかりとした内容で描かれておりました。見どころとしては、やはりドゥークー伯爵とマスターヨーダとの戦闘シーンです。その前にアナキンとオビワンとの2対1での戦いがあり、これも見応えがありましたが、1人で圧倒するドゥークー伯爵の強さは、カッコよさを感じるほど強く、これが敵の戦力かと思いながら見てました。その後、全く戦えないと思っていたヨーダが出てきて、取引でもするのかと微塵も戦うことを考えていなかったため、いざ戦い始めた時は、ずっと鳥肌が立つほど、圧倒されるシーンでした。その他にも今作では、アナキンの危うさが感じられるシーンがいくつかあり、禁止されている恋をしてしまうところや怒りにまかせ皆殺しにするところは、内にあふれ出てくる感情を止められないシーンが出てくるため、少しづつダースベイダーに近づいていっているんだなと感じました。エピソード1もそうでしたが、内容が深いため、映画『スターウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』も2~3回見返しました。
男性
男性
映画『スターウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』は、成長したアナキンとさらに綺麗になったパドメ、2人の美しい容姿に心掴まれて、映画『スターウォーズ』シリーズの中では1番好きな作品です。戦いの中で育まれていく2人の恋は、切なくも素敵だと思いました。映画『スターウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』の中で、オススメのシーンはもちろん、惑星ナブーで極秘に挙げらた2人の結婚式です。アゴラーガ司祭、C-3PO、R2-D2だけに見届けられた静かな結婚式でしたが、とても素敵で憧れる結婚式でした。このまま2人が幸せになってほしいと願わずにはいられませんでした。
男性
男性
映画『スターウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』は、映画『スターウォーズ』シリーズの物語を繋ぐ、いろいろな布石を作るため大切な作品になってます。映画『スターウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』のオススメポイントとしては、アナキン・スカイウォーカーがなぜダース・ベイダーになるのか?という部分です。立派に成長したアナキンがアミダラに恋をしてしまう、それもジェダイではご法度とされているのに何故というストーリーがメインですが、話よりも若き日のナタリー・ポートマンが魅力的で、また湖水地方で二人のシーンがあるのですが、綺麗な景色となっており、ホントに見せる映画だなと思います。ただ、やはり物語を繋ぐ作品だけに詰め込みすぎて、アナキンに感情移入が出来ませんでした。しかし、最後に最大の見せ場がやってきます。マスターヨーダとドゥークー伯爵の戦いのシーンは、シリーズの数ある名場面の一つであろう事は間違いありません。当然、映画『スターウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』は、シリーズ途中の繋ぎの作品なので次に期待という終わり方になりますが、映画『スターウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』を必ず見ないと全作品通して分からなくなる作品です。
男性
男性
映画『スターウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』は、2002年に公開されたアメリカ製作のスペース映画の「スターウォーズ」シリーズの5作品目です。ストーリーで見ると第2話となります。舞台は前作の10年後です。ジェダイとして成長したアナキン・スカイウォーカーは、初恋の人であるパドメ・アミダラと禁断の恋に落ちてしまいます。やがて、銀河を2分するクローン対戦に巻き込まれると言う話です。この作品ではストーリー展開が少々難解でしたが、その分見応えのある作品でした。おそらく、子どもには理解できないと思いますが、大人になって見返すと新たな発見があって面白いのではないでしょうか。アナキンがどんどん闇に飲み込まれていく様子は、なんとなく切なく感じてしまいました。この人物が後に打ベーダーになることを考えると、いろいろと考えさせられます。
男性
男性
映画『スターウォーズ/エピソード2:クローンの攻撃』では、あんなに小さかったアナキンもすっかり青年に成長していて、とってもカッコいいです。パドメとは心惹かれる仲になっていますが、ジェダイの掟として「誰かを愛することは執着心を生む」とあるため、二人はなかなか結ばれません。ちょっと悲しいし、二人が思いを寄せる場面だけを見ると、執着心を生むからと言って二人の仲を裂くのはどうなんだ?と思ってしまいます。でも、まさかその後本当に愛することがアナキンを狂わせることになるとは思わなかったので、まだピュアな恋心を抱いている内はすごく可愛らしいなと思ってしまいます。アナキンって、本当に愛情深い人なんだろうなと思ってしまいます。
だから、人が苦しんでいたりするのを見ていられないし、放っておけないんでしょうね。お母さんが苦しむ姿が夢に現れた時は、たまらず故郷へ帰ることになります。あの苦しむ夢が現実のものにならないようにと祈るアナキンを観ていると、こちらも祈らずにはいられませんでした。この母親の死はアナキンにとって大きなターニングポイントにもなっているように思います。愛することが執着心を生むのであれば、元からジェダイには向いていなかったんだろうな…と考えてしまいます。

【ディズニープラスなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
ディズニー・ピクサー・マーベルの高画質動画が見放題!

映画『スターウォーズ/
エピソード2:クローンの攻撃』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス