洋画

映画『天使にラブソングを』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やキャストとあらすじまとめ

このページでは、映画『天使にラブソングを』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

映画『天使にラブソングを』は1992年公開のコメディ映画。ウーピー・ゴールドバーグ主演。1993年に続編『天使にラブソングを2』が制作されました。

ディズニーデラックス

映画『天使にラブソングを』動画をディズニープラスで無料フル視聴する方法

\『天使にラブソングを』は/
\ディズニープラスで見放題/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間動画が無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベルの人気作品動画が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『天使にラブソングを』の動画配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 770円 31日間
U-NEXT × 330円/2日 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 932円 30日間
dTV × 300円~ 550円 31日間
TELASA ×/○ × 200円/3日 572円 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Netflix × × なし 800円〜 30日間
Amazonプライム × 299円/2日 500円〜 30日間

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

ディズニープラスで視聴可能な関連作品

ディズニープラスでは、映画『天使にラブソングを』シリーズ作品が見放題動画作品なので、全作無料で一気見が可能です!

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...
ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

映画『天使にラブソングを』の映画情報

映画『天使にラブソングを』あらすじ

主人公のデロリスはクラブ「ムーンライト」のステージに立つ女性歌手です。

ギャングのボス、ヴィンスの愛人でもありました。

そんな彼女はある日、ヴィンスが手下を殺したところを目撃してしまい、口封じのため追われることになります。

デロリスは警察に駆け込み、状況を説明します。

警察はヴィンスを1年以上追っていて証言者を探していました。

デロリスはエディー・サウザー警部補に2ヶ月後の裁判で証言して欲しいと協力を要請されます。

そして裁判まで身を隠す場所として修道院を紹介されます。

院長はデロリスにここにいる間はルールを守り、目立つ行動はせず尼僧として振る舞うことを命じます。

他の修道女には秘密で名前もメアリー・クラレンスとすることにされます。

その頃ヴィンスはデロリスに25万ドルの賞金を掛け、彼女を探し出そうとします。

翌日、ミサに参加し聖歌隊の歌を聞きますがそれは歌手のデロリスでなくても分かるほどヒドイものでした。

修道院の作業になれないデロリスは院長の指示で雑用をすることになります。

彼女はサウザー警部補に修道院から出してくれるようにたのみますが、署内に内通者がいて所在がバレることを危惧したサウザーは電話もしてこないようにと言って彼女の頼みをききいれませんでした。

デロリスは我慢できなくなり、夜に1人で修道院のむかいにあるバーへ行きます。

その後を追って修道女のメアリー・ロバートとメアリー・パトリックがついて来てしまいます。

それを院長に見つかってしまったデロリスは活動を制限され、聖歌隊へ入れられます。

聖歌隊の稽古に参加した彼女は以前の経験から聖歌隊のメンバーの頼みで指揮者になります。

彼女たちも自分たちが上手く歌えていないことを悩んでいたのでした。

デロリスはまず音域ごとにメンバーの立ち位置を変更し、大声のメアリー・パトリックに1オクターブ下げて音量を抑えるように伝え、口は動いているが声がでていないメアリー・ロバートに声の出し方を教えます。

デロリスの指示を受けて聖歌隊のメンバーが歌うと、今まで出来なかった和音を出すことができるようになり皆驚きます。

聖歌隊の稽古は週2回でしたが、未熟な彼女たちを上達させるため毎日稽古することにします。

練習を重ねた聖歌隊はミサでその成果を発揮、皆が驚く歌声を披露します。

今までの歌に加え、手拍子をつけたポップな歌を歌うとそれまで修道院のミサとは無縁だった人々が聞きにやってきて拍手をもらうようになります。

しかし院長はそのような歌に不満で軽薄なリズムだと言ってデロリスを怒ります。

ところが神父がミサが大成功だったと伝えにきます。デロリスはその言葉を受けて院長が地域との交流も考えていると言い出します。

尼僧たちは悩みを抱えた人々の手伝いができると喜び、神父もそれに賛同して院長を褒め称えます。

戸惑う院長でしたが、皆の勢いに負けて渋々受け入れます。

歌声で人々を引き寄せ、地域との交流を始め、ミサは盛況となり、寄付も多くあつまるようになります。

託児所や食事の無料配給も始めた修道院は話題を集め、テレビの取材を受けます。

さらに彼女たちのことを聞いた法王がミサを見に来ることになります。

院長は法王を迎えるにあたり、これまでのかしこまった歌を歌うべきだと主張しますが尼僧たちはポップな歌を歌うことを望み、多数決で院長の主張は否定されます。

そんな時、デロリスにサウザー警部補から連絡が入ります。

それはヴィンスの裁判が早まって2日後に始まるというものでした。

院長の祈りが届き、厄介者の自分が去ることになったと言うデロリスに対して、自分も修道院から去ることにしたと院長は言います。

デロリスは自分は変化を始めただけで、これから後は院長が導いていけると言いますが、彼女は自分は頭が固く音楽にも疎いと言い、聞き入れようとはしませんでした。

その頃警察では内通者がサウザー警部補の書類を盗み見てデロリスの居場所をヴィンスに教えてしまいます。

果たして彼女はどうなるのか。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

映画『天使にラブソングを』キャスト・出演者

  • デロリス・ヴァン・カルティエ/シスター・メアリー・クラレンス:ウーピー・ゴールドバーグ
  • ヴィンス・ラ・ロッカ:ハーヴェイ・カイテル
  • 修道院長:マギー・スミス
  • メアリー・パトリック:キャシー・ナジミー
  • メアリー・ロバート:ウェンディ・マッケナ
  • メアリー・ラザラス:メアリー・ウィックス
  • メアリー・アルマ:ローズ・パーレンティ

映画『天使にラブソングを』スタッフ

監督

エミール・アルドリーノ

脚本

ジョセフ・ハワード

音楽

マーク・シャイマン

撮影

アダム・グリーンベルグ

編集

コリーン・ハルシー
リチャード・ハルシー

製作

テリー・シュワルツ

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

映画『天使にラブソングを』感想や口コミ

男性
男性
『天使にラブソングを』(1992)は、わたしがまだ若いころに見た楽し気なミュージカル映画として記憶していて、ウーピー・ゴールドバーグがメジャーデビューした作品として有名であると後から知りました。記録をひも解いてみると、本作品は1990年代初めに興行的に最も成功したコメディーであり、全世界で2兆3100万ドルも稼ぎ出したそうです。このフィルムはシリーズ化されて、1993年に続編、2006年にはミュージカル・バージョンが公開されました。
主演のウーピー・ゴールドバーグは、本名をカリン・エレイン・ジョンソンといい、1955年生まれです。米国では、俳優、コメディアン、著述家、TVのパーソナリティとして知られていて、マルチなタレント振りに驚かされます。また、エミー賞、グラミー賞、アカデミー賞、トニー賞を複数も受賞したそうです。俳優としてのゴールドバーグをわたしが意識したのは、スティーヴン・スピルバーグ監督の『カラー・パープル』で、米国の深南部で人種差別に苦しめられる女性、セリーを見事に演じきった姿を見たときでした。このときはシリアスな役柄を生真面目に演じていたことに、わたしはこころをうたれました。『天使にラブソングを』では、ギャングのボスの愛人である歌手と聖歌隊の歌い手をコミカルに演じ分けていて、天才的な演技力の片鱗を体現しています。この一点だけでも『天使に…』は一押しの作品です。
男性
男性
売れないクラブの歌手だったウーピー・ゴールドバーグ演じるデロリスが、殺人現場を目撃したためギャングに命を狙われ身を隠すためにかくまわれた修道院の聖歌隊のリーダーで大活躍するというお話しです。見どころの1つ目は、まず1992年に作られた映画ですが、そのファッション性が高いという事です。街にいる若者の設定の衣装が今見てもおしゃれで、見ていてとても楽しいです。2つ目は、それまで修道院を嫌っていたデロリスが、徐々に自分の居場所を見つけ、それまでヘタクソだったコーラスがソウルやロックの賛美歌になり若者たちをも魅了するシーンです。コンサバティブな印象だった修道院がかっこよくアップデートされていく様は本当に感動します。何より、歌われる曲がとてもかっこよくて聞いているだけで前向きになれます。
女性
女性
主人公が修道院の生活を経験して変容していくところ、それと最年少の修道女が主人公とのかかわりを契機に成長していくところなどが見どころだと思います。主人公の方は、終盤で悪役の手下たちに銃を突き付けられ絶体絶命という場面でも、「許します。」と語りかけるなど見事な修道女振りをを発揮して、彼らを多少なりとも改心させてしまうところが実にツボにはまります。一方、最年少の修道女の方は、何事にも消極的だった性格が徐々に取り払われていくという真っ当な成長物語となっていて、ラストの歌唱シーンでの積極的歌いっぷりは微笑ましいかぎりです。加えて、修道女たちが合唱するいくつもの楽曲の楽しさが、この映画の魅力を存分に引き立てていると思います。
女性
女性
天使にラブソングをは、黒人女性のウーピー・ゴールドバーグが主演を務めた修道院を舞台とした映画です。大まかなストーリーは、主人公デロリスが、マフィアの殺人現場を目撃します。そのせいで、彼女はマフィアから命を狙われるようになるのです。そのため、刑事のはからいで彼女は修道院に身を隠すようになります。デロリスはプロの歌手なのですが、修道院の聖歌隊のリーダーとなり、評判が悪かった聖歌隊の歌を魅力的な合唱団に変化させるというものです。この映画では、内気で大きな声を出せなかった女性が、彼女の指導のもとに大きな声を出せるようになるなど、聖歌隊の歌がどんどん上達していくプロセスが見ていてとても楽しいです。ユーモアセンスもあり楽しく見られる映画です。
女性
女性
ウーピー・ゴールドバーグ主演の音楽コメディ作品で、彼女は黒人女性の過酷な半生を描いたカラーパープルに主演したイメージしかなかったので、こんなに陽気で楽しい作品の主役を演じたことにまず意外性がありました。趣味でゴスペルを習っていることもあり、やっぱりゴスペルシーンに注目して欲しいです。ウーピー演じるクラブ歌手デロリスが、修道女たちに讃美歌のレッスンをするシーンで、「歌は喜びよ!」と彼女たちの声の特色と持ち味を生かし、指導することで修道女たちが人が違ったように生き生きと歌い出すシーンを見ると歌の力、ゴスペルの力を感じます。この作品が多くの女性たちに支持されているのは、抑圧されて生きることが多い女性を、この作品が解放してくれるからかもしれません。
女性
女性
ウーピー・ゴールドバーグの魅力が詰まった名作!コメディ映画として、ミュージックを楽しめる映画としても最高です。ちょっと古い映画ですが、今見ても何の違和感もなく見れるのも名作の条件の一つですよね。
女性
女性
主人公のデロリスがメアリー・クラレンスとして修道院に入ってきてから、周りの修道女たちにも活気が出て、団結が強まってくるところが見どころです。最初は何となく陰気で控えめだったみんなが、デロリスと関わるようになってから明るくなってきました。歌もグングンうまくなっていきます。その成長ぶりも見ていて気持ちいいです。これまで何の楽しみもなかった修道院での生活に、光が差したようでした。デロリスの持ち前の明るさや正直なところ、歌の才能が影響したのだろうと思います。また、デロリスが指揮しながら合唱する時の楽曲はどれもイイ曲です!音楽性の高さもこの映画の魅力です。ついリズムに乗って体が動き出しそうになりました。ハーモニーが綺麗だし、みんなお腹からしっかり超えを出しているから声量がすごいんですよね。最後、クリスマスのイベントで司教の前で合唱するシーンは特に盛り上がったと思います。古い曲ですが、映画「トップガン」の挿入歌としても起用されていたベルリンの「take my breath away」は、私の大好きな曲の一つだったので、とても楽しめました。本当はしっとりした曲ですが、デロリス風にアレンジされ、すごくノリノリで明るい歌に仕上がっていました。映画でみんなが歌うシーンはどれもいいですが、最後の曲は一番好きです。
女性
女性
元気を出したい時、必ず見たくなる作品の一つです。主人公のデロリスは自由奔放な性格ですが、面倒見がよく、逆境にも負けない強さを持っています。そんな彼女が事件に巻き込まれ、避難場所として紹介されたのは、まさかの修道院でした。嫌がるデロリスに、修道院長もしかめっ面で、これは大変そうだなと思わず笑ってしまいます。実際、最初はなかなか馴染めないでいるデロリスでしたが、次第に周りのシスターたちと打ち解けていくところには、ほっこりした気分になれます。そして、出来の悪すぎる聖歌隊の指揮を任されたことで、周囲を変えていく更なるきっかけが生まれます。聞けたものではなかった聖歌隊の歌が、とても美しい旋律に変わっただけでなく、楽しげなミュージックへと進化するなんて、誰にも予想できないと思います。映画を見ながら、こちらまで手拍子をし、体を揺らしたくなるような音楽が、元気と勇気をチャージしてくれます。形式に捉われすぎていては、何もできないのだということを教えてもらいました。一歩踏み出すことで、世界は大きく動き、どこにだって行けてしまうのだと感動しました。そうやってシスターたちと信頼関係を築けたからこそ、デロリスのピンチにみんなが立ち上がろうとします。院長までもデロリスのために奔走してくれる展開には、胸が熱くなりました。自分に自信を持つこと、好きなものを好きだと言えることが、とても大切であると伝えてくれる名作です。
女性
女性
ギャングに命を狙われる事になって修道院に匿われる事になったクラブ歌手のデロリスが、堅苦しい修道院の中で変革を起こしていくストーリー。個性的なデロリスの影響を受けて保守的なシスター達が変わっていくのが本筋だと感じました。場合によってはシリアスに捉えられてしまう導入部分もエミー賞、グラミー賞、オスカー、トニー賞の4つの賞を全て受賞した女優、コメディエンヌ、歌手で有るウーピー・ゴールドバーグが主演を務める事により徹底的なコメディ路線へと導かれています。修道院に人を集めるのは宗教的な深い意味が有りそうなものですが、退屈な歌を歌っているから人が集まらないと動きをつけたり、テンポを上げてみたり、大胆な修正を加える等デロリスが行う事は修道院の常識からは逸脱し、ハチャメチャなんですが最後は大衆の心をがっちりと掴む。常識なんかに囚われず、みんながやりたい事、本当に楽しめる方法を追求しようとしていく彼女の姿に、我々鑑賞者に対する作者のメッセージを感じました。見所は何よりも往年の名曲を、適切な場所で、様々なストーリーに乗せて楽しめる事です。私の学校では卒業式に使用された曲でした、何を隠そう先生がこの映画の大ファンだったらしいです。お子様から大人迄往年の名作、名曲を味わえる作品になっている為是非見てみて下さい。

 

映画『天使にラブソングを』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス