邦画

映画『娼年』高画質動画を無料でフル視聴!松坂桃李主演R15指定の話題作あらすじやキャスト

このページでは。映画『娼年』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\U-NEXTなら動画31日間無料/
今すぐ動画を無料視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『娼年』と言えば、舞台版でも主演を務めた松坂桃李さんが続投し、官能的なシーンを演じて話題になりました。映画『娼年』はR15+指定もされておりアダルトな内容満載です!

ディズニーデラックス

映画『娼年』動画を無料でフル視聴する方法

\【U-NEXTなら】31日無料お試しで/
\高画質な動画が視聴可能/

映画『娼年』動画を無料視聴映画やバラエティ、ドラマ動画も見放題!

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画、最新作動画も視聴可能!
  • 話題作の『アナ雪2』動画も無料で視聴可能!(P利用)
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで動画の利用可能!
  • 日本最大級のエンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『娼年』動画の配信状況

VOD 配信 見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× 500円/2日 932円 30日間
dTV なし 550円 31日間
TELASA なし 572円 30日間
Netflix なし 800円〜 なし
Amazonプライム なし 500円〜 30日間

 

\U-NEXTで31日間も動画無料/
今すぐ動画を無料お試し

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる『松坂桃李』関連作品

U-NEXTで見れる『三浦大輔』監督関連作品

※2020年7月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『娼年』の映画情報

映画『娼年』あらすじ

大学生の領はバーテンダーのアルバイトをしながらつまらない毎日を送っていた。

ある日、いつものようにバーで働いていると、ホストをしている幼馴染・進也が静香という女性を連れてやってくる。

二人が店を出たあと片づけをしていると、コースターの下に静香の名刺が挟まっていることに気が付く。

閉店後に待っているというメッセージを見た領は、静香と合流しある場所に連れていかれた。

そこは静香が経営する会員制のボーイズクラブであった。

「女なんてつまらない」という領に、本当にそうなのか証明してほしいという静香。

静香は生まれつき耳が不自由な咲良という女性を呼び、領にセックスすることで証明するよう求めた。

静香に見られながら咲良と肉体関係を結ぶ領であったが、そのやり方は評価されず入店試験は不合格になると思われた。

しかし咲良の助けでなんとか合格する領。

毎日が退屈だと考えている領は、なんとなくボーイとして入店することにする。

この秘密クラブで出会う人々や体験は、一体領にどのような変化をもたらすのか。

あまりにも過激な描写でR15+指定されている映画ですが、過激なだけでなく繊細な人間ドラマとして見ごたえ抜群の映画です!

主演・松坂桃李の名演により、領が成長していく過程は男性から見ても面白いはずです!

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『娼年』キャスト・出演者

  • 森中領/松坂桃李
  • 御堂静香/真飛聖
  • 咲良/冨手麻妙
  • 平戸東/猪塚健太
  • 白崎恵/桜井ユキ
  • 田島進也/小柳友
  • イツキ/馬渕英里何

主演の松坂桃李さんと監督の三浦大輔さんは舞台版の『娼年』も大成功させました!

映画『娼年』でも性的な場面で心の動きを見事に表現しています!

映画『娼年』スタッフ

監督

三浦大輔

音楽

半野喜弘 and RADIQ septet

脚本

三浦大輔

製作

小西啓
松井智
堀義貴
木下暢起

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『娼年』のSNSでの評判や口コミ

女性
女性
映画『娼年』は、松坂桃李の塗れ場が見たかっただけ!見どころはとにかく松坂桃李のセックスシーン。妙にリアルだし、正直言ってAVです。ストーリーは度外視して観ないと腹が立つかも!松坂桃李が好きな人がただただ松坂桃李を愛でるだけの映画ですね。ちょっと空虚な捉えどころのない青年の演技がすごくハマってました!おススメのシーンは桃李のセックスシーンだけです!そして、飽きます!(笑)見どころをあえてひとつあげるなら、女友達とのやり取り。あそこだけは妙に心持っていかれました。女友達側の気持ちに共感しちゃう切ないセックスでしたね。あとはもう商売っけたっぷりの色んなセックスシーンを観るだけ。そして音量と観る時間帯注意です!喘ぎ声ばっかり、画面肌色ばっかりですからね(笑)笑ったのは「あなたのセックスを見せてみなさい」というセリフ!爆笑でした!
女性
女性
映画『娼年』は、主演の松坂桃李さんの濃厚なラブシーンがあり、公開時はネット上でもとても話題となりました。この映画『娼年』は、一言で例えると「情熱」です。目標もやる気もなく、ただなんとなく生きているだった冷めた性格の主人公が男娼として覚醒していく姿は、性というものがいかに深く、人々を狂わせるものであるかを物語っていると思います。主人公をお金で買う女性たちも皆、生活に刺激がなく、欲が満たされず心にポッカリと穴が空いたような空虚感を感じており、それを埋めるかのように性行為に走ります。登場する女性たちは男娼を雇えるほどなので経済的には一切不自由はないのですが、誰にも理解されない性癖を持っていたり、家庭はあっても夫に相手にされなかったりと、行き場のない不満を抱えています。現代には本作に登場する人々と通ずる女性は多いと思います。そういった意味では、娼年は現代に生きる女性の性をとても露骨に、リアルに描いた作品であると感じます。この社会では疲れ切り、癒やしを求める女性は非常に多いです。映画『娼年』は、どうしようもない寂しさを抱える方、年下の男性に癒やされたい方、非日常的な性的体験を眺めたい方などは、登場人物に感情移入し、情熱的な気持ちで本作を観ることができるでしょう。
男性
男性
映画『娼年』は、2017年に公開された日本の映画です。あらすじは、イケメンで秀才の青年のリョウは女性に不自由しない代わりに、退屈だと思っていました。静香と出会ったリョウは、情熱試験を受け娼婦の仕事をすることになります。静香の言う通り、女性の欲望は深く、興味深いものでした。静かに思いを募らせたリョウでしたが、静香はエイズウイルスに侵されてしまいます。静香の娘の咲良と身体を重ねることで、リョウは静香と一体になった満足感を得ます。そして、リョウは女性を退屈だとは思わなくなると言うストーリーです。この映画『娼年』は、とにかく濡れ羽が多くて官能的な作品でした。しかし、映画『娼年』は、ストーリーがしっかりしているので、あまり、いやらしさを感じることはありませんでした。
男性
男性
映画『娼年』は、R18ですが松坂桃李がでているのでそんなに過激ではないだろうと思って見てみました。が、もう言葉に表せないくらい過激でした(笑)女性をつまらないものだと思っていたリョウ(松坂桃李)が娼年という女性に身体を売る仕事をする中で女性には各々の魅力がある事に気づき、ただ仕事として行為を行うのではなくその人に合わせながら行為をしていきます。娼夫としての仕事に誇りを持つリョウと様々な女性の個性あふれる行為は見ていてゾクゾクしましたが放尿を見てもらう事に快感を覚える女性やおばあちゃんが出てきた時にはさすがにびっくりしました。そしてリョウが所属するボーイズクラブのオーナーである静香はもともと娼婦でありHIVを患っている事やリョウが行為時に必ず避妊具を使用している事は性病に対する危機感を高めてくれるのではないかと思います。さらにリョウが所属するボーイズクラブのNo,1、アズマは同姓とも行為が出来る人で性の自由を訴えているように感じました。ストーリー性という意味では展開の少ない映画だと思いますが松坂桃李のリアルすぎる演技に時間を忘れて見入ってしまいます。映画『娼年』は、ここまでやるのか!ととことん衝撃を受ける作品ですが松坂桃李に惹かれること間違いなしです!
男性
男性
この映画『娼年』は、アダルトな内容が満載なので小学生以下のお子さんには絶対に見せないように気をつけましょう!セックスやボーイなど夜の言葉が沢山でてきます。官能好きの方にはたまらない内容になってることも間違い無しですね。最近の映画はこのように表現されるものが少なくなってきました。時代の流れでしょうか?ひと昔前はゴールデンタイムな番組でもエロ要素が取り入れられていましたが最近は暗黙の了解で禁止になったいるのか、それとも大々的に禁止になっているのかは分かりませんが見なくなってしまいましたね。たしかに子供の教育的には悪影響を及ぼすかもしれません。女の子のスカートをめくったり未来の犯罪者を教育しているようなものですものね。韓国や外国では厳しい性教育がされているそうなので日本も同じようにアダルトサイトの閲覧制限などをすれば犯罪率も少なくなっていくのではないでしょうか?話しを戻しますがこの映画『娼年』は、はそれほど面白くありません。内容があまり頭に入ってきません。エロはほどほどにしてもっとボーイの表立った仕事内容などを重点的に表現すればもっと良い作品になったのではないかと思います。今後の作品に期待しているので、また別の映画を見る機会があれば楽しませてもらいたいです。
男性
男性
映画『娼年』では、さまざまな女性との性交渉をきっかけにどんどんと男性として成長していく主人公・領の姿が面白いなと感じました。特殊な趣向を持った女性、未亡人の老女等相手はさまざまですがそれぞれのニーズを理解し自分の仕事をやりきる領はひと一倍優しく繊細な人間なんだと感じ、とても感情移入しました。激しい性描写で描かれていますが、下品な印象は一切ありません。それはやはり松坂桃李の緻密な演技や表情がそうさせているのだと思います。ますますファンになりました。同じ女性として、それぞれの登場人物の生活や気持ちの葛藤が痛いほどよく分かり、最初から最後まで見入ってしまいました。映画『娼年』では物語は単調に進みますが、見終わったあとなにか希望のようなものを得ることができる作品です。
女性
女性
映画『娼年』は、タイトルからも分かるように、濡れ場がたくさん出てきます。松坂桃李がこんな大胆な役を演じるなんてと、少し意外性を感じています。童顔で可愛いイメージがあったから、この映画で大人の雰囲気を出したかったのでしょうか。松坂桃李が娼年似合っていたかというと正直あまり似合っていませんでしたが、無気力でセックスを何とも思わず冷めた大学生の役は見事だったと思います。目が死んでましたもん!セックスなんて面倒な運動じゃんというところとか、若いのにやさぐれてるなーと思います。過激なシーンはたくさん出てきて、松坂桃李が体当たりです。やはり大人の色気とかあまり感じませんでしたが、年上の女性ファンはさらに増えそうな予感がしました。女性側もかなり性欲強めのキャラクターが多く、恥ずかしいシーンもたくさん出てきます。こちらまで恥ずかしくなってしまう程です。馬淵さんの放尿シーンとかやばかったです。実際あるのだろうかこういうこと?ってありますが、性欲強い人はこういうセックスするんだーと、違う世界を知った感じです。松坂桃李に似合う役ではなかったですが、主人公の倦怠感やクールなところとか見てると、現代にはこういう男も増えてくるかもなーと思いました。
女性
女性
映画『娼年』では、松坂桃李さんのお酒をもてなすシーンが器用でした。ここはあまり汚くないのでおすすめなシーンかもしれないです。マニアックに松坂さんが好きな人は最初の方からsexが激しいのではまるかもしれないですね。あの冷めた顔でドロッとしたkissというのはいかがでしょうか?まあ、基本的に松坂さんが綺麗じゃないところが見れますね。様々な人間模様と言いますか。一番に刺激的なシーンというか?強烈なのが、同じホストの男性が傷を見せて挑発するようなシーンが強烈です。あのホストの背中の傷がやばいです。しかも松坂さんに迫るというところがまたやばいです。松坂さんの生い立ちからしてホストより寝る男という設定がやばすぎます。なぜ夜の男になったのか?という点とエイズ問題までがやばいです。
女性
女性
映画『娼年』では「えっ!松坂桃李がここまでやっちゃうの!?」と彼の脱ぎっぷりと、体当たりの濡れ場演技に驚く1作です。原作は『池袋ウエストゲートパーク』の石田衣良。生きる目標もなく自堕落に過ごしていた大学生が、ひょんなことからコールボーイとしてスカウトされ、心に傷を負った大人の女性達を癒すことで自らのトラウマも克服していくという素敵なストーリーです。ちょっと変わった趣味嗜好を持つお客さんからのリクエストに答えるシーンは、あまりにもシュールな絵なので、彼らの真剣さをよそに笑ってしまいそうになりましたが、映画『娼年』の名シーンだと思います。映画『娼年』の濡れ場を重厚な音楽とアーティスティックなカメラワークで見せることで、他の映画にはない迫力のある映像となっています。
女性
女性
‪映画『娼年』は、アマゾンプライムで見られる前にSNSで見た人の感想を見て待ちきれずにレンタルして見始めました。愛の渦という同じ監督さんの作品もすごくエロかったし、この作品は舞台化もされていて、かねがね噂に聞いてはいましたが本当に衝撃的。今まで戦隊モノや爽やかな印象しかなかった松坂桃李君が男娼を演じ、いろんな女性たちを相手にセックスするという役どころはドキドキしっぱなしでした。特別イケメンでもなく、なにか目の奥がとても暗く闇を抱えているようにしか思えず、そんな彼の虜になってしまい引き込まれました。私には縁がない世界でこんなことが行われているかと思うと体験できない‬しようとも思えない。世の中には色んな性癖を持つ人がいるんだと普段見られない世界を覗いた感じもします。特に面白い、というか滑稽に感じたのは西岡徳馬さん演じる男の前でその相手とセックスするシーンですがなぜか桃李君がサングラスをかけていてそんなので興奮するのか!とつい笑ってしまいました。その後に違うドラマで西岡徳馬さんが優しいおじいちゃんの役を演じているのを見ると娼年の時のこのシーンを思い出すほど印象が一番強かったです。真飛聖さんは後もうひと脱ぎして欲しかったかな。他の女優さんがすごく体を張っていたのでそこが物足りなかった。映画『娼年』はエロスが多めですがそれぞれの人たちにドラマがあり見応えのある映画でした。松坂君もこれを機にセクシーさも増したと思います。

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

今すぐ無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス