アニメ映画

映画『レミーのおいしいレストラン』動画無料フル視聴!字幕&吹替とあらすじや声優キャスト情報まとめ

このページでは、映画『レミーのおいしいレストラン』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『レミーのおいしいレストラン』はピクサー・アニメーション・スタジオ制作の3DCGアニメーション長編映画。2007年公開。原題は『Ratatouille』といいます!

ディズニーデラックス

映画『レミーのおいしいレストラン』動画をディズニープラスで無料フル視聴する方法

\『レミーのおいしいレストラン』は/
\ディズニープラスで見放題/今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間動画が無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベルの人気作品動画が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『レミーのおいしいレストラン』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 770円 31日間
U-NEXT × 220円/2日 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 932円 30日間
dTV × 200円/2日 550円 31日間
TELASA ×/○ 300円/3日 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 199円/2日 500円〜 30日間

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...
ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『レミーのおいしいレストラン』の映画情報

映画『レミーのおいしいレストラン』あらすじ

主人公のレミーは、とある田舎で兄のエミール、リーダーである父親とともに群れで暮らすネズミです。

ネズミ達は、毎日エサを求めてサバイバル生活をしています。

レミーは一族の中で一風変わった存在で、天才的に優れた味覚と嗅覚を持っていて、食べ物にこだわりがありました。

レミーは食べ物の状態が瞬時にわかる才能が認められ、父からある仕事するように命じられます。

それはネズミ達が見つけてきた食べ物に殺鼠剤が入っていたりなど、異常がないかどうかを一つ一つ判定する仕事でした。

彼にとっては退屈極まりないものです。

「残飯を盗んで食料にするのではなく台所から持ってくれば毒などの心配が無い」主張するレミーに対し、父親は「盗みではない。人間は危険だから台所には行かないように。」と言いつけます。

リーダーである父親はネズミと人間との距離を厳しく決めていました。

しかしレミーは人間のする「料理」にとても関心があり、特にテレビで見る五つ星レストランの天才シェフ、グストーの考えに共感していました。

グストーは「誰でもシェフになれる」と語ります。

料理には様々な食材の発見と、それらを合わせる創造性が溢れているとレミーは思っていました。

ある日、レミーは家の庭でキノコを見つけ出し、兄のエミールが偶然運んでいたチーズと二つを合わせて持っていたところ雷に打たれ、偶然「料理」を体験します。

さらに素材としてサフランを調達しに家の台所に潜入します。

レミーはその家に置いてあったグストーの著書を以前から読んでいました。兄のエミールにはテレビを見たり読書をしたり、ネズミの決まりを破っていることを咎められます。

テレビに映るグストーに憧れるレミーでしたが、突然彼が他界したことをニュースで知り、ショックを受けます。

グストーは自分の営むレストランが五つ星から陥落し、失意の中で亡くなりました。彼がいなくなったレストランは三ツ星まで評価を落とします。

レミーがそんなニュースを台所のテレビで見ていたところ、昼寝から目覚めたお婆さんに見つかります。

お婆さんは逃げ回る二人を殺鼠剤を片手に散弾銃で撃ちまくります。

穴だらけになった天井が抜け落ちて、大勢のネズミの群れがいることがバレてしまいます。

隠れ住んでいたことが人間にバレたネズミ達は、逃げ出すことを決め、大勢のネズミが急いで移動し始めます。

彼らは川に万が一の時を考えて用意してあったガラクタの船に乗り込み、漕ぎ出します。

しかし、グストーの本を取りに戻ったレミーは群れから遅れてしまいます。

必死で後を追いますが、あと一歩のところで届かず、水道管の激しい流れに巻き込まれて迷子になります。

ひとりぼっちになったレミーはグストーの本を読んで過ごしていました。すると、本の中のグストーのイラストが話しかけてきます。

彼はレミーに「落ち込んでいないで地上へ行け」と語りかけました。グストーのポジティブな助言を信じて外の世界を目指すレミー。

グストーの幻に誘われて外に出ると、そこは美しく輝く夜のパリ。レストラン・グストーの目の前でした。

レストランの厨房では料理人たちがあわただしく仕事をしています。

料理長のスキナーのところに一人の青年が紹介状を持って会いに来ていました。

彼の名はアルフレッド・リングイニ。彼の母レナータはグストーの元恋人で既に他界していました。

スタッフが許可なく彼を雇ったと知って怒るスキナーでしたが、料理人ではなく、雑用係として雇われただけでした。

一方、レミーは窓から高級レストランの厨房を覗き見て興奮します。グストーからの厨房での役割についての問いに即答します。なかなかの知識です。

そんなところで、掃除すらままならず、混乱したリングイニがスープにでたらめに手を加えてしまいます。

レミーはスープが台無しになるのを見て慌てます。そして屋根の窓から足を踏み外して厨房に落ちてしまいます。

急いで逃げ出そうとする彼でしたが、リングイニが台無しにしたスープが気になって仕方ありません。

そこにグストーの幻が再び現れ、「君になら修正できる。」と語りかけてきます。

意を決してスープ作りをするレミー。火加減を調節し、匂いを確認しながら様々な食材をスープに加えていきます。

しかし、その姿をリングイニに見つかってしまいます。彼はとっさにレミーをボウルで捕らえます。

そこに料理長スキナーがスープを探しにやってきます。「雑用係のくせに料理をしたのか」と、怒鳴られますが、リングイニはレミーを隠します。

スキナーが喚き散らしているところで何も知らないウエイターがスープを客のもとへ提供してしまいます。

その客からシェフに会いたいと言われ、スキナーは仕方なく会いに行きます。

しかしなんとそのスープの美味しさが絶賛されます。それは料理評論家のルクレアでした。

先輩の女性料理人、コレットが味見してみると驚くほどの美味しさでした。仕方なく、スキナーはリングイニを正式に雇い、コレットに指導を命じます。

しかしそのやり取りの最中にこっそり逃げようとしたレミーが見つかってしまいます。命令されてリングイニがガラス瓶でレミーを捕まえます。

スキナーは「厨房にネズミがいることがバレたら店は信用を失う」と言います。

店から離れたところで始末するように命じられたリングイニは、瓶に入っているレミーを抱えて自転車を走らせます。

いざ瓶ごと川に流そうとしますが、レミーが人の言葉を理解できて料理が上手いことを知り、協力をしようと持ち掛け、家に連れて帰ります。

一緒に暮らすうちにレミーがリングイニの髪を引っ張ることで、彼の身体の動きを操れることが分かります。

頭にレミーを乗せて料理を作る特訓をし、二人は協力して一流のシェフになることを目指します。

スキナーはグストーが亡くなった後でレストラン・グストーのオーナーになっていて、グストーの名を借りて、冷凍食品で儲けようなどと考えていました。

リングイニが持って来た母からの紹介状を読んだスキナーは、彼が亡くなったグストーの息子であると知って驚きます。リングイニが本当の息子ならレストラン・グストーはリングイニのものとなります。

スキナーは料理人の帽子に付いていたリングイニの髪の毛を弁護士に渡し、グストーとのDNA鑑定を依頼します。

その頃、(レミーが修正した)リングイニのスープがお客や評論家の評判となり、別の料理も欲しいと言われます。

スキナーはリングイニを陥れるためにグストーのレシピで料理を作らせます。そのレシピはかつてグストーが作った失敗作でした。

レミーとリングイニはどうするのか・・・

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『レミーのおいしいレストラン』キャスト・出演者

  • レミー:パットン・オズワルト/岸尾だいすけ
  • アルフレッド・リングイニ:ルー・ロマーノ/佐藤隆太
  • スキナー:イアン・ホルム/浦山迅
  • エミール:ピーター・ソーン/茶風林
  • オーグスト・グストー:ブラッド・ギャレット/有川博
  • コレット:ジャニーン・ガラファロー/甲斐田裕子

映画『レミーのおいしいレストラン』スタッフ

監督

ブラッド・バード

脚本

ブラッド・バード

音楽

マイケル・ジアッチーノ

撮影

ロバート・アンダーソン
シャロン・カラハン

編集

ダレン・T・ホームズ

製作

ブラッド・ルイス

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『レミーのおいしいレストラン』感想や口コミ評価

女性
女性
小さいネズミが、憧れのシェフを目指して一生懸命料理を作る姿は応援したくなりました。レミーのおいしいレストランは、小さいネズミが主人公です。ネズミには憧れのシェフがいて、自分もシェフになることを夢みています。そんなレミーは家族と離れパリのレストランへ向かいます。そのレストランで見習いシェフと出会い、一緒に料理を作ることになるのですが、その作る方法が面白いです。料理はお客様に好評ですが、検査にやってきた衛生局に見つかってしまいます。その後、どうなるかは見てのお楽しみです。一人と一匹が協力して、一つの事をやり遂げるシーンはオススメします。他にも、衛生局に見つかった後はどうなるのかという所にも注目すると良いでしょう。
男性
男性
「レミーのおいしいレストラン」は多くの人に夢を見せてくれる作品だと思います。ディズニーの作品はどれも夢にあふれていますが、今まさに現実の壁にぶつかっている人にお勧めしたい映画です。主人公「レミー」はネズミでありながら人間の料理人にあこがれています。この時点ですごく変わったネズミなのですが、彼は舌と鼻がよく効き匂いを嗅ぐだけで料理に使われている材料がわかりました。しかもレシピを聞いただけで味の予想がつくのです。そしてその場で手直しまでできるというまさに天才。料理に興味を持ち料理人にあこがれるのもよくわかります。自分にもそんなことができたら、きっと毎日の料理が楽しくなるのになとうらやましくなりました!しかし彼の父は彼の才能にあまり関心を示さず、人間に近寄ることを強く反対していました。ネズミのレミーにとってはすごく難しい夢だということもわかるので、父親のいうことも理解できますが少し寂しい気持ちになるシーンです。だからこそか、彼の夢への第一歩はネズミの一族と離れることから始まりました。これは不慮の事故でしたがまるで運命に導かれているようでもありました。一族と離れるという事故が彼の背中を押しているようにも見えます。そうしてレミーは「リングイニ」という将来パートナーとなる人間に出会います。この2人の出会ったシーンではお互いが少しずつ勇気を出し歩み寄ったことで2人の運命が動き始めます。どんなときも恐れず一歩を踏み出す勇気を持つことの大切さを感じる場面でした。そしてさまざまな困難を協力し乗り越えていく2人は、1人では困難なことでも誰かの力を借りお互いに助け合うことで進める道もあるのだと教えてくれました。作品中では仲たがいし喧嘩になってしまうこともあるレミーとリングイニですが、離れたときにやっぱりお互いが必要だと感じられる絆にとても感動しました。登場するキャラクターや絵のタッチはとても可愛らしいのですが、この作品から教わることは驚くほど深く初心に帰ることができます。人との関係に苦しんだときや夢を見失いそうになったときには、この映画を見て「大丈夫!頑張るぞ!」と元気をもらうことが多いです。
女性
女性
この映画の見所を三つご紹介します。一つ目は「主人公レミーのかわいらしさ」です。ネズミが料理を作る、なんて現実に置き換えたら寒気のする話ですが、ディズニーに命を吹き込まれたねずみのレミーはとっても可愛らしくて応援したくなります。二つ目は「レストランの裏側」です。華やかなレストランホールの裏で巻き起こる、キッチンでのシェフ達の闘いはカッコ良く、手に汗握ります。また、男社会で紅一点として働くヒロインの女性シェフは、同性として憧れます。三つ目は「パリの雰囲気」です。行った事がないので実際のところは不明ですが、オシャレさや高級感がある街並みに、泥臭く夢を追う人達が集まっており、まさに「世界中が憧れる大都市」を感じられました。そんな舞台で悩みながらも闘う主人公達に感情移入します。「ネズミのレストラン」と聞いて拒否反応を持つ方もいるかもしれませんが、
夢に向かって努力する事にポジティブになれるファンタジー映画です。
男性
男性
これはネズミがフランス料理のコックさんを目指すお話です。レミーはネズミの一家に生まれた頭がよく舌や鼻が敏感なネズミです。そして変わっていることは料理が好きだということ。臭いをかぐだけで材料がわかるレミーはネズミとしての暮らしよりも、人間のように料理を創作する生活がしたいと望んでいました。しかし、レミーの父親がそのことをよく思っておらず言い合いになっているシーンは、現実世界の親と子供を見ているようです。そんなレミーですがお互いに支えあっていける人間のパートナーを見つけます。お互いの足りない部分を補いながら、成長していく二人から目が離せません。この作品の中に出てくるグストーシェフは「料理は誰にでもできる」という言葉を残しています。そしてこの言葉に対してずっと批判的だった料理評論家のアントン・イーゴが最後に返す言葉が一番のみどころです。
女性
女性
日本でのタイトルは〚レミーのおいしいレストラン〛ですが、英語タイトルは〚Ratatouille(ラタトゥイユ)〛。元はフランス語で、作中でもとても重要な昔ながらの料理の名前です。この映画は舞台がフランス パリということから、度々登場するパリの街並み、灯りの色合い、人々の衣服や立ち居振る舞い、またそれに添える音楽でさえもパリ独特の、所謂「ヨーロッパのおしゃれな雰囲気」を出し惜しみせず登場させています。映画の広告やDVDのカバーにもあるように、主役は灰色ネズミ(レミー)と料理の下手なシェフ(リングイニ)というそばかす顔のひょろひょろした若者。ネズミが登場する映画は、有名な作品にディズニーアニメ〚ビアンカの大冒険〛や〚スチュアート・リトル〛などがありますが、ネズミがレストランでお茶をしている点や、道具を使って人間並みに行動を起こす点は少し似ているかもしれません。ただ、スチュアートやビアンカ達は冒険や挑戦が大好きなわんぱくネズミでしたが、レミーは一流のシェフ。彼が作る料理は料理評論家のイーゴの舌を唸らせるほど繊細且つ優秀なものです。その〚レミーのおいしいレストラン〛の見どころというと…

1.操り人形リングイニ
ひょんなことからレミーの料理上手を発見したリングイニが自分の代わりに料理をしてもらう方法として、二人が発見したのが、レミーがリングイニの頭に乗り、髪の毛を引っ張ることでリングイニの両手を操り、料理をするというもの。何日もかけて自在に動かせるように練習するレミーですが、映画を見ている方は時に火を使い、時に包丁を使い、時にグラスにワインを注いでいるリングイニが怪我をしないものか、ひやひやさせられますね。怖い!

2.コレットのスパルタ教育
作中登場するヒロイン…というより、先輩シェフのコレットですが、コレットがリングイニを指導し始めるシーンから、他シェフの紹介が始まります。彼女のテンポの良い話し方と振る舞いに合わせてなのか、ここのシーンのテンポはとても気持ちよく進み、コレットの説明の通りに目線が動いていくので、目移りしていると「あれ、誰が誰で…」と混乱するかもしれませんね。それもこのシーンならではの面白い工夫と思います。

3.ネズミシェフ大活躍
後半リングイニがレミーの存在を他シェフに明かすシーンなのですが、ここから最後までは是非画面にかじりついて見てほしいです!というのも、ここからレミーが自分を擁護してくれたリングイニの力になろうと、家族総出で料理をし始めるからです。(食器洗浄機でネズミが綺麗になったりします!) 確かに、キッチンにあれだけのネズミがうじゃうじゃいたら、誰しも卒倒しそうなのですが、レミーの指導のもと美味しそうな料理がどんどん完成していきます。ただの料理じゃないですよ、フランス料理なので大皿への盛り付けやソースの添え方などにも気を配りながら…というのは、料理初めての人は普通できないですよね。加えてすごいのが、出て行ってしまったお店のスタッフの代わりに、リングイニがローラーブレードを履いて、全テーブルの注文や配膳を回し切るという荒業に出ていること。飲食店にて勤務経験がある方はご存知の通り、ディナータイムの混雑している中、フロアを一人で回し切るのは結構大変です。この二人のチームワークと、戻ってきてくれたコレットのサポートからもこの日は大成功!その後ネズミ発生から店は一度閉店となるのですが、最後にはネズミにも、人にも素敵なレストランとなって復活する点はとても素敵ですね。お洒落な雰囲気と、大好きな夢を追い続けるネズミと青年のお話、ヨーロッパ旅行がしたくなるような映画になっているので、是非観てみてください!

男性
男性
何といっても一番ユニークでワクワクさせてくれるのは、主人公のネズミ レミーがコック帽の中で料理下手のシェフ リングイニが美味しい料理を作るよう見事に導いているシーンです。レミーは、本当に料理が大好き、そして見えなくても分量を量らなくても最高に美味しい一品を仕上げていくほど、素晴らしいリトルシェフです。何度諦めそうになっても、尊敬するグストーの魂による励ましの言葉を受け、前へ進んでいく姿は、人間の私達にとっても必要なことだと気づかされます。レミーとリングイニとの友情関係がやがて深い信頼関係へと発展していき、将来パートナーとなる女性シェフからも信頼されるレミーは、本当に素晴らしいほど純粋な心と料理を愛するひたむきさが可愛らしくて、大好きになりました。
女性
女性
美味しい料理がたくさん出て来て、見ているだけでもお腹が空いてしまいます。見習いシェフのリングイニが台無しにしてしまったスープを、レミーが小さな体でとても楽しそうに調理しているシーンがとても可愛らしくて、こっちも楽しくなりました。フランス料理のシェフになりたいという夢を抱えているレミーがリングイニと力を合わせて夢を叶えていくストーリーにとても前向きになることができました。ネズミがシェフになるなんて、夢のまた夢だと思ってしまいがちですが、それを見事に叶えたレミーを見ていると、前向きになれます。リングイニの自宅で、レミーが髪の毛を引っ張ってリングイニの手を操る練習をしているシーンが楽しくて大好きです。
女性
女性
人間のシュフと料理が大好きなネズミ・レミーが手を組んで最高の料理を目指すというシンプルなストーリーですが、料理がおいしそうで食べてみたいなぁと、お腹が空いてきます。食べるのが好きなグルメさんは特に楽しめるアニメだと思います♪フランスのパリの厨房が舞台で、フランスらしい雰囲気がまた素敵です。レミーも可愛いですが、シェフのツッコミも時々面白いです。レミーはシェフのペットのようにだんだんと仲良くなっていって、絆が生まれるんですよね。温かみのある映像で、絵もソフトなタッチで描かれているから全体的にふんわりしたイメージです。柔らかいイラストでも映像がリアルで臨場感が出ます。CGも使っているから料理が単なる絵ではなく、リアリティにあふれた料理に見えてすごくおいしそうなんですよね。ユーモアもあって少し笑ってしまうところもあります。二人の料理に対する熱意がすごくて、映画を観終わることには料理下手な私も、何か手作りで料理を作ってみよう!という気になります。(単純!)それくらい二人とも料理への情熱が熱く、料理が本当に好きなんだなという気持ちが伝わってきます。リズムよく展開が進むので、最後まで退屈せずにみられます。
女性
女性
『トイストーリー』や『モンスターズインク』などで有名なピクサー作品です。…が、あまりこのレミーのおいしいレストランを知らないという方も多いかもしれません。登場人物だけで見ると、確かに特化した特徴のない見た目キャラかもしれません。しかし、レミーのおいしいレストランでは、そんな所が反対に物語を惹き立てています。ある意味、とても現実的なキャラだからこそ、このレミーのおいしいレストランの話を見ている人は共感しやすくなる部分が多くなると思っています。この作品の最大の見どころは、レニー…ではなく、もう1人の主人公であるアルフレッド・リングイニ(青年)。この青年、とにかく不器用だしコミュニケーション能力は低いし…と言う状態なのですが、レニーと一緒に料理をしていくことで、性格がかなり変わっていってしまいます。映画を見ている側からすると、その変化は痛々しくて、でも決して他人事とは思えない…と感じる方も多いのではないかと思いました。そういう意味では、この作品は、ねずみであるレニーの物語でもあるのですが、アルフレッド・リングイニの心の成長物語でもあると言えます。とはいえ、ピクサー作品です。子供も十分に楽しめる作品であることは間違いありません。目立ちにくい作品かもしれませんが、ぜひ人におすすめしたい作品です。

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス