洋画

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじキャスト情報

このページでは、映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』と言えば、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの二大スターが共演する話題作ですよね。監督は、多くの人気作品を産んだクエンティン・タランティーノです。

先日のアカデミー賞で、映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は助演男優賞と美術賞を獲得。改めて作品の魅力を確認する為にも『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を見たいという人は多いはず!

ディズニーデラックス

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

『ここは退屈迎えに来て』を
無料視聴する

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT × 550円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× 400円 932円 31日間
dTV × 400円 550円 31日間
TELASA × 500円 572円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 399円 500円〜 31日間

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる『レオナルド・ディカプリオ』関連作品

U-NEXTで見れる『ブラッド・ピット』関連作品

U-NEXTで見れる『クエンティン・タランティーノ』監督関連作品

  • 映画『パルプ・フィクション』の動画見放題
  • 映画『ジャッキー・ブラウン』の動画見放題
  • 映画『イングロリアス・バスターズ』の動画見放題
  • 映画『ヘイトフル・エイト』の動画見放題
  • ドラマ『ER 救命救急室 シーズン1』の動画見放題

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の映画情報

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』あらすじ

リック・ダルトンは、かつてテレビの西部劇で人気を集めたハリウッド俳優。

時代の流れと共に彼の全盛期は過ぎ、今では悪役などでしか出演できない事を気に病んでいます。

リックのスタントマンであるクリフ・ブースは、運転手や身の回りの世話もこなす良き相棒です。しかし、飲酒運転で免許を失うなど素行の悪さがたまに傷。

リックとクリフはかつての栄光とはかけ離れた、何となく冴えない日々を送っていました。

そんな彼らとは裏腹に、将来有望な映画監督ロマン・ポランスキーと駆け出し女優のシャロン夫妻がリックの隣に引っ越してきます。

有望な監督が隣に来た高揚感と、今の自分との違いに複雑な気持ちで見つめるリック。

ある日リックは、イタリアの西部劇映画への出演を打診されます。

しかし、かつての栄光を忘れられず落ち込むリック。

一方、トレーラーハウスで愛犬のランディと気ままな生活を送っているクリフ。厳しく躾をされ、荒くれ者のクリフにピットブルのランディは忠実です。

翌日、クリフはリックを撮影現場へ送り、スタントの仕事を探して欲しいと頼みます。

しかし、スタントの仕事を頼むはずのランディとクリフには軋轢がありました。

過去に自分の妻を殺害した過去や、ブルース・リーと喧嘩になり彼を投げ飛ばした事からクリフはランディに敬遠されています。

リックに頼まれ屋根のアンテナ修理に戻ったクリフは、ポランスキー邸に向かっていく男の姿に気がつきます。

男はポランスキー邸にいた、シャロンの元恋人・ジェイと話しをし、後から出てきたシャロンを見ると、帰って行きました。

映画の撮影待機中に、本を読みながら過ごしているリック。

本の内容に今の自分の不甲斐無さを感じ、涙を流すリックを、子役の少女が慰さめます。

その頃シャロンは、映画館に立ち寄り、自分が出演者うる映画を鑑賞し、観客の反応を無邪気に楽しんでいました。

リックは、撮影の本番でセリフが上手く出てこず、失敗した自分自身を大きく攻めます。前日に深酒した事を後悔し、トレーラーで一人大暴れするリック。

しかし、気を取り直し望んだ次の本番で、名演技を見せたリックは、監督、子役の少女から賛辞を受けるのでした。

クリフは、ヒッチハイクをするヒッピースタイルの少女、プッシー・キャットを車に乗せます。

プッシーの行き先は、クリフも過去に馴染みのある「スパーン映画牧場」でした。

クリフは、よく知った撮影場所がヒッピーの棲家になっている事に違和感を感じ、かつての映画仲間であるジョージに面会を希望します。

しかし、ジョージは寝たきりになっており、クリフの事は知らないと言われてしまい謎は解けず仕舞いに。

映画牧場にかつての面影はなく、実は「チャーリー」というヒッピー集団のアジトに変貌していたのです。

半年後、リックはイタリア映画でそこそこの成功を収め、妻となったフランチェスカと飛行機でロサンゼルスの自宅へ戻ります。

リックはクリフに、結婚し生活が変わり、雇い続ける事ができなくなったと伝えました。

終わりが近づく二人のパートナー関係。

二人は、最後の晩餐のように酒を交わして楽しい夜を過ごします。

すっかり泥酔し、タクシーでランディとフランチェスカが留守番をするリックの家へ帰る二人。

その頃、シャロンは、仲間とレストランで食事をした後、自宅へみんなを招いていました。

深夜、クリフはランディの散歩へ出かけようとすると、家の外には怪しげな若者達の車が。

一方、部屋で自家製のマルガリータを作っているリック。

しかし、家の前に停まっている車のエンジン音に腹を立て、リックは若者達を大声で恫喝します。

若者達の正体は、シャロン殺害を命令され、犯行を目論むヒッピー集団でした。

彼らは、その男が俳優のリック・ダルトンだと気づき、ある事を思いつきます。

自分達に殺人を教えたのは、西部劇で殺人者を演じるリックのような俳優達だと。彼らは、殺しを教えた張本人を殺そうと、標的をシャロンからリックへと変更します。

若者達がリックの家に押し入ると、クリフとランディが散歩から帰ったところでした。

若者の一人テックスがクリフに銃を向け、部屋で寝ていたフランチェスカも襲われます。

しかしクリフの合図を受けたブランディに、激しく噛みつかれ倒れ込むテックス。

解放されたクリフは、残りの若者達をボコボコに叩きのめします。

一方何も知らず、プールにベッドを浮かべて酒を飲んでいるリック。突然目の前に、クリフにやられ狂乱した女が現れます。

リックは慌てて倉庫から取り出した、小道具の火炎放射器で女を成敗するのでした。

騒動が落ち着き、物思いにふけるリック。そこにジェイが現れ、リックを心配し声をかけます。

シャロンも姿を現し、リックはポランスキー邸に温かく招きいれられるのでした。

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』キャスト・出演者

  • リック・ダルトン:レオナルド・ディカプリオ
  • クリフ・ブース:ブラッド・ピット
  • シャロン・テート:マーゴット・ロビー
  • ロマン・ポランスキー:ラファル・ザビエルチャ
  • マーヴィン・シュワーズ:アル・パチーノ
  • ランディー・ミラー:カート・ラッセル
  • プッシーキャット:マーガレット・クアリー
  • ブルース・リー:マイク・モー
  • チャールズ・マンソン:デイモン・ヘリマン
  • ウェイン・マウンダー:ルーク・ペリー

主演のレオナルド・ディカプリオは、映画『タイタニック』の大ヒットで一躍人気俳優へと駆け上がり、この映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』では落ちぶれたハリウッド俳優という新境地の役を演じました。

第88回アカデミー賞では『レヴェナント』で重厚な演技を魅せ見事、主演男優賞を獲得しました。

実在するブローカーの回顧録が描かれた『ウルフ・オブ・ギャングストリート』など、脱アイドルを完全に果たし、今やハリウッドを代表する演技派俳優となったディカプリオの演技に今後も目が離せません。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』スタッフ

監督

クエンティン・タランティーノ

美術

バーバラ・リン

脚本

クエンティン・タランティーノ

製作

デビット・ハイマン
シャノン・マッキントッシュ
クエンティン・タランティーノ

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』感想や口コミ評価

女性
女性
レオ様とブラピの競演だから、映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は絶対見るべしと速攻観に行きました。結果満足。前半中々話が進行しないような感じで少しイライラ気味でしたが、売れない焦り気味のレオ様に反して、全く何も考えてない風マイペースのブラピがいい味でした。19歳?とも思えぬ若い女の子を車に乗せてやったはいいが、すぐにその子が寝転んで〇〇〇は?と聞いた時には仰天しましたが・・・。シャロン・テート事件なんて名前しか知らなかったし、ポランスキー監督は知ってるけどぐらいの知識でみに行きましたが、後半の盛り上がりとブラピの活躍ぶり・・・。さすがタランティーノ監督、暴力シーンはやっぱりすごい。実話と違って、マンソンファミリーとやらのチンピラどもは隣のポランスキー邸でなく、レオ様の屋敷に押し入ってブラピの凄い立ち回りで圧倒され、すごすごと引き下がり、悲劇を覚悟していた観客の期待?は見事に裏切られることになりました。実際もこうだったら大きいお腹のシャロンは殺されずに済んだのにと思うとちょっと残念ですが・・・。ともかく映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の後半は楽しく観れること請け合いです。
女性
女性
男性
男性
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、古今東西の映画を見つくした真の映画オタクと言っても過言ではないタラちゃんことクエンティン・タランティーノが送る60年代への郷愁に満ちた映画です。チャールズ・マンソンという有名なカルト集団の教祖とその取り巻きが重要な要素なのでwiki等で参考にしてご覧くださいとしか言えないです。そこをクリアすればあとはディカプリオとブラピのブロマンスを堪能できます。俳優とそのスタントダブルという関係性にはありとあらゆる萌え要素が詰まっています。ストーリーというのはあまり気にせず当時の空気を再現した世界にどっぷり浸かって「ブラピ~いじめられちゃったよ~」て言いながら泣きつくデカプーを眺めてニヤニヤするのが最良の鑑賞方法です。シャロン・テートが運命のあの日に向かっていくのはわかっていてもサスペンスを感じてしまうところもにくい演出です。マーゴット・ロビーがキラキラを振りまいて何気ない日常を生きていることに重みがあるのは映画にする意味があるなと思います。ブルース・リーがダサい人間とされているのだけは納得いかないところではありますが映画のどこを切り取っても面白いなんていうある種奇跡のような映画なのでモヤってなってしまっても見終わったあとの爽快感でオールOKです。
男性
男性
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、タランティーノ監督がレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピット、さらにはマーゴット・ロビーを招いて60年代のハリウッドを描くなんて、もう間違いなく良いに決まってる!とワクワクして観た結果、人生のなかでもトップクラスに位置するほど好きな映画になりました。この映画は実際の人物、実際の事件が基になっています。特に「シャロン・テート」に関する事件は、観客は知っていることが前提になって作られているため予備知識は必須です。実際の痛ましい事件を題材にしていながらも、映画はとても穏やかにゆっくりと進んでいきます。そのなかにも少しずつ張り巡らされた緊張感は、まさに真綿で首を絞められるような感覚です。それが溜まりに溜まって爆発するラストには、久しぶりに映画館で声を出して笑わせてもらいました。この世界における「フィクション」であるリックとクリフのバディも最高!3人がそれぞれ過ごすたった3日間をたっぷり描いた160分は至福です。映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の見どころは、なんといってもセリフを忘れて大勢の前で恥をかいたリックの大暴れです。
男性
男性
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、2019年に公開されたアメリカの映画です。レオナルド・ディカプリオ主演で話題になりました。あらすじは、リック・ダルトンという人気のピークを過ぎたテレビ俳優が主人公で、彼は映画スターへ転身するために毎日焦っていました。そんなリックを支えるクリフ・ブースは彼に雇われた付き人でスタントマンでもあり、親友でもありました。めまぐるしく変化するエンターテインメント業界で生き抜くことに神経をすり減らしているリックとは対照的に、いつもマイペースなクリフ。そんな二人の前に、リックの隣に時代の寵児ロマン・ポランスキー監督と女優のシャロン・テートが現れます。その二人はハリウッドで大活躍中です。リックはイタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演することを決意しますが、そこで、事件が起きるという話です。この映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で出てくるシャロンテーと殺人事件は事実に基づく話なので興味深かったです。また、ブラッド・ピットさんのアクションもとてもカッコ良かったです。
女性
女性
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、前情報なく監督、キャストがあまりに豪華だったので興味をそそられこの作品を観ることにしました。60年代の有名ハリウッド俳優であるリック(レオナルド・ディカプリオ)がずるずるとダメ男になっていく様が描かれています。過去の栄光にしがみつく日々、主演の座からいわゆる2番手の悪役へと落ちていき、しだいに仕事すらなくなり、酒に溺れていきます。そんなリックにドライバー兼、何でも屋として雇われているスタントマンのクリフ(ブラッド・ピット)はリックに振り回されながらも、干渉しあわずお互いに良い関係を保って過ごしています。ある日ヒッチハイクをしていた魅力的なヒッピーの少女に導かれ、謎の集団生活をする若者たちの住処を見つけます。この若者たちが後にカルト集団だったことが発覚し、彼女らが起こす事件にリックとクリフは巻き込まれてしまいます。全体的に緩やかにストーリーが進んでいくので、こんな内容の映画だったと明確に説明するのが難しい作品ですが、終盤には目が離せない予期せぬ出来事を観て「ただの友情物語ではなく、スリラーだったのか…」とようやく気が付きます。映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』では、タランティーノ監督作品の魅力であるアクションシーン、そして一流俳優たちの素晴らしい演技を是非堪能してください。
男性
男性
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、何と言っても、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという二大スターが共演している豪華なキャストと、鬼才タランティーノ監督作品であることです。タランティーノ監督が個人的に傾倒している1960年代のハリウッド映画全盛時代を再現し、ディカプリオが人気に陰りが見えたジコチューの俳優役、ピットが軍隊経験を持つマッチョな付き人役で、当時名を馳せたロマン・ポランスキー監督やブルース・リー役も登場し、業界の内情も描いているところも、映画好きには興味深い内容です。ブラッド・ピットはこの作品で、鍛えた肉体美を披露し、彼の新しい魅力を発見できます。最後はタランティーノ作品特有の息をつかせぬ衝撃の展開が舞っているので、お楽しみに!
女性
女性
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』では、私はブラピもレオも大好きだったので、この大物二大スターが共演というだけでも楽しみでした。さらに、ヒロインのマーゴット・ロビーもものすごくキレイでブラピやレオに見劣りしないなと思ったので、楽しみでした。もう内容の評価は二の次!という感じで、とにかく俳優目的で見ました。レオは俳優の役で、ちょっと落ち目だけれど野心は失っていないところを見事に演じていました。それを支えるブラピも寡黙でかっこよかったです。ハリウッドが舞台ということがあり、ローカルなハリウッドの情景も楽しめました。年代も古めだから、ファッションや街並みも少しレトロで懐かしい感じがしました。昔のハリウッドの雰囲気を見事に創り上げていましたね。見どころは、ブラピ&レオの関係性ですね。二人は決して優雅ではいられない立場なのにどこか呑気なところがあるんです。でもそこがまた可愛くて憎めません。二人は腐れ縁という感じで、結局は友情というか、深い絆でつながっているのだなという感じです。恋愛要素よりも仲間愛や仕事の要素が強い映画です。二人とも演技力がヤバイです。私は以前からブラピファンですが、やはり彼の肉体美は50代になった今でもスゴイです。鍛えているし若作りもしているし、もともと美しいからいくつになっても色気が出ています。
女性
女性
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、タランティーノ監督らしい映画愛にあふれた作品!映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の魅力はなんと言っても、60年代という時代の空気感。監督自身が幼年期を過ごし、その時代をこよなく愛したからこそ実現した、息づくリアル感は実に見事。街の風景はもちろん、自動車や音楽に至るまで徹底的にこだわり、まるでその世界がどこまでも続いているかのように見えてきます。自由で、楽しそうな、活気あふれる憧れの時代…
その圧倒的な空気感は、時代を知らない我々若い世代にも、どこか懐かしさまで感じさせてしまうほど。アカデミー美術賞受賞も納得の完成度でした!映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のストーリー面でもタランティーノ監督の持つ深い愛を感じます。落ち目の俳優リック・ダルトンとそのスタントマン、クリフ・ブースが映画人生に再起をかけるため奮闘し、友情を深めていく姿はなんとも胸アツ。そして重要なのが、この二人の話に「シャロン・テート殺害事件」が絡んでくる点です。「シャロン・テート殺害事件」とは、映画監督ロマンポランスキーの妻であり女優であるシャロン・テートが、カルト集団マンソン・ファミリーに惨殺された実際に起こった事件。これは映画界に暗い影を落とした象徴的な事件として、ファンの間では語り草となっています。史実では悲惨な最期を遂げた彼女が、本作の中ではキラキラと楽しそうに”生きている”姿は、愛おしくも切ない。特に彼女が自分の出演している映画を観るシーンは、なんとも微笑ましい場面です。そして映画が進むにつれ、事件当日へと刻々と迫っていきます。そこにリックとクリフが絡み、事態は思いがけない展開に…詳しくはネタバレになるので省きますが、タランティーノ監督がこれまで『イングロリアス・バスターズ』や『ジャンゴ 繋がれざる者』で見せてきた、映画のマジックが物語の後半で起こります。史実に映画で復讐を果たすといったこのマジックは、映画の力を信じ、深く愛しているタランティーノ監督だからこそできた妙手でした。本作ではその力でもって、彼の愛する時代とカルチャーを絶望のどん底から救いあげようとします。その様はバイオレンスであるのにもかかわらず、とても感動的。まさに、タランティーノ監督が信じてきた映画の力は、愛に満ちたおとぎ話という究極の形でここに結実するのです。タランティーノファンに限らず、誰が見てもこの映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のもつ空気感とキャラクターたちが、大好きになるはず。映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が、少しでも気になっている方はぜひご覧あれ!

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

今すぐ無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス