アニメ映画

映画『おもひでぽろぽろ』高画質動画を無料フル視聴!あらすじ&見どころを紹介

このページでは、映画『おもひでぽろぽろ』の動画を、無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料お試し

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『おもひでぽろぽろ』と言えば、1991年に製作されたスタジオジブリを代表するアニメ映画!監督は、映画『ほーほけきょ となりの山田くん』や遺作となった映画『かぐや姫の物語』で有名な高畑勲監督。

原作は、岡本螢さん、刀根夕子さん原作の漫画となっております!

農家としての暮らしを体験しながら、子ども時代の事を思い出すタエ子、その結末が気になる方も多いはず!

ディズニーデラックス

映画『おもひでぽろぽろ』動画を無料でフル視聴する方法

ジブリ映画『おもひでぽろぽろ』の
DVDがTSUTAYA DISCASなら
無料で見れる!

無料お試しに申込む

  • ネットで動画配信とDVDレンタルを併用して利用可能!
  • CDもレンタルできる!
  • 動画配信されていない作品もDVDで無料視聴!
  • 初回の30日間は無料で見放題作品CDとDVDを視聴可能!
  • R18のアダルトDVDや新作CDも定額でレンタル可能!

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はTSUTAYA DISCASホームページにてご確認ください。

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
TSUTAYA DISCAS DVDレンタル × なし 動画&CD・DVD:2,417円
動画のみ:932円
CD・DVD:1,865円
30日間
U-NEXT × × なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 932円 30日間
dTV × × なし 550円 31日間
TELASA × × なし 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × × なし 500円〜 30日間

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料お試し

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『おもひでぽろぽろ』をはじめとする、スタジオジブリの動画は動画配信サービスでは、取り扱いがありません。

そのため、スタジオジブリ作品を無料で視聴しようと思ったら、DVDで視聴するしか手段がないのが現状です。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料お試し

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

TSUTAYA DISCASで見れる映画『ジブリ・シリーズ』

TSUTAYA DISCASでは、スタジオジブリアニメ映画シリーズ作品がレンタル可能なので、全作無料で一気見が可能です!

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為TSUTAYA DISCASのホームページでもご確認くださいね。

  • 映画やテレビは製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 違法にアップロードされた物と知ってダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考URL:日本民間放送連盟

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料お試し

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『おもひでぽろぽろ』の映画情報

映画『おもひでぽろぽろ』あらすじ

1982年の夏。27歳のOL、岡島タエ子は休暇を取って、姉であるナナ子の夫の親類の家に遊びに行きます。

親類の家は農家でした。日が昇る前に、紅花の花を収穫します。朝で多少柔らかくなっているとはいえ、鋭い棘に指を刺されて血が出てもタエ子はどこか満ち足りた気持ちで昇っ朝日を見つめるのでした。

休暇中、農家の仕事を手伝うタエ子。お世話になっている家の息子であるトシオや周りの人と関わっているうちにタエ子は、田舎などなかった子供時代を思い出すようになりました。

小学校時代に好きな天気が同じだった野球少年。お互い曇りが好きだった、初恋とも言える甘酸っぱい記憶にタエ子は、思わず思い出し笑いをしてしまいます。

タエ子は、算数の中でも分数の計算が苦手でした。掛け算は問題ないのに、割り算になった瞬間割る方の分数がひっくり返る、と言う事が上手く理解出来なかったのです。

年長者にとっては簡単な問題でも、タエ子はさっぱりわかりませんでした。バナナを等分に切りながら、母や姉の悪口とも言える自分の話を聞いていました。

もっと小さい頃、頭を強くぶつけた時に馬鹿になったんだ、と話す家族にタエ子は複雑な顔で聞きながらバナナを食べるのでした。

子供時代のある日、父がパイナップルを持って帰ってきました。当時は珍しかったパイナップルをどう切り分けたら良いかわからなかったタエ子の母。

後日、切り方を知った母はパイナップルを切り分けます。パイナップルの皮の匂いを嗅いではしゃぐタエ子でしたが、いざみんなで食べると予想外の味にみんなから不評の嵐。食べかけをタエ子に押し付け、バナナを食べ始める姉。

タエ子は、初めて食べたパイナップルを1人黙々と食べるのでした。

またある日は、学校の授業で性教育を学んだタエ子。好きな男の子が授業の内容を聞いてきたため、話してしまった女の子のせいで、男子達が女性特有の日についてからかい始めました。

軽い風邪を引いて、体育の授業を見学していたタエ子もその標的に。けれど、一緒に見学をしていた女性の日の女の子は、からかう男子を笑って受け流していました。

姉が持つ大人っぽいバックがどうしても欲しかったタエ子は、前から父におねだりをしていました。

買ってもらえずに休日に家族揃っての外出の日。 子どもっぽいバックを持って出かけたくないタエ子は、わがままを言います。姉が渋々例のバックを貸してくれますが、タエ子は外出はせずに、1人留守番をすると言い張ります。

しかし、自分以外の家族が玄関から出ると衝動的に靴も履かずに外へ。身勝手な行動に怒った父は、初めてタエ子の頬を叩きました。玄関で大泣きするタエ子。

子ども時代を思い出したタエ子は、次第に農家として生活をする事に魅力を感じ始めます。それを感じ取ったトシオの祖母は、自身の孫であるトシオとタエ子を結婚させて定住を促す発言をします。

自分が、半分遊び感覚で農業をやっていると思っていたタエ子。楽しいだけではなく、厳しい事や重労働も多い農家としての仕事に悩み、タエ子は家を出ていってしまいます。

泣きながら雨の中を歩くタエ子を発見してのは、トシオでした。祖母の話を聞いたトシオは、タエ子に優しく話します。

自分が農業をしている経緯から、タエ子のやりたい事やこれからについてを諭しました。優しいトシオに徐々に惹かれ始めたタエ子。

しかし、はっきりとした答えを出さないままタエ子は、東京へ帰る電車に乗ります。車中で、思い出したのは今までの思い出です。

またトシオと話したいと思ったタエ子は途中で下車し、トシオの家に連絡。迎えに来てくれたトシオの車に乗って、元来た道を帰って行きました。

最後は、自立し始めたタエ子を、子どもだった自分と当時の同級生達が見送るのでした。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料お試し

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『おもひでぽろぽろ』キャスト・出演者

  • 岡島タエ子(27):今井美樹
  • 岡島タエ子(10):本名陽子
  • トシオ:柳葉敏郎
  • 岡島ナナ子:山下容莉枝
  • タエ子の父:伊藤正博
  • タエ子の母:寺田路恵
  • タエ子の祖母:北川智恵
  • トシオの母:仙道孝子

映画『おもひでぽろぽろ』には、不思議な魅力があります。

思い通りにならない子ども時代、年齢的には十分大人になったのにどこかまだ自立出来ていないタエ子。しかし、子どもでも大人でも思うとおりにならないことの方が多いのが現実。

そんなタエ子に共感出来てしまう人も多いのではないでしょうか。

この映画の前作である映画『火垂るの墓』は、公開日に間に合わなかったこともあって製作プロデューサーに宮崎駿が参加。しかし、肝心の高畑監督が映画『おもひでぽろぽろ』に対して否定的な発言ばかりしたことで宮崎駿は激怒したそうです!

ちなみに柳葉敏郎さんが声優を務めるトシオの名前は、鈴木敏夫さんから。理由は、なんと良い名前が思いつかなかったからだそうです!

タエ子の声は、今でも美しい声で歌う歌手の今井美樹さん。

声に注目して見ても、面白いと思います!

映画『おもひでぽろぽろ』スタッフ

監督

高畑勲

音楽

星勝

脚本

高畑勲

製作

鈴木敏夫
宮崎駿(製作P)

製作総指揮

原徹

原作

岡本螢
刀根夕子

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料お試し

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

Netflixで『おもひでぽろぽろ』などジブリ映画は配信されていないの?

2020年の1月に、ジブリ作品のNetflixでの配信がスタートするというニュースが流れました。

しかし、それは海外のみで日本では配信されないという内容でした。

米ネットフリックスは2月から4月にかけて順次、「となりのトトロ」などスタジオジブリ(東京都小金井市)の21作品を日本と米国、カナダを除く世界約190カ国で配信する。ネットフリックスは国内のアニメ会社と包括提携を結ぶなど日本アニメの獲得に力を入れてきた。世界的に高い人気を誇るジブリ作品をテコに海外市場の開拓を加速させる狙いだ。

このほどフランスの配給会社、ワイルドバンチ・インターナショナルからジブリ作品の日本と米国、カナダを除く世界での配信権を獲得した。2月1日には「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」など7作品、3月1日には「もののけ姫」など7作品、4月1日には「ハウルの動く城」など7作品を配信する。

これまでジブリはネット配信に対して消極的だったが、動画配信サービスの拡大に伴い、世界に配信ネットワークを持つネットフリックスと組むことがジブリ作品の認知度向上にもつながると判断したもようだ。

ジブリ作品を巡っては米国ではAT&T傘下のワーナーメディアが5月に始める動画配信サービスの目玉の一つとして「千と千尋の神隠し」など21作品を配信するが、日本では現在、動画配信はしていない。

ネットフリックスは「スタジオジブリの長編アニメーションは、これまで35年間にわたり世界中のファンに愛され続けている」と強調。「日本発のすばらしい映画をアジアやヨーロッパ、南米などの多くの国の言語でみてもらいたい」とコメントした。

引用:日本経済新聞サイトより

なぜ日本では配信しないんですかね。。。

日本で配信できないのは、テレビ局などとの関係性もあるのかもしれません。そう考えると、日本の動画配信サイトでジブリ作品を視聴できる日が来るのは、まだ現実的ではなさそうです。

そのため無料で『おもひでぽろぽろ』を見ようと思った場合には、DVDを購入するか、TSUTAYA DISCAS無料お試し期間を利用しての視聴が最もおすすめです。

映画『おもひでぽろぽろ』のDVDやBlu-rayを購入する


映画『おもひでぽろぽろ』ファンの感想や見どころ

女性
女性
大人になってから、割と好きになったジブリ映画です。
子どもの頃は、おもひでぽろぽろで描かれている懐かしさがあんまり分からず、「寝台列車いいな」とか「花摘むの楽しそう」とかそういった感想しか持っていませんでした。
今見ると、昔は珍しかったパイナップルを頑張って食べる主人公の気持ちも、家族と出掛けたかったのに、なぜか拒否してしまうその気持ちも、すごくわかってしまいます。
きっと、誰が見てもああ分かる、あったなそんなこと。と思えることがあるのではないでしょうか。
ただ、今の日本とはかなり様子が違うので、亭主関白なお父さんの姿にはピンとこないかもしれませんね。
そういったことも全て今の若い人が見ても新しさや発見があると思います。
女性
女性
この映画は、主人公の声を今井美樹さんが演じていることを知り興味を持ちました。簡単なあらすじは、1982年に27歳のタエ子が休暇を取って山形に行き、遠くの親戚の農作業の手伝いをします。東京出身のタエ子にとっては田舎暮らしが夢だったのです。妹が結婚することで憧れの田舎ができたタエ子は、田舎暮らしを満喫します。その後、ばあちゃんが現地に住んでいるトシオと結婚してくれとタエ子に頼むのです。そして、彼女はトシオとの生活を始めることを決断するのです。この映画では、タエ子が小学校5年生の時の回想シーンが多く、それらのエピドードはとても心温まります。ラストシーンのタエ子とトシオが歩いてくのを小学校5年生のタエ子が見送る様子は感動的でした。
女性
女性
大人になり、仕事に忙しい主人公タエコが、小学生時代の思い出を回想してく作品。
古き良き昭和の時代を回想できるいい作品。実際には自分が生まれていない時代を回想しているのですが、なぜか懐かしい感じなります。
途中途中で挟まれるBGMなどから自身の親の世代がターゲットなのかなと思いました。
ただ、小学校時代などの描写は全ての世代で共通する部分もあり、どの世代が見ても非常に暖かく感じるはずです。やはり、アニメというジャンルでこの作品が出たので、アニメだからこそ表現できる部分だったのかなと思います。

おすすめは、なかなか好きと言えない男子とタエコとの路地裏でのやり取りです。この気持ちは小学生ならではかなと思いました。タエコも相手の気持ちには気づいているけれども。。。

とても地味なジブリの作品ですが、仕事で忙殺されている時こそ見るべき作品だと思います。自分の過去を思い返して懐かしむ作品。

女性
女性
大人のタエ子と彼女の子供の頃の話が交互に流れてくるこの映画は、まるで大人になった自分と昔の自分を見ているようで、懐かしい気持ちにさせてくれるので大好きな作品です。しかし、ただ子供時代は無邪気に楽しいばかりだったという話ではなく、子供なりの葛藤と闘いながら日々を過ごしていたということを思い出させてくれる話で、私はそれがこの映画の魅力だと思っています。おすすめのシーンは、家族で出かける日にタエ子がぐずぐずしている一連の流れです。タエ子がぐずついている理由もわかるし、最終的に父親にビンタされてしまってとてもかわいそうなので、子供の頃見たときは一緒に泣きそうになって嫌いなシーンだったのですが、大人になった今は子供の頃の気持ちを思い出せる大事なシーンになりました。
女性
女性
映画の中でひょっこりひょうたん島の歌を歌いながら気持ちを切り替えるシーンがあります。そのシーンが非常に勇気づけられます。また、そもそも主人公はストレスから逃れようと田舎に旅行しに来ます。都会の堅苦しい標準語と違い、田舎の方言をきき、気持ちがどんどん癒されて、楽になって行く様が描かれてる全体的な構成が大好きです
男性
男性
昭和世代の人なら、誰しも懐かしいと思える話ばかりです!
ベニバナ畑の美しさや、大人の恋愛も含まれており、連休中などに見るのに最適な映画だと思います。小学生の頃の思い出や、分数の掛け算などをおもだしながら見るのも面白いです。
女性
女性
都会からの一瞬のエスケープのつもりでやってきたタエ子ですが、小学5年生の自分に導かれて運命の人を見つけます。小学5年のエピソードはなつかしく、昭和の空気感たっぷり。そんな些細な学校や家庭での日常のエピソードをたどっていくうちに、にがい思い出が蘇ります。「おまえとは握手してやんねえよ」転校していくあべくんが言ったその言葉と遊び半分で農家の手伝いをしていた自分がリンクし、自己嫌悪に陥るタエ子ですが、そのねじれた気持ちを掬い取ってくれたのがトシオでした。ジブリ映画に登場するおばあちゃんの話し方や田舎の人たちの方言はあったかくてほっとするし、子どもの頃ってそうだったよな~みたいな懐かしさでいっぱいになりました。そして見終わった後もハッピーな気持ちになれるし、構えずに見れるし、不思議と時々また見たくなったりする映画です。仕事やコロナで心が疲れているときには、最高のヒーリングになりそうです。
女性
女性
懐かしい気持ちになれるジブリ作品で、小さい頃からよくみていました。何度見ても飽きません。27歳になるタエ子は、旅をしながら自分が少女だった頃を思い出すんですよね。家庭内のこと、学校のこと、淡い初恋のことなど、よくあるあるというようなエピソードがたくさん出てきます。女性なら特に共感できる部分は多かったと思います。割り算の意味が分からなかったことやパイナップルを楽しみにしていたのに味はさほどではなかったこと、お父さんに殴られて大泣きするところなど、私も少女の頃似たような経験をしてきたので、懐かしかったです。女の子同士でも少し気を使うところや、好きな男の子の前だと緊張して口数が減ってしまうところも、分かる分かるという目で見ていました。タエ子の少女時代の振り返りも楽しいのですが、27歳のタエ子が休暇中に出会ったトシオに惹かれ始める部分も良かったです。トシオは農業をやっていてとにかく明るくて元気です。少し控えめで、一人で思い悩んでしまうタエ子とは対照的なところも良かったです。トシオがタエ子を励ましてくれるシーンも、説得力があって好感が持てました。ちなみにトシオの声は柳葉敏郎さんが担当しているのですが、トシオのイメージにとてもぴったりな声でした!

映画『おもひでぽろぽろ』をフル視聴するには、キャンペーン中で無料視聴期間も長いTSUTAYA DISCASがオススメです!

見たい映画の動画やDVDを見て、気に入らなければ解約すれば一切費用はかかりません。

映画『おもひでぽろぽろ』の
DVDがTSUTAYA DISCAS無料!

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料お試し

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はTSUTAYA DISCASホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス