洋画

映画『オデッセイ』高画質動画の無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじキャスト

このページでは、映画『オデッセイ』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\U-NEXTで31日間動画無料/映画『オデッセイ』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『オデッセイ』は、2015年に公開されたマット・デイモン主演のSFサバイバルムービーです。

映画『オデッセイ』は2015年公開のSF映画。原題は『The Martian』。アンディ・ウィアーの小説「火星の人」が原作。監督は『エイリアン』、『ブレードランナー』などを手掛けたリドリー・スコット。

ディズニーデラックス

映画『オデッセイ』動画を無料でフル視聴する方法

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

『オデッセイ』を
無料視聴する

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『オデッセイ』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT × 330円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× 300円 932円 30日間
dTV × 300円 550円 31日間
TELASA × 200円/2日 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
Amazonプライム × 100円 500円〜 30日間

\U-NEXTで31日間動画無料/映画『オデッセイ』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる『マット・デイモン』関連作品

U-NEXTで見れる『リドリー・スコット』監督関連作品

  • 映画『エイリアン』の動画見放題
  • 映画『グラディエーター』の動画見放題
  • 映画『ブラックホーク・ダウン』の動画見放題
  • 映画『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』の動画見放題
  • 映画『プロメテウス』の動画見放題

※2020年7月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...

\U-NEXTで31日間動画無料/映画『オデッセイ』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『オデッセイ』の映画情報

映画『オデッセイ』あらすじ

―すべてに見放された時がある 運命を受け入れるか―

―世界や家族に伝えてほしい僕は還るために戦い続けたと―

―マーク・ワトニーー

http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/

映画『オッデセイ』は運に見放された男が、地球から遠く離れた火星を舞台に孤独で過酷なサバイバル挑む物語です。

時代は未来、NASAは火星での有人探査を実現させていました。火星に着陸したアレス3の乗員6名は様々な任務を行っていました。

SOL(火星日)18日、火星の土壌分析をしている時にアレス3の着陸地点を巨大な嵐が襲います。船長のメリッサ・ルイス(ジェシカ・チャステイン)は任務を中止して火星から離陸することを決定。

退避の途中でマーク・ワトニー(マット・デイモン)に飛んできた部品が当たり彼は意識を失ってしまいます。

嵐の中、クルーはギリギリまでマークを探すしますが生存が絶望的であると判断してMAV(火星上昇機)に乗り込み、火星衛星軌道上のヘルメス号に移り地球への帰還を開始。

クルー達はマークを救い出したかったと強く思います。NASAでもマークの生存は絶望的とされて死亡が発表されます。

しかし、マークは生きていました。

通信用のアンテナが壊れて脇腹に刺さりましたが、出血した血が固まって宇宙服の穴を塞ぎ、一命をとりとめていました。

嵐の後、目を覚ましたマークはハブ(居住用ユニット)へ戻り、自分で脇腹の棒を抜いて施術します。

SOL19日、マークはハブのコンピューターにログオンして日記を記し始めます。絶望的な状況に置かれた彼ですが、できるかぎりのことをしようとポジティブに考えます。

様々な手段を考えたマークは次の探査機が火星に来るのが4年後であることから、その4年間を生き延びれば良いと考えます。

備蓄されている食料が31日分あり、乗員6人分として約186日分。

植物学者のマークは施設内でジャガイモの真空パックを見つけ、これを栽培すればよいと考えます。

火星の土ではそのまま栽培することができないことから、有機廃棄物の利用を思いつきます。つまり、乗員達が残した排泄物です。

パッキングされた排泄物を開封して悪臭に耐え、えづきながら土と混ぜて肥料を作ります。

傷が癒えた彼は今度は温室を作りをスタートさせます。

最初に火星での変化に気づいたのはNASAの衛星制御エンジニアのミンディ・パーク(マッケンジー・デイヴィス)でした。火星の観測をしていた彼女は一定時間おきに移動するものを発見します。

火星探査統括責任者のビンセント・カプーア(キウェテル・イジョフォー)に連絡が入り彼もそれを見ますが、まさか生存しているとは思わず何なのか頭を捻ります。

SOL36日、次の課題は水だと考えたマークは水素に酸素を加えて燃やせばいいとしてロケット燃料を燃やすことを考えつき実行しますが、爆発して吹き飛ばされます。

自分のために施設内に入れていた空気を考慮するのを忘れていたのでした。

再度、宇宙服に着替えて試したところ、見事に成功をおさめ、温室内に水が溜まり始めます。さらにジャガイモが発芽し、マークは喜びます。

その頃、地球ではマークの葬儀が行われていましたが、火星を観測していたNASAの職員は移動するものがマークであることをやっと認識します。

マークの生存は世界に公表されますが、救出方法どころが通信手段も考え出せない状態でした。

SOL70日、マークは次の探査機が4年後に到着したときのことを考えて着陸地点への移動方法について考え始めます。

それは3200kmも先の地点。使えるローバーは1台。それも50kmしか走行距離がありません。ヒーターを使わなければ2倍の距離を走行できますが、寒すぎて死ぬことが分かります。

マークは埋めてあったプルトニウムで解決しようと考えます。被爆の心配がありますが、今死ぬか、被爆してその後に死ぬか考えると何もしない訳にはいきません。

SOL79日、ジャガイモを収穫することに成功し、大きいものを食用、小さいものを次の栽培用にすることにします。ジャガイモを食べながら火星の地図を見ていたマークはあることに気づき、行動を始めます。

ミンディとビンセントは彼が何か作業を始めたことに気づきます。

JPL(ジェット推進研究所)に向かい、ビンセントは目的地が分ったと言います。彼の推測は当たっていました。

マークは以前に打ち上げられた探査機の部品を回収していたのでした。

彼はそれらを組み合わせて電源を入れます。すると、見事に動作し、信号を送ると地球での受信が確認されます。

しかしこれでできることは限られていて、マークの方から書いた文字をカメラに写し、映像を送ることはできますが、地球側からできるのはカメラを動かすことぐらいでした。

マークは解決策を考え出します。「受信しているか?」と書いたボードと共に左側にYES、右側にNOと書いて送ったのでした。JPLのスタッフがカメラを左に動かし、マークは地球から観測されていることを知って喜びます。

ASCII(文字コード)を使うことを思いついたマークは地球とのより難解なやり取りを成功をさせ、NASAからの指示によりコンピューターでの会話が出来るようになります。

自分の生存を知った乗員の反応を地球のスタッフに聞いたマークは「帰還ミッションに集中させるために知らせていない」というビンセントの答えに怒り、世界中が見守る中、俗語を連発して悪態をつきます。

マークの怒りはもっともなものだと感じたビンセントは乗員に伝えることにし、火星離脱から4ヵ月後、ヘルメス号の乗員にマークの生存が伝えられます。

SOL136日、突然、事故が起こり火星の外気にさらされたジャガイモが全滅してしまいます。地球では事故を聞き、食料物資の打ち上げを早めますが、急いだため計算が不十分でロケットの打ち上げに失敗します。

それを知ったマークはさすがに落ち込んでしまいます。

SOL186日、マークは死を覚悟したメッセージを残します。「自分が死んだら両親を訪ねて火星での生活を伝えてほしい」。彼はすっかり弱気になっていました。

ここで、これまでの状況を静観していた中国の国家航天局が、極秘に開発していたロケットを提供すると申し出てきます。

NASAはこれを受け、スーパーコンピューターとロケットを接続し、JPLはマーク救出に向けて新たに動き始めます。

果たして彼は地球に生還することができるのか。

\U-NEXTで31日間動画無料/映画『オデッセイ』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『オデッセイ』キャスト・出演者

  • マーク・ワトニー:マット・デイモン
  • メリッサ・ルイス:ジェシカ・チャステイン
  • アニー・モントローズ:クリステン・ウィグ
  • テディ・サンダース:ジェフ・ダニエルズ
  • リック・マルティネス:マイケル・ペーニャ
  • ベス・ヨハンセン:ケイト・マーラ
  • ミッチ・ヘンダーソン:ショーン・ビーン
  • クリス・ベック:セバスチャン・スタン
  • アレックス・フォーゲル:アクセル・ヘニー
  • ビンセント・カプーア:キウェテル・イジョフォー

映画『オデッセイ』は2011年に出版されたアンディ・ウィアー著のSF小説『火星の人』を原作としています。

原作小説『火星の人』はフィクションでありながらも化学的な正確さの追求は他の作品でも類を見みないほどでした。

そんな映画『オデッセイ』はNASAの協力のもとに制作されており、科学的な描写は更に磨きがかかっています。

これら化学の知識と技術は過酷なサバイバルを強いられる主人公マーク・ワトニーの心強い味方であり相棒でもあります。

映画『オデッセイ』スタッフ

監督

リドリー・スコット

代表作は映画『エイリアン(1979年)』、『ハンニバル(2001年)』など。
当時、映像化が厳しいと言われていたフィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を映画『ブレードランナー(1982年)』として映像化をやってのける。

1億ドルを超える製作費や突き抜けた宣伝費で話題を呼んだ映画『グラディエーター(2000年)』で第73回アカデミー賞と第58回ゴールデングローブ賞を受賞し興行的にも成功を収めた。

音楽

ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

ゲーム『メタルギアソリッドシリーズ』の音楽でも知られる。
映画『ナルニア国物語/第一章:ライオンと魔女(2005年)』でゴールデングローブ賞作曲賞にノミネートされる。

脚本

ドリュー・ゴダード

ドラマ『LOST』の第1シーズンの脚本で全米脚本組合賞にノミネートされた。また、『ホテル・エルロワイヤル(2018年)』で監督も務めた。

製作

サイモン・キンバーグ
リドリー・スコット
マイケル・シェイファー
アディッティア・スード
マーク・ハッファム

\U-NEXTで31日間動画無料/映画『オデッセイ』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『オデッセイ』感想や口コミ評価

女性
女性
この作品を私に勧めてくれた映画好きの方に「主人公が火星で楽しくじゃがいもを育てる話」だと聞かされていました。面白おかしく紹介してきただけだと思っていましたが、まだ観ていない方にこの映画を私が勧めるのであれば同じことを言うでしょう。なんだか興味をそそられませんか?少しまとめすぎたフレーズではありますが、素晴らしい作品です。任務で仲間たちといっていた火星でトラブルにあい、一人取り残されたワトニー(マット・デイモン)は普通であれば悲観し、パニックを起こし、自暴自棄になるような状態で、諦めず生き延びる方法を考え、すぐに実行に移し、地上の人々に自分の生存を知らせる策を練り始めます。植物学者のワトニーは自分や別れた仲間たちの排泄物を肥料にし、食料として基地にあったじゃがいもを種にして、火星でじゃがいも栽培を始めます。保存食だけでは誰かが救出に来るであろう数年後まで生き延びるのが困難と判断したからです。同時に彼はNASAとの通信を成功させ、自分の生存を世に知らせるのです。彼を救出すべく学者たち、様々な企業が協力しますが要のNASAが乗り気ではありません。ワトニーはいつも前向きで、失敗してもへこたれず、よくある脱出劇で泣き叫ぶような主人公とは一味違います!失敗に縛られず、前に進む大切さを教えてくれる作品です。
男性
男性
オデッセイは、近未来の姿が描かれている映画で、火星に人類が行ったときの話です。すでに、火星に人類が居住しそこで研究や実験などが実施されている状態でした。ある時、火星の地質調査をしている時に、強烈な砂嵐に襲われます。それで、火星からロケットにて脱出するのですが、手違いで主人公が稼いにたった一人で取り残されてしまうのです。しかし、主人公はたった一人で、火星で何年も生き続けます。それは、彼に科学的知識があり、畑を作ったり、水を作ったりする様子が描かれていて、そのサバイバル生活は見ていて頼もしかったです。その後、地球のスタッフが火星の基地を天体望遠鏡にて観察し、彼の生存を確認し本格的な救出作戦を実施するところはワクワクします。結果的には、彼は救助されてハッピーエンドで見終わった後にすっきりとした気持ちになりました。
男性
男性
大ベストセラー小説。火星の人をリドリー・スコットが映画化。火星に調査に行つたクルーたちが事故にあい、一人を残して、火星から離脱。しかし驚くことに死んだと思われていた男は生きていた。一人火星に取り残された男は絶望になり落ち込んでいたが気を取り直して生きる決心を固める。とはいってもここは火星、空気はない・水もない・食料もあとわずか、空前のサバイバルが始まる。知恵の限りを尽くして生きるのだ。コンピューターでサバイバルの知識を身に着け、一つ一つ克服していく。果たして彼に明るい未来が訪れるのだろうか。なんといってもこの男の強さ精神力逞しさに心が震える。火星に取り残されたこの男、無事地球に帰還できるのか、ハラハラ、ドキドキ物の宇宙のロビンソン・クルーソーです。マツト・デイモンが適役。
女性
女性
オデッセイの主役はマット・デイモンで、彼の作品はこれまでに何度も見ていたし、宇宙の教育的な映画かなと思って興味がありました。火星に一人置き去りになってしまい、そこからどうやって脱出するかという設定がおもしろいです。宇宙の映画はほかの作品でもよく見ていましたが、テンポがのろくて退屈することが多いのですが、オデッセイは全然退屈しません!展開のスピードがちょうどいいし、超真面目な映画かと思いきや少しジョークも混ざっています。ついフフッと笑ってしまうところもあります。諦めるか戦うかは自分次第で、孤独の中でいかにタフに生きるか!と、視聴者もドキドキしてしまいます。火星でサバイバルなんて、舞台が舞台なだけに過酷すぎますが、幸いなことに主役は宇宙飛行士で科学分野の博士みたいなものなので、頭を使って解決できるのが幸いするんですよね。宇宙飛行士レベルになると、一般の人よりはるかに知能数が高いから発想も高度です。普通より下の学識しかない私にとっては難しい部分もありましたが、科学に秀でていること、タフでポジティブな性格があれば、火星で数日生き延びることも可能なのかもしれないと考えました。
女性
女性
もし自分が火星に1人取り残されたら、果たして生き延びて、再び地球に戻ることができるだろうか、と思わず想像してしまいます。そんな過酷な世界に放り出された主人公が、決して諦めないで生きようとする姿に、とても励まされます。火星は地球とは全く違う環境で、普通にしていれば水も酸素もなく、生きていける環境ではありません。かろうじて残っていたのは基地の物資だけで、それも使い切ってしまえばおしまいです。絶体絶命のピンチに、助けてくれる人もいないとくれば、もうお手上げ状態だと思ってしまいます。しかし、ワトニーは持ち前の知識と経験をフル活用して、次の探査機が来るまで耐えようと頑張ります。何もなかったところに、ジャガイモを根付かせて収穫するまでに至る展開には、拍手したくなるほど感心しました。知っていなければ工夫もできませんが、何より挑戦しようとする意志の強さが、ワトニーの最大の魅力だと思います。他にも様々な創意工夫を凝らすことで、ワトニーの火星生活に光明が見えてきます。宇宙規模のサバイバルを、たった1人で乗り越えようとするワトニーは、本当にすごい人物だと思います。マット・デイモンの雰囲気も役柄と合っていて、好印象でした。
女性
女性
地球の常識が全く通用しない火星にたった一人で取り残され、食料は1月分しかなくて、次の助けが来る見込みは4年後。さらに、火星での生活も一筋縄では行かず、何度もトラブルに見舞われるという。
とにかく絶望的な状況の中で、主人公のワトニーがその知識を生かして、ひとつひとつ問題の解決に取り組んでいく様にとてもワクワクしました。
限られた資材を使って生きる上で必要な水、酸素、電気を確保して、更にジャガイモの栽培を成功させるまでの過程は、実際に可能かは不明ですが、難しいことが分からない私や小さな甥っ子でも「こんなことが出来るのか、凄い」と言い合いながら楽しめました。
ワトニーの救助シーンでは、それまでたった一人で、あの手この手を尽くして生き延びてきたワトニーが無事に救助されるように、絶対に成功してほしいと手に汗を握りながら見守っていました。
最後の最後、ワトニーの咄嗟の行動のかげで救助が成功した時には、作品の中の彼の救助を見守っていた人々と同じように喜び、感動のあまり涙が出ました。
実際の映像ではないはずなのに、まるでノンフィクションのようにドキドキしながら観ることの出来る世界観が魅力的な映画でした。
女性
女性
火星に一人取り残され数年を過ごす事になった宇宙飛行士と、彼を救うために知恵と勇気を振り絞る関係者達の知恵と勇気、決断のストーリー。主人公のマットデイモンが緊張感の有るストーリーを際立てています。一つ問題が起きればそれを対処し、また問題が起きれば対処していきます。絶望に次ぐ絶望で普通の方なら気が狂ってしまいそうな環境ですが強い信念で生き延びていく姿がとても感動的でした。流石宇宙飛行士、知識の豊富さと決断力を兼ね備えた能力の高さに心から憧れました。世間の評価が高いのも頷ける作品内容、SFですがリアリティの有るドキュメンタリーの様な雰囲気で宇宙人との戦いや宇宙戦争等が苦手な人でも楽しめる構成になっています。各トラブルシーンにおける構図や雰囲気の凝り方はリドリー・スコット監督のなせる技術だと感じます。リドリー・スコット監督の他作品はストーリー性が弱いものも有る印象でしたが今作品ではそんな事は一切無く、監督の良い部分が際立っていました。個人的な見どころとして危機的状況での和ませる会話でした。孤独の時に支えるのは楽しむ心とユーモア、そして信じる力と目標設定。様々な事が学べる映画になっています。是非お勧めします。

映画『オデッセイ』の
動画がU-NEXT観られる!

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

『オデッセイ』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス