邦画

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』高画質動画を無料フル視聴!あらすじやキャスト

このページでは、映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』は、太宰治の『人間失格』の誕生秘話を、太宰自身と彼を愛した3人の女性たちの目線で事実を元にしたフィクションとして、公開された映画です。

蜷川実花さんの監督4作目で、この映画を構想するのに、なんと7年もの歳月をかけたと言われています。蜷川実花の世界観にも注目です!

ディズニーデラックス

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』動画を無料でフル視聴する方法

\『人間失格 太宰治と3人の女たち』は/
\U-NEXTで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
U-NEXT × 550円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 400円 933円 31日間
dTV × 400円 500円 31日間
TELASA × × なし 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 31日間
FODプレミアム
× 500円 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 400円 500円〜 31日間

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の映画情報

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』あらすじ

類まれなる才能を持つ太宰治は、流行の作家でした。しかし妻と子どもがいながら、酒と薬物、女に溺れる日々を過ごします。

創作に行き詰っていた太宰は、太田静子と知り合います。戦後の色あせたような世の中で、ぱっと花が咲いたような桃色の存在でした。

静子は、小説家になって世の中に出たいという野心家でした。見た目の女性らしさに反して、意志を持って力強い言葉を発する静子に、太宰は心惹かれます。

二人はオペラの観劇でムードが盛り上がり、太宰はロビーで静子に愛の言葉を囁きかけます。

太宰は静子の日記を元に小説を書き上げます。それが『斜陽』。庶民の間で大変な話題になったこの作品により、太宰は再び栄光を手にしました。

 

若手編集者の佐倉は、太宰の担当です。彼は学生の頃から太宰の作品に惚れ込み、編集者になったのです。そのため、彼の酒癖や薬、女性関係のことにも口を出さず、使い走りにされても気にせず働いていました。

しかし、静子が「赤ちゃんが欲しい」とねだったと知り、危機感を募らせます。太宰は女性のお願いを断れないたちであることを、佐倉は知っていたからです。

 

太宰の妻・美智子は、以前は女学校の教師で、当時の女性としては知的な存在でした。

二人の子供に恵まれ、幸せな家庭のようにも見えますが、実際は彼女の心の中は荒れ狂っていました。太宰は子どものことを可愛がってはいましたが、仕事ぶりには波があり、経済的にもまったくもって順調とは言いがたかったのです。

美智子は太宰の作品のファンであり、それをきっかけに知り合ったので、太宰の才能を信じながらも、実際の生活では太宰のことは褒めません。才能を信じるからこそ、おごらず甘えず、もっと上を目指してほしいという気持ちがあったのでしょう。

美智子は、太宰の不倫に気づきながらも、気持ちを静かに噛み殺しながら過ごします。

 

そんな中、太宰は『ヴィヨンの妻』という短編小説を出版。作家の妻は美智子のようにあるべくだと説くのです。

無頼派の坂口安吾は、馴染みのバーで太宰を批判します。作家は、妻や子供を持つべきではないと言うのです。クダを巻く坂口を、太宰はいなします。「堕落論」を主張する彼と、妻や愛人のことを作品に書いてきた太宰は、対立しながらも同志としてお互いを認め合っていました。

 

静子の弟・薫は、姉を慕い、そのために太宰を憎んでいました。太宰の行いを静子に何度も告げますが、静子は聞く耳を持ちません。

薫は気をもみながらも、姉の希望を叶えるため、彼女と共に太宰がいる店へ行きます。

そこではなんと、『ヴィヨンの妻』について、出版関係者や作家らが、大騒ぎをしていました。作家の妻として、賛美される正妻の美智子。その言葉を静子は聞いてしまいます。

 

山崎富栄もまた、太宰を愛する女性の一人でした。

富栄は未亡人です。戦地から戻らない夫を待ちながら美容師として働いていました。当時は夫に心を残していたものの、「大丈夫。君は、僕が好きだよ」と、太宰からアプローチを受け、彼に溺れていきます。

太宰もまた、富栄に溺れるようになり、自宅に帰らぬ日が続きました。

仕事をする気があっても、相変わらず自堕落になり、酒とたばこ、そして富栄の体に溺れる日々。

 

そんな中、静子に娘が生まれ、薫がその知らせを伝えに来ます。太宰は自身の名前を取り、「治子」と命名。

しかし、太宰は結核がひどくなり、富子に介抱されるも、薬の大量摂取で自殺を図ります。二人の子育てに奔走する妻の美智子を差し置き、彼の行いは常軌を逸していきました。

祭りの夜縁日で込み合う中で、太宰の娘は、太宰と富栄の逢瀬の現場を目撃してしまいます。しかし美智子は、「お父さんは、お仕事だから」とその場を立ち去ります。

それぞれが心のバランスを崩して、堕ちていくのでした。

 

『斜陽』の単行本が出版されて、大ベストセラーとなります。しかし一方で、太宰は小説のために何でもすると、酷評すらされていました。太宰の目は日に日に曇っていきます。そんな中、佐倉までもが、ただの不倫小説だとなじるのです。

一方、静子は『斜陽』が世間に認められたことを喜んでいました。彼女にとって、日記を題材とした『斜陽』は太宰との合作でした。太宰は口止めとして静子に大金を支払いますが、静子はそれに飽き足らず、名前を載せるようにとせがみます。

 

ある日、太宰はバーで新進気鋭の作家・三島由紀夫に出会います。彼は、太宰は文学をただの見世物に落としたと、太宰の作品を嫌います。

力強い三島の声と視線にたじろいだものの、太宰は命がけで小説を書いていると食って掛かります。その姿に呆れたように、三島は立ち去りました。

 

富栄の太宰に対する執着は日に日に増していき、同時に太宰の生命力は吸い取られていくかのようです。太宰は家庭のことも顧みなくなってしまいまい、美智子もまた、苦しんでいました。さらに自分が留守の間に、愛人が家に来ていたということを知り、美智子の心は壊れそうになります。

富栄は捨てられることを恐れ、一緒に死にたいと言い出すようになります。これまでに太宰は自殺未遂を起こしてきましたが、富栄に影響されていくのでした。富栄は太宰との子供を授かることもできなかったため、共に死ぬことで太宰を自分のものにしようとしたのです。

 

二人はある日、玉川上水に身を投げます。太宰は直前まで富栄をとめようとしましたが、富栄は太宰と自分の腕を赤い帯でくくり、満足げに微笑んでいたのです。

二人の遺体が見つかったのは、それから3日後のことでした。

 

美智子の元には、太宰の遺書がありました。

「誰よりもお前を愛してゐました」。その一言を、美智子は苦労の末に勝ち得たのです。

静子は太宰への愛と、過ごした日々を記した『斜陽日記』を出版。自分の名前で出した著書と、愛娘の存在が、彼女の自信となったのでした。

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』キャスト・出演者

  • 太宰治:小栗旬
  • 津島美知子:宮沢りえ
  • 太田静子 : 沢尻エリカ
  • 山崎富栄 : 二階堂ふみ
  • 稲垣来泉
  • 田部シメ子 : 山谷花純
  • 片山友希
  • 宮下かな子
  • 山本浩司
  • 壇蜜
  • 木下隆行
  • 近藤芳正
  • 佐倉潤一 : 成田凌
  • 太田薫 : 千葉雄大
  • 伊馬春部 : 瀬戸康史
  • 三島由紀夫 : 高良健吾
  • 坂口安吾 : 藤原竜也

今を時めく豪華な俳優たちが勢揃いの本作品。公開決定当初から、注目を集めていました。今までさまざまな俳優が太宰治を演じていますが、小栗旬さんの演じる本作は、太宰の晩年機に焦点を当てており、一層破滅的で享楽的なものになっています。

実は蜷川実花さんは、構想時点から小栗旬さんに太宰役を頼もうと思っていたそうです。興行収入は13.5億円を記録。蜷川実花らしい色調と、歴史ものながらも現代らしさも詰まった作品で、非常に人気の作品となっています!

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』スタッフ

監督

蜷川実花

プロデューサー

池田史嗣

音楽

三宅純

脚本

早船歌江子

製作総指揮

大角正
佐野真行

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』感想や口コミ評価

女性
女性
太宰治作品を本で読んだことは無いが、監督と出演者に興味が沸き映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』を鑑賞しました。映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』全体の感想としては、それぞれの人間の欲深さを満たしていく様が描かれていると思いました。女性視点でみると、男性側の不倫という嫌悪感を抱く場面が多く理解に苦しむ点があります。その中の一番刺さるシーンは、不倫相手と一緒にいる場面を本妻と子供に目撃されてしまい、本妻の見なかったことにするであろう場面です。公私ともに仕事のためと不倫関係を続けて3人の女と続ける関係の意味が主人公の人生を良い方向にもっていったのかは本人にしかわからないだろうと思います。監督のビジュアル感覚が物語より秀でており、ストーリーより視覚への強烈なインパクトがありました。女性の美しさ、生命の美しさが音楽と映像により幸福、儚さを表現しています。映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』一番の視覚的シーンは主人公の血液の赤色と雪の銀白色のコントラストの美しさです。同監督の他作品でもこの様なインパクトが強い色使いで記憶に残る魅せ方をしていると思います。強烈な色を使って強さが前に出ていますが、背面には人間の脆さや弱さが見え隠れしていると感じます。最後の不倫相手との結末には虚無感を感じざるを得ません。男性編集者の「たかが不倫小説じゃないですか」と誰でも思うこの言葉に主人公の「やってみろ」と言う言葉は不倫とはどうゆうものなのだろうかと考える人もいるのではないかと思いました。不倫という世の中のブラックな事であるけれども不思議なことに本妻と3人の女の結末としては、それぞれが笑顔で幸せなエンディングを迎え、主人公が4人を幸せにしたのかもしれないと思わざるを得ませんでした。
男性
男性
映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』は、2019年に公開された日本の映画です。天才ベストセラーである太宰治さんの作品の映画化です。映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』のあらすじは、太宰治が、彼の身重の妻の未知子と二人の子供がいながら、恋の噂が絶えず、自殺未遂を繰り返すという破天荒な生活を送っています。弟子でもある作家志望の静子と未亡人の富栄の二人の愛人と正妻をめぐり、日本中を騒がせた文学史上最大のスキャンダルの事実が描かれています。この作品では、小栗旬さんとミザザワリエさんの迫真の演技が素晴らしかったです。また、ほぼ事実に基づいた話であることも興味深かったです。映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』を見ることで、太宰治という人物がどんな人だったのか分かります。しかし、私は太宰治には共感はできませんでした。共感できないのが正解だとも思います。
男性
男性
多摩美術大学出身のグラフィック感溢れる写真家・蜷川実花が映画監督として製作した作品が『人間失格 太宰治と3人の女たち』です。太宰治の著名な小説『人間失格』の映画化作品ではありません。作家・太宰と関係を持った三人の女たちの人間模様を異様な色彩感覚で映像化した作品です。映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の監督である蜷川はこの作品で映画に携わるのは4作目。母校の多摩美でグラフィックデザインを専攻した写真家・蜷川は、原色を用いたデザインを造形する感覚でフォトグラフィを構成。その作家としての本性は『人間失格 太宰治と3人の女たち』でも色あせることはけっしてないように思えました。蜷川自身のサイトでは映像作家としての本性を”bathed in dreamlike vivid colors”(夢のごとき生々しい色彩に浸されて)と形容しています。蜷川監督のサイトは、彼女の豊かな才能、すなわち”distinct and vibrant aesthetic”(明瞭で煽動的な美学)が世界を席巻した、と結んでいます。わたしは『人間失格』では、二階堂ふみ演じるところの「山崎富栄」が若々しくてあでやかで男を悩ませる魔性の女を蜷川美学式に演じていると感じました。女である蜷川監督が、太宰を取り巻く3人の女たちを悩まし気に描いているため、主人公である太宰治(演・小栗旬)が霞んでしまっているほどです。
男性
男性
映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』は、ヘルタースケルターが面白かったので蜷川実花作品という事で見てみました。人間失格は有名なお話しですが原作を知らないのでなかなかストーリーが掴みづらく頭が内容に追いつけないまま気づいたら終わってました。正妻が宮沢えり、愛人が沢尻エリカと二階堂ふみと豪華な顔ぶれだった分物語が掴めなかったのが残念です。小栗旬演じる太宰治は気が抜けてたり情熱的になったりと温度差がある演技だったので見ごたえはありました。正妻として太宰が作品を書くためなら浮気も見過ごす宮沢えり演じる美知子と太宰の子供を産んで一人で育て心が繋がっている事を大切にして生きる沢尻エリカ演じる静子、ずっと一緒に生きていく事を優先させたい二階堂ふみ演じる富栄。酒とたばこと女に浸ってるのに3パターンの女性を虜にした太宰治はさぞかし魅力的な人なんでしょう。3人それぞれのラブシーンはエロさがあってさすが蜷川実花作品だなと感じます。本当にエロいというよりは雰囲気がエロいという感じです。もうちょと踏み込んでもいいかなぁとちょっと物足りなく感じました。物語の終盤で太宰治が大量の血を吐いて倒れたのに急に起き上がって死なないんかいとツッコミを入れたくなりました。
女性
女性
映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』では、蜷川監督の芸術性が生きています。色彩豊かな女性のファッションと、太宰が生きた時代のカフェの様子も素敵に描かれています。注目は、やはり太宰を演じた小栗旬さんです。男性の色気が滲み出ていてとにかくかっこいいです。女性に対してだらしないだめな部分が、また魅力につながっています。小説のために血を吐きながらも、孤独と戦いながらも自分の表現を昇華していく様は、惚れ惚れとしてしまいます。正妻の宮沢りえさんの凛としたたくましさ、愛人の沢尻エリカさんの上品な中の影、二階堂ふみさんの奔放な若さがあいまってどろどろ美しい映画です。映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』で、脇を固める千葉雄大さんや成田りょうさんや瀬戸康史さんなど、主役級のイケメンがいっぱい出ています。
女性
女性
この映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』は「人間失格」の実写化ではなく、太宰治がこの作品を執筆するに至った背景(女性関係)について描かれています。所謂伝記物だと認識して鑑賞したので、なんとなく古くさいようなイメージでした。ですが、この映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』では色彩鮮やかな世界観と高度なCGを用いており昔の話を見ているという感覚はなくて、美しい映像作品を見ているようでした。とにかく画の鮮やかさと美しさが印象的な作品です。3人の女性と太宰治との関係性が描かれますが、総じて言える感想は太宰治がいかに女性泣かせかというところです(笑) 一人一人描かれ方や色彩感が違っていて、こだわりを感じました。濡れ場についても、いやらしさを感じさせない圧倒的な美しさが印象に残っています。オススメシーンはラストのシーンです。ここに関しては深くお話しするとネタバレになってしまうのですが、CG映像の迫力や奥行きの深さに見惚れてしまいました。太宰治作品が好きな方は勿論、映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の役者や監督が好きな方も、写真や映像の勉強をされる方にもおすすめの作品です。
女性
女性
映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』は、キャストが好きな人たちばかりだったので見てみました。一番好きだったのは沢尻エリカさんです。小栗旬さんや岡田准一さんとの絡みもあって、妖女っぷりが素晴らしかったです。美しいセミヌードも公開しているので、沢尻エリカさんのファンとしてもうれしかったのではないかと思います。小栗旬さんは、女好きのモテ男・太宰治にぴったりだったと思います。色男っぷりが楽しめます。映画を観る前はあまり良い評判を聞いていなかったので、内容は期待していなかったものの、期待していなかったからこそ面白く感じました。簡単にいえば太宰治の半生を描いた作品なのですが、3人の女性との恋愛模様や絡みが描かれていて、過激なシーンもあります。特に、二階堂ふみさんのしおらしい役も新鮮でした。太宰治に言い寄られて誘惑されるシーンなんて、初々しい乙女の演技がお見事でした。沢尻エリカはそのままの小悪魔っぷりを発揮していました。小栗旬さんと裸でシャワーを浴びるシーンや、岡田准一さんといっぱいキスしながらベッドに流れ込むシーンは、沢尻エリカさんだからこそしっくりくる気がします。3人の女性たちの性格や関係性が違うからこそ、太宰治との絡みがそれぞれ楽しめます。
女性
女性
映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』を見て感じたのは、とにかく極彩色の映像が美しいなと思ったのと、何よりも太宰治と3人の女性を演じるキャストの方々の演技が良かったです。私の中で、小栗旬さんはクールな二枚目の役を演じられている印象が強かったので、今作のように人間のだらしない面を前面に押し出した役柄というのがかなり新鮮でした。しかし、破滅的な性格、惨めで脆すぎるメンタルの中で時折見せる非情な表情のバランスが上手くて、今作の過激な雰囲気がよく似合うと思いました。『斜陽』のモデルとなった静子を演じた沢尻エリカさん。彼女はしたたかな女性の役がとてもよく似合います。愛人でありながら太宰の子を産み、更には作品に自分の名を載せるように要求するなど、何のためらいもなく驚きの行動を起こす静子ですが、彼女が演じると不思議な説得力がありました。太宰に狂おしいまほどの愛を持つ富栄。二階堂ふみさんがここまで大胆な役柄を演じるとは…というのが正直な感想です。とにかく驚きました。ただ、そんな二人の愛人に引けを取らない強さを見せたのが正妻の美知子。二人の愛人も中々の強烈な人物でしたが、個人的に一番苛烈な心を持っていたのはこの美知子なのではないかと思いました。そんな美知子を、哀しく美しく演じた宮沢りえさんの演技には強く胸を打たれました。

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の
動画がU-NEXTで無料試聴可能!

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど
他の動画も見放題!

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の
動画を無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス