アニメ映画

映画『Mr.インクレディブル』高画質動画を無料フル視聴!あらすじと字幕&吹替anitubeを使わずに見る

このページでは、映画『Mr.インクレディブル』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『Mr.インクレディブル』と言えば、特殊な能力を持った家族が、ヒーローとなって大奮闘するピクサーアニメですよね。2004年度アカデミー賞では長編アニメ映画賞、音響編集賞を受賞しました。

その後、続編の『インクレディブル・ファミリー』も公開され、改めてオリジナルの映画『Mr.インクレディブル』を見たいという人も多いはず!

ディズニーデラックス

映画『Mr.インクレディブル』動画をディズニープラスで無料フル視聴する方法

\『Mr.インクレディブル』は/
\ディズニープラスで見放題/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間動画が無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベルの人気作品動画が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『Mr.インクレディブル』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 770円 31日間
U-NEXT × 330円 1,990円 31日間
Hulu × × × 933円 2週間
TSUTAYA TV
× × × 933円 31日間
dTV × 300円 500円 31日間
TELASA ×/○ × 330円 562円 31日間
Netflix × × × 800円〜 31日間
FODプレミアム
× × × 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 300円 500円〜 31日間

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

ディズニープラスで視聴可能な関連作品

ディズニープラスでは、映画『Mr.インクレディブル』シリーズ作品が見放題動画作品なので、全作無料で一気見が可能です!

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『Mr.インクレディブル』の映画情報

映画『Mr.インクレディブル』あらすじ

ボブ・パーは、Mr.インクレディブルに変身し、ヒーローとして、人々の平和を守っていました。同じくヒーローとして活躍するイラスティンガールは、ライバルであり魅力的な存在です。

ある日、ボブは敵のボム・ボヤージュの爆弾から、ファンだと名乗るインクレディボーイを助けます。

インクレディボーイは、相棒になりたいと言いますが、気にも留めないボブ。

事件が解決し、ボブとイラスティンガールであるヘレンは結婚式を挙げ結ばれます。

しかし、スーパーヒーロー達は救助活動によって被害を受けた人々からの訴えが続き、ヒーローの活動が出来なくなってしまいます。

15年後、ボブ・パーは保険会社の事務員として働いていました。

ヘレンは、家事と子育てに奮闘しています。自分たちの特殊な能力を隠し、普通の家庭を築くように努力をするパー家族。

しかし、娘のヴァイオレットは、透明人間になる能力を隠すあまり引っ込み思案になり、息子のダッシュは人一倍に早く走る能力をイタズラに使う始末です。

人助けをしたいボブは、顧客が保険金を受け取れるよう秘密を教えてしまうので、上司に目を付けられていました。

そんなストレスを発散するかのように、過去のヒーロー仲間フロゾンとこっそりと人助けをしているのでした。未だヒーローへの未練が立ちきれないボブ。

ある日、上司に呼ばれ小言を言われたボブは、思わず能力を使い上司を投げ飛ばし、会社を首になってしまいます。

落ち込んで家に帰ったボブの元に、突然ミラージュと言う女性からメッセージが届きます。

その内容は、スーパーヒーローとしての力が必要だという事でした。給料も3倍になると聞き、すぐに引き受けるボブ。

仕事は、研究施設から脱走した高性能戦闘ロボットを捕獲してほしいというものでした。

家族に内緒でスーパーヒーローの仕事を始めたボブは、すぐにロボットを捕獲し、かつてのように生き生きとした笑顔を取り戻します。

ある日ボブは、破れてしまったスーツを治してもらう為、ヒーロー時代からの旧友・エドナ・モードの元へ向かい、スーツを新調してもらいます。

全てが順調と思えた矢先、インクレディブルの前に立ちはだかったのは、ロボット・オムニロイドとかつてインクレディブルのファンと名乗った少年・シンドロームでした。

シンドロームはオムニロイドにヒーロー狩りを行わせることで強化し、そして街に送り込んだオムニロイドを自作自演で倒すことによって、彼自身がヒーローになるという陰謀を企んでいました。

ボブはシンドロームと対決し、彼の陰謀を突き止めますが、あと一歩のところで捕まってしまいます。

家族を救おうと必死に奮闘するボブと、秘書である自分の命をなんとも思わないシンドロームの姿を見て、ミラージュはシンドロームに疑念を抱き始めます。

ヘレンは、家のクローゼットでボブのスーツに着いた髪の毛から浮気を疑い始めていました。

エドナに相談の電話をすると、家へ呼ばれ無理やり専用のスーツを渡されるヘレン。ヘレンはボブを探し、真相を確かめる為、ジェット機に乗り旅立ちます。

一方、留守番を頼まれたヴァイオレットとダッシュでしたが、自分達のスーツを見つけヘレンの元へ付いてきていました。

赤ん坊のジャック=ジャックはヘレンの友達・カーリに任せたと言い、心配ながらもヘレン達はボブの元へ向かいます。

島の防衛設備にジェット機を追撃されてしまったヘレン達。自分の能力が上手く使えず落ち込むヴァイオレット。

ヘレンは、ヴァイオレットとダッシュを安全な場所に避難させ、一人シンドロームの基地へ潜入し、ミラージュによって助けられたボブに再開します。

一方、ヴァイオレットとダッシュは、シンドロームの部下と戦っていましたが自分達の能力を使って乗り切り、無事ボブ達と再会します。

シンドロームに立ち向かうも、再び捕らえられてしまうパー一家。

ボブが家族を守れなかった事や、今までの自分の行動を詫びると、ヴァイオレットは自分の能力を使い、家族を解放し脱出に成功します。

ミラージュの協力を得て、ロケットでシンドロームの元へ向かうボブと家族。

シンドロームは街で暴れるオムニロイドの前に現れて立ち向かいますが、オムニロイドの反撃を受けて気絶してしまいます。

暴走を続けるオムニロイドに立ち向かうボブ達。氷を操る能力を持つ、旧友のヒーロー・フロゾンと協力してリモコンを奪い取り、なんとかオムニロイドを倒し街には平和が戻りました。

事件を解決し、家へ戻って行くボブ達家族。ヘレンがベビーシッターのカーリーと連絡を取っていると様子がおかしく、部屋に駆けつけるとそこにはカーリーではなくシンドロームの姿が。

赤ん坊のジャック=ジャックを誘拐し、ジェット機にのせようとするシンドローム。

しかし、ジャック=ジャックの能力と、ボブとヘレンの攻撃により、シンドロームはマントをエンジンに吸い込まれ、爆発に巻き込まれていきました。

三ヶ月後。ボブ達はダッシュの運動会の応援に来ています。

ヘアバンドでイメージチェンジをしたヴァイオレットは、気になっていた彼とデートの約束をして明るい笑顔に。

ダッシュは、徒競走で特別な能力がバレないように加減して、無事2位を勝ち取ります。

ひとときの平和な日々が、ボブ達に訪れていました。

しかし、そこにアンダーマイナーと名乗る敵が現れます。ボブ達は再びコスチュームに身を包み、ヒーローとして立ち向かうのでした。

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『Mr.インクレディブル』キャスト・出演者

  • Mr.インクレディブル/ボブ・パー:クレイグ・T・ネルソン/三浦友和
  • イラスティガール/ヘレン・バー:ホリー・ハンター/黒木瞳
  • シンドローム:ジェイソン・リー/宮迫博之
  • バディ・パイン:ジェイソン・リー/岩田光央
  • ヴァイオレット・パー:サラ・ヴォエール/綾瀬はるか
  • ダッシュ・パー:スペンサー・フォックス/海鋒拓也
  • フロゾン/ルシアス・ベスト:サミュエル・L・ジャクソン/斎藤志郎
  • エドナ・モード:ブラット・バード/後藤哲夫
  • ミラージュ:エリザベス・ペーニャ/渡辺美佐

Mr.インクレディブルの日本語吹き替えを担当したのは、俳優の三浦友和さん。渋い演技が格好いいですよね。最近では、映画『AI崩壊』にも出演されています。

妻のイラスティンガールの吹き替えは黒木瞳さんが担当。いつまでも美しく清楚なイメージの黒木さん。映画『終わった人』では、定年を迎えたエリート銀行マンの妻役を演じられています。

豪華な声優陣が揃う映画『Mr.インクレディブル』、吹き替えの声にも注目してみたいですよね。

映画『Mr.インクレディブル』スタッフ

監督

ブラッド・バード

音楽

マイケル・ジアッキーノ

脚本

ブラッド・バード

製作

ジョン・ラセター

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『Mr.インクレディブル』感想や口コミ評価

女性
女性
この作品、とっても好きで何度も観ているんですが、アカデミー長編アニメ賞やアニー翔全10部門など、数々の賞を総なめにしている素晴らしい作品だったんですね!知らなかったんですが、納得です。
元々ヒーローものやディズニー映画が好きだったので、序盤のインクレティブルとイラスティガールの回想シーンで、とっても興奮!こんな笑えるヒーロー物語はありません。そして、こんなことがあって結婚したんだ(笑)と、若干面白かったです。
ヒーローを引退していたインクレティブルとイラスティですが、ひょんなことからまた戦うように。それも、家族のためです。以前と違うのは、子どもが3人いること。そして3人も戦いに加わっていること。(赤ちゃんのジャックジャックはラストシーンのみですが)
この子どもたち、とっても勇敢なんですよね。ママを守りたい。とか、パパが何をしているのか知りたい。なんていう子ども心で戦いにこっそりついてきちゃうんですから…。
そして、この戦いまで不安定だった子どもたちの能力も覚醒!めちゃくちゃ強くて頼りになる片腕に…。私も子ども3人を持つ母親ですが、このときのイラスティの気持ちが痛いほどよくわかります。
そして、ラストを迎えたときには、みんなをまとめてハグしてあげたい気持ちになる作品です。
女性
女性
家族の関係や大切さを教えてくれた作品です。映画の次回予告を見てから「何だかおもしろそう」だと思って気になっていた映画。もちろんピクサー作品だったので、見るしかないなと思っていました。また希望や夢を見せてくれるのかワクワクしていました。何気ない家族だけど、特殊な能力を持っている。それだけでも何だかうらやましい。特殊な能力があったらどんなことをするだろう、そしてどんな能力がいいのか迷ってしまう。
家族で1人1人が特別な能力を持つって人から見ればうらやましいのに、それぞれ悩みがある。そして、その能力をどのうようにして活かすのか見所です。
家族には内緒で極秘任務をするMr.インクレディブル。そんな中でおこる展開にも注目してみてほしい。もちろん能力を使って助ける姿はかっこいい。
私のお気に入りのキャラクターはイラスティガール。Mr.インクレディブルの奥さんであるけれど、家事もこなせる素敵な主婦なんだけど、戦う姿はかっこいい。私もこんな素敵な女性になりたいと思ってしまう憧れのキャラクターです!!
人々の生活を守るために戦うヒーロー達。子ども達も能力があるから、助け合いながら困難を乗り越えていく姿は家族や友達とみるのもおすすめです。
男性
男性
ありそうで意外となかった、家族丸ごとスーパーヒーロー設定が面白い。実はインクレディブル一家の特殊能力は、それぞれの個性が反映されているんです。パパのボブは一家の大黒柱なので力持ち、ママのヘレンは家事に育児に大忙しなのであちこちに手が届くよう身体が伸縮自在。長女のヴァイオレットは思春期特有の恥ずかしさを表して身体が透明になったり見えないバリアを張ってしまう能力を持ち、弟のダッシュは小学生頃の男の子らしく、有り余る元気さがものすごいスピードで走れる能力として描かれています。そして、赤ちゃんのジャックジャックは、片時も目を離せない変幻自在の無数の能力を持っています。彼らの能力にはそれぞれちゃんと意味があります。キャラクター設定の面白さもこの映画の魅力の一つです!
女性
女性
Mr.インクレディブルは家族みんなが特殊な力を持っているのですが、それによて家族がバラバラになってしまいます。ですが、最後は家族が力を合わせて世界を救います。ストーリーの中で私が注目してみてほしいところは、最後終盤兄弟の中で1番年下のジャックジャックが、悪者にさらわれてしまうのですが、その際にジャックジャックにも特殊能力があることが判明するんです!ですが特殊能力を使っているところを家族は見ていないので、今回の作品では家族が能力について触れることはありません。じゃあなんで?と思われるかもしれないのですが、ジャックジャックについては2でどんどん謎が明かされていくので、それに先駆けて?今回の作品で注目してみてほしいと思います!
女性
女性
家族の大切さ、ありがたさに改めて気付かせてくれる映画でした。自分の能力を発揮したいボブ・パーと、家族を第一に考えているヘレンの夫婦のすれ違いがありましたが、子供たちを懸命に育て、明るくて強いヘレンがとても好きです。家族がそれぞれ特殊な能力を持っていて、それを発揮できないままみんなが少しずつストレスが溜まっているけど、シンドロームの基地へと侵入したあと、その能力を思いっきり発揮しているシーンがすかっとします。エンディングでシンドロームに誘拐されたジャック=ジャックが怪物のような姿になったり体が金属になったり、赤ん坊だけど実はファミリーの中では1番最強なパワーの持ち主じゃないかなと思いました。はちゃめちゃだけど、しっかりと家族愛が描かれていて、老若男女問わず楽しめる映画だと思いました。
男性
男性
2004年に公開されたアニメーション映画です。ピクサーが製作し、ディズニーが配給したフルコンピュータグラフィックスの作品で映像が美しいところがよかったです。「アイアン・ジャイアント」や「レミーの美味しいレストラン」で監督を務めたブラッド・バードさんが監督を務めたことでも話題となりました。かつては、オモチャや昆虫などを題材としていたピクサー社が、初めて人間のキャラクターを主役にした映画で、興味深く試聴できました。スーパーヒーロー度題材にしながら、社会的な問題や家族の絆などについても触れられていて、勉強になったり心温まったりしたシーンもあったのがよかったです。ストーリーもしっかりしているので、子どもから大人まで楽しめる映画に仕上がっていると思います。
女性
女性
映画の見所としては、ヒーローMr.インクレディブルとして活躍していたボブがある訴訟をきっかけにMr.インクレディブルから一般市民になって普通生活をする事になりましたが、活躍していた頃が忘れられなくてMr.インクレディブルにどうしても戻りたいボブと今まで通り普通の生活を送りたいヘレン、そして特殊能力が備わっている子供達も加わって、シンドロームという敵と戦うところです。子供達の特殊能力は、長女のヴァイオレットが透明になる能力、長男のダッシュが超高速移動をする能力、それを使って敵と勇敢に戦う姿はとても頼もしかったです。オススメのセリフはやはりどうしてもヒーローMr.インクレディブルに戻りたいボブの「俺はミスター・インクレディブルなんだ。」という所です。ボブの執念が感じられる内容だと思いました。オススメのシーンは、シンドロームの作った機械が暴走をして街を壊していくのを家族全員が協力して倒すところです。
女性
女性
家族全員が特殊能力持ちのスーパーヒーロー一家でありながら、その全員が能力に対するスタンスが異なっているのが面白いなと思いました。
一家の大黒柱で、かつてヒーローとして実際に活動していた過去を持つボブは、過去の栄光を忘れられず、ヒーロー達が引退したきっかけを作った張本人であるものの、こっそりと協力者とともに人助けをする。
妻のヘレンは自身の能力はもちろん、ことも達の能力も一般人に露見しないように、社会に溶け込めるようにと必死。
そんな母の影響を受けてか、自身が能力持ちであることを隠そうとするあまりかなりの引っ込み思案な性格になってしまったヴァイオレット。
個人的にはこのヴァイオレットが、気になる男の子から身を隠すためにコンプレックスの要因である自身の能力を使っているシーンがなんとも可愛らしくてお気に入りです。彼女のいじらしい恋心はついつい応援したくなりました。
その弟のダッシュは姉とは逆に、能力が抑圧されていることをとても窮屈に思いながら時にはイタズラに使うことも。
さらにその下のジャックジャックは、能力を持たないことを羨まれていたが実際は誰よりも強い力をもっているという。
同じ家で暮らしてきても、こんなにも能力との向き合い方が違うのに、窮地に立った時にはどんなヒーローの軍団よりも団結する。
最後にヒーロー一家として全員がコスチュームに着替えて飛び出したシーンは最高でした。
女性
女性
ディズニーピクサーだから映像美も楽しめました。声優にはホリー・ハンターやサミュエル・ジャクソンなど実力派ベテラン俳優の名が…!アニメといえどもとても力の入った作品です。ピクサーならではですが、映像に手が込んでいて、キャラクターの複雑な表情もすごく繊細に写していますんで。衣装も150種類以上も出てきてこだわりが見られました。アニメだからベタな筋書きかと思いきや、Mr.インクレディブルはユニークな設定です。というのも、スーパーヒーローで正義だというのに、破壊力が強すぎるとして政府からヒーロー活動を禁じられてしまうんですね。そしてかつてヒーローだったMr.インクレディブルは、保険会社の社員として普通に暮らしていた…。スーパーヒーローなのに保険会社の社員って!と、そのギャップがまず面白かったです。でも元ヒーローが会社員だけに留まってるはずないんですよね。ここぞというピンチの時には、衣装を変えてスーパーに変身します!誰も本当は保険会社の社員だなんて気づきません…。Mr.インクレディブルはスーパーヒーローの衣装に変えてから救出活動をすうのですが、そのアクションシーンも何気に過激で迫力がありました。上映時間も長いので見ごたえたっぷりです!

映画『Mr.インクレディブル』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス