アニメ映画

映画『シュガーラッシュ』高画質動画を無料フル視聴方法!あらすじやキャスト

このページでは、映画『シュガーラッシュ』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\ディズニーアニメ31日間無料/今すぐ無料で動画視聴

映画『シュガーラッシュ』はウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作の3DCGアニメーション映画。日本では2013年公開。第85回アカデミー賞・長編アニメ映画賞にノミネートされました。

ディズニーデラックス

映画『シュガーラッシュ』動画をディズニープラスで無料フル視聴する方法

\『シュガーラッシュ』は/
\ディズニープラスで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間動画が無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベルの人気作品動画が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『シュガーラッシュ』が視聴可能なVOD

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 770円 31日間
U-NEXT × 330円/2日 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 400円/2日 933円 31日間
dTV × 300円~ 500円 31日間
TELASA ×/○ × 300円/3日 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 400円/2日 500円 31日間

\ディズニーアニメ31日間無料/今すぐ無料で動画視聴

ディズニープラスで視聴可能な関連作品

  • 映画『ズートピア』
  • 映画『シュガーラッシュ:オンライン』

ディズニープラスでは、映画『シュガーラッシュ』シリーズ作品が見放題動画作品なので、全作無料で一気見が可能です!

https://tsuiokunomori.jp/disneydeluxe-lineup/

『サラ・シルバーマン』関連作品

  • 映画『メリーに首ったけ』
  • 映画『エボリューション』
  • 映画『スクール・オブ・ロック』

『リッチ・ムーア』監督関連作品

  • 映画『ズートピア』
  • 映画『シュガーラッシュ:オンライン』

\無料お試し31日間/今すぐ無料で動画視聴

ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

\ディズニーアニメ31日間無料/今すぐ無料で動画視聴

映画『シュガーラッシュ』の映画情報

映画『シュガーラッシュ』あらすじ

アーケードゲーム、「フィックス・イット・フェリックス」の悪役、ラルフは身長274センチ、体重292キロの大男で何でも壊すのが仕事。

ラルフが壊したものを魔法のハンマーで治すフェリックスがゲームの主役でヒーローです。

フェリックスがゲームに勝利すると金のメダルがもらえます。

「フィックス・イット・フェリックス」は30年もゲームセンターでプレイされているゲームでした。

しかしラルフはみんなに嫌われる悪役の仕事をツラく感じていました。

ゲームセンターでは営業時間が終わると各ゲームのキャラクター達が本当の家やバーに向かいますがラルフの居場所はゴミ溜めでした。

彼は人気者のフェリックスを羨ましく思っていて、自分もヒーローになりたいと「悪役の会」で告白します。

そこは様々なゲームの悪役が集まって日々の思いを語る場所でメンバーにはパックマンのグズタ、ストリートファイターのザンギエフ、ベガ、マリオシリーズのクッパ、ザ・ハウス・オブ・ザ・デッドのシリルなどが参加していました。

ザンギエフは「悪役が悪い奴とは限らない」と励ましますが、ラルフは悪役を辞めたいと言います。

参加者達はプログラムを壊すか、ターボをする気なのか?と聞きます。

ラルフはそんなことはしないが友達やメダルを欲しがることがターボなのか?と言います。

ターボとは1980年代に人気だったレースゲーム「ターボタイム」の主人公の名前です。

彼は新型のレースゲームの「ロードブラスターズ」に人気を奪われ、嫉妬してゲームの乗っ取りを企てました。

その結果、両方のゲームが不具合を起こし故障とされ、撤去されたことから自分のゲームでの役割を放棄することや、別のゲームの妨害をすることは「ターボする」と言われていました。

悪役の会のメンバーは気持ちはわかるが役割は変えられない、そのことを受け入れたほうがゲームも人生もたのしくなると忠告します。

会が終わるとメンバー達は列車に乗り、電源タップの中にあるゲーム・セントラル・ステーションに移動します。

そこは各ゲームのキャラクター達が行き交う場所でパックマンの筐体で会に参加していたラルフはそこからさらに列車に乗って自分のゲーム、「フィックス・イット・フェリックス」へ帰ります。

ゲームに帰ってきたラルフは自分抜きで他のキャラクター達が30周年記念のパーティーをしていることに気づきます。そこには自分が招待されていないのにパックマンが参加していました。

怒ったラルフはパーティーへ向かいます。彼の応対をしたのはゲームのヒーロー、フェリックス。

ラルフとフェリックスは気まずい会話を交わします。そこでケーキが出ることを知ったラルフはゴミ溜めにはないから食べてみたいと言ってパーティーに参加します。

出てきたケーキはゲームの建物を模したもので登場キャラクター達が屋上に配置されていましたが、ラルフだけ地面にいて、チョコレートで作った泥の中に置かれていました。

自分も屋上に置くというラルフとゲームのキャラクター達は口論になります。

ヒーローのフェリックスはメダルに値する男だが悪役の自分にはその資格はないと言われ、ラルフはケーキを叩き潰してしまいます。

彼は自分もメダルを勝ち取ることができると言い、酒場のゲームのタッパーに相談します。

タッパーはラルフには不可能だといいますが、落とし物箱にあるかもしれないから見てみるかと言い、ラルフは箱の中を探します。

何も見つかりませんでしたがそこへ新しいゲーム、「ヒーローズ・デューティ」のキャラクターのマルコフスキーが現れます。

彼は欲しくもないメダルのために毎日敵と戦うことにおびえていました。

ラルフはタワーに登ればメダルがもらえると聞いて、自分の境遇を変えようとマルコフスキーのフリをして「ヒーローズ・デューティ」の中へ入ります。

そこは最新鋭のFPSゲームでサイ・バグと呼ばれる敵を倒しながらタワーの最上階にあるメダルを勝ち取るものでした。

ゲームセンターが開店の時間になり女の子が「ヒーローズ・デューティ」にコインを入れます。

女性軍曹のカルホーンに率いられた兵士のキャラクター達はプレイヤーを中心に前進します。

しかし全く勝手がわからないラルフは散々な目にあってプレイ中にメダルを取りに行くことをやめてゲームと関係なく勝手にメダルを取りに行くことにします。

一方、ゲームセンターでは「フィックス・イット・フェリックス」をプレイしようとした女の子がゲームの異常に気が付きます。

建物を壊すはずのラルフがいなくなってゲームがプレイできなくなっていたのです。

女の子は店主のリトワクさんにゲームが壊れていると言います。

リトワクは修理を呼ぶが、直らなければ「フィックス・イット・フェリックス」は引退だと言い、筐体に故障中の張り紙をします。

ゲームのキャラクター達は電源が抜かれてしまうと言い大騒ぎになります。

フェリックスは騒ぐキャラクター達を落ち着かせ、列車に乗ってやって来たQバートというキャラクターに事情を聞きます。

勘違いをしていたQバートはラルフがターボしたと答えます。

その頃、ゲームと関係なく単独でメダルを取りに行ったラルフはタワーの最上階まで登ってメダルを手に入れようとしていました。

ラルフの後を追って「ヒーローズ・デューティ」にやって来たフェリックスはカルホーンに出会います。

ターボしたラルフを探しに来たというフェリックスに自分が気が付かないはずはないというカルホーンでしたが、タワーから何か音が響いてきます。

それはタワーの外側から中に入ろうとするラルフが壁を壊す音でした。

ラルフは一面に敷き詰められたサイ・バグの卵を除けてフロアの中心にあるメダルを手に入れますが、帰ろうとしたところで誤って卵を踏んでしまい、敵キャラクターのサイ・バグを誕生させてしまいます。

攻撃を受けたラルフはサイ・バグごと非常用シャトルに乗って発進してしまいます。

シャトルはコントロールを失って飛び回り、ゲーム・セントラル・ステーションに侵入、さらにゲートを破って別のゲーム、お菓子の世界でのレース「シュガーラッシュ」の中に入ってしまいます。

シャトルに乗っていたのがラルフとサイ・バグだと気づいたフェリックスとカルホーンは後を追います。

シャトルから飛び出したラルフはアメでできた木にひっかかり、サイ・バグは池の中に沈みます。手に入れたメダルは離れた木にひっかかっていました。

ラルフがメダルを取り戻すため木を登っていると「シュガーラッシュ」のキャラクター、ヴァネロペという女の子と出会います。

彼女はラルフのメダルを見つけ奪ってしまいます。ヴァネロペにもメダルを手に入れたい理由がありました。

その頃ラルフとサイ・バグを追うフェリックスとカルホーンは彼らが「シュガーラッシュ」に入り込んだことを突き止めます。

自分のゲーム外で死んでしまうと蘇ることはできませんでしたが、2人は迷わずゲームに入ります。

「シュガーラッシュ」ではゲームセンターの閉店後に翌日のゲーム出場を賭けて予選レースが行われようとしていました。

レースの参加には勝利の証であるメダル一枚が必要です。ヴァネロペがメダルを欲しがった理由はこれでした。

彼女はゲーム上の不具合を抱えていてレースへの参加を拒否されていたのです。

手に入れたメダルでこっそりレースにエントリーしたヴァネロペでしたが、そこへラルフが現れて大暴れします。

しかし彼はヴァネロペに軽くあしらわれメダルを取り返すことができず捕らえられてしまいます。

ラルフは「シュガーラッシュ」のキャンディ大王にターボしに来たのかと尋ねられ事情を話しますが、大王はラルフを追い出しヴァネロペを捕まえに行きます。何か秘密があるようでした。

逃げ出したラルフがヴァネロペを見つけて様子を伺っていると彼女の自作の車を他のキャラクター達がよってたかって壊していました。

あまりにひどい光景を見たラルフは思わず彼らを追い払います。

ヴァネロペはメダルは借りただけでレースに勝ったら返すつもりだったと言います。

せっかく手に入れたメダルを失ったラルフは近くにあったとても固いキャンディーに八つ当たりして真っ二つに割ります。

それを見たヴァネロペはラルフに本物のマシンを手に入れるため手伝って欲しいと提案します。

彼女には何か勝算があるようでした。

手を組むことになったラルフとヴァネロペ、さらにターボを止め、サイ・バグを退治するために後を追ってきたフェリックスとカルホーンはこれからどうするのか。

\無料お試し31日間/今すぐ無料で動画視聴

映画『シュガーラッシュ』キャスト・出演者

  • レック・イット・ラルフ:ジョン・C・ライリー
  • ヴァネロペ・フォン・シュウィーツ:サラ・シルバーマン
  • フィックス・イット・フェリックス.Jr:ジャック・マクブレイヤー
  • カルホーン軍曹:ジェーン・リンチ
  • キャンディ大王:アラン・テュディック
  • マルコフスキー:ジョー・ロー・トルグリオ
  • リトワク:エド・オニール

映画『シュガーラッシュ』スタッフ

監督

リッチ・ムーア

音楽

ヘンリー・ジャックマン

脚本

フィル・ジョンストン
ジェニファー・リー

製作

クラーク・スペンサー

興行収入

30億円(日本国内)

\ディズニーアニメ31日間無料/今すぐ無料で動画視聴

映画『シュガーラッシュ』の感想や口コミ

女性
女性
シュガーラッシュは、子供と一緒に視聴しました。子供はもちろん、大人もめちゃくちゃ楽しめます!物語は、フィックス・イっと・フェリックスというゲームの中の悪役ラルフと、シュガーラッシュの中のヴァネロペが、世間の常識に真っ向から立ち向かっていくものです。悪役=悪、王様=正義。など、誰でも抱きがちな固定概念とは、本当に正しいのか?というものを考えさせられました。ラルフはゲームの中でも悪役でも、普段はゲームの中の登場人物と仲良くしたいんですよね。でもそれが叶わぬため、ゲームからメダルを求めて飛び出すのですが…。ラルフがいなくなってからのゲームは、成立しません。みんな結局ラルフが必要でラルフの大切さにそこで気づきます。ここには、大人の私も考えさせられました。また、印象的なシーンは、バグで絶対優勝できないように仕組まれていたヴァネロペが、実はプリンセスで王様が偽物だったところです。見た目だけの王様に、ゲームの中の住民はみんな騙されていました。そして、本当に住民のことを考えていたのは、ヴァネロペなんです。ここには、真実をちゃんと見極める力が必要だということを感じました。私もヴァネロペやラルフみたいに、自分の信念を持った人になりたいと思えた作品でした。
男性
男性
誰しもが持っている自分へのコンプレックス。自分のコンプレックスを受け入れ、どう乗り越えていくか……この映画は可愛い世界を描きながらも人間が悩む自分自身のことを受け入れて成長していく描写があり勇気をもらうので選びました。オススメのシーンは「俺はもう既に幸せだよ。世界一素敵な友達ができたからね」というシーン。主人公のラルフは、悪役であることで皆からの嫌われ者でした。自分も皆から好かれたい・ヒーローになりたいと思うのは誰しもが思うことではないでしょうか?しかし、ヴァネロペとの出会いを通して、皆に必要とされるのでなく、自分を理解する大切な仲間がいることに意味があると気づきます。これは、複雑な人間関係が多い世の中でも大切なことであって人間関係に悩む人にはぜひ観てもらいたいと思いました。映画を通して価値観が変わって行くラルフの発言は見所です。
女性
女性
アーケードゲームの画面の向こう側の世界。あったらいいなと思うゲームの世界が広がっていて、ゲームが好きな人は必見です。中には、ソニックやマリオ、ストリートファイターなどから、あのキャラクターも登場します。どんなキャラクターが登場しているのか探すのもこの映画の1つの楽しみ方です。特に見どころなのはラルフがヴァネロぺのカートを壊すシーン。彼はゲームでは悪役で嫌われ者ですが、根からの悪者なのか、本当は悪役を演じているだけなのか。本当のラルフはどんな人物なのかに注目してみてください。嫌われ者コンビのラルフとヴァネロぺの友情にも注目です。また、映画のタイトルにもなっている”シュガーラッシュ”は作中で登場するレースゲームの名前です。ヴァネロぺのレースシーンや様々なカーアクションも見どころです。
男性
男性
2012年に公開された、アメリカのアニメ映画です。あらすじは、30年の歴史を誇るアーケードゲームの「フィックス・イット・フェリックス」の悪役のラルフは悪役であることが嫌でした。住人のジーンから金のメダルを取ってくれば認めてもらえると聞きメダルを探しにいきます。その結果、ラルフがゲームから消えて「フィックス・イット・フェリックス」は破棄処分のピンチになります。ラルフは飛ばされた「シュガーラッシュ」の厄介のものの少女のヴァネロと親しくなります。不具合と思われていたヴァネロペは実は王女でゲームをリセットした「シュガーラッシュ」界にヴァネロは向い入れられます。ラルフも悪役の存在意義を見出して満足するというストーリーです。この映画では今までの自分を変えたいというラルフの気持ちに共感できました。自分を好きでいる人がどこかに必ずいることや、それにより自分のことを好きになれるという可能性を教えてくれた気がします。落ち込んでいるときに見ると気持ちがスッキリする映画に仕上がっていると思います。

 

今すぐ無料視聴

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス