洋画

映画『トレインスポッティング』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじとキャストを調査

このページでは、映画『トレインスポッティング』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『トレインスポッティング』は1996年公開のイギリス映画。アーヴィン・ウェルシュの同名小説の映画化。当時まだ無名だったユアン・マクレガーは本作で有名になりました。

ディズニーデラックス

映画『トレインスポッティング』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\『トレインスポッティング』は/
\U-NEXTで配信中/今すぐ無料お試し
無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら

費用は1円もかかりません。

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『トレインスポッティング』の動画配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
〇/× なし 932円 30日間
dTV × × なし 550円 31日間
TELASA × × なし 572円 30日間
Netflix なし 800円〜 なし
Amazonプライム なし 500円〜 30日間

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『トレインスポッティング』シリーズ

  • 映画『T2 トレインスポッティング』の動画ポイント利用作品

映画『トレインスポッティング』シリーズ作品の動画も配信中です!

『ユアン・マクレガー』関連作品

『ダニー・ボイル』監督関連作品

  • 映画『シャロウ・グレイヴ』
  • 映画『ザ・ビーチ』
  • 映画『スラムドッグミリオネア』
  • 映画『トランス』
  • 映画『イエスタデイ』

※2020年7月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『トレインスポッティング』の映画情報

映画『トレインスポッティング』あらすじ

主人公マーク・レントンはスコットランドに住むヘロイン中毒の青年です。

彼の友達は同じく中毒者のシック・ボーイ(サイモン)、スパッド(ダニエル)、アルコール中毒で喧嘩っ早いベグビー(フランク)、そして彼らとは違い普通なトミーの4人。

マークは人生で何を選ぶか問いかけてきます。

出世、家族、大型テレビ、洗濯機、車、CDプレイヤー、健康、低コレステロール、保険、住宅ローン、マイ・ホーム、友達、レジャー・ウエア、高級なスーツとベスト、暇つぶしの日曜大工、くだらないクイズ番組、ジャンク・フード、みじめな老後、子供にうとまれる生活・・・

それは人々が信じる「豊かな人生」、マークはそんなものはご免だと言います。

豊かな人生になど興味はなく、彼にあるのはヘロインだけでした。

彼に言わせればヘロインは死や破滅ではなく、快楽でした。

麻薬が効いている時は天国ですが、切れると心配が襲ってきます。

金がなければ飲むことはできず、付き合う相手がいればトラブルになり、ひいきのサッカーチームはいつも最下位。

問題は山積みですが徹底的にヘロインに染まればそんな事は全て他人事でした。

欠点は面倒な意見を聞かされること。

「体に毒をいれるなんて考えられない。」、「体を蝕んでいて人生の無駄。」

マーク自身も何度も麻薬をやめると言っていました。

長年麻薬を常用している者からは「やめるのは何度目だ?」と言われる始末です。

しかし決意した彼は麻薬をやめるための準備をします。

麻薬からの離脱に必要なのは監禁室、心を静めてくれる音楽、トマトスープ10缶、マッシュルームスープ8缶、バニラのアイスクリーム一箱、下剤、解熱剤、口の洗浄剤、ミネラルウォーター、炭酸飲料、ポルノ雑誌、排泄用とモドした時のためのバケツ、テレビ、睡眠薬。

それだけ用意しても睡眠薬が効いてくるまでの一時間の麻薬を求めるマーク。

友人がもって来たのはアヘンの座薬でした。

ヘロインのせいで便秘だったマークに座薬は効果てきめんで、すぐに便意をもよおします。

彼が入ったのはスコットランドの中で最悪に汚いトイレでした。

用をたしたのはいいのですが、アヘンの座薬も出てしまいます。

マークはそれを取り戻すため便器の中に手を入れて探しますが見つかりません。

現実と幻の境目が曖昧になり、マークは便器の中に体ごと入っていきます。

便器の水の奥深くで座薬を拾ったマークは喜んで最悪に汚いトイレから出てきます。

これで準備は全て整いました。

同じタイミングで友人のシック・ボーイとスパッドも麻薬をやめようとします。

スパッドは失業手当目当てに就職の面接にいきますが、緊張するからと事前に麻薬の「スピード」を摂取したため早口になり、履歴書にウソを書いたことも自分からバラして落ちてしまいます。

トミーとビリヤードをしていたベグビーは彼の記憶では勝ったことになっていましたが、実はベロベロに酔って狙いが定まらず惨敗、近くにいた見ず知らずの人物のせいだとして大喧嘩をしていました。

さらにビールの空き瓶を2階から投げ落としたせいで階下では騒ぎになり、ベグビーはそこへ入っていき、また喧嘩を始めます。彼らがやることはめちゃくちゃです。

ある時マークはトミーの家から無断で持ち出した自家製ポルノビデオを見て自分の人生に何かが欠けていると感じます。それは女性。ヘロインのせいで性欲がなくなっていたのでした。

しかしマークを含め、友人達は女性相手に失敗をしていきます。

バーにやって来たマークは周りの友人達が女性と親しげにしているのを見て焦ります。

そこでダイアンというクールな女性に一目惚れしたマークは帰ろうとする彼女に話しかけます。

ダイアンはマークのことを本当は繊細に見えると言い、本当の姿は冗談が上手くて冒険好き、情熱的で誠実、ちょっとイカれたワルだと言い、そんな男性に女性は弱いといいます。

2人は意気投合して一夜をともにします。

翌朝、マークはダイアンが高校生だということを知り、捕まることを心配しますが会えなくなるなら通報するというダイアンに何も言えませんでした。

トミーは自家製のポルノビデオが無くなっていることに気づき、レンタルショップに間違って返してしまったかもしれないと言い、彼女と喧嘩になり話がこじれて別れることになってしまいます。

スパッドは彼女と一緒でしたが飲みすぎて何もできず朝になり、寝ている間に脱糞していたことに気が付き当惑します。

散々な目にあった彼らは気晴らしにトミーに連れられて山にやってきますが、自然と触れ合うような気分では無い友人たちの足は止まります。

トミーに「新鮮な空気を吸おう。」「国を誇れ。」と言われたマークは、

「こんな国、最低だ。」

「国民もカスだ。」

「みすぼらしくて卑屈でミジメで最低だ。」

「こんな国で新鮮な空気を吸って何になるんだ。」と叫びます。

最悪な気分の彼らはとうとう、またヘロインを始めてしまします。

彼らは国の医療制度を悪用し、処方箋を盗み、売買、偽造、コピーまでして手に入れた薬をガン患者、アルコール中毒者、年金生活者、エイズ患者、キッチン・ドランカーに売りつけて金を作りました。

さらにヘロインにとどまらず、ありとあらゆる麻薬に手を出していきます。

最低な環境で最低な行動をする彼らはどうなるのか?

映画『トレインスポッティング』キャスト・出演者

  • マーク・レントン:ユアン・マクレガー
  • ベグビー:ロバート・カーライル
  • シック・ボーイ:ジョニー・リー・ミラー
  • スパッド:ユエン・ブレムナー
  • トミー:ケヴィン・マクキッド
  • ダイアン:ケリー・マクドナルド

映画『トレインスポッティング』スタッフ

監督

ダニー・ボイル

脚本

ジョン・ホッジ

製作

アンドリュー・マクドナルド

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『トレインスポッティング』の感想や口コミ

男性
男性
映画『トレインスポッティング』は、アーヴィン・ウェルシュの小説をダニーボイル監督、ユアン・マクレガー主演で映画化した90年代を代表する伝説的作品。映画『トレインスポッティング』は当時無名だったユアン・マクレガーを一気に世界的俳優まで押し上げました。
映画『トレインスポッティング』の原作は、ヘロインを中心にしたコミュニティを描いた短編小説集のような形ですが、映画『トレインスポッティング』は登場人物のユアン演じるレントンを中心に置いて、スタイリッシュかつコミカルに仕上げています(扱っているエピソードも原作と主人公が違ったりします)。内容もコンパクトにまとめているので、非常に見やすいです。ただ、全員スコットランドのエディンバラの訛りが強いので、英語はかなり聞き取りにくいです(後に吹き替え処理される前はもっと聞き取りにくく、英語圏向けの公開版にすら字幕すらついていたようです)。映画『トレインスポッティング』の見どころはルー・リードやアンダーワールドの音楽をバックにスコットランドの若者をスタイリッシュに描いているところです。将来の展望もなくヘロインと軽犯罪に溺れる若者はヒエラルキー的にも下の下とも言えますが、不思議と悲壮感はあまりなく、他の「ドラッグはダメ!」的映画とは一線を画しています(ドラッグはダメ!絶対!)。特に主人公が久しぶりにヘロインをやって床が沈むほどの快感を得るシーンは思わず笑ってしまいます。ただトイレのシーンはさすがに汚すぎて吐き気を催すほどですが、撮影はチョコレートで行われたらしく(本当?)、そう考えると何とか見ていられます。なお、最初に主人公が座薬型のアヘンを買う間抜けそうな売人は原作者のアーヴィン・ウェルシュです。映画『トレインスポッティング』は90年代の世界の空気を知りたい方、スタイリッシュな映画が好きな方にオススメですが、ドラッグ文化が苦手な方はやめておいた方がいいかもしれないです。

 

 

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

 

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス