洋画

映画『ペンタゴンペーパーズ』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじとキャストを調査

このページでは、映画『ペンタゴンペーパーズ』の動画を、無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試し30日間/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ペンタゴンペーパーズ』は、アメリカ合衆国史上最大のスキャンダルの1つであるペンタゴンペーパーズ事件を、巨匠スティーブン・スピルバーグが監督となり挑んだ作品です。

国家の危機を渦中にあったワシントン・ポスト目線で描いており、メリル・ストリープが男性社会を生き抜く姿も圧巻です!

ディズニーデラックス

映画『ペンタゴンペーパーズ』動画をフル視聴する方法

映画『ペンタゴンペーパーズ』動画が視聴可能なVOD

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
TSUTAYA DISCAS DVDレンタル × なし 動画&CD・DVD:2,417円
動画のみ:933円
CD・DVD:1,865円
30日間
U-NEXT × × なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× なし 933円 30日間
dTV × × なし 500円 31日間
TELASA × × 350円 562円 30日間
Netflix × なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × × 299円 4900円/年間 30日間

映画『ペンタゴンペーパーズ』の動画は動画配信サービスでは、TSUTAYA TVとNetflixの2つのみでした。

そのため、映画『ペンタゴンペーパーズ』の動画を無料で視聴しようと思ったら、な無料お試し期間が30日あるTSUTAYA TVで視聴するのがおすすめです。

\TSUTAYAなら無料お試し/
\ 30日間もある!! /
TSUTAYA TVの無料お試し

[TSUTAYA DISCASの口コミや詳細はこちら]

\DMMでもDVDレンタルの/
\無料お試しが利用可能/
DMMの無料お試し

映画『ペンタゴンペーパーズ』動画を無料でフル視聴する方法

\TSUTAYA TVの無料お試しで/
『ペンタゴンペーパーズ』
\無料視聴が可能/今すぐ無料お試し※DVD&CDの最新作レンタルは無料期間後から

[TSUTAYA DISCASの口コミや詳細はこちら]

/無料お試し30日間\
/解約手続きもカンタン!\

『トム・ハンクス』関連作品の動画

映画『ペンタゴンペーパーズ』の映画情報

映画『ペンタゴンペーパーズ』あらすじ

1969年キャサリン・グラハムは夫の自殺によりワシントン・ポストの社主になりました。

当時ワシントン・ポストは地方紙で、彼女は厳しい経営の中、男性社会を生き抜くのに必死でした。パーティーで政治家との友好関係を築き、株や経営管理の為、新聞の制作では裏方として毎日を過ごしていました。

実際に新聞の内容に携わるのはベン・ブラッドリーであり、彼は海賊と呼ばれる激しさや、他社への敵対心を強く持ち、キャサリンの意見に気もくれませんでしたが、優秀な編集主幹でした。

しかし1971年6月13日、ニューヨーク・タイムズが手柄を上げました。

ニューヨーク・タイムズには、ベトナム戦争に関する機密書類、そしてアメリカが関与してきた30年の歴史の一部が掲載されたのです。そしてその翌日も、また一部が掲載されました。

このことにより、アメリカ国民はベトナムでの悲劇的な状況と、国がエゴの為に兵士を戦地に送り続けたことを知りました。

アメリカはこの事件により大きく揺れ、政府を批判するデモは日に日に活気を増しました。

しかしニクソン政権も黙ってはいませんでした。

ニクソン政権は、ニューヨーク・タイムズを訴え、新聞の差し止めを命じました。

新聞社が差し止め命令を受けるのはこれが初めての事で、報道の自由と政治的圧力がぶつかる瞬間に社会が慌ただしく揺れ動いていました。

これは他の新聞社にとってはチャンスでもあり、同時にピンチでもありました。なぜならこの件についての報道が暗に規制されることを意味していたからです。

編集主幹であるベンはこの状況を好機と信じ、機密を漏らした犯人と接触した可能性のある部下に情報収集を命じました。

彼は、かつて自分の同僚だった犯人と接触することができたのです。

犯人は小さなモーテルの部屋の一室で、政治家たちが兵士たちを見殺しにし、国民を何政権にも渡り、欺き続けていたことに憤りを感じていました。

それを感じ取った部下は、そのトップシークレットである国防総省(ペンタゴン)の書類(ペーパーズ)をワシントンに持ち帰り、編集主幹であるベンの意思を仰ぎました。

ベンは、何があってもそれらを掲載すると決め、文書を読み込み、整理し、新聞の掲載に間に合わせるために動き始めました。

次の日の朝刊に載せるまでに残る時間はたった8時間でした。

それを聞かされた社主であるキャサリンはまさに板挟みでした。

かつて報道する者と政治家は信頼で結ばれていましたが、それはペンタゴンペーパーズを境に既に変化していました。

キャサリンは国防総長長官であったロバート・マクナマラと長年友人関係を築いており、彼のことを傷つけたくはありませんでした。

しかし彼はキャサリン自身の息子や他の友人の息子もベトナムに送還しており、すでに彼女の信頼を裏切っていたのです。

それでもキャサリンには暴露記事の発行に踏み出せない理由がありました。

それは会社の経営が賄えなくなることでした。

株は無効になる可能性があり、機密文書の公開はスパイ活動法違反になり、さらに差し止め命令は新聞だけではなく、子会社のテレビ局にまで及び、放送権のはく奪までもが予測されました。

それに加え、ニューヨーク・タイムズと同じ情報源だった場合には法廷侮辱罪で投獄される可能性まであります。

会社はポストであり、タイムズの様に大きな規模での報道が出来ないちっぽけな地方紙です。

しかし掲載しなければ、他社に馬鹿にされ、報道の自由が政治の圧に屈したと認めることになる一方で、もし掲載すれば、自分の父が立ち上げ、夫が成長させた会社を失い、犯罪者になる可能性がある大きな賭けです。

彼女は決意しました。それでも報道の自由のために掲載しなくては、と。

その夜ベンは妻に掲載に至ったことを話し、キャサリンは勇敢だった、とベンに語りました。

彼女は夫の突然の自殺により、会社の社主になりました。しかし彼女は新聞の世界では相手にされず、提案はいつも受け入れられませんでした。

女だからと馬鹿にされ、言いたいことも言えない環境で、新聞が好きという気持ちだけで最善の選択をし続けて来た彼女はとても勇敢だと妻は言ったのでした。

妻の言葉にベンは初めてキャサリンの存在を認めました。

翌朝、新聞が掲載されたことで、ワシントン・ポストは差し止め命令、資料の返還命令を受けましたが、無視し、裁判に備えました。

社員一人一人がこの決断がどのような結果を生むのか不安に感じていました。

その中でベンはキャサリンに、他社の新聞を渡したのです。なぜなら他の新聞社もワシントン・ポストに続きペンタゴンペーパーズを掲載していたからです。

キャサリンの決断が勇気を産み、新聞社が一体となって政府に立ち向かったのです。その結果裁判に勝訴し、報道の自由は政治の圧にも負けないことを証明しました。

この緊張感は映画を実際に見て味わってください。

\無料お試し30日間/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ペンタゴンペーパーズ』キャスト・出演者

  • キャサリン・グラハム:メリル・ストリープ
  • ベン・ブラッドリー:トム・ハンクス
  • トニー・ブラッドリー:サラ・ポールソン
  • ベン・バグディキアン:メリル・ストリープ
  • フリッツ・ビーブ:トレイシー・レッツ

映画『ペンタゴンペーパーズ』スタッフ

監督

スティーブン・スピルバーグ

音楽

ジョン・ウィリアムズ

原作・脚本

リズ・ハンナ
ジョシュ・シンガー

製作

スティーブン・スピルバーグ
エイミー・パスカル
クリスティ・マコスコ・クリーガー

 

そのため無料で『ペンタゴンペーパーズ』を見ようと思った場合には、TSUTAYA DISCAS無料お試し期間を利用しての視聴が最もおすすめです。

映画『ペンタゴンペーパーズ』感想や口コミ

女性
女性
映画『ペンタゴンペーパーズ』に描かれた戦いが、国家のスキャンダルがしっかり明るみに出る社会に変えたことを思うと、やはり彼女の決断は偉大だったと感じざるを得ません。とにかく女性が男性社会で生き抜く姿がやはりかっこいい!仕事の会議などのシーンではキャサリンは唯一の女性で、パーティーや食事会でも参加している女性は政治家の奥さんたちだけでした。男性のために生きる女性が美しい社会で、彼女の生き方はすごく勇敢だったと思いました。
女性
女性
映画『ペンタゴンペーパーズ』は、メリル・ストリープとトム・ハンクスが、ワシントンポストの発行人と部下の編集責任者を演じ、アメリカ国防総省の最高機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在に切り込んだ実話を映画化しています。メリル・ストリープはやさしい母親、熟年の恋に落ちる女性など、さまざまな女性像を演じ分けることができる大女優です。今回は友人や家族を思う情の部分を隠しながら、毅然とした態度を見せる、ワシントンポストの女性発行人を見事に演じていました。トム・ハンクスはこれまでの作品で心やさしきヒーロー役が多かったですが、今回はひと癖もふた癖もある編集主幹役で、記事掲載に消極的なメリル・ストリープを出し抜いたりしながら、ワシントンポストがスクープする功績のためにあらゆる手を尽くします。映画『ペンタゴンペーパーズ』は、1970年代のアメリカにおける、女性と男性の仕事に対する考え方や家族観も垣間見れる作品です。

映画『ペンタゴンペーパーズ』動画を
無料視聴する

[TSUTAYA DISCASの口コミや詳細はこちら]

※記載の情報は2020年8月時点のものです。最新の動画情報はTSUTAYA DISCASホームページにてご確認ください。

TSUTAYAですでに無料お試しを利用したことがある人は、DMMでの無料お試しがオススメ!

DMMの無料お試し

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス