洋画

映画『ダヴィンチコード』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじとキャストを調査

このページでは、映画『ダヴィンチコード』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

映画『ダヴィンチコード』は2006年公開のミステリー映画。ダン・ブラウンの小説「ダ・ヴィンチ・コード」が原作です。主演はトム・ハンクス。日本だけの興行収入で90億円、全世界では7億ドルを記録しました。

ディズニーデラックス

映画『ダヴィンチコード』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\『ダヴィンチコード』は/
\U-NEXTで配信中/今すぐ無料お試し
無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら

費用は1円もかかりません。

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ダヴィンチコード』の動画配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
〇/× なし 932円 30日間
dTV なし 550円 31日間
TELASA × 200円/3日 572円 30日間
Netflix なし 800円〜 なし
Amazonプライム なし 500円〜 30日間

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ロバート・ラングドン』シリーズ

  • 映画『天使と悪魔』の動画見放題
  • 映画『インフェルノ』ポイント利用動画

映画『ロバート・ラングドン』シリーズ作品の動画も配信中です!

『トム・ハンクス』関連作品

『ロン・ハワード』監督関連作品

  • 映画『バックドラフト』
  • 映画『遥かなる大地へ』
  • 映画『アポロ13』
  • 映画『天使と悪魔』
  • 映画『白鯨との闘い』

※2020年7月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ダヴィンチコード』の映画情報

映画『ダヴィンチコード』あらすじ

フランス、ルーブル美術館、館長のジャック・ソニエールは何者かに追われていました。修道士の服をまとった男は銃を向けてソニエールにある物の場所を聞きます。

ソニエールはサン・シュルピス教会の「ローズ・ライン」の下だと答えます。男はそれを聞くとソニエールを撃って立ち去ります。

ハーバード大学のロバート・ラングドン教授は新しく出した本、「図像の解釈」についてパリで講義を行っていました。

ラングドンはシンボルは過去を知る言語で一枚の絵画は千の言葉を語ると言い講義を始めます。

彼はスペインの司祭の服をプロジェクターで映します。それはK.K.Kの服にそっくりでした。

また、三叉の槍を見せ聴衆に何に見えるか尋ねます。「悪魔」などの答えが返ってきますが、それは海の神ポセイドンの三叉の矛でした。

次々と見ている者の知識と違うシンボルをあげて、過去を知ることで現在を知ることができると説明します。

講義が終わり、書店でサイン会をしていたラングドンのもとへフランス警察からの協力要請がきます。ある写真を見せられたラングドンはサイン会を退席します。写真に写っていたのはソニエールの遺体でした。

ラングドンはその夜、彼と会う約束をしていましたが、すっぽかされて一時間待ちぼうけを食らっていました。

その頃、ソニエールを撃った修道士はある人物と電話で話していました。

「導師様、4人とも逝きました。」

「隠し場所は分かったのか?」

「4人が個々に同じ場所を言いました。」

「シラスよ、すぐに行け。」

それを聞いた修道士シラスは裸になって十字架の前に跪き、祈りを捧げます。彼の足には体に食い込む鎖が巻かれていました。

鞭で身を清めると言い、自分の背中に激しく鞭を叩きつけます。彼の体は傷だらけでした。ラングドンは警官に連れられてルーブル美術館に到着し、ファーシュ警部に会います。

ファーシュとともにルーブル美術館に入ったラングドンはそこでソニエールの遺体を見ます。彼は裸で「ダヴィンチの人体図」と同じ格好をしていました。

彼の胸には血で書かれたシンボルがあり、それは五芒星と呼ばれる女性の象徴でした。ファーシュはソニエールの意図をラングドンに聞きますが、彼にも分かりませんでした。

床には数字と文章が3行書かれていましたが、それも理解できないものでした。ファーシュは死を前にメッセージを残すとしたらどうするかと尋ねます。

ラングドンは自分なら犯人の名前を書くと答えます。そこへソフィー・ヌヴーという女性捜査官が現れます。

彼女は床に書かれたメッセージを調べていて暗号を解読したと報告します。床に書かれた数字はフィボナッチ数列でした。

フィボナッチ数列とは2つ前の項と1つ前の項を足し合わせてできる数列のことで(1,1)から始まり(1,1,2,3,5,8,13,21…)と続いていくもので、自然界の現象によく現れます。

ソフィーはアメリカ大使館から急ぎの伝言があると言ってラングドンに携帯電話を手渡します。

電話をかけてみると聞こえたのはソフィーからのメッセージでした。

「警部に気付かれないよう言う通りに行動して欲しい。」

「危険が迫っている。」

ラングドンは友人が事故にあって、明朝帰らなくてはいけなくなったとウソをつき、顔を洗いたいのでトイレに行くと言います。トイレにはソフィーが待っていてソニエールから何か伝言を受けてないか尋ねてきます。

ラングドンが意味がわからず戸惑っているとソフィーからポケットを見るように言われます。中にはGPS発信器が入っていました。それは迎えに来た警官が仕込んだものでした。

ソフィーはファーシュ警部が消した4行目のメッセージの写真を見せます。そこには「P.S.ラングドンを探せ」と書いてありました。ラングドンは容疑者になっていたのです。

ファーシュ警部に捕まれば伝言が無駄になってしまうと言うソフィーに何者なのか尋ねると彼女はソニエールの孫であることを明かします。

追伸だと思っていたP.S.は「プリンセス・ソフィー」の略でソニエールは死を前にしてソフィーとラングドンを引き合わせたのです。

真相を探るためにはまずファーシュ警部から逃げなくてはいけませんでした。GPSでラングドンの位置を監視していた警察は彼が窓から飛び降りたことに気づきます。

信号はかなりのスピードで移動していました。車に乗っているようで、待機していた警察官が総出で後を追います。

しかしそれは警察の裏をかいた作戦でGPS発信器をトラックに投げ入れたのでした。彼女によると祖父とは何年も疎遠で今日、突然電話をかけてきたのでした。

伝言には生死に関わることだと残されていましたが、彼女はよりを戻す口実だと思い取り合いませんでした。ソニエールはソフィーに連絡がつかなかったのでラングドンに電話したのです。

ラングドンは床に残されたフィボナッチ数列の順序が乱されていることに気づきます。それは続く文章の暗号化を解く鍵でした。アナグラム(綴り替え)です。

文字を並び替えると残されていた文章は「レオナルド・ダ・ヴィンチ モナリザ」でした。ここから2人はソニエールが伝えようとした歴史を変えうる壮大な謎に取り組むことになります。

 

本作の元になった原作で著者は小説の内容はすべて事実に基づいているとしています。しかし研究が進められていますが、真相に至るには資料が不足していて、フィクションとして扱われています。

また、ローマ教会はイエス・キリストを冒涜したとして、ボイコットを呼びかけることになりました。

映画『ダヴィンチコード』キャスト・出演者

  • ロバート・ラングドン:トム・ハンクス
  • ソフィー・ヌヴー:オドレイ・トトゥ
  • リー・ティービング:イアン・マッケラン
  • シラス:ポール・ベタニー
  • アリンガローサ:アルフレッド・モリーナ
  • ファーシュ:ジャン・レノ

映画『ダヴィンチコード』スタッフ

監督

ロン・ハワード

音楽

ハンス・ジマー

脚本

ダン・ブラウン
アキヴァ・ゴールズマン

製作

ブライアン・グレイザー
ジョン・コーリー

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ダヴィンチコード』の感想や口コミ

女性
女性
トム・ハンクス主演のミステリーサスペンス映画「ダヴィンチ・コード」は、西洋美術や世界史が好きな方には非常に興味深い作品です。原作を読んでファンになり、映画化を楽しみに待っていたという方も多いと思います。ハーバード大学で宗教象徴学を専門に教えているトム・ハンクス演じるロバート・ラングドンが残された暗号を手がかりに、殺人犯を追いながら聖杯伝説の謎も紐解いていくといった内容です。「ダヴィンチ・コード」では「最後の晩餐」、「岩窟の聖母」などの世界的に有名な絵画や彫刻、パリの街並み、ルーブル美術館を垣間見れ、テンプル騎士団、コンスタンティヌス皇帝、ニケーア公会議など聞き覚えのある言葉も飛び交い、とにかく見る人を飽きさせません。また、それだけでなくキリスト教の成り立ち、教会の立場、異教との関係など何となーく知ってるようで知らない話まで触れています。「ダヴィンチ・コード」で話されている内容のほとんどが私には興味深いものなんですが、特に聖杯伝説に詳しい元同僚でキーパーソンのティービング卿に助けを求め、聖杯とは何か?を説明してくれるシーンがわかりやすくて好奇心をくすぐります。実際のところ、どこまでが本当でどこまでがフィクションなのか疑問を感じるかもしれません。いずれにしろ、「ダヴィンチ・コード」をきっかけに改めて自分なりに歴史、宗教史研究をする楽しみも持てますね。原作を見ずに映画、原作を見てから映画、どちらも楽しめる作品だと思います。
男性
男性
レオナルド・ダ・ヴィンチ。世間一般的に画家、彫刻家というイメージが強いが、年月を重ねるほど新しい事実がどんどん明らかになり、今や科学者だったり作家であったり、多種多様な物を初めて開発したり、後世にまで残る作品を生み出しており、万能で天才であった人物です。タイトルはそんな未だに謎が多いダヴィンチが残したコード、つまり暗号です。それだけでわくわくしました。そしてイエス・キリストもからめた本作品。ストーリーとしては中々の厚めの原作本を見ていた通り、恐ろしいくらいかなり頭を使う映画です。なので、正直なところは原作を読んだ上で見るのがいいと思います。自分は原作を読んではいませんでしたが、それなり楽しめましたし、面白かったとは思います。また経験談からの注意点として英語のヒアリング能力が低い方は、字幕版で見るのはお薦めしません。字幕に集中するあまり、前半に伏線として話題に上がっていたのを見落としたり、ストーリーの流れの妨げになります。余談ですが皆さんダヴィンチ、ダヴィンチとよく言いますが、これの本当の意味を知らない方が多いのでちょっと捕捉しておきます。本当の名前はレオナルドでダ・ヴィンチはヴィンチ村のと言う意味なのです。なので響きがカッコいいからといってダヴィンチといっている割に意味を知らないと恥をかきますので注意しておくべきです。
ストーリーとしては、トムハンクス演じる主人公ラングドンがダヴィンチの謎を解きながら、悪の組織と戦っていくというものです。風貌からいかにも考古学者という感じが伝わり、とっても合っており、この人が主人公だから見れたという非常に存在感があります。醍醐味としてはリアルタイムで一緒に謎解き気分を味わえるので、ミステリー好きな方にとってはとても楽しいです。そして、CGではなく本当のルーヴル美術館等の歴史的建造物が沢山出てくるのも魅力です。エンディングはハッピートとかバッドではなく続編へのつなぎを感じたので次の作品も楽しみです。
男性
男性
西洋の美術品に触れながら謎解きを進めていくとてもスリルのある映画です。シリーズ化された中で記念すべき第一作品目となった「ダヴィンチコード」ですが、名前の通りレオナルドダヴィンチに関する美術品が多数登場し、それだけでもかなり見ごたえがあります。世界的に有名なルーブル美術館から始まり、西洋美術独特の(もちろん美しいけど)不気味さと殺人事件に終始ゾクゾクします。ダイイングメッセージから事件に巻き込まれ謎解きをすることになったトムハンクス演じるラングドン教授、ラングドン教授を殺人犯と決めつけ執拗に追ってくる刑事を演じるジャンレノなど登場人物も個性的です。西洋美術を通して歴史や宗教などについても知ることができ、とても勉強になる作品でもあります。見どころは何と言ってもクライマックスに教授が知るとんでもないキリスト教の2つの秘密です。キリスト教について詳しく知らない自分でも分かる、かなりびっくりするラストなので見たことない人には是非お勧めしたい作品です。
男性
男性
全体的にミステリアスな作品でした。ルーブル美術館館長の死体にあらわされた不思議な印・サインから、謎解きの始まりを感じさせてくれます。宗教などには詳しくないのですが、主人公の宗教象徴学教授であるラングドン教授の解釈を聞きながら、それを手伝うフランス司法警察暗号解読官のソフィーと一緒に、ハラハラしながら壮大な謎の解明に取り組んでいけるのが楽しい作品でした。その中で異彩を放っていたのが、アルビノの青年シラスです。「キリストは一生独身」という派閥に属し、その司教の手足となって動く青年の『キリストの痛みを実践している』という痛々しい身体と白い肌が印象的で、この作品をピリリと引き締めてくれる良い香辛料的存在に映りました。そして反対派閥として、キリストの血筋を代々守ってきたという設定に、どちらが正解かは私には分かりかねますが、どんどん展開していく謎解きストーリーは圧巻で良かったです。
男性
男性
映画「ダヴィンチコード」のオススメのシーンは、主人公の宗教象徴学教授のロバート・ラングドン博士がレオナルドダヴィンチに関する暗号などを次々に解明して、謎を解き明かすシーンです。前半はまったく暗号解読の手がかりもなく殺人の罪を被せられて警察組織や他の組織に追われていくのですが、その中での少ない手がかりを元に暗号や謎を解き明かしながら、最後の答えを追い求めるシーンは、見ていてワクワクしてしまいました。見つからなかった重要な暗号解読の為の鍵が見つかったかのように、一つのことをキッカケに次々に謎が解明されていく疾走感が半端ないです。誰が協力者で誰が裏切り者なのかも分からない中での博士の奮闘ぶりも息をのむようで、見ごたえがありました。

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

 

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス