アニメ映画

映画『サマーウォーズ』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじとキャスト

このページでは、映画『サマーウォーズ』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『サマーウォーズ』と言えば、2009年に公開された細田守監督作品!前作映画『時をかける少女』で有名になり、本作も大ヒットしました。カットされてはいますが、金曜ロードSHOWでも何度も放送されていますよね!

仮想世界「OZ」を舞台に、大家族が一致団結して戦うひと夏の出来事が、気になる方も多いはずで!

ディズニーデラックス

映画『サマーウォーズ』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\『サマーウォーズ』は/
\U-NEXTで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『サマーウォーズ』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
U-NEXT × 440円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 1,026円
(税込)
2週間
TSUTAYA TV
× 400円 933円 31日間
dTV × 300円 500円 31日間
TELASA × 400円/7日間 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 330円 500円〜 31日間

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

『神木隆之介』関連作品

U-NEXTで見れる映画『細田守監督』作品

U-NEXTでは、『細田守監督』作品も配信中です!

※2020年7月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『サマーウォーズ』の映画情報

映画『サマーウォーズ』あらすじ

仮想世界「OZ」。今やSNSからショッピング、行政の手続きに至るまで世界中で利用されています。

夏休みのバイトとして、OZの管理のバイトをしていた小磯健二と佐久間敬は、憧れの先輩である篠原夏希からバイトを頼まれます。定員1名のじゃんけんに勝った健二は、夏希とともに夏希の親戚が集まる長野県へ。陣内家は、六文銭の家紋で有名な真田家ゆかりの家系でした。

バイトの内容は、今年90歳になる陣内家当主であり夏希の祖母、栄や親戚の前で、夏希の恋人を演じて欲しいというものでした。経歴を偽って恋人を演じる中、親戚は思い思いに健二を歓迎。

その夜、健二の携帯に大量の数字だけのメールが届きました。数学が得意で、国際数学オリンピックの選手にも調整したことのある健二は一晩でその数学を解読。アルファベットの文章をメールに打ち込んで、返信しました。

しかし、翌日健二がOZにハッキングしてシステムを乗っ取ったというニュースが流れました。親戚の一人である数馬のパソコンを借りてアクセスしますが、アカウントはおろかカスタマーサービスも応答がありません。

東京にいる佐久間から電話がかかってきて現状を聞いた健二は、電話で作られたアバターでOZに入って自身のアバターを乗っ取った人物と話します。

システムを書き換えて、突然健二を攻撃したアバターを助けたのは数馬が操作する「キングカズマ」でした。

しかし、キングカズマにボコボコにされた健二のアバターは周りのアバターは食べてパワーアップ。キングカズマは、負けてしまいました。

一方、栄の誕生日パーティーの催しの準備をしている夏希でしたが、ニュースで健二の写真が流されているのを親戚に見られてしまいました。嘘がバレ、事件の犯人だとして健二は警察官である翔太に連行。

しかし、システムの異常による渋滞で家に戻った健二はセキュリティを抜けてパスワードを打ち込み、無事にOZのセキュリティに入ることに成功。

その夜、一連の事件を起こしたAI「ラブマシーン」について話した一同でしたがラブマシーンの開発者が10年ぶりに帰ってきた侘助だとわかります。ただ、お婆ちゃんに恩返しがしたかったのだと言う侘助でしたが、祖母は怒ってしまい侘助は出ていってしまいます。

その夜、OZのシステム異常でアラームが鳴らず、90歳の誕生日を迎える前に栄は亡くなってしまいました。

葬式の準備をする女性陣とは裏腹に男性陣は、ラブマシーンを何とかしようと行動を開始。

夏希は、パスワードが栄の誕生日だった侘助の携帯を開き、電話をかけるのでした。すごい勢いで帰ってきた侘助は、今度こそお婆ちゃんに「ただいま」と言うのでした。

男性陣は、スーパーコンピューターを使ってラブマシーンに再挑戦。追い詰めたと思われますが、冷やすために置いていた氷を翔太が持っていってしまったためにパソコンは熱暴走。

逃げ出したラブマシーンは巨大化し、キングカズマもアカウントを取られてしまいました。

更にシステムを乗っられた小惑星探査機「あらわし」が制御不能になり地球に落下し始めたというのです。絶望する一同でしたが、健二は方法はまだある、と言います。

榮の遺書を聞いて、お昼ご飯をみんなで食べている時健二は花札を取り出しました。ゲーム好きなラブマシーンが奪った「あらわし」のアカウントを花札で取り返そうと言うのです。

代表者は、家族の中で一番強い夏希。少しずつアカウントを取り戻す夏希でしたが、不意を付かれて負けてしまいます。

夏希を助けたのは、世界中の人たちの協力でした。OZの守り神達も夏希に吉兆のアイテムを授け、見事残りほとんどの全て取り戻すことに成功。

しかし、ラブマシーンは「あらわし」の軌道を陣内家に指定。パスワードも書き換えていきます。侘助のラブマシーンの解体は間に合いません。

何度もパスワードを変えられ、その度に解く健二でしたがとうとう間に合わなくなります。最後は、無力化されたラブマシーンをキングカズマが倒し、暗算で解いた健二が「あらわし」の軌道をギリギリで変えたのでした。

裏山に落ちた「あらわし」は、陣内家の屋敷を少しふっ飛ばし、抉れた地面から温泉が出ました。

榮の誕生日当日、健二と陣内家は栄の遺影に誕生日の歌を歌い、万助は予定通り新鮮なイカを振る舞います。

そして、本当に結婚をしてしまえ、とけしかける家族。健二は夏希が、大好きだと言い夏希は健二のほっぺにキスをするのでした。真っ赤になり、すごい勢いで出る鼻血を出しながら気絶をした健二を陣内家のみんなと写真の栄は笑うのでした。

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『サマーウォーズ』キャスト・出演者

  • 小磯 健二: 神木隆之介
  • 篠原 夏希:桜庭ななみ
  • 佐久間 敬:横川貴大
  • 池沢 佳主馬:谷村美月
  • 陣内 栄: 富司純子
  • 陣内 侘助:斎藤歩
  • 篠原 雪子:谷川清美
  • 篠原 和雄:佐々木睦
  • 陣内 万理子: 信澤三惠子
  • 陣内 理香: 玉川紗己子
  • 陣内 理一:桐本琢也
  • 陣内 万助:永井一郎
  • 陣内 太助:小林隆
  • 陣内 翔太:清水優
  • 三輪 直美:山像かおり
  • 池沢 聖美:田村たがめ
  • 陣内 万作:中村正
  • 陣内 頼彦:田中要次
  • 陣内 典子:金沢映子
  • 陣内 真緒:諸星すみれ
  • 陣内 真悟:今井悠貴
  • 陣内 邦彦:中村橋弥
  • 陣内 奈々:高久ちぐさ
  • 陣内 加奈:皆川陽菜乃
  • 陣内 克彦:板倉光隆
  • 陣内 由美:仲里依紗
  • 陣内 了平:安達直人
  • 陣内 祐平:太田力斗

映画『サマーウォーズ』は、細田守監督の作品。映画『時をかける少女』のスタッフが再集結して作られた映画です!

大人数でとてもにぎやかな陣内家のモデルは、細田守監督の妻の実家。本作の主人公小磯健二と同じように一人っ子で当時両親と死別していた細田氏にとって、長野県上田市にいる妻の実家を訪れた際、とても感動したのだそうです。

映画の冒頭で健二が脱落した国際数学オリンピックの出題問題は、普通に生活している人なら見たことのない、と言うか何をどう解けばさっぱりわからない問題が多いので、数学に興味のある方は一度見てみると面白いと思います!

新幹線の中で、モジュロ演算を一瞬で暗算出来てしまう健二は、相当数学が得意な事が分かりますよね!

映画『サマーウォーズ』スタッフ

監督

細田守

音楽

松本晃彦

脚本

奥寺佐渡子

製作

高橋望
伊藤拓哉
渡辺隆史
齋藤優一郎

製作総指揮

奥田誠誠

主題歌

山下達郎「僕らの夏の夢」

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『サマーウォーズ』感想や口コミ評価

女性
女性
たくさんの映画を見てきましたが、ダバダバに泣いた映画の一つがこの『サマーウォーズ』でした。毎年夏になるとどこかしらのチャンネルで再放送されているので、最早夏の風物詩と化しているようにも思います。
上記の通り、舞台は夏。主人公の健二が、夏休み中に田舎にある先輩の親戚の家で過ごすことになる、ざっとこんなあらすじになります。親戚が集まっているということでその年代は様々。小さい赤ん坊から一家の長的存在のおばあちゃんまで、まさに老若男女がわいわいと集まっている様子は見ているこちらまで楽しくなってきます。
私の一押しキャラクターはもちろん栄おばあちゃん。みんな大好きですよね。彼女が自らの行動力と人脈をもって、みんなに喝を入れながら活躍するシーンは何度見てもかっこよすぎて惚れそうになります。いや冗談じゃないです。本当に一回見て欲しい。
サマーウォーズはストーリーももちろん良いのですが、私は音楽的側面も推していきたいです。BGMがとにかく素晴らしい。オープニングシーンからOZについての説明シーン、栄おばあちゃんの活躍シーン、どれも後世に残るほどの良曲だと思います。実際に様々なテレビ番組で、久石譲さんの『Summer』のように、サマーウォーズのBGMが使用されているのをよく聞きます。
内容的に夏である必要はなかった。しかし夏でなければこれほどの感動は生み出せなかったと確信します。アニメというものに抵抗がある人もとにかく一度見て欲しい、そんな作品です。
女性
女性
2009年に公開された日本のアニメ映画です。あらすじは、ひょうんなことから田舎の一族と夏休みを過ごすことになった17歳の高校生の健二が仮想空間に端を発した世界崩壊の危機に立ち向かう姿を、家族の絆と共に迫力のアクション満載で描いています。インターネット空間に現れた人工知能の「ラブマシーン」がネットの世界を飛び出し、現実世界に対して多大な波乱を巻き起こします。それに立ち向かうのが高校生の健二と夏希、陣内家の一族。人工知能という強敵を相手に検事たちが混乱を収めることができるのかという作品です。この映画は、高校生が最先端技術の人工知能のプログラムと対決し、しかも、舞台となるのが長野県上田市という田舎であるというユニークな設定が面白かったです。人工知能が引き起こした混乱を電話と人脈で抑えてしまうおばあちゃんあど、仮想空間と現実世界の対比も見所でした。
女性
女性
栄さんの「いちばんいけないのはおなかがすいていることと、独りでいることだから・・・」という遺言です。
栄さんは、その親族の最長老です。妾の子を引き取り、育てていたり、地元の権力者に意見を言えたり、とてもリーダーシップのある人。
そんな栄さんが亡くなった時に残していた遺言に書かれていた言葉。

妾の子が、自分を正当化し、親せきからはないがしろにされ、本家を出て行ってしまった。他の親せきは「ほっとけ」という対応の中、栄さんは手紙で上記の事を親族に促しました。

現代の日本、孤独と戦っている人が多く、1人でご飯を食べる人も多い。核家族で、子供も1人で夕飯を食べたり・老人も一人暮らしだったり。

評論家がいろんな難しいことを言ったり、政治家がお金や制度をいろいろ使ったり使ったりするけれど、栄さんのいうこの明言を守れば、大概の問題は解決するんじゃないのかな?と思わせてくれました。

女性
女性
夏休みにある大きな出来事に巻き込まれてしまう少年のお話。「時をかける少女」も大好きなのですが、細田守監督の描く少年少女たちは本当に魅力的です。何事にも一生懸命で、悩みながらも頑張って前に進もうとしている姿がとっても輝いて見えます。また、主人公の声を演じている神木隆之介さんの演技が素晴らしく、主人公の感情にとても共感できました。見所はやはり仮想空間OZの世界観とそこで起きる対戦です。初めて観たときは、その不思議でかっこいい世界に目を奪われ、何度もそのシーンを繰り返し観てしまったほどです。10年ほど経った今観ても色あせてません。花札のルールは全く知らないのですが、対戦はとてもダイナミックでかなり没入感があります。家族の暖かさも胸にしみる、素敵な作品です。
女性
女性
細田守監督の名を世に知れ渡らせた本作。テレビでも何度も放映され認知度も人気度も高く、アニメ映画史に残る名作です。
このアニメが画期的だった部分は、様々な現在のサービスを予知したような「OZ」のシステムをはじめ、おそらく様々に言及されていると思われるのですが、それだけではありません。
その頃までアニメは、主人公たちの行動が、主人公たちの住む世界に影響を与えるという「セカイ系」と呼ばれるジャンルが人気でした。「エヴァンゲリオン」などに代表されるように、世界の命運を賭けて戦う、行動がそもそも世界とつながっている、などのお話の構造です。今作もその流行に則って、主人公たちが世界の命運を握るという構造になっています。
それとは別に、これ以降アニメ界で流行し始めるのが「日常系」というジャンル。「らき??すた」などのようにファンを「聖地巡礼」に駆り立てるような、背景を本物そっくりに描いたり、日常シーンのディティールを細かく描いたり、といったところに力を入れているところにも注目です。これ以降、「日常系」のアニメーションの流行へ移行していった一旦とも言われているのが今作。「OZ」や戦闘シーン以外の場面、たとえば新幹線の内部のさりげない描写などにも、是非注目していただきたいです。
女性
女性
細田守監督作品では最高傑作だと思います。
ケンジとナツキの恋模様も見どころの一つですが、何より家族の絆、そしてどこか懐かしい陣内家の古くて大きな日本家屋が見どころだと思います。
お盆や正月に親戚が大勢集まるというのは最近減ってきたようですが、この映画では一度見ただけでは把握しきれないほどの親戚が大勢集まり皆で食卓を囲んでいて、とても懐かしい気持ちになります。
暴走した人工知能をケンジとナツキの家族皆で止め、途中一般家庭には到底無いものも出てきたりしますが、その破天荒っぷりも映画を楽しめる要因の1つとなっていると思います。
家族が集まるとこんなにも頼もしいんだということを改めて知らせてくれる、また遠方に住む家族や親せきが恋しくなるそんな映画です。
女性
女性
タイトルから夏に戦いがあるんだなと分かりますが、「時をかける少女」のスタッフが絡んでいることから、期待できそうだなと思いました。時をかける少女もめちゃめちゃ好きでしたし、サマーウォーズも実際最初から最後までガッツリ見ると面白いです。高度なネットワーク技術を持っているキャラクターがたくさん出てきて、要するにみんなオタク!でもそこがまた楽しいです。特に世界がつながった時は感動しました。ネットワーク系が好きな人も、見ると楽しめるかも。登場人物はひと昔前の遅れた感じの人たちで、今どきの子たちとはいえませんが、そこがノスタルジックで懐かしさを感じます。主人公のこいそけんじは、「君の名は」でも声優を務めた神木龍之介君が担当しています。彼の声って本当に好青年にぴったりの声なんですよね。だから声の演技もこの作品を楽しむ上での鍵だと思います。最後は家族愛にじんわりきてしまいます。とてもステキな作品です。ストーリーも筋が通っていてあまりツッコミどころがありません。もちろん現実にはないことなんですが、それでも筋が通っていて一貫性があるように見えます。見せ方もとても上手だと思いました。夏といえばもうサマーウォーズです!
男性
男性
夏の映画といえばサマーウォーズが一番に思い浮かぶほど、夏にぴったりな清涼感120%の映画です。
主人公は現実では冴えない大学生ですが、「OZ」という仮想世界の中で起こる兵器「ラブマシーン」との戦いを特技の数学で戦い、仲間たちを救います。
主人公の成長から、一つの場所で活かせることがなくても、必ず人にはどこかに輝ける場所があるということを教えられ、観ると勇気を与えられます。
公開が10年前の2009年にも関わらず、バーチャルコミュニティーが確立された世界が描かれており、今になって見返すと時代を先取りしているなーと感じます。その発達したバーチャル世界とは対照的に、登場人物たちが使っている携帯電話が厚めのガラケーであることが、懐かしさと親近感を感じさせてくれるポイントです(笑)
また、主演の神木龍之介くんや桜庭ななみさんなど、爽やかなイメージの若手俳優陣が声優として出演されているところも大きな見どころです。
個人的なおすすめポイントは、カズマ役の谷村美月さんの声が最高にハマっているので、ぜひ注目していただきたいです。
この映画を観れば、日頃のストレスで溜まった、どろどろした気持ちを洗い流してくれること間違いなし。ぜひ一度ご鑑賞ください!
女性
女性
夏休みにOZの管理のバイトをしていた小磯 健二は、憧れの先輩夏希に頼まれ、偽の経歴で夏希の婚約者のふりをするバイトを頼まれます。夏希の家は長野県上田市、真田家ゆかりの陣内家の大家族で、祖母は90歳ですが、かくしゃくとした家族の中心でした。とにかく家族が多くて、個性的な人物がたくさん出てきます。健二のことも、それぞれに歓迎してくれて、問題なく過ごせるかのようでしたが、そんな時、仮想世界OZに問題が発生。OZが人工知能プログラム”ラブマシーン”に乗っ取られてしまいました。そして、このラブマシーンを開発したのが、10年前家を出て行ったきりになっていた夏希の叔父の侘助であることが明らかに。ラブマシーンと戦う健二たち。ついに、ラブマシーンは小惑星探査機の軌道を変え、地球に危機が迫ります。というか陣内家に落ちるように設定されてしまったということですが。長野県の豊かな自然の風景と、OZの中の仮想現実、そしてそれが現実の世界にも危険を及ぼすことになり、家族の力を合わせてラブマシーンを撃退するという不思議な物語です。PCの中の世界と田舎の大家族や風景は、ミスマッチが楽しく、ゲームで場面をひとつひとつクリアしていく度に次の危機が現れ、息つく暇もないくらいです。最後に温泉が湧き出たところも、ハッピーな終わり方でよかったですね。何も考えずに楽しめるので、ぜひ見てみて欲しいです。
女性
女性
夏が来ると観たくなる作品です。
インターネットが著しく発達した世界で、人工知能が暴走し人類を危機に陥らせるという近未来的な事件に、昔ながらの大所帯の家族が人脈と「花札」を使って立ち向かう。
初めて観た時はなんとも不思議な舞台設定だと思いました。
特に、ネットワークの制御をAIに奪われて世界中が混乱に陥っているときに、おばあちゃんが今までに関わってきた人たち一人一人に電話をかけて激を飛ばすシーンは何度見ても凄いな、以外の感想が思い浮かびません。
たった一人で国を動かすほどの人脈を持っているおばあちゃんって凄すぎます。
もし、今の私が同じような状況になったら、辛うじて覚えている実家の電話番号に電話を掛けることは出来ても、それ以外のことは何もできなくなると思います。
インターネットの発達で、離れている人や顔も知らない人とも簡単に連絡をとったりすることが出来るようになった一方で、人間関係はどんどん希薄になりつつある現代に刺さる演出だと思いました。
あと、仮想世界内でのバトルは観る度にワクワクします。
花札での勝負の時に、ナツキがレアアイテムを手に入れてアバターの衣装が変わるシーンや、キングカズマVSラブマシーンの戦闘シーンなど、独特のタッチで描かれているアバターたちの活躍も作品の魅力だと思います。

映画『サマーウォーズ』の
動画を無料視聴する

*2020年5月時点の情報なので、ホームページでも詳細をご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス