映画

スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け|感想&ネタバレあらすじ!9作目シリーズ最終作

2019年12月20日に公開の映画『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を、早速観てきました。

過去シリーズ8作品の集大成ということもあり、熱烈なスターウォーズファンも多いことでしょう。

今回の記事では、映画『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を視聴した感想やネタバレあり・なしの感想、世間の評判などについて書いていきます。

映画『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ネタバレなし感想

トータルの感想として、映画史に残るスターウォーズシリーズ最後の作品ということで、非常にすっきりしたラストだったなという感想です。

懐かしい顔ぶれあり、細かいストーリーや演出どうこうというよりは、「あのスターウォーズが終わったんだ。」としみじみと感じさせられる作品で良かったと思います。

正直、内容はシンプルかつ定番の流れを汲んでおり、亡くなったキャリーフィッシャーをはじめ、過去作品の懐かしいキャラクターも登場します!

スターウォーズのファンなら間違いなく、映画館で見るのをお勧めする作品であることは間違い無いです。

映画『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ネタバレあり感想

映画『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ネタバレあり感想はこちらをタップ
細かい点を挙げれば、キリがありませんがストーリーのいくつかの点では、ちょっと?が残った場面もありました。

  • レイア(キャリー・フィッシャー)のCGが、ちょっと浮いていた。
  • カイロ・レン(アダム・ドライバー)が、なんか似合ってない。
  • ポーのキャラ変わった?
  • ポーとフィンの立場が対等になってる
  • ベンとレンのキスシーンは本当に必要だったのか?
  • レンが一度死んで、ベンが生体エネルギーを送って生き返るシーン
  • 9作品目にして、ジェダイなら怪我を治したり、命をも蘇らせられる設定!?
  • ヨーダが出てこない!?
  • ラスト、レイがスカイウォーカーを名乗るシーン(実の両親に対するリスペクトは!?)
  • 3本目のライトセイバーは誰の?
  • レイとカイロ・レンの空間を超えたバトルややりとり(テレパシー?)

などなど、あくまで個人的な意見ですが、ちょっと疑問に思ったシーンは度々ありました。

しかし、それもラストの展開ありきの設定や進行だったのかな、と思わせられるストーリーだと納得はできました。

大作のラストらしい、ハッピーエンドかつスターウォーズシリーズの過去の展開を思い出させるような展開がベタだと言われればそうですが、全て丸く収まる全員がハッピーな映画ですよねw

唯一悔やまれるのが、時間の都合上4DXで見たこと。。。

個人的には、もう2度と4DXでは見たく無いですね。

もう一度見るなら、IMAXかドルビーシネマで見たいですね。

映画『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ネタバレあらすじ

簡単にですが、あらすじをざざっとまとめていきます。

映画『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ネタバレありあらすじまとめはこちらをタップ

パルパティーンが、生きていた。

カイロ・レンはパルパティーンを探し当て、ファイナルオーダー軍を与える代わりにレイを殺すようにと指示される。

レイはジェダイの修行を続けていたが、まだ修行を終えられるほどではなかった。

ポーとフィンが基地へ戻ってくると、スパイからパルパティーンの存在やファイナルオーダー軍の存在が知らされる。

レイは、ルークの持ち物からパルパティーンがいる星の手掛かりを見つけられると言い、それを探しに基地を旅立とうとする。

危険な旅になることを予感し、一人で旅立とうとするがフィンやポーたちも付いて行くという。

パルパティーンのいる星には、ウェイファインダーがないとたどり着けない。

そのウェイファインダーを探す中で、レイの居場所がカイロ・レンにバレてしまう。

カイロ・レンは、度々レイの頭に直接話しかけるようにコンタクトを取ってくる。その中で、パルパティーンから聞かされたレイの身分を明かす。

レイはパルパティーンの孫だったのだ。

レイの父親が、パルパティーンの息子であった。

レイはその真実に動揺を隠せないが、カイロ・レンと二人で玉座につく幻影も見てしまい不安になる。

レイとカイロ・レンが直接対決をする中、レジスタンス(反乱軍)ではレイアが体調を崩して命を落としてしまう。

それを感じたカイロ・レンは、動揺してレイの一撃を受けてしまう。

レイもレイアの命が消えたことを感じ、カイロ・レンの傷口を自分の生体パワーで治癒させる。

レイはそのまま、カイロ・レンの船で身を隠すためにルークが身を隠していた星へと旅立つ。

 

カイロ・レンは、海を眺めながら自分の身の振り方に悩む。

そこに、ハン・ソロの幻影が現れ、やるべきことを諭され決意を固める。

 

レイは、ダークサイドに落ちてしまう不安にかられ、カイロ・レンの船を焼き自分は誰もいない星で身を隠そうとする。

そこに、ルークの幻影が現れて、やるべきことを告げる。

 

カイロレンの船には、ウェイファインダーがあり、ルークがかつて星に来たときに乗っていたXウィングが海から姿を表す。

そして、レイはパルパティーンを倒しに旅立つ。

その頃、レジスタンス(反乱軍)の基地では、レイアを亡くし次の打つ手に悩んでいた。

R2-D2がルークの発信する電波をキャッチしたと言い出す。

 

レイが乗ったXウィングの発信電波だった。

 

反乱軍は、レイの軌道を追ってファイナルオーダー軍の攻撃開始前に乗り込んで行く。

パルパティーンは、レイに自分を殺させてシスの力を受け継がせようとする。

そこへ、パルパティーンを止めるべくカイロ・レンではなく、ベンが駆けつける。

パルパティーンは、レイとベンの生体エネルギーを吸い取り、自らの力を高めてしまう。

歴代のジェダイからの声があり、レイは再び立ち上がる。

ルークのライトサーベルと、レイアのライトサーベルの二本を使い、パルパティーンの攻撃をはね返して倒す。

エネルギーを使い果たし、レイは死んでしまう。

 

吹き飛ばされたはずのベンが戻ってきて、レイにエネルギーを送り込む。

レイが生き返り、ベンと抱き合ってキスをする。

そして、ベンは力を使い果たして息絶え、体も消えて無くなってしまう。

パルパティーンも死に、全銀河から駆けつけた応援部隊のおかげで、敵の艦隊を殲滅する。

レジスタンス(反乱軍)が勝利し、基地でみんなと喜びを分かち合う。

レイは自分の故郷であるジャクーへ戻る。

ルークとレイアのライトサーベルを地中深くへ埋め、新たな3本目の黄色いライトサーベルを手に取る。

そこへ通りがかった人から、名前を聞かれ

ルークとレイアの顔を思い浮かべながら、

「レイ・スカイウォーカー」と名乗る。

映画『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』SNSでの反応や感想

映画『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』作品情報

作品名 スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
上映時間 142分
公開日 2019年12月20日
日米同時上映開始
監督 J・J・エイブラムス
公式サイト 公式HP

映画『スターウォーズ』過去作品の動画紹介

U-NEXTでは、無料お試し視聴期間が31日間もあります。

その無料視聴期間のみの利用であれば費用は1円もかかりません。
(600ポイントももらえます!)

  1. U-NEXTに登録する
  2. 映画『スターウォーズ』動画を視聴する
  3. 無料登録でもらえる600ポイントを使って、最新作も視聴可能!
    (アベンジャーズ エンドゲーム、スパイダーマン;スパイダーバースなど)
  4. U-NEXTの他のコンテンツ(ドラマ、雑誌、漫画、ライトノベルなど)も利用可能!
  5. 無料視聴期間(31日間)のうちに、解約手続きをする

これで掛かる費用=0円!

U-NEXTで見れる映画『スターウォーズ・シリーズ』

  • アニメ『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』
  • アニメ『スター・ウォーズ/反乱者たち』
  • アニメ『スター・ウォーズ/反乱者たち』ファイナルシーズン
  • 『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』
  • 『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』
  • 『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
  • 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
  • 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』
  • 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』
  • 『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』
  • 『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』
  • 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
  • 『ハンソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

『スターウォーズ』シリーズの動画を
無料視聴する

U-NEXTでは、映画『スターウォーズ』シリーズ作品も配信中です!

映画『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』感想&ネタバレあらすじまとめ

今回の記事では、映画『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観賞してきたので、感想や簡単なあらすじについてまとめてみました。

専門家や批評家の間では結構厳しい評価のようですね。

ただ、一つ言えることは映画『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は、ただの映画1作品ではなく42年の集大成の映画であるということですね。

9作品もの最後を飾る映画なので、普通の映画の評価はできないと思います。

気になる方、少しでも見たいと思う気持ちがある方はぜひ、大スクリーンの映画館で見て欲しいなと思います。