洋画

映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替

このページでは、映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\ディズニー作品が31日間無料視聴可能/今すぐ無料お試しで動画視聴

映画『スターウォーズ』の最新シリーズが公開されると発表され、改めてオリジナルの映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』を見たいという人も多いはず!

ディズニーデラックス

映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』動画を無料でフル視聴する方法

\映画『スターウォーズ』も全作見放題!/
映画『スターウォーズ/エピソード1』の
動画を無料視聴

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間は無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベル作品の人気作品が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 700円 31日間
U-NEXT × 330円 1,990円 31日間
Hulu × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× 300円 932円 30日間
dTV × 300円 550円 31日間
TELASA × 350円/3日 572円 30日間
Netflix × なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 199円 500円〜 30日間

ディズニープラスで視聴可能な関連作品

ディズニープラスでは、映画『スターウォーズ』シリーズ作品が、VODで唯一全作が見放題なので、全作無料で一気見が可能です!

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...
ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』の映画情報

映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』あらすじ

遠い昔、遥か彼方の銀河系で…。

前作のスターウォーズ3部作の中で主人公ルーク・スカイウォーカーの父親でありながら、主人公の前に立ちふさがる強大な敵として描かれたダース・ベイダーの少年時代を描いた本作。

いわば、ダース・ベイダーの生い立ちを知る物語です。

銀河系を統治する銀河共和国の政治は腐敗が進み、決定機関である元老院も本来の機能を失っていた。

そんな中、辺境の惑星と通商連合の間で貿易関税率をめぐる対立が激化し、通商連合が辺境の惑星ナブーを見せしめとして威嚇包囲する事態に発展。

事態の収束を図りたい元老院最高議長のヴァローラムは、共和国の平和と秩序を保ってきたジェダイに紛争仲裁を依頼する。

最高議長の特使として派遣されたジェダイ・マスターのクワイ=ガン・ジンと弟子のオビ=ワン・ケノービは平和的解決を目指し通商連合の旗艦を訪れるが、バトル・ドロイドの襲撃に遭い乗ってきた船を破壊されてしまう。

通商連合は共和国を裏で操るシスの暗黒卿ダース・シディアスによって牛耳られていて、その命令によって二人は襲撃を受けたのであった。

通商連合の旗艦の中で移動手段を失い追われる立場となった二人のジェダイだったが、武力侵攻のために惑星ナブーに降り立つ通商連合の船に潜入し脱出を図る。

無事にナブーへ降り立った二人は途中で出会ったナブーの原住民族グンガンのジャー・ジャー・ビンクスの協力でナブーの首都シードにたどり着き、通商連合に連行されかけていたナブーの女王パドメ・アミダラとその一団を救出。

銀河共和国の首都である惑星コルサントへ向かうため惑星ナブーを離脱しようとしますが、途中で攻撃を受けて船が損傷し修理を余儀なくされます。

修理のため通商連合の力の及ばない砂漠の惑星タトゥイーンに降り立った一行。

そこで幼い奴隷の少年アナキン・スカイウォーカーと運命の出会いを果たします。

船の修理に必要なパーツは通貨の違いで購入することができず、ポッド・レースの賭けで勝たなければ手に入らないと知ったクワイ=ガンはアナキンをパイロットとしてポッド・レースの賭けに参加することを決意する。

アナキンはクワイ=ガンたちの船のパーツを手に入れるためにポッド・レースに出場するため自作のポッド・レーサーを完成させるとともに、この時初めてパドメ・アミダラと出会い「いつか奴隷の身分から解放されて銀河を旅してまわる」という夢を語って親睦を深めていくのだった。

タトゥイーンでの滞在中にクワイ=ガンはアナキンの特別な能力に気づき、彼こそが古くからジェダイの予言にある「フォースに調和をもたらす選ばれし者」であると確信し、アナキンを奴隷から解放してジェダイの訓練を受けさせるためにもう一つの賭けをします。

レース当日、アナキンは見事ポッド・レースで優勝を果たしクワイ=ガンたちの船のパーツと奴隷から解放される権利を手に入れます。

スターウォーズシリーズの中でポッド・レースが描かれているのはエピソード1のみなので、臨場感あふれるレース展開は必見です。

アナキンは夢への第一歩を踏み出そうとしますが、アナキンの母であるシミ・スカイウォーカーは奴隷から解放され自由を得ることはできませんでした。

アナキンは奴隷のままタトゥイーンに残る母に「ジェダイになって必ず助けにくる」と約束し、故郷を去る決意を固めます。

船の修理を終えて再びコルサントへ向かおうとしたクワイ=ガンたちであったが、離陸直前に謎の男ダース・モールに襲撃されライトセーバーで応戦しなんとか離陸に成功する。

クワイ=ガンはジェダイの戦い方に精通していたダース・モールが1000年前に滅んだとされるシスの暗黒卿の末裔ではないかと疑念を抱えます。

無事にコルサントに到着したクワイ=ガンはアミダラ女王と別れジェダイ聖堂を訪れ、ヨーダらジェダイ評議会のメンバーにアナキンを引き合わせます。

ジェダイの修業を受けさせるための承認を得ようとするも、評議員たちはアナキンの年齢と精神的な弱さを指摘し修業を認めない。

一方でアミダラは元老院でナブーの現状を報告し封鎖されている惑星の即時解放を求めたが、腐敗した議会は全く機能しておらず一向に進展が見られない。

元老院の現状に失望したアミダラはヴァローラム最高議長を不信任として、新たな最高議長を決める選挙の実施を要求し強硬策での解決を図った。

やがてアミダラは選挙の結果が出るのを待たずにナブーへ戻り故郷を自らの手で開放する決意を固め、再び護衛役となったクワイ=ガンとオビ=ワンを伴いナブーへ帰還する。

ナブーへ帰還したアミダラ一行は、長年対立してきたグンガン族と和解し共同戦線を張ってナブー解放作戦を実行する。

ナブーを解放するためには占拠しているドロイド軍を無効化し、通商連合のガンレイ総督の身柄を確保しなければならない。

アミダラ一行は、グンガンの大部隊が通商連合の主力ドロイド部隊を引き付けている間に、宮殿に忍び込みガンレイ総督を確保しようとするが、さらに大量のバトル・ドロイドが行く手を阻む。

そして二人のジェダイの前には最大の敵ダース・モールが立ちふさがるのであった。

映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』キャスト・出演者

  • クワイ=ガン・ジン/リーアム・ニーソン
  • オビ=ワン・ケノービ/ユアン・マクレガー
  • パドメ・アミダラ/ナタリー・ポートマン
  • アナキン・スカイウォーカー/ジェイク・ロイド
  • パルパティーン議員/イアン・マクダミード
  • ジャー・ジャー・ビンクス/アーメド・ベスト
  • C-3PO/アンソニーダニエルズ
  • R2-D2/ケニー・ベイカー
  • ヨーダ/フランク・オズ
  • ダース・モール/レイ・パーク
  • メイス・ウィンドゥ/サミュエル・L・ジャクソン

スターウォーズシリーズの原点を描く物語ということで、映画の中ではエピソード4に繋がる様々な示唆が描かれているんです。

本作はアナキン・スカイウォーカーがいかにしてダース・ベイダーに変化していったのかを主軸に物語が展開されますが、同時に銀河帝国が誕生しダース・シディアスが皇帝になる過程を描いた作品でもあります。

エピソード1の副題である「ファントムメナス」を和訳すると「見えざる脅威」という意味を持ち、歴史の裏で暗躍していたシスの暗黒卿ダース・シディアスのことを指しているのもそのためです。

旧三部作に繋がるところを見つけながら映画を見てみるのも楽しみ方の一つですよ。

映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』と言えば、ジョージ・ルーカス原作のSF3部作「スターウォーズ」シリーズの第4作目として公開され、すべての物語の始まりを描いた新三部作の第一弾として1999年に公開されました。

公開初日には1999年当時最高額となる2800万ドルを売り上げ、全世界通算興行収入は10憶ドルを突破。

その後アカデミー賞に3部門ノミネートされました。

当時は、前作から16年ぶりに新作が製作されたことと、監督業から一度引退したジョージ・ルーカス監督が22年ぶりにメガホンを取ったことでも大きな話題となりましたね。

映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』スタッフ

監督

ジョージ・ルーカス

音楽

ジョン・ウィリアムス

脚本

ジョージ・ルーカス

製作

リック・マッカラム

映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』ファンの感想や見どころ評価

男性
男性
スターウォーズは、ダースベイダーやR2-D2は知っていましたが、映画として見るのは、映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』が初めてになります。映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』に出てくる町や宇宙船、宇宙人などが細かく描かれており、初めて見ましたが、ここまで作りこんであると内容もしっかりしているんだろうなと思わされました。映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』の見どころとしては、アナキンスカイウォーカーの活躍ぶりが映画全体を通して良かったです。子供ながらC3POを作ったり、死ぬかもしれない激しいレースで勝ったり、戦闘機で敵船の中を動き回ったりと、相当なセンスの持ち主ということがわかります。生意気でもあり、それでもすごく好感がもてました。そんなアナキンが、映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』を見終わったあとに将来ダースベイダーになることを知り、正直めちゃくちゃショックでした。ほかにもオビワンとクワイガンジンがダースモールと戦うシーンも、ライトセーバーの激しいぶつかり合いや2対1でも全然負けてないダースモールの強さに圧倒されました。映画『スターウォーズ』シリーズを見たのは初めてでしたが、ライトセーバーやフォースを使った戦いが面白いだけでなく、内容もかなり深いため、いろんなシーンを楽しみながら何回も見てしまいました。映画『スターウォーズ/エピソード4』から見ていれば、今とは違う衝撃を味わっていただろうなと少し後悔もありました。
男性
男性
映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』は、ジェダイから暗黒の世界に行ってしまったダース・ベイダー卿の子供の時の時代を描いたドラマです。ベイダー卿の子供時代はとっても可愛く、機械いじりが大好きなかわいい男の子(アナキン・スカイウオーカー)で、演技も上手く、面白い見どころの一つです。アナキンがジェダイの師匠であるオビワン・ケノービとオビワンの師匠であるクワンガイと出会い、オビワンとクワンガイに秘めた才能を見出された為に、ジェダイとして、オビワンとクワンガイの下で、ジェダイの修行をすることになるのです。アナキンにはたった一人の母親がいましたが、母親と別れるシーンもちょっと悲しいシーンですが見どころの一つと言えます。映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』を見ることで、銀河共和国がどうして、帝国軍の反乱軍となってしまい、長い戦いが始まるのかも面白い点の一つです。
男性
男性
映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』は、スターウォーズの物語上最初のストーリーになり、ここから全てか繋がっていくのですが、すでに過去映画化されている未来の物語にどのようにしてなるのか?ファンならば誰しもが注目していた作品です。今後、敵になるダース・ベイダーの幼少期をメインに描いていますが、ここでは悪というよりはどうやって出会い、成長して行くのかを描いているので、先の映画を見ている人にとっては全てが伏線になっていて、「なるほど!そういうことだったのか!」と言うような映画になっております。その伏線を見るだけでも見る価値ありなのですが、スターウォーズだけあって、やはりアクションシーンは見たくなるものです。映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』では、しっかりと見せ場は最後にありまして、過去の作品には登場していないクワイガン・ジンという、いわば師匠と、今後主要メンバーになるオビワン・ケノービに対して、相手のダース・モールとの戦いっぷりをは、凄まじくスピード感もあり、その際に流れる曲も、ファンならば堪らない物になってます思います。映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』は、すべての始まりとなる作品としておすすめとなります。
男性
男性
映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』は、1999年に公開された宇宙をテーマとしたアメリカ映画です。ジョージルーカス原作の話で興味深く見れます。この作品は、「スターウォーズ」シリーズの第4作品目です。この映画では、のちに打ベーダーとなるアナキン・スカイウォーカーの少年時代を、銀河共和国の衰退とシス暗黒卿の暗躍と共に描かれています。この映画では、小型模型やコンピューターグラフィックスを利用して、宇宙空間や宇宙船が見事に描かれているところが素晴らしいです。また、独創的なエイリアンの姿には、ナルホドと思うことあります。スターウォーズシリーズを公開された順番で見ている人にとっては、映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』は、ダースベイダーの生い立ちがわかって面白いのではないでしょうか。
男性
男性
映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』では、ラストシーンの悪役ダースモールとジェダイの騎士クワイガン・ジンとオビワン・ケノービによる戦闘シーンがとにかくカッコいいです。赤いシールドが定期的現れて、それが出現中は戦闘を中断しなけばならないフィールドがあり、そこでの緊迫感が当時小学生だった自分にはドキドキでした。スターウォーズといえば、ライトセーバーによる戦闘がスタイリッシュでカッコいいので、映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』のこのシーンは見応えがあります。
男性
男性
映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』の見どころはクワイガンジンとオビワンケノービがダースモールと戦うシーンだと思います。死闘の末、クワイガンジンがダースモールに殺されるのですが、ショックのあまり「Nooooo?」と悲痛の叫び声をあげたオビワンケノービの表情がとても印象に残っていて師弟愛を感じられました。短いセリフですが、映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』を見てから20年位経つのにオビワンケノービが反撃してダースモールを殺すシーンをハラハラしながら見ていたのを思い出します。
女性
女性
私が選んだスターウォーズシリーズで一番好きな、映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』は若き頃のオビワン・ケノービとジェダイマスターのクワイが繰り広げる作品です。特にフォースの力をもった奴隷小年のアナキン・スカイウォーカーが賭けでポッドレースに参加します。特にこのポッドレースは映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』の見どころの一つです。
男性
男性
この映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』は後に続くスターウォーズ作品の始まりの作品です。若きアナキン=スカイウォーカーが登場し、ジェダイになっていくまでが描かれた作品です。おすすめのシーンは物語後半のオビ=ワンとヨーダとのやり取りにある言葉です。ヨーダ「選ばれし者かもしれんが、大きな危険を感じるんじゃよ。あの子を訓練するにはな。」これは後のアナキン=スカイウォーカーの運命を示唆するかのような言葉に思えます。この時から運命の歯車が回りだしたのかと思うと、見逃せないワンシーンです!
男性
男性
映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』はすべての原点を描いておりアナキンが何故力にあれほど固執したか、なぜあれほど生への執着があったのかその由来が1を見るとわかります。1~6と順番に見るのもいいのですが、4~6と見て何故アナキンはダークサイドへ落ちたのかと疑問に思い1~3で納得する、アナキンの物語ではあります。視点を変えれば、いかにしてシディアスがジェダイを葬り去ったのか?シスの復讐と銀河の支配、そして終焉。その原点がファントムメナス、見えざる脅威
女性
女性
映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』は、幼いアナキンがとっても可愛いです。この少年がまさか今後暗黒世界に捉われるなんて考えられません。C3-POはまだ制作途中という感じで出てくるのはちょっと面白いですね。映画『スターウォーズ』はシリーズのエピソード4から観たので、ご主人様というのが誰のことを指していたのか分かっていませんでしたが、この物語で分かりました。というか、アナキンは小さなころから頭も良くて、フォースの値も大きくて、本当に優秀な存在だったのだなと思います。そんな少年が、偶然にもオビ=ワン達に出会ってしまったがために、その後の運命が大きく変わってしまったのかなと残念に感じてしまいます。でも、アナキンとパドメの出会いは必然だったのかもしれません。ちょっと映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』では年齢差のある感じに見えたので、その後恋に落ちるなんて思ってもいませんでした。アナキンはパドメに出会っていなかったらどうなっていたのでしょうか。そんなことを考えさせられます。そして、この映画『スターウォーズ/エピソード1:ファントムメナス』の物語では大切な母親とのお別れもあり、そのシーンは胸を締め付けられます。いつか戻ってくる、助けると誓ったのに…。残念で溜まりません。

【ディズニープラスなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
ディズニー・ピクサー・マーベルの高画質動画が見放題!

映画『スターウォーズ/
エピソード1:ファントムメナス』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス