邦画

映画『ロマンスドール』高画質動画を無料フル視聴!あらすじ&キャストや口コミ感想

このページでは、映画『ロマンスドール』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\31日お試しで動画無料/
\600Pで無料試聴可能/
今すぐ無料で動画視聴する

映画『ロマンスドール』と言えば、2008年に本作品『ロマンスドール』のタナダユキ監督が出版した同名の本が原作となっている作品です。

題材となるラブドールについての認知度が上がったら今だからこそ、と12年の時を超えて著者自らの手によって映像化されました。

主演には2017年のドラマ『カルテット』で名優としての評価を確固たるものとした高橋一生さんを迎えており、ラブシーンの演技に注目が集まった作品です。

ディズニーデラックス

映画『ロマンスドール』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\『ロマンスドール』は/
\U-NEXTで配信中/

今すぐ動画無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年8月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『ロマンスドール』配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
U-NEXT × 550円 1,990円 31日間
Hulu × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 500円 933円 31日間
dTV × 400円~ 500円 31日間
TELASA なし 562円 31日間
Netflix なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× 500円 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 400円 500円 31日間

 

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴する

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる『高橋一生』関連作品の動画

  • 映画『三月のライオン前編・後編』見放題動画
  • ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』
  • 映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』見放題動画

U-NEXTで見れる『タナダユキ』監督関連作品

  • 映画『さくらん』見放題動画
  • 映画『お父さんと伊藤さん』見放題動画
  • 映画『百万円と苦虫女』見放題動画

※2020年8月時点での動画配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\31日間のお試しで動画無料/
\600Pで無料試聴可能/
今すぐ無料で動画視聴する

映画『ロマンスドール』の映画情報

映画『ロマンスドール』あらすじ

『妻がその命を終えた』

哲雄の唐突な一言から、時は10年前に遡ります。

先輩に仕事を紹介された無職の哲雄は、ラブドールを作る工場へ訪れます。

かつてはダッチワイフと呼ばれていたラブドールは、現代ではその肌質も表情や身体のラインも変化し、より本物の女性の身体に近いものに変容していました。

工場ではベテランの男性造形師キンキンが1人で造形を担っており、人手が必要でした。

美大を卒業し、金に困っていた哲雄は、二つ返事で了承しました。

さっそくラブドールを作ってみるも、哲雄の作る胸には現実味がありませんでした。そこでキンキンは、美術モデルを募集し、医療用の人工乳房の製造が目的だと偽り、本物の女性の胸で型を取ることを思い付きます。

募集をかけたところ、園子という女性が型の制作に協力してくれました。

園子は終始恥ずかしそうでしたが、なんなくかたどり終え、帰っていきました。少し経ち、園子がピアスを忘れたことに気づき、走り出した哲雄は駅で園子を見つけ、言いました。

「あなたのことが好きです。好きになってしまいました。僕と付き合ってください。」と。

哲雄の人生最初で最後の愛の告白に応えた園子は、哲雄の彼女になりました。

その後、園子の胸で型を取ったラブドールは大人気となり、性処理の為だけではなく心の拠り所としてラブドールを扱う人まで現れました。

メディアでも注目される一方で、社会が持つラブドールの印象はアダルドグッズでしかないことをわからされた哲雄は園子に本当の仕事を伝えられないでいました。

そして哲雄は打ち明けないまま、園子と結婚しました。

仕事は軌道に乗り、新しい素材でのラブドール製作のプロジェクトも始まったことで、結婚生活もおざなりない仕事優先の生活が4年間続きました。

幸せの絶頂だった哲雄でしたが、そんな彼にキンキンの訃報が知らされました。

新素材の配合はキンキンなしで完成させることになりましたが、見かねた社長はアシスタントを雇うことにしました。

金のためだけに仕事を始めた哲雄でしたが、新しい素材に苦戦し、自分の理想を追い求める姿はキンキンと瓜二つでした。

哲雄の努力の結果、新素材の調合はほぼ完成を見ていましたが、アシスタントによって配合率が他社に売られてしまいます。

哲雄はショックのあまり、家に帰らずに、一人で飲み歩き、ゲームセンターで出会った女性とカラオケに行き、ストレスを発散させました。

それでもご飯を用意し、食べずに起きて待っていようとしてくれた園子は、少しずつ哲雄にとって重荷になっていきました。

ある日園子は父の体の様子を見に実家に帰りました。

翌日、実家の母は園子と連絡が付かなかったことを理由に、哲雄に連絡をします。そこで哲雄は園子の父の体調に問題がないことを知りました。

電話をしても連絡のつかない園子への苛立ちを、哲雄は浮気をすることで発散してしまいました。

外泊3日目の夜、酔っぱらった園子は男性に抱えられ、帰宅しました。

不倫を疑う哲雄は、園子と話し合いをすることにしました。

哲雄が何か隠していると園子に、哲雄はとうとう自分の本当の仕事について打ち明けました。そして1度の浮気についても話しました。

そこで園子も1度だけ浮気をしたことを打ち明けましたが、外泊の理由についてはかたくなに語ろうとせず、離婚したいと思っていることも伝えます。

次の日、数日分の荷物をまとめ、離婚届を机の上に置く園子に哲雄は詰め寄り、話し合おうとしました。

諦めた園子は、外泊は検査入院で、その結果ガンだったことを打ち明けたのです。

後日入院する園子の病室を訪れた哲雄は、やり直したい、と伝えました。がんで子供が生めない体になる事や、病気が哲雄の重荷にならないように離婚を切り出した園子も、哲雄の想いに押され、2人はやり直す事にしました。

そして仕事でも新素材のラブドールでは究極のラブドールは作れないと考え、社長に直訴しました。

そしてその代わりとして他社との差別化のために、つなぎ目がなく、人間に近い究極のラブドールの制作を始めます。

仕事も園子との生活も順調に動き出したその時、がんがリンパ節、肝臓にまで転移していることが確認され、延命ができないことを医師に告げられました。

絶望する哲雄に、園子は自分の女性器を型取ってラブドールを作ってほしいと頼みます。

哲雄はその決断に応え、園子の表情や身体を模したラブドールの制作を始めました。

デッサンしては、園子を抱き、デッサンし、また愛を確かめあう哲雄はラブドールの完成に近づくと同時に、痩せていく園子を体で感じていました。

ラブドールの完成を待たず、園子は息を引き取りました。

完成した園子のラブドールは発売数分で完売する人気ぶりでしたが、本物の園子だと思うことはできず、哲雄は抱くことはできませんでした。

\31日間のお試しで動画無料/
\600Pで無料試聴可能/
今すぐ無料で動画視聴する

映画『ロマンスドール』キャスト・出演者

  • 北村哲雄:高橋一生
  • 北村(大沢)園子:蒼井優
  • 両角:浜野謙太
  • 相川金次:きたろう
  • 久保田薫:ピエール瀧

主演をされる蒼井優さんは、『フラガール』や『ハチミツとクローバー』などを代表作に持つ女優さんで、本作『ロマンスドール』の公開の前の年には芸人の山里良太さんとの結婚で注目を集めました。

ラブシーン経験の多い蒼井優さんですが、本作品はそれらの中でも最も美しいと評され、話題になりました。

『百万円と苦虫女』以降、親交の深いタナダユキ監督との再タッグが蒼井優さんの最大限の美しさを引き出したのかもしれません。

\31日お試しで動画無料/
今すぐ無料で動画視聴する

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ロマンスドール』スタッフ

監督

タナダユキ

音楽

世武裕子

脚本

タナダユキ

製作

タナダユキ

 

\31日お試しで動画無料/
今すぐ無料で動画視聴する

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ロマンスドール』感想や口コミ

女性
女性
女性監督が映す、男性の目線の世界観に魅了されっぱなしでした。映画『ロマンスドール』に登場する園子はやはりいい妻だなぁと思います。何があっても夫に文句を言わず、責めることも、怒鳴ることもないって普通じゃないですよね。フェミニズムの視点では、本当に女性が監督をされているの!!、とびっくりしたほど、園子の意思は自分の為でなく夫の為でした。それでいてなぜか魅力的な女性に見えるのは園子の大胆でセクシーな一面のおかげだと思います。大和撫子や政治家の妻のように、夫の顔を立て、自分は一方後ろを行くような慎ましさを持つ女性でありながら、何枚にも重なる着物の下に肉欲を隠し持つような日本のセクシーさはこれなのでしょうね。女性の私にとってもそんな一面は美しかったです。園子は哲雄にとってロマンスドールだったのでしょうか。映画『ロマンスドール』作中で、哲雄は園子を模したラブドールを、「本物じゃない」と言います。もちろん本物ではないですが、私にはその発言が「性」と「恋」を分ける合図のように感じました。ラブシーンやラブホテルの様に、暗に性を意味するラブと、ロマンス映画(日本語では恋愛映画)にように恋や愛といった肉欲なしの感情を強調するロマンス。ラブドールに恋をして妻とする男性客もいれば、恋愛対象に性的に強く惹かれることもありますよね。性対象と恋愛対象は疑うまでもなく重なっていますが、本作『ロマンスドール』ではその2つを複雑に切り分けているようで、自分の性愛についても考えさせる映画になりました。

\31日お試しで動画無料/映画『ロマンスドール』の
動画を無料視聴する
*2020年8月時点の情報なので、ホームページでも動画の詳細をご確認ください。

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス