洋画

映画『リチャードジュエル』見た感想と口コミや評価!実話原作の結末ラスト

クリントイーストウッドが監督を務めた実話ベースの映画『リチャードジュエル』が、2020年1月17日に公開されました。

早速、公開初日に映画館で鑑賞することができたので、感想やネタバレの結末なども書いていこうと思います。

ネタバレ結末といっても、実話がベースなのでさほど大きな秘密ではないと思いますが、最後の結末のネタバレが嫌な方もいると思いますのでクリックしなければ見れないように書いています。

簡単なあらすじや感想は誰でも読めるようになっているので、安心してご覧くださいね。

ディズニーデラックス

映画『リチャードジュエル』を鑑賞した感想

まず、この映画を見た最初の感想は、俳優・役者の素晴らしさですね。

そして、アメリカのFBIやメディアの恐ろしさです。まぁ、これは日本も同じなんでしょうが・・・

これが実話ではなく、小説やオリジナルの脚本であったとしたら、こんなFBIあり得ないだろ!と突っ込まれそうなくらいポンコツでした。

主人公となるポールウォルターハウザーは、リチャードジュエル本人にそっくりですし演技も素晴らしかったです。

正義感が強くて、優しいけどちょっと頑固で融通の効かない男。

ちょっとADSDなのかな?と思うようなシーンもありましたが、そういったことに関しては言及されていませんでした。

そして、リチャードジュエルの母親ボビ役を演じたキャシーベイツが物語の悲壮感をさらに引き立てています。本作でアカデミー賞助演女優賞を受賞されています。

さらに、この作品に欠かせない存在感を放っていた弁護士ワトソンを演じたサムロックウェル。彼の演技がなんともドラマを引き締めていたと思います。

サムロックウェルは、様々な映画に出演されているので見たことがあるという方も多い方も多いと思います。

印象的だったのは、映画『アイアンマン2』でトニースタークの会社であるスタークインダストリーの同業であるハマー社のCEOを演じていたのもサム・ロックウェルですね。

映画『アイアンマン2』では、お調子者で口が達者なダメ経営者のような役柄でした。ファッショナブルな服装やスタイルなのに、トニー・スタークには全く敵わない引き立て役を上手に演じていましたね。

全く違うキャラクターを演じており、演技力の高さが伺えます。

物語としては、サスペンスやホラーの要素はありませんので、ちょっと物足りないかなと感じる人もいるかもしれません。

しかし、これが実話をもとに作られたということを考えると、とても感慨深い作品です。主人公リチャード・ジュエルが最後にFBIに向かって語るシーンがとても心に響きました。

それにしても、FBIってあんなにポンコツばかりなのでしょうか・・・・

とりあえず犯人を捕まえることが優先?

真犯人を見つけるよりも、ご都合主義で犯人を作ることが仕事なのかと疑ってしまいます。

映画『リチャードジュエル』最後の結末

映画『リチャードジュエル』最後の結末はこちらをタップ
映画のあらすじとして、最後にはもちろん主人公であるリチャード・ジュエルの疑いは晴れます。

FBIはこれといった証拠もないのに、「法の執行人に憧れる孤独な白人男性」という点が犯人像に一致するということだけでリチャード・ジュエルに疑いをかけます。

その情報をマスコミに流し、マスコミも世間の注目を集めるニュースだけに面白おかしく記事を作ります。

最初にFBIがリチャード・ジュエルを容疑者に捜査を開始したというニュースを書いた女性記者は、最終的にリチャード・ジュエルが犯人ではないことを取材から確信します。

しかし、こじつけるようにFBIはリチャード・ジュエルを犯人に仕立て上げようとする姿がとても怖かったです。

リチャード・ジュエルは容疑が晴れたのちに、警察官になっていました。

6年後に、犯人が自供して事件の真犯人であることが判明します。

しかし、その後リチャード・ジュエルは心臓の疾患で亡くなっています。

監督のクリント・イーストウッドは、これまでも実話を下にした映画を数多く送り出して生きています。

この作品に関しても、「世の中に伝えなくてはならないストーリーだと思った」と語っていました。

SNSでの口コミ評価

映画『リチャードジュエル』作品情報

作品名 リチャード・ジュエル
上映期間 2020年1月17日〜
キャスト ポール・ウォルター・ハウザー(リチャード・ジュエル)
サム・ロックウェル(ワトソン・ブライアント)
キャシー・ベイツ(ボビ・ジュエル)
ジョン・ハム(トム・ショウ)
オリビア・ワイルド(キャシー・スクラッグス)
監督 クリント・イーストウッド
(監督/製作)
公式サイト 公式HP

>映画『リチャード・ジュエル』上映映画館はこちら

映画『リチャードジュエル』キャスト・出演者

  • リチャード・ジュエル(Richard Jewell)役/ポール・ウォルター・ハウザー(PAUL WALTER HAUSER)
  • ワトソン・ブライアント(Watson Bryant)役/サム・ロックウェル(SAM ROCKWELL)
  • ボビ・ジュエル(Bobi Jewell)役/キャシー・ベイツ(KATHY BATES)
  • ジョン・ハム(JON HAMM)役/トム・ショウ(Tom Shaw)
  • キャシー・スクラッグス(Kathy Scruggs)役/オリビア・ワイルド(OLIVIA WILDE)
  • ナディア・ライト(NINA ARIANDA)役/ニナ・アリアンダ(Nadya Light)
  • イアン・ゴメス(IAN GOMEZ)役/ダン・ベネット(Dan Bennet)

映画『リチャードジュエル』見た感想と口コミや評価!実話原作の結末ラストまとめ

今回は、映画『リチャードジュエル』を見てきた感想についてまとめてみました。

実話がベースなので、物語自体に派手さはありませんが、俳優陣の演技や事件などについては色々と考えさせられる作品でした。

クリント・イーストウッド監督作品ファンも多いと思いますので、ぜひぜひご覧になられてみてくださいね。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス