洋画

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじとキャストを調査

このページでは、映画『ニュー・シネマ・パラダイス』の高画質動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料お試し

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』は1989年日本公開のイタリア映画です。監督は『海の上のピアニスト』などを手掛けたジュゼッペ・トルナトーレ。1989年カンヌ国際映画祭・審査員特別賞、アカデミー外国語映画賞を受賞しました。

ディズニーデラックス

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\映画『ニュー・シネマ・パラダイス』動画を/
\U-NEXTで無料視聴/今すぐ無料お試し
動画無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら

費用は1円もかかりません。

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年9月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画が違法にアップロードされた物と知って動画をダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\31日お試しで動画無料/
今すぐ無料で動画視聴する

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』の動画配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT 〇/× なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
〇/× なし 932円 30日間
dTV × × なし 550円 31日間
TELASA 〇/× なし 572円 30日間
Netflix 〇/× なし 800円〜 なし
Amazonプライム 〇/× なし 500円〜 30日間

\31日お試しで動画無料/
今すぐ無料で動画視聴する

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

『フィリップ・ノワレ』関連作品の動画

  • 映画『追想』
  • 映画『イル・ポスティーノ』

『ジュゼッペ・トルナトーレ』監督関連作品の動画

  • 映画『鑑定士と顔のない依頼人』
  • 映画『ある天文学者の恋文』

※2020年9月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでも動画情報をご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...

\31日お試しで動画無料/
今すぐ無料で動画視聴する

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』の映画情報

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』あらすじ

ローマに住む映画監督のサルヴァトーレ・ディ・ヴィータのもとへシチリアの年老いた母親から電話がかかってくるところから物語は始まります。

サルヴァトーレは故郷を離れて30年、一度も帰ってきたことがありませんでした。

妹は連絡しても無駄だと言いますが、母親は知らせなかったら悲しむだろうと伝え聞いた番号に電話をします。

サルヴァトーレが仕事から帰ると同居している女性が母親から電話があったことを伝えます。

電話の内容はアルフレードという人物が亡くなったというものでした。

サルヴァトーレはそれを聞き、昔のことを想い返します。

幼い頃、サルヴァトーレはトトと呼ばれ、母親と赤ん坊の妹の3人で小さな村で暮らし、父親は第2次大戦でロシアに行っていました。

村には人々の数少ない娯楽として映画館があり、そこの映写技師がアルフレードでした。

当時、新作映画は検閲され、適当でないと判断されたシーンはカットされていました。

検閲を担当していたのは神父で、よくカットされていたのはキスシーンでした。

トトは映画に夢中で、よく神父の検閲する映画を隠れて観ていました。

彼は映写室に興味を持ち、遊びにいくようになります。

彼の宝箱には家族の写真とともに映写室にあったカットされたフィルムが入っていました。

始めは子供を邪魔に思い、相手にしなかったアルフレードでしたが、映画好きのトトと次第に仲良くなっていきます。

トトはアルフレードに映写機の操作方法を教えて欲しいといいますが、アルフレードは辛く、孤独な仕事だとして教えたくないと言います。

しかしトトは何度も映写室に通ったことで自然と映写機の操作方法を覚えてしまっていました。

アルフレードはトトの熱意に負けて映写機の操作の手伝いをすることを許し、仕事を教えます。

そんなある日、ロシアに行っていたトトの父親の死が伝えられます。

トトは悲しみに暮れる母を見る一方で新作映画のポスターに心を奪われていました。

ある時、映画館に人が殺到して、締め出された人々が暴動を起こしそうになります。

アルフレードは人々のために映写機を操作して外の建物の壁に映画を映します。そんなことができるとは知らなかったトトと映画を観れるようになった人々は大喜びします。

しかしアルフレードが外の歓声に気を取られていた間に映画のフィルムに火がつき火事になってしまいます。

映写室は火の海となりトトがアルフレードのもとへ駆けつけたときには彼は床に倒れていました。

トトはアルフレードをなんとか映写室から救出しますが火事で受けた火傷でアルフレードは目が見えなくなってしまい、映画館は全焼します。

唯一の娯楽がなくなり、人々は落胆しますが、サッカーくじで大金を手にした人物が資金を出し、映画館は「ニュー・シネマ・パラダイス」として復活します。

盲目となったアルフレードの代わりにトトが正式に映写技師として働くことになります。

アルフレードはトトのもとを訪れ、これはお前がやるべき仕事ではない、もっと大きな仕事があると言います。

時代は変わり映画のフィルムは燃えにくい素材で作られるようになります。

トトの映画への情熱は変わらず、自分で8ミリ映画を作るようになります。

駅を行き交う人々を撮影していたところである女性に心を奪われたトトは思わず彼女を撮影します。

彼女の名はエレナ。トトは彼女に一目惚れします。

そんなトトにアルフレードはおとぎ話をします。

「昔、王様がパーティーを開き、国中の貴婦人があつまった。」

「護衛の兵士が王女を見て恋に落ちたが、王女と兵士ではどうにもならない。」

「ある日、兵士は王女に彼女なしでは生きていけないと伝える。」

「王女は兵士の深い想いに驚き、100日間、昼も夜もバルコニーの下で待ってくれたらあなたのものになると告げた。」

「兵士はすぐにバルコニーの下に行き、彼女を待つことにする。」

「王女は毎晩、窓からその様子を見ていた。」

「雨の日も風の日も雪が降っても兵士は王女を待ち続けた。」

「そして90日が経ち、兵士はひからびて真っ白になっていた。」

「目から涙が溢れ、止められず、眠る気力さえなかった。」

「そんな彼を王女はそれをずっと見守っていた。」

「99日目の夜、兵士は立ち上がり、椅子を持って去ってしまった。」

トトはなぜ兵士が去ったのか聞きますがアルフレードは、「分からない。理由がわかったら教えてくれ。」と言います。

トトは教会でエレナが告白に来た時にアルフレードに神父を引き止めともらい彼女と話します。

いい人だと思うが愛していないと言われたトトは、「毎晩、仕事が終わったら家の下で待つ。気持ちが変わったら窓を開けて欲しい。」と伝えます。

それからトトは毎晩エレナの家の下で彼女を待つようになります。雨の日も風の日も彼女を待ち続けるトトの想いは通じるのか。

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』キャスト・出演者

  • サルヴァトーレ・ディ・ヴィータ(少年期):サルヴァトーレ・カシオ
  • サルヴァトーレ・ディ・ヴィータ(青年期):マルコ・レオナルディ
  • サルヴァトーレ・ディ・ヴィータ(中年期):ジャック・ペラン
  • アルフレード:フィリップ・ノワレ
  • エレナ:アニェーゼ・ナーノ
  • マリア(中年期):アントネラ・アッティーリ
  • マリア(壮年期):プペラ・マッジオ
  • 神父:レオポルド・トリエステ

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』スタッフ

監督

ジュゼッペ・トルナトーレ

音楽

エンニオ・モリコーネ
アンドレア・モリコーネ

脚本

ジュゼッペ・トルナトーレ

製作

フランコ・クリスタルディ

\31日お試しで動画無料/
今すぐ無料で動画視聴する

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』の感想や口コミ

男性
男性
もう大 大 大好きな映画です。今まで何回みたのかわからないくらいなのに その都度 感動する名作です。第2次世界大戦後まもない時期 主人公の少年トトは出征してまだ帰らぬ父を母親や妹と待ちわびながら 大好きな映画館にもぐりこんでは フイルムの切れ端を持って帰り 家ですかしながらセリフをつぶやいたりする少年です。まだテレビやラジオが普及しておらず 民衆の娯楽が映画館で 映画が愛されていた時代のぬくもりを感じることができその時代にいなくても暖かい気持ちになります。父親のように慕っていた
映写技師のアルフレドが 事故で視力を失うシーンがあるのですが、その直前 大人気の映画だったのに映画館でみるこができなかった村人たちのために アルフレドは建物の壁に映画の画面が映るように工夫します。このときの音楽と村人とのコラボ 建物へのカメラワークは印象的かつ感動的です。 トトは長じて有名な映画監督になるのですが故郷の村とは距離をとっていました。しかし アルフレドの死後久しぶりに帰郷し懐かしい広場や村人に目を留めます ラストシーンでは昔 アルフレドが 成人映画として検閲で切らねばならなかった キスシーンやヌードシーンを密かに保管し一本のショートムービーのようにしてあるものが流れ 
それを長じて有名監督になったトトが広い劇場で一人涙しながらなつかしみます。 このラストシーンに エンニオモリコーネの美しく 優しい音楽が加わり もう毎回涙腺崩壊となります。 しかし昔はこういうのも検閲の対象だったのだと思うと ほんとにいい時代だな今は と思う今日この頃です。ああ、また観たくなっちゃった
男性
男性
ニューシネマパラダイスは、1988年に製作されたイタリアの映画です。あらすじは、ローマに住むサルバトーレの元に、一本の電話がかかります。それは、長年音沙汰がなかった、故郷の母からでした。そこで告げられてのは、サルヴァトールの幼なじみのアルフレードの死でした。彼は、若い頃の記憶を思い出します。まだ、トトと呼ばれていた小さな頃、彼は運命的な出会いをしていました。それは、小さな村の映画館で出会った映写技師のことでした。トト少年と映写技師の友情が描かれた作品です。この映画は、何度見ても号泣してしまう素晴らしさがあります。1番の名シーンは、トト村を出ていくときのことです。アルフレッドが、意に反して「村には帰ってくるなと」トトを突き放すところは、涙があふれました。
女性
女性
映画愛にあふれ、すべての映画好きに捧げられたイタリア映画です。名声を得た中年の映画監督サルヴァトーレが、故郷の老いた母親からかかってきた電話で、少年時代に親しくしていた映写技師アルフレードが亡くなったと知り、かつて大人たちに交じって映画を観ていた少年の頃の思い出を回想します。第二次大戦後の田舎の村で、村人の唯一の娯楽が教会(!)を利用して上映される映画でした。今よりもっと映画作品が多く作られ、人々が映画に熱を上げていた時代の、素朴で素直な観客の反応が微笑ましいです。トトと呼ばれたサルヴァトーレ少年は、戦争未亡人の母が自分に厳しく、のびのび過ごせるのが教会の映画館でした。キスシーンはまだ早いと友達のアルフレードに止められますが、二人の友情は強く、トトが女学生に失恋した後、「こんな田舎にいてはいけない」と奮起を促し、トト青年はローマに旅立ち、成功を収めるのです。アルフレードの葬儀に集まった人々はかつての映画館で騒いでいた大人たちで、年月の重みと人の思いの温かさを感じます。アルフレードの形見のフィルムを上映する最後のシーンで、フィルムからカットしたキスシーンの嵐に涙するサルヴァトーレ。抒情性と詩情を大切にするイアリア映画らしい作品です。作品にマッチしたテーマ音楽もあまりにも有名で、イントロが流れるだけで、映画のシーンを思い出し、涙が出そうになります。
男性
男性
いたずらっ子な男の子(トト)が映画館の映写室に忍びこむことからストーリーが始まっていきます。最初は疎ましがっていた映写技師のおじさん(アルフレード)ですが、映画を学びたいという少年の思いを受け止め、少年の成長とともに一種の友情を育んでいきます。背景が時代の転換期でもあったのかと思いますが、青年になった主人公トトに映写技師のアルフレードは、生まれ育ったその小さな町を出ていくように促します。若いトトに、今いる場所にとどまるのではなく、世界を広げてほしいという思いがあったのです。その際に放った「もうお前と話したくない。」という言葉にはすこしドキっとしましたが、そのあと続けて「お前の噂が聞きたい。」と、トトが故郷を離れられるように、アルフレードらしく少し荒々しいですが、背中を押した場面は視聴者みんなの胸に刻まれていると思います。
男性
男性
映画をみて数十年たちますが、今でも心に残るあの音楽と
昔ながらの映画館の風景は心に、過ぎ去ったものの大事さを思い出させてくれるため選びました。映画技師のアルフレッドと後に偉大な映画監督となる少年トトがなんと同級生となり、年配者のトトが困り果てるシーンのコミカルさは今でも覚えています。それでいてアルフレッドはトトにとり人生の師でもありました。トトは少しずつ年齢を重ね、恋愛経験を通じ、恋の厳しさも経験して小さな田舎町からやがて外の世界に出ていこうとする駅のシーンでトトに向けて、君が成長して社会で成功しこの街にまで君の名声が届くくらい実力を示してほしいという激励のメッセージを伝えます。美しい音楽と共にアルフレッドと別れをするトト。とても感動しました。人生はあっという年齢を重ねて年をとりやがて与えられた環境で妥協して生活していくケースがあります。アルフレッドは学識がなく、年を重ね、地方という自然はあれどチャンスに恵まれない中、人生の終盤戦を迎えてしましました。トトという自分の親友でもある若者に自分が果たせなかった夢を託したのかもしれないと思い、とても印象に残っています。ぜひこの映画はいろんな世代に人に見てほしいと考えます。
女性
女性
オススメのシーンは、とにかく主人公が高校生になって、失恋して雨の中でその悲しみに打ちひしがれるシーンです。そこに流れるエンニオ・モリコーネのBGMが何とも胸に響き渡ること間違いありません。また、映写技師のアルフレードのセリフが、含蓄があり、とても心に残るものばかりです。たとえば、「友達は顔つきで選ぶ。敵は頭の良さで選ぶ。お前は友達にするにはずる賢すぎる。」ですとか、「視力は失ったが、前より見えるようになった」「体が重いものほど、足跡は深くなる。恋心が強いほど、傷も深くなる」などは、名言そのものです。見どころは、映画好きの主人公トトのために亡きアルフレードが残してくれた、検閲に引っかかってカットされた映画のフィルムを見て、号泣スルシーンです。これで泣かない人は多分いないと思います。アルフレード「子どもを持ったら言う!」見どころ

 

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴する

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

※記載の情報は2020年9月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

 

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス