アニメ映画

映画『ムーラン』高画質動画を無料フル視聴!ディズニーアニメ字幕&吹替あらすじやキャスト

このページでは、映画『ムーラン』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\ディズニー動画が31日間無料で視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『ムーラン』といえば、1998年に発表されたディズニーの長編アニメーション作品ですね。古代中国を舞台にした物語で、中国の伝説『花木蘭』が物語のモデルとなっている人気作品です。

『ムーラン』は、2020年にディズニーによる実写映画が公開予定の話題作ですね!この機会に、アニメ版『ムーラン』をご鑑賞してはいかがですか?

ディズニーデラックス

映画『ムーラン』動画をディズニープラスで無料フル視聴する方法

\アニメ映画『ムーラン』は/
\ディズニープラスで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間動画が無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベルの人気作品動画が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『ムーラン』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 770円 31日間
U-NEXT × 330円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 300円 933円 31日間
dTV × 300円 500円 31日間
TELASA × 300円 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 300円 500円 31日間

 

\ディズニー動画が31日間無料で視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

ディズニープラスで視聴可能な関連作品

ディズニープラスでは、ディズニーアニメ作品が見放題動画作品なので、全作無料で一気見が可能です!

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...
ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

\ディズニー動画が31日間無料で視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『ムーラン』の映画情報

映画『ムーラン』あらすじ

物語の舞台は古代中国から始まります。

ファ家の1人娘であるムーランは、女性としておしとやかに暮らすことよりも、体術や学術的知識を身に付けることを好んでいました。

しかし、周囲の人々からは古いしきたりである「良い縁談を結ぶこと」を期待されていました。家族を愛するムーランは、試行錯誤しながらもお見合いに挑戦しますが、ボロが出て失敗ばかり繰り返していました。

ある日のこと。他部族のフン族が、国の侵略を狙って攻めて来ていると情報が入りました。国からは防衛のため、各家につき男子1人の召集が命ぜられました。

ムーランのいるファ家にいる男子といえば、病を患う足の悪い父ズーだけです。父は弱る体をかばいながら。国の命令に従おうとします。

家族思いのムーランは、そんな父親の姿に心を痛め、男になる決断をしました。長く伸ばしていた綺麗な髪をバッサリと切り、父親の鎧と刀を盗んでファ家代表として家を飛び出したのでした。

ムーランが戦場へ向かったことを知ったファ家の先祖たちは、守護神を送り込んで連れ返そうとします。

過去に犯した失敗で守護神の座から降格した赤い竜のムーシューは、新しい守護神を連れてくるよう先祖たちに頼まれますが、誤って守護神を壊してしまいました。

そこで、ムーシューは「幸運の鈴虫」としてファ家で飼われていたコオロギのクリキーをお供に、自らムーランの元へと向かいました。

その頃、ムーランは「ピン」と名乗り、男性として軍隊に参加していました。ムーシューとクリキーも追いつき、ムーランのサポーターとして訓練を応援していました。

しかし訓練内容は女性には厳しいものばかりで、なかなかうまくいきません。ムーランの事情を知らない仲間たちには、非力な男だとバカにされる始末です。

上司であるシャン隊長も、ムーランにはあきれていました。ついには、銅の重りをつけた状態で木を登る訓練が達成できなけれな、家に返すと言い渡されてしまったのです。

真面目に努力しても力では叶いません。そこでムーランは頭をフル回転させ、工夫をこらして見事に木を登りきったのでした。

課題を達成したことをきっかけに、ムーランはようやくシャン隊長や仲間たちから認められるようになりました。

そして、ムーランは頼もしいシャン隊長へ淡い憧れを抱くようになりました。

シャン部隊が行軍を続けていると、前を進んでいた別部隊がフン族によって全滅させられたとの知らせが入って来ました。いよいよ、シャン隊長率いるムーランの部隊が戦場へと駆り出されることになったのです。

しかし、前線に進むべく雪山に入ったシャン部隊はフン族に待ち伏せされていたのです。想定外のフン族襲撃に部隊は混乱します。

圧倒的劣勢に追い込まれた状況を見て、シャン隊長は一時撤退を命令しました。

その時です。ムーランはシャン隊長の言いつけを無視してフン族の後方に向かって砲撃を行いました。狙い通り起きた雪崩は、フン族を飲み込んでしまったのでした。

そして、運悪くムーランも雪崩に巻き込まれてしまいました。仲間の助けもあり、九死に一生を得たムーランでしたが、傷の手当の途中で女であることがバレてしまいました。

軍の規約違反だとして、文官はムーランの処刑を命じましたが、シャン隊長が阻止しました。しかし、女であることは周りが知ってしまった事実です。シャン隊長は、仕方なくムーランに故郷へ帰ることを命じたのでした。

憧れのシャン隊長から離れることになったムーランは、失意のなか家へと帰ります。

しかし、雪崩に巻き込まれて死んだとされていたフン族のリーダー、シャン・ユーが生きていることに気がついてしまったのです。

ムーランは、フン族の復活を止めることができるのでしょうか?

そして、シャン隊長との恋はどうなるのでしょうか?

続きは、本編でお楽しみください!

\ディズニー動画が31日間無料で視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『ムーラン』キャスト・出演者

  • ムーラン(台詞:ミン・ナ/歌:レア・サロンガ)
  • シャン将軍 (台詞:B・D・ウォン/歌:ダニー・オズモンド)
  • ムーシュー(エディ・マーフィ)
  • ヤオ(ハーヴェイ・ファイアスタイン)
  • リン(ゲディ・ワタナベ)
  • チェン・ポー(ジェリー・トンド)

『ムーラン』は劇中に登場するミュージカルシーンも根強い人気があります。

特に、「リフレクション」という曲は、20年以上経った現在でもカバーアレンジがされるほどの人気曲です。

実は、劇中で「リフレクション」を歌っているのは、『アラジン』のヒロイン、ジャスミンの歌声を担当したリア・サロンが担当しています。

映画『ムーラン』スタッフ

監督

バリー・クック
トニー・バンクロフト

音楽

ジェリー・ゴールドスミス
マシュー・ワイルダー

脚本

リタ・シャオ
クリストファー・サンダース
フィリップ・ラゼブニク
レイモンド・シンガー
ユージニア・ボストウィック=シンガー

製作

パム・コーツ

興行収入

32億円

\ディズニー動画が31日間無料で視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『ムーラン』の感想や口コミ

男性
男性
「ムーラン」は今年の夏実写化された映画が放映されることで今注目を集めていると思います。
ムーランはディズニープリンセスですが、あまりプリンセスらしくはありません。男に変装し戦場へ行くたくましい女性だからです。
ムーランは冒頭ではとてもボロボロの状態でした。仲人さんに会いに行くシーンではとてもバタバタとしていて、大丈夫じゃないよねと笑ってしまうこともありました。しかしそこでたくさん失敗した彼女が家に帰り歌う「リフレクション」がとても好きでした。とても短い曲なのですが、ムーランの良さが光ってこない生活の中で葛藤する彼女の心情がとてもよくわかります。悲しみの中で歌っている曲なのですが、「ありのままの自分をごまかせないの」という歌詞が好きで、世間に無理に合わせようとすることのつらさに共感できるものがあります。
そしてムーランが男装をするきっかけとなる父への愛がとても好きです。大切な家族を守るためなら手段を選ばず、大胆な行動に出られる彼女の強さにあこがれました!
厳しい訓練について行けず軍隊から追い出されそうになった時、そこから逃げれば女性に戻りまた違う道を選べたのに残るという選択をしたのは、彼女の維持だけでなく父の名誉を傷つけないための行動でもあるんだろうなと思慮深さを感じました。
知恵を使い弱点を補っていく彼女からは、文武両道の大切さを教えられます。
また女性だとわかり結局除隊されたムーランですが、彼女は国のために今度は女であることを利用して戦います。
その忠誠心や発想の柔軟さには本当に驚かされます。
ムーランの立ち位置は他の人では務まらず、彼女の魅力を最大限に発揮した生き方に感動しました。
常識にとらわれない発想と強い意志の元の行動が英雄を生むのだと思います。
何度見ても面白い作品ですし、子供にも伝えていきたいです。

女性
女性
男性しか存在しない軍隊に、ただ一人女であることを隠し、愛する父に代わって戦地に赴くムーランの勇気が素晴らしいと思います。

ディズニー映画のヒロインには大抵サポートする立場の相棒がいる事が多いですが、そんな立ち位置のキャラの割に情けない登場の仕方をするムーシューは、不思議なことに憎めないユニーク性格のキャラです。

個人的に好きなシーンはムーランが男たちに交じって過酷な訓練をしつつも、誰よりも早く成果を上げ、朝一にシャン隊長に訓練で入手するはずの矢を見せて得意げな様子を見せるシーンですが、

なんといっても一番見どころのシーンはやはり、都で迎える宿敵のシャン・ユーと燃え盛る建物の屋上で最後の決戦をするシーンでしょう。

女性
女性
この作品はディズニーアニメ作品の中の一つで、古代中国を舞台にした作品です。戦争や男尊女卑が常識だった時代で、徴兵命令を受けてしまった足の悪い父親に代わり、男に扮して戦に参加した娘、「ムーラン」という女性のお話です。

ムーランはこの時代には珍しいとても芯の強い革新的な考え方を持った女性で、なかなか自分自身を周りから認めてもらえずに、町でもどこか浮いているような存在でした。

見どころとしては、そんなムーランという一人の人物によって、同じく徴兵されてきた各家の男たちや、その軍隊長、最後には皇帝陛下までもが、それまでの考え方や価値観を見事に覆されていく所が、とても爽快で、また気づかされることも多く、面白いです。

各キャラクターの個性の豊かさや、気持ちを揺さぶられるような挿入歌達も、この作品をおすすめする理由の一つです。見終わった後には、心満たされる満足感と、「強さ」とは何なのか、とても考えさせられる作品でした。

男性
男性
映画「ムーラン」は、1998年に公開されたディズニーの長編アニメーション映画です。
今年、2020年に実写化される予定のため、再び多くの注目を浴びています。
舞台は古代中国。男は国のために戦い、女は嫁いで生活を守ることが正しい生き方とされた時代でした。
ムーランはそんな生き方に疑問を感じていました。家族のため、お見合いに行きましたが上手くはいきませんでした。
ムーランが一人落ち込んでいる時、その様子に気付いたムーランの父ファ・ズーが花を見ながら掛けた言葉があります。
「まだ蕾の花がある。最後に咲く花は1番綺麗だと言われている。」
ムーランはお父さんからのこの言葉で自分らしく生きること、自分の可能性を信じて進むことを心に決めたのです。
蕾をムーランに例え、娘らしく生きることを応援するお父さんの気持ちがとても伝わる描写だと思いました。
病の父に代わり、ムーランは男と偽って戦場に向かうことになりました。
ある時に女であることが判明してしまいますが、持ち前の根性と賢さで国から認められます。
「ムーラン」は昔ながらの文化にとらわれず、我が人生を切り開いていく力強いメッセージ性のある物語です。
女性
女性
父を守るために男性に変装して軍隊に入ったムーランの強さが格好良かったです。体力やパワーが男性には叶わず、訓練中にバカにされてきましたが、誰よりも努力する姿に周りの見る目が変わっていく様子がすごく好きです。ディズニー映画には心が強いヒロインが多く出てきますが、ムーランはプリンセスじゃないぶん、他のキャラクターとは違った強さがあり、とても印象的です。中盤で、ムーランが女性だということがバレて追放されてしまいますが、再び都へ戻り、国を守るため戦うシーンは勇ましくて格好良かったです。そして、この功績を讃えられ、シャン隊長と結ばれるエンディングが最高でした。英雄となり、好きな人とも結ばれるという幸せしかない結末がディズニー映画らしくて良かったです。
男性
男性
「ムーラン」は今年実写化される今話題の作品です。主人公であるムーランは女性でありながら活発で賢い娘。それゆえに年頃になっても縁談がまとまりませんでした。挿入歌の歌詞の中で「男は国守り、女は家守る」とうたわれています。そんな時代にそぐわないムーランの父親は足が悪いのですが、徴兵されることになります。そこでムーランは自分にできることを考え、男のふりをして父親の代わりに軍へ入隊します。こんな時代にすごい度胸と行動力の持ち主だと感服します。女性でありながら男性ばかりの軍隊に入り、頑張るさまは彼女の覚悟を表しているかのようです。力では男に勝つことができませんが、彼女は知恵を使いそれを補います。文武両道の大切さを感じます。途中で女であることがばれてしまい家へ帰されますが、それでも最後まで国のことを考え国に危機が迫っているとわかると彼女は何度でも困難に挑みます。常識をいい意味で覆す力強いこの姿勢は、ぜひ子供に見てほしい映画です。
女性
女性
ムーランを初めて観たのは幼い頃で、他のディズニープリンセス作品のようにキラキラした印象はなく、正直内容をあまり覚えていませんでした。実写版公開の前に観ておこうと思い、改めて見返してみました。大人になってから観たこともあってか、ヒロイン・ムーランへの印象がガラッと変わりました。女性の美しさとはきれいなドレスで着飾るだけではなく、芯の強さが重要なのだと気付かされました。女は家を守るものだと“女らしさ”を求められていた時代に、足が不自由な父の身代わりとなり戦争へと繰り出すムーラン。男のふりをしていたことがバレれば処刑されてしまうため、とっさにピンと名乗り他の男たちと共に戦いに向けて腕を磨いていきます。仲間たちと攻め入る敵から皇帝を守るべく、力だけではなく知恵を使い次々に敵を倒していく姿は爽快です。
辛い旅路を支えてくれた小さな相棒たちがコオロギのクリキー、そして守護竜ムーシューです。ムーシューの吹替え声優は大人気・山寺宏一さんです!「アラジン」で演じた魔人ジーニーのイメージが強いですが、今作のムーシューも愉快で面倒見の良い愛されキャラなので、知名度はあまり高くありませんが観た方は彼を好きになるはずです!
女性
女性
私はディズニー映画が大好きだし、強い女の子が主役みたいだったので、なんとなくかっこよさそう~と思ってみてみました。ディズニーって欧米が舞台のことが多いですが、ムーランはアジアな雰囲気なのも、珍しくて惹かれました。見る前の印象通り、ムーランは強い子で、お嫁に行くよりも戦いたい!という意思が強く、勇敢でかっこよかったです。でもムーランにとって戦いは、ただ敵に勝つための戦いというだけでなく、自分との闘いでもあったと思います。笑える要素はほとんどないですが、かっこよくて特に女性は勇気をもらえる作品です。現在になぞらえれば、ムーランは家庭的な女性というより、バリバリ働く仕事のデキるキャリアウーマンといったところ。だから早く結婚して静かに暮らしてほしい親とも葛藤があるし、自分自身も他の女性と違う部分に孤独を感じることもあったでしょう。現代は仕事に生きる女性がいても全然違和感ないですが、ムーランの時代は価値観の違いで周りと衝突する時も多かったと思います。ムーランは自分から行動する力があるし、王子様に助けてもらう側ではなくむしろ自分が助ける側という新しいタイプのプリンセスです。こんな女性がいても魅力的だと思いました。

ムーランおもしろいしカッコいいし音楽もいいよ!

ーりけ(@star_klef)2017年3月4日

ムーラン実写映画になってるんだ!!
絶対行きたい!!
ムーランは大好きなディズニー映画の一つ

ー真白友也Pいおり(@tomoya_msr_rabi)2020年5月15日

ディズニー映画しびれる曲目(ニコニコ)

When she loved me(トイストーリー2)
Remember me(リメンバーミー)
輝く未来(塔の上のラプンツェル)
Color of the wind (ポカホンタス)
リフレクション(ムーラン)
How far I’ll go(モアナと伝説の海)

にわかディズニーチャンネル(@Niwakadisneyfan)2020年5月18日

今すぐ無料視聴

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス