アニメ映画

映画『モアナと伝説の海』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替あらすじやキャスト

このページでは、映画『モアナと伝説の海』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『モアナと伝説の海』といえば、ハワイを舞台にしたディズニーアニメの作品ですね!

ディズニーデラックス

映画『モアナと伝説の海』動画をディズニープラスで無料フル視聴する方法

\『モアナと伝説の海』は/
\ディズニープラスで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間動画が無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベルの人気作品動画が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『モアナと伝説の海』が視聴可能なVOD

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 770円 31日間
U-NEXT × 385円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 400円 933円 31日間
dTV × 300円 500円 31日間
TELASA × × なし 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 300円 500円 31日間

 

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『モアナと伝説の海』の映画情報

映画『モアナと伝説の海』あらすじ

舞台は南太平洋に浮かぶ小さな島「モトゥヌイ」。人々は海で漁をし、島で農作物を育て、平和に暮らしていました。

その島には古くから伝わる伝説がありました。

地球に海しか存在していなかった昔、「心」の渦巻きから生命を生み出すことができる女神テ・フィティが木々や草花に溢れ、生命の活気のある島を次々と生み出していました。

ある日、マウイという風と海の神人が現れ、テ・フィティの「心」を奪って去り、「心」を失ったテ・フィティは闇の中に飲まれてしまいます。

テ・フィティの元を離れたマウイは、大地と炎の悪魔、テ・カァに襲撃された時、彼の大切にしていた「神の釣り針」とて・フィティから奪った「心」を誤って海に落としてしまいます。そしてマウイも姿を消してしまいます。そしてテ・カァは「心」を探し続け、周囲の島を今も暗闇に包んでいると言うのです。

いつか勇者が現れていなくなったマウイと見つからないテ・フィティの「心」を見つけ、「心」をテ・フィティのもとに返さないとならない、そうでないといつか全てが闇に葬り去られてしまう…

首長の娘のモアナは島を出て海へ出ることに憧れていましたが、父のトゥイにより「サンゴ礁を越えてはいけない。海には危険がいっぱいだ。」となかなか許してもらえません。

そんなモアナは小さい頃、海にまつわる特別な体験をしていました。

ある日モアナは砂浜で子ガメを助けます。すると目の前の波が柔らかく割れ、海の中に道ができます。まるで海が導いてくれているようでした。

子ガメはその道を辿り母カメの下に無事辿りつき、海の中へ戻っていきます。それを見送ると海はモアナに緑色の美しい石を渡します。

その美しさに見惚れている所に父親が気付き、急いで石を海に返してしまいます。

そこから数年経ち16歳になったモアナは父親の後継者として首長になる決意を固めます。海への冒険を諦め、島のために働くことを選んだのです。

そんな矢先、島に異変が起こります。漁に出ても魚は釣れず、農作物も満足いくように育ちません。モアナはサンゴ礁の向こうでの漁を提案しますが、父親はこれを受け付けません。

それでも諦めないモアナを祖母のタラがある場所へ連れ出します。

タラに連れられ入ったことのない洞穴に足を踏み入れると、そこにはたくさんの帆船がありました。そこで自分たちの祖先は海に出てあちこちに移住しながら暮らしていたこと、しかし海で大きな事故にあったことをきっかけに島に定住して海に出ることを硬く禁じていることを知ります。

そこでモアナは古くから伝わる伝説を思い出します。

「いつか全てが闇に葬り去られてしまう…」

まさに今伝説通りのことが起ころうとしていることに気がつきます。

そんなモアナにタラは幼い頃に不思議な体験をした時に見つけた緑の美しい石を取り出します。その石こそテ・フィティの「心」だったのです。

タラはモアナが大きくなる日までずっと大切に持っていた「心」を手渡し、「お前は海に選ばれたのだ。星を追えば見つかる」と伝えました。その晩、タラは危篤状態に陥りそのまま亡くなってしまいます。

モアナは意を決して一人洞窟に向かい、帆船に乗り込みエイに姿を変えたタラに手伝ってもらいながら海へと繰り出していきました。

しかし航海は簡単なことではありませんでした。父親に言われた通り海は危険で厳しく、モアナは波に呑まれて無人島に流れ着きました。

しかし幸運なことに、その島にはマウイが幽閉されていました。モアナは冒険に一緒に出ようとマウイを説得しますが、なかなかうなづいてくれません。

モアナは根気強く説得を続けなんとか一緒に海へ行くことに同意させます。海へ繰り出すと船にもうひとりヘイヘイと言う鶏が紛れ込んでいたことに気がつきます。海へ出た手前、置いていくわけにはいきません。モアナは3人で旅をすることにしました。

最初は反発していた二人でしたが、徐々に心を通わせていきます。そしてマウイは「神の釣り針」は醜い深海魚が持っているらしいと伝えます。

途中海賊の襲撃を受けながらも潜り抜け、3人は醜い深海魚タマトオの元までたどり着きました。タマトオは背中に宝をたくさん積んだカニの怪物で、「神の釣り針」は背中の一番上に引っかかっていました。

最初こそ苦戦したものの、二人で協力しタマトオから無事に「神の釣り針」を奪い返すことに成功します。

マウイは早速「神の釣り針」を使って以前のように姿を変えようと試みますが上手くいかず、落ち込んでしまいます。

そこでモアナはマウイの過去の話を聞きます。生まれた時は人間であったこと、両親から捨てられてしまったこと、それを神が見つけて自分をマウイにしてくれたこと。

マウイが過去を打ち明けたことで二人には信頼関係が生まれ、マウイも「神の釣り針」を使って徐々に以前の力を取り戻していきます。

二人はついにテ・フィティの島へとたどり着きます。しかし大地と炎の悪魔、テ・カァが島を支配し、島は燃え上がり荒れ狂っていました。

マウイはテ・カァに挑みますが、戦いの最中「神の釣り針」が大きくダメージを受けてしまいます。あと少しでも使ってしまえば壊れてしまいそうな「神の釣り針」を見て、もう使えないとマウイは姿を消してしまいます。

ひとりになってしまったモアナは自分には太刀打ちできないと「心」を海に返してその場から離れようとします。

その時、祖母タラの化身のエイが現れ、モアナを励まします。これまでの道のりや自分の進むべき道を思い出し、モアナはもう一度戦うことを決めます。

手放してしまった

海に潜って「心」を取りに行き、テ・フィティ島へと向かいます。その時、釣り針が壊れてもかまわないと強い決心を抱いてマウイが戻ってきました。

モアナはテ・カァの弱点をつき、一瞬のスキをついてうまくくぐり抜けると、島へむかいましたが、なんとテ・フィティがいません。

モアナはテ・カァの胸のあたりに、渦巻状になったものがあるのに気が付きます。そうです、テ・カァこそが「心」を失ったテ・フィティの姿なのでした。

モアナとマウイはテ・カァの胸に緑色の「心」をはめ込むことに成功。

恐ろしい姿は消え、優しげなテ・フィティの姿が現れました。草花がみるみるうちに顔を出し美しく輝きます。

詫びるマウイを、テ・フィティは穏やかに許すと、神の釣り針を元通りに直してくれました。

南の島に平穏が戻ってきました。モアナはマウイに一緒に島に行こうと誘いますが、マウイもまた自分の進む道をみつけていました。二人は堅く抱き合って別れるのでした。

島に戻ってきたモアナを両親は涙をためて迎えます。不思議な活躍をしてくれたヘイヘイもともに帰還しました。本人はわかっているのかいないのか相変わらずの調子です。

島の生活が変わりました。モアナは島の住民を率いて航海に繰り出すのでした。先祖たちが暮していたときのように。

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『モアナと伝説の海』キャスト・出演者

  • モアナ:アウリイ・クラヴァーリョ(屋比久 知奈)
  • マウイ:ドウェイン・ジョンソン(尾上松也)
  • タラおばあちゃん:レイチェル・ハウス(夏木マリ)
  • タマトア:ジェマイン・クレメント(ROLLY)
  • トゥイ:テムエラ・モリソン(安崎求)
  • シーナ:ニコール・シャージンガー(中村千絵)
  • ヘイヘイ:アラン・テュディック(多田野 曜平)

映画『モアナと伝説の海』スタッフ

監督

ジョン・マスカー
ロン・クレメンツ

音楽

マーク・マンシーナ

脚本

ジャレド・ブッシュ

製作

ジョン・ラセター

興行収入

6.908億ドル

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『モアナと伝説の海』の感想や口コミ

男性
男性
ディズニーの作品はいつもよく見ているが、毎回映像のクオリティが高いところ。細かい部分にまでこだわりをもって作品を作っていることに感動。立体的な世界に引き込まれそうになります。モアナの映画でのおすすめはやはり旅に出るシーンです。女の子が一人で船に乗り、何も知らないながらも知恵をつけ悪戦苦闘し立派になる姿はやはりぐっとくるものがあります。強く迷わないまっすぐなモアナの成長をしっかりと見れます。そしてこの映画は最後までちゃんと見てほしい!クライマックスはひやひやしながらも勇敢に立ち向かうモアナの姿に感動すること間違いなしです。家族との絆や仲間の大切さを改めて感じるディズニーらしい映画です。ぜひ見てください。
女性
女性
観ている時、涙がすごく出てしまいました。この物語のキーマンは、モアナのおばあちゃんではないかと思います。おばあちゃんは、モアナが島の外に惹かれることを知っていました。また、彼女が幼い頃、海に選ばれたと言うことも知っていて、そっと彼女の背中を押してくれます。残念ながら、おばあちゃんは背中を押してくれた後には亡くなってしまうのですが、ずっと彼女のことを見守ってくれていると言うことが物語の途中で分かります。モアナが自分は選ばれた存在ではないと悲しみに暮れる時、光るエイがそっと海を渡って彼女の元にやってきてくれます。おばあちゃんはずっと死んだらエイになりたいと言っていて、背中にもエイの入れ墨を入れていました。モアナが落ち込んだ時、迷った時には姿を現して、そっとまた背中を押してくれるおばあちゃん。おばあちゃんの強い愛情が伝わってきて、涙してしまいました。背中を押されたモアナがどう行動していくのか、注目してみていただきたいです。
男性
男性
2016年のアメリカ映画です。あらすじは、島の首長の娘であるモアナは、海を渡って公開を夢見る少女でした。はるか昔、半神マウイが大地の女神のテ・フィティのハートを奪ったため、火の魔物のテ・カァの怒りを買いそのハートは海に沈んでしまいます。その怒りは海を超えて、島々は闇で覆われモアナの住む島にも忍び寄ります。ハートを手にしたモアナは、島を救うためにマウイを探す航海に出ます。テ・フィティにハートを返し、平和な海を取り戻せるのかという話です。この映画は映像が美しく、特に水のグラフィックが美しいです。また、モアナの歌がとても綺麗な声で伸び伸びとした歌声がとてもよかったです。主人公を女の子にしたのもよかったと思います。大人から子どもまで楽しめる作品です。
女性
女性
小さなモアナは海に選ばれしもので、島の長となります。
昔からの言い伝えで、島の周りのサンゴ礁より外へ出たらダメという決まりがありました。モアナは好奇心旺盛な女の子です。そんな掟よりも外の世界がどうなっているのかが気になります。ただ、島の食物が少なくなり、魚も取れなくなり、外へ助けを求めにいくしかなくなりました。食物が育たなくなったのには理由がありました。それを解決するために海へ行くのです。もちろん、家族は反対しました。それでもモアナは行く決意をします。唯一おばあちゃんだけが味方でいてくれていて、サンゴの外へ行く手助けをしてくれました。その昔は、島の人たちがみんなで船で海へ出て、漁をしていました。その時の船があったのです。航海もした事がなく、不安な中海へ飛び出し、難を乗り越え目的を果たします。感動もありますが、とにかく映像がものすごく綺麗です。
海の感じ、大自然の色合いなど細かな部分まで綺麗に丁寧に仕上げていて、大人も楽しめる内容です。まだ見てない方は是非見てみてください。
女性
女性
ディズニー映画で一番好きな映画です。自立しようと奮闘するモアナの姿は勇気づけてくれます。何より挿入歌の歌詞がどの曲もとても好きです。仕事に行くときは、船が出航するときの挿入歌をよく聞いています。夏木マリさんが好きなのも相まって、モアナを心配しつつもいつも背中を押してくれるおばあちゃんがとても好きです。モアナが他のディズニー映画と違うのは、完全に今までのプリンセスの概念を無視しているからです。元来の外見的な美しさを必須とするプリンセスとは違い、強さが美しさを引き立たせる、そんなプリンセスがモアナです。イケメンで、お金持ちでな王子様と恋に落ちて二人は幸せに暮らしましたとさ、で終わるのとは違い、最初は衝撃を受けましたが、確かに、王子様と結ばれることだけが“幸せ”の定義ではないと改めて気付かせてくれたような作品です。
女性
女性
モアナと伝説の海は、自分の中でとっても好きなディズニー映画のひとつです。ディズニープリンセスには珍しいドレスを着ないプリンセスのモアナ。幼いころから海に興味津々で海に愛されてきたのがわかる描写で物語が始まります。そして、序盤から海の波の音がとっても気持ち良いんです。映画のサウンドを聞いているだけで癒されそう…。私がおすすめするこの作品の見どころは3つ。ひとつ目は、巨大蟹のタマトアの元へカギバリを取り戻しに行くシーンです。見た目がとにかく煌びやか。そして、見どころふたつ目と共通するんですが、隠れキャラクターが登場します。きっとこのタマトアのシーンでは簡単に見つけられると思うので、ぜひ見つけてみてくださいね。ふたつ目の隠れキャラクターですが、モアナには定番の隠れミッキーのほかにもたくさんのキャラクターが登場します。これを見つけるのもとっても面白い!ちなみに、アナと雪の女王のスベンやベイマックスが出てきますよ。何度も見て見つけてみてください。そして3つ目が、歌です。ミュージカルのようにたくさんの歌が出て来てどれもポップで踊りたくなるようなサウンドです。自然と体が動きますし、覚えやすいのも魅力的です。ぜひ、これから見る人は3つのポイントに注目してみてくださいね。
女性
女性
この映画では、海の動きがとても美しいことに感動しました。こんなに本物のような海を表現できるピクサーのCG技術はすごいなと最初から海の動きが本当にうつくしい!そして、きっと多くの方のハートが溶けたであろう、赤ちゃんモアナ!どうしてディズニー映画の赤ちゃんやこどもたちって あんなにかわいいんでしょう!何回でも見たくなるかわいらしさです。わたしが印象的だったのは、挿入歌「どこまでも」の中で島の女の子たちがフラを踊るシーン。正直、気にする人が少ないかもしれない一瞬の踊りなのですが、とても美しいのです。もし可能ならフルであのダンスを観たい…と思ってしまいました。これから見る方や、その踊りを覚えてない方は是非チェックしていただきたいなと思います。モアナも淡いいし、マウイも本当にかっこいいのですが、私の中で魅力的だなと思ったのが…モアナの友達、豚の「プア」。すべての動きが本当にかわいい!赤ちゃんのモアナにも負けないかわいらしさです。ですが少し残念なことに、登場シーンがびっくりするほど少ない!最初と最後に出てくる感じでしょうか。とても表情豊かで愛嬌たっぷりなので、少ないシーンですが是非注目してください!きっとこの映画を観た後は沖縄やハワイなどの南の島に行きたくなること間違いなしかと思います!

今すぐ無料視聴

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス