洋画

映画『インセプション』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじとキャストを調査

このページでは、映画『インセプション』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『インセプション』と言えば、2010年に公開された、クリストファー・ノーラン監督の映画です。

アカデミー賞は8部門にノミネートされ、視覚効果賞を含む4部門を自称、英国アカデミー賞は9部門でノミネートされ、やはり視覚効果賞を含む3部門を受賞しました。

どちらも視覚効果賞を受賞しているという事で、映像だけ見ていても圧倒されます。

でもそれだけではなく、ノーラン監督らしくスケールの壮大な映像で、新しい概念の世界を構築し、その中で登場人物たちの人間的な迷いや痛みをえぐっていくサスペンス映画です。

夢の中のシーンなど、本当に壮大な映像に圧倒されますので、それだけでも見る価値のある映画です。

ディズニーデラックス

映画『インセプション』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\『インセプション』は/
\U-NEXTで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『インセプション』の動画配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT なし 1,990円 31日間
Hulu なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
〇/× × 400円 932円 30日間
dTV × 300円 550円 31日間
TELASA ×/〇 × 200円 572円 30日間
Netflix なし 800円〜 なし
Amazonプライム 〇/× × 200円 500円〜 30日間

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

『レオナルド・ディカプリオ』関連作品

『クリストファー・ノーラン』監督関連作品

  • 映画『インターステラー』の動画ポイント利用作品
  • 映画『メメント』の動画見放題
  • 映画『ダークナイト』シリーズ見放題動画作品
  • 映画『ダンケルク』

※2020年7月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\U-NEXTは無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『インセプション』の映画情報

映画『インセプション』あらすじ

ドム・コブは産業スパイです。

それも、通常のやり方ではなく、被害者の夢の中に入り込み、潜在意識の中から、被害者のアイデアや重要書類がしまわれている場所や金庫を開けるための暗証番号などを盗むという斬新な手法のスパイです。

その方法は、軍隊で開発された潜在意識接続装置をスパイと被害者につけ、強い麻酔を打ち、二人とも眠っている状態で被害者の夢の中に入り込み、スパイはその夢の世界を自分の都合に合わせて変更し、目的の情報を探り出すというものです。

被害者は自分が眠っていることすら意識していないので、スパイの思い通りに情報を明かしてしまいます。

この辺は言葉で説明していると非常にわかりにくいのですが、映画で見るとよくわかりますので、ご安心ください。

ある日、日本人のサイトウという財界の有力者の自社のビジネス戦略を探るため、ドムとそのチームはコボル社に雇われます。

うまくサイトウの夢の中に入り込んだのですが、どういうわけかサイトウに気づかれてしまいました。

ドムはチームの一人に裏切られて、サイトウの前に連れていかれたのですが、実はコボル社としてドムたちを雇ったのはサイトウ自身で、ある仕事を頼むための試験であったと告げられます。

その仕事というのは、インセプション、つまりは何かの情報を被害者の夢から奪うのではなく、反対にこちらの希望することを被害者が自発的に行うように、アイデアを被害者の潜在意識に植え付けるというものでした。

インセプションは難解で、スパイ自身にも危険性があることから、チームの他のメンバーは乗り気にはなりません。でもドムはその条件に惹かれます。

というのは、実はドムは妻を殺害したという容疑でアメリカでは指名手配になっており、帰国できない状態でした。サイトウはドムに多額の報酬の他に、法的問題を解決し、アメリカに帰れるようにしてやるというのです。

インセプションを植え付ける相手は、ロバート・フィッシャーといい、サイトウのライバル会社の会長の息子でした。父親とあまり良い関係ではないロバート・フィッシャーに父親の企業を閉める意図を植え付けるというものです。

非常に難しいオペレーションを成功させるために、ドムは、イームズという自分の姿を好きなように夢の中で変えられるスペシャリスト、ユースフという麻酔薬の専門家、アリアドネという若い建築家をチームに入れます。

ドムはアリアドネが、ロバートの夢に入ってからその世界をこちらの都合に合わせて変更させられるために、初心者のアリアドネと共同の夢に入って訓練します。

アリアドネは若いですが、ドムの義父のマイルス教授に紹介された才能ある建築家で、はじめは戸惑って夢の世界を崩壊しそうになったりするのですが、すぐにコツを覚えて素晴らしい世界を構築し始めます。

なのですが、共同の夢の中に、ある女性が二人の実験を妨げるように現れます。

それは、ドムの亡くなった妻のマルであり、当然ドムの潜在意識が作ったイメージなのですが、任務中に事あるごとにドムの任務を邪魔するために現れるのでした。

共同夢のオペレーションで、スパイは自分が眠っているときに、それを忘れないようにするためにトーテムというものを使います。それは人それぞれ違うものなのですが、ドムの場合は一つのコマでした。

コマがずっと回り続けているのは夢の中にいる、つまりは眠っていることで、コマが止まってしまえばそれは目覚めているという事です。

また夢の中では痛みは現実と同じように感じますが、死ぬことは目覚めることになります。

インセプションを行うには通常の夢だけでは被害者に気づかれる危険性があるので、夢の中でまた眠る、そのうえでまた眠るという2重、3重の睡眠を促さなければならず、こういった催眠状態では通常の死による覚醒は不可能になります。

そのため失敗すると、永久に昏睡状態に陥る可能性があリ、非常な危険なオペレーションなのでした。

ロバートの父親がシドニーで亡くなりました。そこで、サイトウとドムのチームはシドニー行きの飛行機にロバートと一緒に乗り込み、そこでインセプションのオペレーションを行います。

数々の困難をどうにかチームのメンバーの機転で乗り越えていくのですが、成功すると思うと必ずマルが現れてきて妨害しようとします。

そうしているうちにサイトウが夢の中で射撃されて瀕死の状態になります。通常の夢のレベルではないので、この状態で死んでしまうと覚醒できません。どうにかサイトウが死なないようにドムたちは努力するのですが……

アリアドネが構築する夢の世界などは素晴らしい映像です。

ノラン監督はCGをなるべく使わないという監督で有名ですが、壮大なイメージがものすごくリアルに撮れていて、それを見るだけでも価値があります。

 

 U-NEXTは無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『インセプション』キャスト・出演者

  • ドム・コブ:レオナルド・ディカプリオ
  • サイトウ:渡辺謙
  • アーサー:ジョセフ・ゴードン=レヴィット
  • マル・コブ:マリオン・コティヤール
  • アリアドネ:エレン・ペイジ
  • イームス:トム・ハーディ
  • ロバート・フィッシャー:キリアン・マーフィー
  • マイルス教授:マイケル・ケイン

ノーラン監督はいつも同じ俳優を自分の映画に起用するので有名ですが、この映画でも、おなじみの俳優、マイケル・ケイン、トム・ハーディ、キリアン・マーフィが出演しています。

映画『インセプション』スタッフ

監督

クリストファー・ノーラン

音楽

ハンス・ジマー

脚本

クリストファー・ノーラン

製作

エマ・トーマス

クリストファー・ノーラン

 

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『インセプション』の感想や口コミ

男性
男性
映画『インセプション』は、インターステラーやメメントなどの作品で有名なクリスファー・ノーラン監督の作品です。映画『インセプション』の魅力は何といっても新鮮なアクションと引き込まれる世界観、そしてその世界観をいかした目が離せないストーリーです。夢の中での話が中心ですので、現実ではありえない事が起こります。重力が様々な方向に変化する中でのアクションが、まさにこの映画ならではの見どころです。ある時は天井が地面になったりする中で、登場人物がその状況に対応しながら敵を倒していくシーンはとても目が離せません。ストーリーの鍵となっているのも夢で、それ自体は目新しい設定ではないのですが、この作品ではさらなる仕掛けが用意されています。映画『インセプション』は、1回見ただけでは全ての内容を理解できないかもしれません。それでもきっと面白いと感じて、2回、3回と繰り返し見たくなるでしょう。繰り返し見る事で、あるシーンの本当の意味が分かり、とても悦に浸れる事必至です。特にラストシーンは本当に秀逸で、このシーンをどう捉えるかの考察がとても楽しいこと請け合いです。考察好きな人は最後まで見た時に、しばらくこの映画『インセプション』の事が頭から離れなくなると思います。SFアクションの最高峰の作品と言って間違いないと思います。
男性
男性
 マインドファック・ムービーというジャンルがあります。要するに,どんでん返しものの映画を指すのですが,私は一時狂ったように見漁っていました。そんなマインドファック・ムービーに見飽きてきたころ,ツイッターで見かけたのが映画『インセプション』でした。映画『インセプション』の主演はレオナルド・ディカプリオ,さらにトム・ハーディも出演しているのなら観なければ!と俳優目当てで視聴しました。正直、こんなに面白いと思いませんでした。舞台は他人の夢の中に入り込んで情報を盗むことができる世界。夢の中ですから自分の好きなように世界を構築して、破壊することが出来ます。しかし、あまりにも夢をいじりすぎると夢の住人に気づかれて襲われてしまうところがいい刺激になって飽きることがありません。特に映画『インセプション』で好きなシーンはラストシーン。夢の中に入る者たちは皆,夢の中と現実を区別するトーテムと呼ばれる道具を持っています。主人公であるドム・コブにとってのトーテムは駒です。現実なら駒は倒れ,夢の中ならば駒は回り続けます。ラストシーンでは彼の願いが叶うのですが,その時彼は駒を回します。そして駒がまだ倒れないうちに映画は終わってしまうのです。インセプションはストーリーもさることながら,大迫力で美しい映像も見どころの大好きな映画です。
男性
男性
夢の中に潜入してアイデアを盗むとか、絶対面白そうじゃないですか!ってことで映画『インセプション』観ました。ボーっと映画『インセプション』を観てると今どこのシーンなのか分からなくなります。苦笑 日本上映の際にはどこのシーンか字幕が出たそうですね。私はHuluで観たのでなかったですが。夢の中で夢を観るとそこでは経過時間にズレがある、という設定が理解できていないと意味わからなくなります。多分。そしてちゃんと観てないと今どの夢の中か分からなくなります!集中して観ているととてもとても面白いです。話の展開が速くて息つく暇もないし、2時間半近くあって長い映画ですが長さを全く感じません!夢を設計するということがどういうことかのシーンもとても幻想的で素敵でした。頭柔らかくないとあんなシーンは撮れないだろうなぁ…最後のシーン、コマは回り続けてると解釈し「えーーーーー!!!!」と声に出して言ってしまったのですが、調べてみたらあれはあの後止まるか止まらないかはわからないという設定のようで…ちょっと安心。笑 とにかく面白かったです!
女性
女性
この映画のタイトルである「インセプション」とは、夢の中でターゲットに”思想”や”アイデア”を”インセプション”(植え付け)るということです。映画『インセプション』の見どころは何層にも絡み合った複雑な展開やアクションシーン、そしてまさに現実では実現できない圧倒的な映像です。かなりストーリーが複雑なので、一度観ただけでは全て理解できませんでした。三回以上見ていますが、それでも面白いです。物語に引き込まれていくと、夢の中で見る夢のように現実の私は何処にいるのか、ここは夢なのか現実なのか解らなくなります。この映画の醍醐味はまさにその点にあります。最も重要な問いは”これは現実なのか?”です。映画『インセプション』のラストシーンをどう考えるか、ぜひ実際に観て考えてほしいです。
女性
女性
映画『インセプション』は夢の中に潜り、人の潜在意識の中からアイデアを盗み出したり、悪いアイデアをこっそりと植え付けるという違法行為を行う主人公たちの話ですが、その物語の構造そのものがおもしろく、みるみるうちに引き込まれていってしまいました。夢の中に潜り、更にそこで寝て夢を見て、もう一つ先の夢に潜り込み…と複雑に展開する場面もあり、たまに混乱しそうになることもありますが、注意深く見ていると構造がちゃんとわかるので、「ここは今、どこの階層なのか」を考えながら見ることをお勧めします。映画の中で夢の中のシーンが大部分を占めるため、「夢の中は想像した通りのことが起こる」ということで、現実ではあり得ないシーンが数多くあり、そこも見所です。ハリウッド映画らしくCGを多用したダイナミックなアクションシーンや、建物の中で上下左右があべこべになった無重力の中で戦闘するシーンなど、わくわくするところが多く見応えがあります。評価が分かれるラストシーンですが、自分は肯定派です。最後は視聴者に投げかけるような、意味を考えさせられるようなラストになっており、それが「最後をはっきりさせないなんて、消化不良だ」という人もいますが、最後までハラハラさせてくれる、エキサイティングな映画だという受け止め方をしたので、最後のシーンまで大好きな映画です。
男性
男性
映画『インセプション』は、2010年に公開されたアメリカ映画です。夢の中に潜入して人間のアイディアを盗むという興味深いストーリーです。映画『インセプション』のあらすじは、日本人実業家のサイトーに頼まれて、夢を使う産業スパイのコブはターゲットのモーリスに「インセプション」をします。困難な仕事を不自然なくやり遂げるため、コブは第3階層まで夢を積み重ねることになります。作戦は序盤は想定外のことが起こりますが、結果的には成功します。無事に仕事をやり遂げたコブのために、サイトーはコブしの犯罪歴を抹消しコブは自宅に帰宅し、子供たちに会えるというストーリーです。この映画の裏話としては、パリでは火薬が使えないため、爆破シーンで高圧窒素を使用したそうです。そのため、火薬とは異なる爆発の仕方をして、夢の中に潜入する作品の世界観によくマッチしてたと思います。また、ラストの雪崩のシーンは、コンピュータグラフィックスに頼らず、実際の雪を使ったため、迫力のある映像に仕上がっていたと思います。
男性
男性
映画『インセプション』は鬼才クリストファー・ノーラン監督作品。レオナルド・ディカプリオ主演、渡辺謙共演のSFアクション作品。映画『インセプション』の内容は、簡単に言うと、「人の夢に入り、情報を操作する」という、夢をテーマにした話。入った先が人の夢なので、地面が折り紙のように折り返してきて、天井にはさかさまになった地面があり、といったような、何でもありの世界観。CG技術のすごさがこの映画の映像を形作っている。主人公はもともと夢の中に入って情報を取り出す産業スパイなのだが、ある依頼で、ある人物の夢に入り、情報を植え付けるという仕事をするのだが、過去にトラウマがあり、それがフラッシュバックしながら、物語は進んで行く。人の夢は階層になっており、いろいろな場面が重なっているのだが、それと同時に、この物語もいくつかの群像劇のようになっており、それが一つ一つ解決していく様に、個人的に感動した。見てそんはない映画だと思うので、ぜひ見ていただきたい。
女性
女性
映画『インセプション』の夢の中に入り込み、その人の深層意識からアイデアを盗む、という斬新な設定は、さすがノーラン監督だと思わされます。夢の世界は妙なリアルさがあって、深みにはまると抜け出せなくなるような感覚を抱きます。対象者に、夢に介入していることがバレてしまってはいけないので、緊張感も凄まじいです。そんな企業スパイとして活躍するコブを、レオナルド・ディカプリオが演じています。渋みのある格好良さがスパイ役とマッチしていて、個人的にお気に入りのキャスティングです。また、仕事の依頼主役で、渡辺謙さんが出演されています。ディカプリオに引けをとらない存在感ある演技で、とても印象に残りました。コブは不可能と言われている「インセプション」の仕事に挑むこととなり、物語はさらに壮大、かつ複雑に展開していきます。正直に言って、一度見ただけでは全てを理解することは難しいと感じます。裏を返せば、何度見ても発見があって面白いですし、見応えがあると思います。ノーラン作品の真髄、ここにあり、と言えるのではないでしょうか。登場人物たちの思惑が積み重なり、何が真実で、偽物であるのか、だんだんわからなくなっていきます。たどり着いた先は果たして本当に現実世界なのか、問いかけてくるラストに対する答えは、いまだに出せずにいます。
男性
男性
クリストファー・ノーランの魅力の一つとして、普通ならCGを使うダイナミックな演出を実際に撮影することにより、とんでもない迫力の映像を生み出すところが挙げられます。奇想天外な世界観とリアルな映像をマッチさせることで唯一無二の映像を作り出すことができるのです。映画『インセプション』はその真骨頂ともいえるでしょう。「これ絶対CGだろ」と思ったら実際に撮影してました!みたいなことが多々あるので、撮影方法なんかも考えながら観るとまた違った楽しみ方ができるかと思います(もちろんCGもありますけどね)。映画『インセプション』の主演のレオナルド・ディカプリオは正統派のヒーローよりも、映画『インセプション』や『ディパーテッド』のような影のあるチョイ悪ダークヒーローがよく似合います。共演のジョセフ・ゴードン・レヴィットや今や大スターとなったトム・ハーディが、とてもいい味を出しています。映画『インセプション』の世界観は非常に複雑で、一言で言うならば夢の世界を理論的に構築した世界です。ただ、その分そこで展開されるストーリーは非常に単純明快。「与えられたミッションをいかにしてチームプレイでクリアするか」(映画『ミッション・インポッシブル』と同じですね!)なので、意外にそこまで頭を使わずに見ていられます。むしろ、クリストファー・ノーランの構築した世界にどっぷり浸かってあまり考えずに楽しめる映画なのです。ただし、世界観を理解しなきゃいけないので、最初から観ないと全然分からないと思いますが…。映画『インセプション』の見どころは、アーサーが夢の第二階層で敵と一騎打ちをするシーン。「こ、これどうやって撮影してるのー!?」と文字通り椅子から転げ落ちそうになりました。何度も繰り返し見たくなるほどすごいシーンです(youtubeで撮影している動画があるので、観た方にはそれもオススメです)映画『インセプション』は、男たちがビシっとスーツで決めるような映画が好きな方、作家の独自の世界観にドップリ嵌るのが好きな方にはオススメの一本です。

今すぐ無料お試し

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス