映画

映画『グラントリノ』スマホで動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじとキャストを調査

このページでは、映画『グラントリノ』のスマホで動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料お試し

映画『グラントリノ』は、名優クリント・イーストウッドが主演と監督を務めた作品で、『運び屋』で再度主演を務めますが、本作で俳優としての歴史に、幕を閉じるつもりだったそうです。

舞台となったミシガン州のあるアメリカ北部のみで公開されていましたが、上演場所をアメリカ全土にまで拡大し、日本での上映まで行われた話題作なんです。

イーストウッド監督の監督作品での、興行収入で新記録を樹立した本作品に注目です。

ディズニーデラックス

映画『グラントリノ』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\映画『グラントリノ』動画を/
\U-NEXTで無料視聴/今すぐ無料お試し
動画無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら

費用は1円もかかりません。

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントでスマホで動画の視聴可能!
  • 日本最大級のスマホでエンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画もスマホで&見放題で・・・

※記載の情報は2021年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画が違法にアップロードされた物と知って動画をダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\31日お試しで動画無料/
今すぐ無料で動画視聴する

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『グラントリノ』の動画配信状況

VOD配信
(字幕/吹替)
見放題追加料金月額(税込)無料視聴期間
U-NEXTなし2,189円31日間
Hulu×なし1,026円2週間
TSUTAYA TV
〇/×なし1,026円30日間
dTV×400円550円31日間
TELASA×200円572円30日間
Netflixなし800円〜なし
Amazonプライム×299円550円〜30日間

\31日お試しで動画無料/
今すぐ無料で動画視聴する

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『グラントリノ』シリーズ作品の動画も配信中です!

『クリントイーストウッド』監督・主演作品の動画

  • 映画『ダーティ・ハリー』シリーズ
  • 映画『アウトロー』シリーズ
  • 映画『人生の特等席』

※2020年8月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでも動画情報をご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...

\31日お試しで動画無料/
今すぐ無料で動画視聴する

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『グラントリノ』の映画情報





映画『グラントリノ』あらすじ

ドロシー・コワルスキーが亡くなり、夫ウォルトによって葬儀が行われました。

残された夫は退役軍人で、頑固で考えの古い老人でした。

ウォルトは家族の嫌われ者で、誰も彼の身を案じることはありませんでした。それどころか葬儀での親族は、遺産もらうチャンスをうかがっているように見えました。

親戚が帰った後、残ったのは愛する妻と過ごした家と、名車グラントリノだけでした。

そんな寂しい生活でも、彼は隣人との関係性を築こうとはしませんでした。周囲の民家にはモン系(中国系の民族)が多く、人種差別発言を繰り返すウォルトに、隣人たちも近づこうとはしませんでした。

そんな中でも、ヤノビッチ神父だけは彼を教会に誘いました。

彼はウォルトの亡くなった妻に、夫を気にかけてくれと頼まれていたからです。ウォルトは懺悔室に行き、自分の人生を振り返るべきだと諭されます。しかしウォルトは話を聞いてくれないどころか神父を馬鹿にして、突き返しました。

その日の夜、ウォルトが寝ていると、ガレージから不審な音がしました。

銃を片手に様子を見に行くと、モン系の少年がグラントリノを盗もうとしていたのです。追い返すことはできたものの、暗闇の中で顔は見えず、捕まえ損ねてしました。

葬儀が終わり2,3日が経ち、ウォルトの息子の1人から電話が来ました。

彼はウォルトの体調を気遣う素振りを見せましたが、狙いはNFLのチケットで、実際にはウォルトへ関心はありませんでした。

隣人には愛車を、そして親族には自分の財産を狙われていると感じるウォルトは、人生の目的を失ったまま、日々を過ごしました。

ある日、モン系の隣人が同じくモン系のギャングと口論をしているのが聞こえてきました。隣人の少女が連れ去られそうになっていたのです。

ウォルトはギャングの1人が自分の敷地に足を踏み入れたことを理由に、銃を向け、退散させます。

その出来事によって、ウォルトは街のヒーローとして、モン系のご近所さんたちに感謝されました。その結果として、彼の家には毎日、花や食事が届けられました。

それらが鬱陶しかったウォルトは、見つけるたびに処分していました。しかし贈り物が止むことはありませんでした。

隣の家の少年タオとその姉と母も、花や食事を渡しに来ました。その際に、タオの母は娘を守ってくれたことへの感謝と、タオのしたことへの懺悔を伝えに来ました。

タオはグラントリノを盗もうとしたのは自分だったことを素直に伝えます。

そしてタオの母は償いとしてウォルトの家のお手伝いをタオにさせるように頼み込みます。どうしても引かないタオの母に折れたウォルトはしょうがなく了承し、2日後からタオに近所の家の屋根の修理や蜂の駆除をさせました。

ウォルトはモン系のタオや、タオの家族に対して人種差別的な発言を繰り返しましたが、彼らは常に温かく、家族のように接してくれました。

家族が一度として気にかけなかったウォルトの体調についてもタオとその姉は心配し、病院に行くことを勧めました。

病院での結果は芳しくないものでした。

ウォルトは息子に電話し、自分の病状について話そうとします。体調はどう?、家族は?、仕事は?、と質問を続けるウォルトですが、ウォルトに関心のない息子からは聞き返されることはなく、結局話すことはできないまま切られてしまいました。

それでもタオや彼の家族は、ウォルトを慕いました。その結果として、ウォルトもそんなタオに優しさを見せ始めました。

いらない家具を譲り、BBQをして、さらには、男としてどう振舞うべきか、など自分の息子以上に様々な事を教えました。

さらにタオがデートに行くことを知ったウォルトは、自分の愛車グラントリノを貸すことも申し出たのです。

タオはウォルトのコネで仕事をもらうこともでき、仕事初日を迎えようとしていましたが、ギャングにつきまとわれ、暴行されてしまいました。

腫れあがったタオの顔を見たウォルトはギャングを、タオに二度と近づかないように、と脅しました。

次の日の夜、ギャングたちはタオの家を銃撃し、タオの姉は乱暴をされ、腫れあがった顔と汚れた服で帰ってきたのです。

泣き崩れるタオ一家の中で、ウォルトは一人立ち尽くしていました。

翌日、ウォルトは初めて懺悔室に向かい、自分の過去の罪を清算し、ギャングたちの家に向かうことにしました。

タオの将来を考え、単独での決行を決意をし、タオを地下に監禁しました。

ウォルトは銃を持っていましたが、わざとギャングたちを挑発し、自身を撃たせ、殺させました。

亡くなったウォルトの葬儀は彼の親戚と、近所のモン系で溢れていました。そして葬儀の後、遺言の中でウォルトは、グラントリノはタオに譲渡する、と残したのでした。

映画『グラントリノ』キャスト・出演者

  • ウォルト・コワルスキー:クリント・イーストウッド
  • タオ・ロー:ビー・バン
  • スー・ロー:アーニー・ハー
  • ヤノビッチ神父:クリストファー・カーリー
  • スパイダー:ドゥア・モーア
  • ミッチ・コワルスキー:ブライアン・ヘイリー

本作の主役は監督も務めるクリント・イーストウッドです。

『アウトロー』などの有名作に出演し、また監督としても2度アカデミー賞を受賞する活躍をみせるイーストウッド監督ですが、実は政治にも熱心に貢献していらっしゃいます。

1986年にはカリフォルニア州西海岸にあるカーメル市市長として、二年間の任期を全うされました。

政治家を引退された今でも政治的な発言を多く残しています。

ポリティカル・コレクトネス(差別を生まない言語を推奨する考え)を否定するなど、差別社会を推奨するような過激な発言が多い事でも知られています。

差別的なシーンが多く含まれる本作『グラントリノ』では、イーストウッド監督の差別への認識を描いているのかもしれません。

映画『グラントリノ』スタッフ

監督

クリント・イーストウッド

音楽

カイル・イーストウッド

脚本

ニック・シェンク

製作

クリント・イーストウッド
ビル・ガーバー
ロバート・ロレンツ

\31日お試しで動画無料/
今すぐ無料で動画視聴する

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『グラントリノ』の感想や口コミ

女性
女性
映画『グラントリノ』はとてもイーストウッド監督っぽい作品だと思いました。

イーストウッド監督自身、実際に陸軍で死にそうな経験をしたそうです。監督の作品では度々、戦争を経験した者は社会で生きづらくなる、というメッセージが語られてきたように感じます。

本作『グラントリノ』でも、戦争経験が主人公を頑固にしていると感じました。

戦争を知った男は死ぬまで銃に頼り、古い田舎の白人男性は人種差別主義者で、アジア系は気が弱いので強気にでる、などステレオタイプや履き違えた男らしさが主人公ウォルトに投影されていました。

ウォルトの老後の人生はすごく悲しく、寂しいものでした。

伴侶を失い、家族には嫌われ、搾取され、心配される人間にも素直にはなれない中で、財産を狙われながら生活していました。

そのためタオの為にウォルトが、見せた決意には大きな意味がありました。

戦争でアジア人を殺したことで名誉を得た彼が、アジア人に殺されることで再び自分の誇りを取り戻したのです。

家や資産よりも、彼の男らしさや成功の象徴だったグラントリノをあげたことが彼の人生の中でタオがどれほど大きな役割だったのかを教えてくれました。

口下手な老人の最後の感謝の気持ちだったのではないでしょうか。

歳を重ねれば重ねるほど、胸に響く素敵な作品だと思いました。

 

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴する

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

※記載の情報は2021年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

 

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス