アニメ映画

映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』高画質動画を無料フル視聴方法!あらすじやキャスト

このページでは、映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』の動画を無料で、かつ安全に視聴する方法についてまとめています。

映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』といえば、藤子・F・不二雄の国民的大人気キャラクータ『ドラえもん』の映画シリーズ作品ですね。

1983年に公開された「ドラえもん映画シリーズ」の第4作目の映画作品となります。

ムー大陸やアトランティス大陸、バミューダトライアングルの都市伝説など、深海や海底に関する有益な情報がたくさん盛り込まれており、これまでの3作とは違った「ドラえもん大冒険」の一面を見せていることでも有名な作品となっています!

ディズニーデラックス

映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』動画を無料でフル視聴する方法

映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』を無料で視聴したいという方には、Amazonプライムビデオを利用して視聴するのがオススメです!

Amazonプライムビデオの無料お試し視聴期間を利用すれば、高画質で映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』の動画が視聴可能です。

Amazonプライムビデオでは、無料お試し視聴期間が30日間もあります。

その無料視聴期間のみの利用であれば費用は1円もかかりません

映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
U-NEXT × × なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 933円 31日間
dTV × × なし 500円 31日間
ビデオパス × × なし 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 31日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム なし 500円〜 31日間

 

Amazonプライムの
無料お試しに申込む

 

Amazonプライムの
無料お試しに申込む

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』の映画情報

映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』のあらすじ

のび太たちに夏休みがやってきました。

のび太、ドラえもん、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫のいつものメンバーは、夏休みにどこに行くかを話し合っていました。

海に行きたい人もいれば、山に行きたい人もいて、なかなか行き先が決まりません。そこで、ドラえもんは、海の中で山に登れる「海底」へ行くことを提案しましたが、みんなに気持ち悪いと反対されてしまいます。

拗ねたドラえもんは、「水中バギー」というひみつ道具を出して、1人で海底キャンプに行くことにしました。

みんなの手前、反対してしまいましたが実は海底に興味を持っていたのび太は、ドラえもんの後をこっそりとつけていきました。

しかし、水中バギーが海にもぐろうとしたため溺れてしまいドラえもんに気がつかれてしまいます。のび太は、ひみつ道具の「テキオー灯」を浴びさせてもらい、海中でも息ができるようになりました。

テキオー灯は、息ができるだけでなく、どんな環境にも体が適応できるようになる力を持っているため、深い海底でも耐えることができ、しかも光が届かない海底でも明るく見えるようになりました。

さっそく深海部分まで潜った2人は、キャンプに好都合な海の中の山々を見つけます。

後日、海の中で撮った写真をしずかちゃんに見せてキャンプに誘いました。反対していたジャイアンとスネ夫も、海底で宝を積んだ沈没船が消えてしまったというニュースを見てからか、深海に興味を持ち始めていました。

のび太のママの言いつけで、なんとか夏休みの宿題を終わらせたのび太は、5人で海底キャンプに出発することになりました。

そして、テキオー灯を使い、水深2000メートルの海底の山々に降り立ったのび太たちは、そこにテントを立てて食事をしたり、本格的な水中キャンプを楽しみました。

水中バギーの案内で、深海魚を探すツアーも楽しむことになりました。実は、水中バギーは、運転だけでなく、ロボットの機能もついているため、人並みに会話するをすることもできるひみつ道具でした。

しかし、安物なのか機能はいまいちで、口が悪いためかジャイアンを怒らせてばかりいます。

ツアー中、海底火山の突然の活動によって、パニックになりましたが、なんとか泥の中を切り抜けてキャンプ場に戻ってくることができました。

夜中のバーベキュー時には、スネ夫が「魔の三角地帯」について話をし始めました。その地帯は、通りかかった船や飛行機が姿を消してしまう場所で、世間で騒がれていた沈没船もそれが原因だったのかもしれないとスネ夫は言います。

宝に興味を持っているスネ夫たちに、「危険な場所には行かない」と釘をさして、その日は就寝しました。

しかし、翌朝、事件は起こります。なんと、ジャイアンとスネ夫が約束を破ってお宝を探しに出て行ってしまっていたのでした。

ドラえもんは大慌てで2人を探しに行くと言いました。なんと、テキオー灯の効き目は残り1時間で消えてしまうというのです!

テキオー灯が切れれば、息はできなくなり、海底の水圧ですぐに死んでしまいます。残された3人は急いで2人を探しに行きました。

一方、そのことジャイアンとスネ夫たちは、だんだんと息が苦しくなっていることに気がつき始めました。

乗ってきた水中バギーに確認すると、あと1時間でテキオー灯が切れるとあっさりと答えらえてしまいました。すぐにドラえもんのところに戻るようにと言いますが、バギーは「この速度で引き返しても間に合わない」と走り続けます。

タイムリミット過ぎて、ようやく、どこでもドアで2人を見つけたドラえもんたちは、岩陰でぐったりとしているジャイアンたちに駆け寄ります。

不思議なことに、2人は生きていました。

最悪な事態は逃れたものの、ジャイアンたちはバギーに怒り狂います。行けと言われたから走ったと反論するバギーでしたが、ドラえもんも、廃車にしようか迷っています。

しかし、しずかちゃんだけは、機械は善悪の判断がなく、きちんと命令を守ってしまっただけだとバギーをかばい、その場は収まりました。それ以降、バギーは自分の味方をしてくれたしずかちゃんに懐くようになりました。

気を取り直してキャンプを続行した一行は、マリアナ海溝にお宝を探しに行きました。そこで見つけた沈没船は、消えたと言われていたものでした。

宝を探しに沈没船の中に入り込むなか、のび太だけは怖がって外で待っていました。すると、魚の形をしたマシーンがのび太を襲います。逃げ延びたのび太は、そのことを説明しましたが誰にも信じてもらえませんでした。

その夜、バギーはしずかちゃんだけに、ジャイアンとスネ夫を助けた人物を知っていると教えます。自分の内蔵カメラに記録した映像を見せると、そこには2人の海底人が映っていたのです。

海底人たちは、ジャイアンとスネ夫にテキオー灯を浴びせて助けましたが、そのあと魚のマシーンに追われて去って行ってしまったのです。

しずかちゃんは、みんなにもバギーの情報を教えていたところ、巨大なダイオウイカがキャンプ場を襲いました。

絶体絶命のピンチだと思われたその時、ビデオに映っていた海底人たちが助けに来てくれたのです!

ドラえもんたちは、海底人に感謝し、挨拶をしようとした途端、今度は海底人の2人にビームで攻撃され、みんなは気絶をしてしまいました。

…この海底人たちは、一体だれなのでしょうか?

…のび太たちは、無事に地上に戻ることができるのでしょうか?

映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』キャスト・出演者

ドラえもん:大山のぶ代
のび太:小原乃梨子
スネ夫:肝付兼太
ジャイアン:たてかべ和也
しずか:野村道子
エル:喜多道枝
水中バギー:三ツ矢雄二

本作品は、水中バギーというキャラクターが衝撃のラストを迎えることでも有名で、数々の著名人がドラえもんの映画の中で印象に残る作品としてあげているそうです。

そして、なんと、1995年に着ぐるみを着た役者たちによってミュージカル化され、1997年には香港でも上演されました!

どんな様子で、海底が表現されているのか、とっても気になりますね。

映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』スタッフ

監督

芝山努

脚本

藤子不二雄

原作

藤子不二雄

音楽

菊池俊輔

主題歌

岩渕まこと「海はぼくらと」

映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』感想や口コミ評価

女性
女性
ドラえもん映画第4弾の「ドラえもん のび太の海底鬼岩城」!今回の舞台は、深ーい海の底!物語は、あつーい夏休み、山に行くか海に行くかで揉める所から始まります。紆余曲折を経て海底キャンプに決定。深海魚ツアーや海底バーベキューを楽しんだりと海底キャンプは順調です。沈没船の宝探しが本当の目的だったスネ夫とジャイアンが勝手な行動をして死にかけ、巨大イカに襲われてるところに海底人エルが助けに現れます。二人が死んでしまったとと慌て、責任を感じたドラえもんが「死んでお詫びするー」と大きいハンマーを持ち取り乱すお決まりのシーンも健在です。この海底人エルと協力して亡国アトランティスの残したコンピュータ兵器ポセイドンから地球を守る為に大奮闘。さらに今回の「ドラえもん のび太の海底鬼岩城」では、世界的にも有名な魔の三角地帯バミューダ・トライアングルや海の神ポセイドン、アトランティスなど勉強になるキーワードが盛り沢山です。鬼岩城というタイトルからも少し怖さを感じますが、ポセイドンの操る兵隊や鬼岩城の様子、親玉ポセイドンの描写が本格的で怖く感じたことを今でも覚えています。海底キャンプのお供、車のバギーとしずかちゃんのエピソードも「ドラえもん のび太の海底鬼岩城」の見どころポイントです。ポンコツバギーと男の子たちとはバトルしまくりですが、クライマックスのシーンでしずかちゃんの為に頑張るバギーの姿はとても感動します!私の個人的なドラえもん映画ランキングTOP5にランクインする「ドラえもん のび太の海底鬼岩城」!ドラえもん達との海底大冒険を楽しんで見てください。
男性
男性
映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』を初めて見たのは、2020年になりますが、上映から37年経っているにも関わらず、夢があり感動できる映画だと思いました。映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』では、海底が舞台になっており、夏休みどこにも行くところがないので、海底に行きそこで、真っ暗で何もない場所に明かりやサンゴ、家を建ててしまうドラえもんの道具は、魅力的で、今見ても素直にいいなと思ってしまいました。また、光を当てるだけで、水中で呼吸ができ、海底の環境にも耐えられるようにできる道具があるにも関わらず、モニターが古いTVみたいな見た目だったので、未来の道具を想像した製作者の方々も現代のTVモニターを見たら驚くだろうなと、ちょっと笑ってしまいました。海底では強力な水圧があること、太陽の光が射さず真っ暗であることなど、子供の教育にもいい部分をドラえもんが逐一説明しており、そういった現実的な問題を未来の道具でしっかり解決していたので、そういった部分もいい内容だと思いました。映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』の見どころとしては、子供が見る印象があったので、犠牲者がでたことに大変驚きましたが、そこがものすごく感動できる場面にもなりました。映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』は、古い映画ですが、しっかり内容が作られているので、今でも十分子供から大人まで楽しめる映画だと思いました。
男性
男性
海を舞台にした映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』は、「海底を自由に歩く」「プランクトンを元に作られたごちそう」等、ジュール・ヴェルヌの「海底二万マイル」を彷彿とさせるストーリーです。また、当時問題になっていたアメリカとソ連の冷戦時代を、海底人の戦いに置き換えたこの物語は争うことの虚しさや愚かさについても言及しており、単なるアニメ映画の枠を超えているといっても過言ではないでしょう。そしてなんといっても、ゲストキャラクター、「バギー」の存在!電子頭脳を要した車であるバギーは、生意気で弱虫で、非常にくせのあるキャラクターとして登場しますが、最終的に最愛のしずかのために、文字通り「命」を燃やし尽くすその姿に大人も子供も涙すること間違いなしです。
女性
女性
映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』は、ドラえもんシリーズの中で海底を探検する話で、子どもの頃見て、海底火山だったり、海溝だったりと、現実には見られない海底の情景描写にとてもワクワクしました。海底でのキャンプや、プランクトンで作った食事などにも憧れました。この映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』の真の主人公はなんと言ってもバギ―ちゃん(ドラえもんのひみつ道具で海底を移動するのに使っていたバギー)です。反抗的でポンコツな態度で、スクラップにしちゃうぞ!とドラえもんや男性陣からボロクソに言われていたバギーちゃんが、唯一やさしくしてくれたしずかちゃんに心を開き、しずかちゃん(やみんな)の危機を助けるために、最後には自爆同然に敵に向かっていく姿には、なんど見ても涙が出ます。
女性
女性
この映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』は、大人気ドラえもんシリーズの映画の第4段です。大まかなあらすじは、奴休みにドラえもんたちは、海底でキャンプを楽しんでいますが、巨大イカに襲われてしまいます。それで、海底人に助けられるのです。そこから、ドラえもん一行の冒険が始まります。この作品は、沈没船が出てきたり、「ムー連邦首相公邸」が登場したりなど、冒険心をくすぐるストーリーが満載です。また、人間が本来生身で行くことができない、海の底が舞台となっているのにもワクワクします。バミューダ?トライアングルのような、魔の地域が出現するなどのストーリーも面白いです。子どもが見ても大人が見ても楽しく見られるように、うまく作られた映画だと思います。
女性
女性
映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』は、『ドラえもん』の劇場版(大長編)で一番好きな作品です。最初は海底で楽しく夏休みを過ごすというほのぼのしたストーリーでしたが、後半になると世界の破滅が迫るとんでもない緊迫感かつシリアスな展開になり、ほのぼのした前半部分とのメリハリがすごいです。深海の水圧や無酸素状態でも耐えられる「テキオー灯」や、深海のプランクトンを御馳走に変えてしまう「グルメテーブルかけ」など魅力的な道具も登場して楽しませてくれました。この映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』の“主役”は、ドラえもんの道具でもあり、意思を持つ水中バギーです。生意気で、しずかちゃん以外の言うことも聞かないし、不完全なロボット(?)でしたが、最後の最後で大好きなしずかちゃんの涙を見て、全世界を破滅させる「鬼角弾」(核ミサイルのようなもの)を統制する「ポセイドン」に対して自ら特攻して共に爆散して、しずかちゃんだけでなく世界の危機を救う形になったのです。この水中バギーの“自己犠牲”は『ドラえもん』の大長編で、屈指の号泣シーンで、涙なくして見ることができません。もう『ドラえもん』の枠を超えて、あらゆる映像作品の中でもこれほど泣けたシーンは他にないくらい心打たれるシーンでした。生意気で身勝手だったけど、最後は愛する者を守るために自らが犠牲になる姿のギャップに心打たれた部分もあります。映画『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』のストーリー的にも本当に壮大で、重いストーリーでもありますが、『ドラえもん』の大長編で屈指の名作だと思ってます。

*2020年7月時点での情報です。Amazonプライムのホームページでも詳細をご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス