アニメ映画

映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』動画を無料フル視聴方法!あらすじやキャスト

このページでは、映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』の動画を無料で、かつ安全に視聴する方法についてまとめています。

\30日間無料で見放題/今すぐ無料お試しに申込む

映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』は、1996年3月2日に公開されたドラえもん映画作品です。大長編ドラえもんシリーズ第16作、映画シリーズ第17作目となります。

ディズニーデラックス

映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』動画を無料でフル視聴する方法

\『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス』は/
\Amazonプライムで配信中/

今すぐ無料お試しに申込む無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

※記載の情報は2020年6月時点のものです。最新の情報はAmazonプライムのホームページにてご確認ください。

  • Amazonでの買物でお急ぎ便&当日発送!
  • 初回の30日間は無料で見放題動画作品を視聴可能!
  • 雑誌や漫画など無料で読めるコンテンツが豊富!
  • 映画、ドラマ、アニメ、オリジナルコンテンツが視聴可能
    バチェラージャパンドキュメンタルなど)
  • Primeミュージックで、100万曲以上が聴き放題
  • Primeリーディングで数百冊の書籍や雑誌が読み放題
  • Amazon Photosで無制限の写真用ストレージ

映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
U-NEXT × × なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 933円 31日間
dTV × × なし 500円 31日間
TELASA × × なし 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム なし 500円 31日間

『芝山努』監督関連作品

  • 映画『ドラえもん のび太の海底岩鬼城』
  • 映画『ドラえもん のび太の魔界大冒険』
  • 映画『ドラえもん のび太の宇宙小戦争』

※2020年6月時点での配信状況なので、念の為Amazonプライムのホームページでもご確認くださいね。

 

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\30日間無料で見放題/今すぐ無料お試しに申込む

映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』の映画情報

映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』のあらすじ

ことの始まりは、スネ夫がミステリートレインという、超レアな切符を3枚手に入れることから始まります。

スネ夫は自分と後2人、ジャイアンとしずかを誘いました。のび太は誘われずでしたがいつものように泣きつくはずのドラえもんはもう3日も野比家に帰ってきていないのです。

気がかりなのび太でしたが、帰宅するとそこには3日ぶりのドラえもんがいました。

なんとドラえもんは、未来の世界で大人気の列車の切符を購入しに行っていたのです。

ドラえもんは、のび太の他にジャイアン、スネ夫、しずかの分も確保しておりみんなで出かけようと考えていました。

しかし、ドラえもんの列車旅行とスネ夫のミステリートレインの日程は重なっておりスネ夫たちは来ることはありませんでした。

ドラえもんの列車旅行の部屋はどこでもドアで家とつながっていていつも帰宅することが可能でした。

のび太はドラえもんと2人で列車旅行に出かけます。

夜の0時に裏山に赤いSL号がやってきてのび太たちは乗り込みました。

見た目は8両くらいに見えたのですが、中は120両編成でとても広い列車でした。

そして、たくさんの人が乗っているはずなのに中は静まり返っています。

車掌以外に誰1人も乗客の姿はありません。

個室に入ると、鏡がありそこにドラキュラが写ったように見えたのび太はその日は怖くてドラえもんと一緒に寝ることにしました。

翌朝、どこでもドアで帰宅し学校へ行きました。

その時に、ジャイアンたちに昨日乗り込んだSL号の話をしました。ジャイアン、しずかは羨ましがり一緒に乗ることになりましたが、スネ夫は拗ねてなかなか来ると言いません。

ですが土壇場でやはり来るといい、みんなでSL号に乗り込むことになりました。

5人で列車に乗り込み、バーチャルリアリティーのようなシューティングゲームで遊びます。

しかしそんな楽しい時間は束の間で、列車はシャドー団に襲われました。

どこでもドアが使えず逃げ場をなくしたのび太たちですが、のび太は冒険しようといい始めます。

列車が襲われたのも、実は列車のアトラクションの1つだったのです。

そして列車はドリーマーズランドに到着します。

そこは、惑星ごとにたくさんの冒険コースが用意してある遊園地のような不思議な場所でした。

のび太たちは、近未来から来ているアストドンとドンという少年と少女ジェーンの3人組に服がださいと言われ落ち込みます。

そしてそれぞれ、冒険のために別れ行動を始めます。

ジャイアンとスネ夫は忍者の星に、ドラえもんとのび太は西部の星へいくことにしました。しずかちゃんは1人で地球に戻っているといい帰宅しました。

のび太たちの参加した星に、近未来の3人組も来ていました。

射的のゲームで遊ぶことになりました。射的のゲームでは射的を6発中2発当てられたら保安官になれて、大活躍すれば正保安官になれるというものでした。

近未来3人組のうち、アストンは保安官の座を手に入れました。

のび太も、射的が得意なので保安官になることができました。(ドラえもんも保安官に)

さらにのび太たちは、デスバレー強盗団を倒し正保安官に昇格します。

ジャイアンたちは、忍者の星での地道な修行に根をあげ、別の星に行きたがります。

久しぶりのお客さんを手放したくない忍者の星の先生は、仮免許として特別にジャイアンたちに「壁抜けの術」、「バッタの術」、「ねずみになれる術」を伝授します。

その頃、近未来3人組はメルヘンの国に移動し、そのうちのジェーンだけがメルヘンの国を楽しんでいました。

しずかもSL号に戻り、「白雪姫になれるコース」で王子様に選ばれて楽しそうにしています。

そして、近未来3人組は宇宙船に乗り戻ろうとしている最中に別の宇宙船に襲われ、アストンが犠牲となり残り2人は小惑星に取り残されます。

アストンはヤドリという未知の生物に乗り移られたのです。

人に乗り移り、移住をしようと考えていたヤドリたちは、のび太たちのいるドリームランドへ向かいます…。

ヤドリのドリームランド征服はどうなってしまのか?

のび太たちはどう立ち向かうのか?そしてアストンはどうなってしまうのか?

続きはアマゾンプライムでお楽しみください。

\30日間無料で見放題/今すぐ無料お試しに申込む

映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』キャスト・出演者

  • ドラえもん 大山のぶ代
  • のび太 小原乃梨子
  • しずか 野村道子
  • ジャイアン たてかべ和也
  • スネ夫 肝村謙太
  • のび太ママ 千々松幸子
  • のび太パパ 加藤正之
  • 映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』スタッフ

    監督

    芝山努

    音楽

    菊池俊輔

    脚本

    藤子・F・不二雄

    製作

    藤子・F・不二雄

    \30日間無料で見放題/今すぐ無料お試しに申込む

    映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』感想や口コミ

    女性
    女性
    映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』では、のび太たちが銀河系を走る列車に乗って宇宙を観光するシーンが印象的でした。映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』をみていて、宇宙の空間のつくりかたといい「ロマンチックだなあ、私も乗ってみたい」なんて思ってしまいました。また、それぞれのカプセルに入り、そこでスネ夫がお化けの影を見ます。でも、みんなに信じてもらえず…、といったシーンがありましたが何となく子供のころの記憶がよみがえりました。子供のころ「ほんとにお化けが出たんだって!」なんて言っても「そんなわけないじゃないか!」なんて笑われて悔しい思いをしたな、なんて少年時代の記憶が思い起こされるほのぼのした映画でした。
    女性
    女性
    映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』では、映画になると大活躍がお約束!天才ガンファイターのび太の魅力がいかんなく発揮された作品です。銀河超特急の旅、謎の強盗団、メルヘンいっぱいの惑星で繰り広げられるその設定に、ワクワクドキドキの連続。徐々に忍び寄る見えざる「敵」に対し、ドラえもん達5人が、それぞれの特技を武器に立ち向かうのには、大人も子供も喜ぶこと間違いなし!!そして最後にシメるのび太の銃さばきはカッコいいの一言につきます。ある意味もっともドラえもん映画らしいこの映画、必見です。
    女性
    女性
    大山のぶ代さんドラえもん世代としては、結構好きな映画上位にもくるこの映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』。ビデオの録画を何度も見ました!とはいえ最初のきっかけは赤い車体のSLが格好良かったからというもの…。また、車内の設備がいろいろ良すぎて、子供心には「あんな快適な汽車があるのかっ」と本当に羨ましかったです。動くホテルみたいなものなので、人気過ぎてチケットが取れない…というのも納得です。汽車の中で忍者に襲われたり、ヒットマンに狙われたりするシーンは、作中の描写も暗かったり怪しかったりしたので当時とても怖かったのを覚えています。(とはいえ、目的地ドリーマーズランドのオープニング演出だったのですが…) このドリーマーズランドなにがいいって、実際にテーマパークの地面が身体傾けるだけでススーっと前に進むなんて、どれだけ快適なんだ…(セグウェイか!)。想像してみてくださいね、某テーマパークで入園後に足を使わずに滑って目的地まで行けちゃうって…列に並び放題、パレードの席取り放題…疲労を感じさせないでしょうね。且つそれぞれのコンパートメントがそのまま部屋としてキャンピングカーの如く設置されるって…。人の理想空間を最大限に叶えてくれちゃうから困ってしまいます…(笑)私は結構のび太くん達5人がそれぞれ好きなテーマのエリアに行って遊ぶシーンが大好きですね。いつもナヨナヨののび太くんの射的の腕前が格好良く披露されるときは、見ていてなんだかとても誇らしく思います。のび太くんもドラちゃんも衣装似合ってる!また童話の中のしずかちゃんの周りに、これまた大量のお姫様役って…しかも王子が選ぶまでずっと寝たまんまって…運営側の大変さと、現代の小学校や幼稚園のお遊戯の役決めを彷彿とさせるようで恐ろしい!ときっと感じてしまうはずです。最後は人を乗っ取る宇宙生命体と戦うのですが…そこは観てのお楽しみ!敵対している同世代の子たちとも最後には打ち解け、力を合わせて戦う部分はやはりドラえもん映画の特徴なのかなと思ったりしますが、ドラちゃんがやっぱりいろいろ出してくれちゃったり、新しい道具やのび太達内輪のハチャメチャなやり取りも楽しめる映画になっているので、映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』は、親子で、ご家族みんなで観て頂きたい作品です!(可愛い車掌さんもでますよ!!)
    男性
    男性
    映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』は、子供の時から好きな宇宙がテーマになっており、わくわくしながら映画館で見たことを思い出し、大人になってからもう一度本作を見ました。映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』では、冒頭からスネ夫の旅行にのび太だけが誘われないという切ないシーンがあり、のび太みたいにみんなの前でこれをやられたら結構傷つくなと思いました。また、何かきっかけがなければドラえもんの道具を頼らないというのび太の考えは、一応普段の生活に怠慢になってないと感じた為、ちょっと見直しました。映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』の見どころとしては、久々にのび太の射撃が見れたところです。ほぼすべての能力が低いのに射撃だけ天才的な実力で、空の缶詰を打って、宙に浮いたところに銃弾5発撃ちこむシーンは、子供の時に見た記憶が映画のシーンと一致していたので、それほど強く印象に残っていました。普段がダメな分、ものすごくかっこよく見えます。また、ドラえもんなので、かわいく見えますが、侵略してくる宇宙人が相手に寄生するタイプだったので、味方になりすまし欺いたりするので、宇宙がテーマということをしっかり考えられており、見応えがありました。意外にもジャイアンの行動が、勝つためのきっかけになったりもするので、大人になって見ても全体的に面白い内容になってました。
    女性
    女性
    映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』は、は、1996年に公開されたドラえもんの映画です。映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』のストーリーは、22世紀に大人気のミステリートレインの切符をドラえもんが入手し、のび太たちと共に遊びに行きます。行き先は、ドリーマーズランドという、いくつもの惑星がある場所でした。そこで、ヤドリという寄生生物が出現し、人々を襲いノリ移らされそうになるのですが、ドラえもんたちの活躍によりピンチが救われるとうものです。ここで描かれているドリーマーズランドは、惑星ごとにいろいろなアトラクションがあって、ワクワクしました。みんなで協力しあって戦うところは、ドラえもん映画ではすっかりとお馴染みとなってはいますが、それぞれのキャラクターの個性が発揮されていてよかったと思います。
    女性
    女性
    映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』は、ドラえもん映画の中では、あまり目立たないかもしれない。けれど、私の中でのドラえもん映画といえば、この「のび太と銀河超特急」です。映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』のおおまかなあらすじは、タイトルにある通り、のび太くんたちは銀河を走る機関車に乗って宇宙の果てのとある場所に冒険の旅に出ます。学校の裏山のてっぺんから、夜の空を宇宙に向かって走っていく蒸気機関車。そのモチーフは、言わずと知れた有名作品「銀河鉄道の夜」や「銀河鉄道999」なのでしょう。この映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』の放映時、まだ幼かった私と一緒に見ていた両親は、アニメ「銀河鉄道999」をリアルタイムで見ていた世代。「のび太と銀河超特急」の代表であるこの蒸気機関車はどこか懐かしく、両親もとても喜んで見ていました。映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』のマスコットキャラクターは、ドラえもんのび太くんたちを乗せたこの蒸気機関車の車掌さん。この車掌さんは、小さな子供のような、そもそも人間なのかな?と少し疑問に思ってしまうかもしれない、素朴で愛らしいキャラクターです。彼?の声、話し方がこれまたなんともツボにハマります。可愛らしいキャラクターと、宇宙を走る銀河超特急で、とてもワクワクした気持ちになります。ですが、冒険はまだまだこれからです。銀河超特急はどこに向かうのか、そこにどんな冒険が待ち受けているのか。この銀河超特急の行き先である、とある星。幼心に、大人になった今でも、こんな場所に行ってみたい!体験したい!と強く思います。ぜひ純粋な気持ちで楽しく見てほしい作品です。
    そして、私が数あるドラえもん映画の中で、この作品をおススメする一番の魅力が、主題歌です。海援隊の「私のなかの銀河」。子供のころは、旅の終わり、映画の終わりに入る優しいイントロがとても耳に残っていました。大人になって歌詞を改めて読むと、もしかして、大きくなったのび太くんが、いつかのドラえもんとの日々を思い出して歌っているのではないかと想像してしまいます。映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』は、他の冒険とは少し違った、子供らしい優しい冒険の物語です。
    女性
    女性
    映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』が子供の頃観た、ドラえもんの映画シリーズの中で、一番好きですね。ミステリートラベルトレインの中も好きですし、パーク内のテーマ別の惑星(特に西部の星が大好きです)は本当に遊びたくなりました。のび太の特技を初めて知りました。笑また、ヤドリは今の時世、特に感じるのですが、感染症のメカニズムを簡単に教えてくれていたと後に気づきました。今、また映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』を見返したいですね。また、今は近いシステムがあると思いますが、セキュリティーが近未来的で楽しかったです。先見の明がありますね。また、宇宙の僻地を発展させる為のテーマパークである事、当時、20世紀から来たのび太達は馬鹿にされるエピソードがありますが、この2点は現実の問題としても捉えられ、過疎化の問題や前の世代からの流れがあるからこそ、今がある事を知るべきだと思います。
    男性
    男性
    映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』ha,
    未来のミステリー電車の話であり、ドラえもん達は宇宙を走る列車に乗りながら、途中の色々な惑星を巡って楽しむ物語です。三日間かけて、ミステリー列車のチケットを手に入れたドラえもんにはお疲れ様と言いたいです。恐竜の星、忍者の星、メルヘンの星、西部の星、子供達のロマンが集まった惑星のシーンは見ていて楽しいです。イベントで、途中に盗賊に襲われると言ったシーンは乗客から見ると、許容範囲なんでしょうか。のび太の銃撃がキーポイントとなっている作品なので、のび太を好きになれる、カッコいいのび太が見たいという人にはお勧めの映画だと思います。「ベアリングロード」と言う特殊な未来の道路が出てきますが、歩くのがしんどい時にも行きたいと思った方向に猛スピードで進ませてくれる道路はまさに未来ならではの技術です。「どこでもドア」22世紀の人間に普及した為に、鉄道が廃線になってしまうのは皮肉を感じますね。のび太達に対して「昔者(むかしもん)」と言う嫌味なゲストキャラクター達は、今作でいい味を出していました。奇しくも武田鉄矢さんが最後に主題歌を提供した作品でもあるようです。終盤近くなると、「ヤドリ」と言う謎の宇宙寄生生物が現れます。ヤドリは次々に人間の体を乗っ取り始めていきます。スネ夫やのび太ですら寄生されてしまいますが、機転を利かせたしずかちゃんがあるもので撃退して、ヤドリ達の弱点だと気づいたのび太達は反撃します。ヤドリ達のボス「ヤドリ天帝」が巨大ロボットを操りますが、一騎打ちし、のび太が勝利しました。以上、私が選んだ映画『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』の見どころシーンでした。

     

    \30日間無料で見放題/今すぐ無料お試しに申込む

    *2020年6月時点での情報です。Amazonプライムのホームページでも詳細をご確認ください。

    ディズニーデラックス
    ディズニーデラックス