アニメ映画

映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』高画質動画の無料フル視聴方法!あらすじや声優キャスト

このページでは、映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』の動画を無料で、かつ安全に視聴する方法についてまとめています。

映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)』は、ドラえもん映画の通算14作目の映画です。

ディズニーデラックス

映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』動画を無料でフル視聴する方法

\『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』は/
\Amazonプライムで配信中/

今すぐ無料お試しに申込む無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

※記載の情報は2020年6月時点のものです。最新の情報はAmazonプライムのホームページにてご確認ください。

  • Amazonでの買物でお急ぎ便&当日発送!
  • 初回の30日間は無料で見放題動画作品を視聴可能!
  • 雑誌や漫画など無料で読めるコンテンツが豊富!
  • 映画、ドラマ、アニメ、オリジナルコンテンツが視聴可能
    バチェラージャパンドキュメンタルなど)
  • Primeミュージックで、100万曲以上が聴き放題
  • Primeリーディングで数百冊の書籍や雑誌が読み放題
  • Amazon Photosで無制限の写真用ストレージ

映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
U-NEXT × × なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 933円 31日間
dTV × × なし 500円 31日間
TELASA × × なし 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム なし 500円 31日間

Amazonプライムビデオで視聴可能なドラえもんの映画シリーズ動画ま

『大山のぶ代』出演作品

  • 映画『ドラえもんシリーズ』
  • 映画『ダンガンロンパ』

『芝山努』監督関連作品

  • 映画『新・ど根性ガエル』
  • 映画『ちびまる子ちゃん』
  • 映画『映画忍たま乱太郎』

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為Amazonプライムのホームページでもご確認くださいね。

https://tsuiokunomori.jp/unext-ranking/

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\30日間無料で見放題/今すぐ無料お試しに申込む

映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』の映画情報

映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』のあらすじ

のび太のパパが夜中にテレビを見ながら眠ってしまい、テレビはすでに砂嵐でした。その時テレビに映像が映り、ホテルの紹介が流れてきました。

「ブリキンホテルはいかがですか。」「ビーチと雪山が一緒に楽しめます。」「今なら全て無料です。」「当ホテルにお越し下さいませ。」のび太のおパパは寝ぼけながらその紹介を見ています。

野比家は毎年長期の休みも特に出かけたりしていないので、「じゃあ行ってみようかな。」と言います。するとテレビから「毎度、ありがとうございます。」と流れ、テレビはそのまま砂嵐に戻りました。

まだ寝ぼけているのび太のパパ、そのまままた眠ってしまいます。そこにのび太のママが来てパパを起こし、テレビは消されました。

のび太たちは学校帰りに、今回の休み中はどこに行くか話をしています。スネ夫はいつも通り海外へ旅行に、今年はジャイアンもしずかも旅行に行くと話しています。

そんな中のび太は、「旅行なんて大変、家で寝てる方がいい。」とみんなに言っていますが、みんなと別れた後、泣きます。本当は旅行に行けるのが羨ましくてしょうがないのです。

家に帰り、ドラえもんにどこかに行けないかと相談しますが、ドラえもんはその気にはなりません。1度パパに聞いてみたらいいとドラえもんが言います。

夕ご飯時、「えー!」とのび太とドラえもんは驚きます。なんとパパが長く休みが取れそうなことと、もうホテルを予約したと言ってくれたのです。

のび太は嬉しくなって、急いでみんなに電話でそのことを教えます。しかしジャイアンもスネ夫も信じられないようでした。しずかにどこに行くのか聞かれ、聞くのを忘れたからまた言うと、電話を切ってパパのところに戻ります。

「ブリキンホテル?」部屋に入る前に、ママとパパの話が聞こえてきました。ママはどこに行くのか聞きますが、パパの答えは「わからない。」でした。のび太は驚きます。さらにママはどうやって予約をしたのか聞くと、パパは「テレビで予約した。」と答えるのです。

テレビで予約なんてできるはずがない。嘘だったんだ。それを聞いていたのび太は、あまりにもショックで倒れてしまいます。

次の日、のび太はジャイアンやスネ夫になんて言おうかと考え込んでいました。授業にも集中できず、廊下に立たされているうちに、「そうだ、家出しよう。」と決めたようです。

家に帰ると、のび太は玄関で何かに躓きます。それは大きなトランクのようなものでした。家出様のトランクか、ドラえもんの道具かと思い、のび太はそれを部屋に持っていき、付いていた鍵でトランクを開けました。

すると中からゲートのようなものが出てきたのです。そこにドラえもんがやってきて、これはドラえもんの道具じゃないと聞きます。二人は恐る恐る中に入ってみました。

そこは一面綺麗なビーチでした。しばらくすると一台のブリキでできた車がやってきて、2人をとある建物に案内します。それは大きなホテルのような建物でした。2人はそこで、ここがブリキンホテルだと気がつきました。

しかし入口の扉には鍵がかかっています。のび太はトランクについていた鍵で扉を開けると、中からたくさんのブリキの人形たちが出迎えてくれました。

ブリキたちに案内され、のび太は部屋に案内されます。その部屋もとても綺麗で、景色も最高です。しかしそこで案内のタップから「地下室だけは絶対に行かないでください。」と注意を受けます。

まずのび太たちはピーチでひと泳ぎしました。次にブリキたちに食堂でご飯をご馳走してもらいながら、のび太たちはそこで、どうしてそんなに無料なのか、深夜にCMを流しているのか、訳を聞きます。

ブリキたちに雪山を紹介され、のび太たちは向かうことにしました。玄関で専用のブリキの像の乗り物に乗せてもらい、のび太たちは雪山に向かいます。

のび太はドラえもんにスキーが上手くなる道具をねだります。ドラえもんは呆れてしまってこう言います「道具ばかりに頼っていると、僕ほ22世紀に帰るからね。」

のび太はそれも聞かず、借りた道具の説明も聞かず、スキーの道具で滑っていってしまいました。しかしその道具が上手く使えず、のび太は意識を失ってしまいました。

ドラえもんはタケコプターで空からのび太を探します。そこに大きな飛行船が現れました。ドラえもんはブリキンホテルの飛行船かと思い、近づいてみると、なんとドラえもんは光線で打たれてしまったのです。そのままドラえもんは落ちていってしまいました。

気がついたのび太もドラえもんを探します。探して探して、もう歩けないと思った頃、ブリキの像の乗り物が迎えにきてくれました。「ドラえもんは、僕が道具ばかりに頼っていたから、呆れて先に帰ってしまったのか…」とのび太は不安になりながらホテルに戻ってきました。

しかしドラえもんはまだホテルには帰っていませんでした。それどころかホテルのブリキたちもいません。のび太はそこで、行ってはいけないと言われていた地下室のことを思い出し、向かってみます。

地下室の扉には何やら顔のようなものが書かれていました。すると扉は「ここは迷宮だ、行けるものなら行ってみろ。」とギシギシと扉を開けだしました。のび太は怖くなって、大慌てでトランクから自分の部屋に戻り、トランクを片付けてしまいました。

ドラえもんはのび太の部屋にも帰っていません。「本当に22世紀に帰ってしまったのか…」のび太は不安になりながらも次の日を迎えます。

次の日、ジャイアントスネ夫はのび太にホテルは本当かと問いますが、のび太は答えたくありません。2人は怒鳴るようにのび太に聞きていたところ、しずかがが止めに入ります。

スネ夫とジャイアンはしずかに、嘘なら逆立ちしてグラウンド1周と無茶な要求をしてきました。のび太はしずかに逆立ちさせるわけにはいかないと思い、みんなをブリキンホテルに案内することにしました。

前回同様、ブリキの車がお出迎えしてくれてホテルに案内されます。まだブリキの人形はいません。ジャイアンとスネ夫は食堂で自分たちでご飯を作り、食べています。のび太は早く帰りたくて仕方なく思っていましが、2人はさらにビーチで遊びはじめました。

遊び疲れた2人はこのままホテルに泊まろうと言い出します。のび太が困っていたところに、大きな爆発音が聞こえました。なんとホテルが襲撃にあっていたのです。

ホテルに向かうと、たくさんのブリキの飛行機たちがホテルを攻撃しています。のび太たちは石を投げたりして飛行機を撃退していきました。1つの大きな飛行機が逃げていくので、のび太たちはその飛行機を追います。

向かった先にはロケットがありました。そしてそのロケットから「青いたぬきは預かった。」と聞こえてきたのです。たぬきってドラえもんのことかとのび太は聞こうとしますが、ロケットはどこかに飛んで行ってしまいました。ドラえもんは捕まってしまったのです。

とにかく一度戻ろうと、のび太たちはトランクに向かいます。しかしトランクはホテルのタップに取られてしまいました。
のび太たちはタップを追い、ついたのはホテル。そこにはホテルのブリキたちと、1人の少年が立っており…

この少年は何者なのか、ここはどんなところなのか、のび太たちは捕まったドラえもんを助けることができるのか…

\30日間無料で見放題/今すぐ無料お試しに申込む

映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』キャスト・出演者

  • ドラえもん:大山のぶ代
  • のび太:小原乃梨子
  • スネ夫:肝付兼太
  • ジャイアン:たてかべ和也
  • しずか:野村道子
  • サピオ:皆口裕子
  • ナポギストラー一世:森山周一郎
  • タップ:鈴木みえ

映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』スタッフ

監督

芝山努

音楽

菊池俊輔

脚本

藤子・F・不二雄

製作

シンエイ動画
テレビ朝日
小学館

\30日間無料で見放題/今すぐ無料お試しに申込む

映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』感想や口コミ

男性
男性
ドラえもんが故障してしまうシーンがショッキングで、大きな見どころのひとつだと思います。観客にこの先、いったいどうなってしまうんだろうという不安感を煽らせ、作品が後半で盛り上がる要因となっていますね。途中までドラえもんの道具に頼れないのび太たちの冒険ぶりもエキサイティングです。
全てが玩具でできているブリキン島の玩具たちもとても可愛いので、楽しめますね。前半で夢落ちかと思わせつつ、とてもファンタジックな展開になっていくところが、いかにもドラえもん映画らしくて素敵です。
また、この島はロボットが人間を使うという社会で、人間とロボットの主従関係が、我々の社会とは逆なのです。そのため、そこに一種の諷刺のような意図が感じられ、とても深みのある作品になっています。
ブリキン島はスキーと海水浴がともに楽しめるというリゾート地で、現在の目でみるとバブリーな時代を反映しているため、バブル世代には郷愁を感じさせますね。そういう楽しみ方もできます。
この作品ではのび助さん役の声優さんが前作までとは変わりましたが、それも新たな魅力になっています。アニメーションはやはり声優さんの役割が大きいので、これは当然といえば当然ですが、改めてそのことを感じさせられました。ドラえもんファンにとって必見の名画です!
女性
女性
ドラえもん映画シリーズ第14弾の「ドラえもん のび太のブリキの迷宮」ではドラえもん達がチャモチャ星を舞台に、ドラえもん救出と囚われているチャモチャ星人を助けるためにナポギストラー1世率いるロボット軍団と戦いを繰り広げます。「ドラえもん のび太のブリキの迷宮」は、発展し続ける文明と人間との関わり方について再考させられる深い内容でした。突然届いた謎のトランク、人間のいないブリキン島とブリキンホテル、さらにはホテル地下にある迷宮の入り口など子供心に不安や恐怖を感じながら見ていたのを覚えています。極めつけはドラえもんがさらわれ、電気ショックを流されるシーン。ドラえもん好きには悲しすぎる場面もありますが、サピオと一緒にいるウサギのタップ、サンタさんロボットの登場、コンピュータウイルスに侵されたナポギストラー1世が「いーとーまきまき♪いーとーまきまき♪」と歌いだすシーンなど子供らしさを感じる部分も多くあります。ちなみに敵役のナポギストラー1世の声を低音ボイスの名優、森山周一郎さんがされています。あのダンディな声での「いーとーまきまき♪」には感慨深いものもありますね。ナポギストラーとの戦いに勝ち、解放された落ち込むチャモチャ星の王様にサピオのお父さんが「やり直しましょう。機械任せでなく、人間が人間らしく生きていける社会を作りましょう」というセリフもとても感動的で素敵です。「ドラえもん のび太のブリキの迷宮」は怖さと親しみやすさのバランスがよく取れています。また便利さへの追求が人類に何をもたらすのか?を考えさせられる映画です。
男性
男性
映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』は劇場版ドラえもんシリーズ第13作目となる作品です。ある日のび太の家に届けられた1つのトランク。トランクの中から出てきた門をくぐるとそこには素敵なホテル「ブリキンホテル」があった。ホテルでのバカンスを満喫するのび太たちだったが、ホテルの地下には「ブリキのラビリンス」と呼ばれる大迷宮が広がっているのであった…映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』ではなんと作中の序盤でドラえもんが敵側にさらわれ、なおかつ中盤には完全に破壊されてしまうという中々ショッキングな展開になっています。ドラえもんを取り戻すためにのび太たちが殆どひみつ道具なしで奮闘するという、シリーズ通してもあまり例がない異色の作品といえます。加えて映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』ではドラえもんシリーズの中でも1,2を争うほどロボットというものに焦点を当てています。今作のキーパーソンであるサピオ君はロボットの発展により人類が衰えてしまったチャモチャ星という惑星の王子です。
ロボットという素晴らしい技術が秘めた危険性についても考えさせられる、子ども向けながらもいろいろな意味で名作といえる作品です。
男性
男性
映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』は、子供の時みたドラえもん映画シリーズの中で今でも印象に残っていたので、子供が生まれたのを機に見返してみました。映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』が印象に残った理由として、我が家ものび太家同様夏休みに旅行に行くことがなかったので、そんなのび太の境遇が共感できたため、今になったも覚えておりました。映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』の見どころとしては、頼りのドラえもんが映画の半分近くの時間行動不能で、そんな中のび太、ジャイアン、スネ夫、しずかちゃんが助け合いながら奮闘していくところです。ジャイアンとスネ夫が変装して敵地に忍び込んだり、のび太としずかちゃんが自力でドラえもんを見つけ修理したり、最後はブリキのロボットたちをコンピュータウィルスに感染させ大混乱させたりとかなり見応えのある内容でした。また、映画序盤にジャイアンが敵のブリキ戦闘機の爆撃を受け、1機逃がしましたがそれ以外撃墜したところが爽快感がありよかったです。へし折ったヤシの木をバットにして、落ちている石を打ち、戦闘機を撃墜するところは、その能力の高さと映画だと頼りになる部分が出ていて、お気に入りのシーンです。映画終盤の戦いは、復活したドラえもんの道具を使い、敵の軍隊をおもちゃで撃退していくところが盛り上がりがあり、最後までしっかりと見られました。
男性
男性
映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』は、人気アニメドラえもんの映画です。この映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』では、ドラえもん率いる一行が史上最大の家出として、タイムマシンで7万年前の日本でした。この映画の、大枠のストーリーは、算数のテストで0点をとったのび太はママに叱られて家でを決心します。そこで、ドラえもん、ジャイアン、スネ夫、しずかとともに日本人が住んでいない原始時代の日本にタイムワープするのです。その途中、現代にいる中国在住の原始人ククルをみつけて、ヒカリ族を追うことになるのです。ヒカリ族と戦うクラヤミ族の精霊王ギガゾンビは、未来の23世紀からきた人で、タイムパトロールにつかまってしまいました。そこで、ククルたちは日本に住むようになったというものです。この映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』では、メンバー同士の友情が感じられ心温まると同時に、かつて日本と中国が地続きであったなど、教養もついて興味深い作品です。
女性
女性
映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』は、国民的アニメキャラクターのドラえもんの映画イリーズの第23作目です。この映画では、未来のペットロボットに紛れて地球に到着したロボット少年・ポコが登場います。修理するためには、元の世界にいかなければならないため、ドラえもん一行は、ポコがいた世界に行くことになります。その世界はロボット王国と言われていて、感情を持つロボットと人間が共存している国だったのです。そこでは、ジャンヌ女王がロボット改造命令を出して、ロボットから感情を抜いています。しかし、女王はドラえもんたちと接することで、自分の非を認め、国を元通りにしようと決意するというお話です。この作品はたくさんの楽しいロボットたちが登場してワクワクします。また、ドラえもん一行たちが、協力しあってロボットたちを守る様子は、感動を覚えます。
女性
女性
何もかもがブリキでできたホテル・・・そんな夢いっぱいの設定にワクワクさせられるこの映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』、しかし、一筋縄ではいきません。この映画では機械に依存する人間への警鐘を鳴らしているのです。ひょんなことから可愛らしいブリキンホテルに招待されたのび太とドラえもん。しかし、そのホテルには2人を監視する謎の視線が・・・徐々にミステリーの要素を増してくる話に、ドラえもんの誘拐という衝撃的な展開、そして、ドラえもんのひみつ道具に依存していたのび太が、親友を奪還すべく奮闘する成長物語に観客は魅了されること間違いなし!また、機械の手足なしでは生きられないチャモチャ星の少年、サピオや独裁者と化したロボット、ナポギストラーなど、魅力的なキャラクターにも注目です。
男性
男性
この映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』はのび太がドラえもんとその秘密道具に依存しすぎているのではないかと言うファンの不安から作られました。ロボットをはじめとした人工知能が人間たちに反旗を翻す物語は,過去から今日まで小説や漫画アニメ,映画で多く取り上げられて行きました。鉄腕アトムの場合,青騎士やリメイク作品のプルートウでは人間によって家族を殺されたり,仲間同士で殺し合いをさせられたりなど悲劇的な動機から反乱を起こしていますが,敵役の科学者ロボットナポギストラーの場合,自身の発明した自動運転の車椅子で人間の弱体化を図る狡猾さや共存を勧めるドラえもん達の説得を拒否して人類を役に立たない生き物として絶滅させようとする思考は,底知れない狂気や恐怖を感じさせます。世の中の作品で悪役として登場するロボットのキャラクターの中でも,野望や支配欲で行動している異色の存在であります。物語の終盤ではメインコンピューターでもあるナポギストラーがコンピューターウイルスに感染し,周囲のロボット軍や警察までもが機能不全に陥る場面は人工知能に強く依存した社会は,何らかのトラブルが発生すると都市の機能が一瞬で崩壊してしまう脆さや,日常生活を支えている機械やコンピューターが突然壊れて動かなくなってしまった場合、人間は如何にして知恵を絞り,自分たちの力で困難を乗り越えて行けるのかを問いかけています。物語を再度見て行きますと,ゲストキャラクターのサピオの故郷であり舞台であるチャモチャ星は地球とほぼ変わらない自然環境やサンタクロース(キリスト教の聖者。聖ニコラウス司教)が存在していることなど,宗教感や文化が地球と共通している箇所からチャモチャ星は19世紀の生活様式を維持しつつ,科学が高度に発達し、2つの世界大戦や大恐慌が起こらなかったもう一つの地球の未来の姿を現しているのではないかと言う考察も楽しめます。

\30日間無料で見放題/今すぐ無料お試しに申込む

*2020年7月時点での情報です。Amazonプライムのホームページでも詳細をご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス