洋画

映画『ダイハード4.0』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじとキャストを調査

このページでは、映画『ダイハード4.0』の高画質動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料お試し

映画『ダイハード4.0』は2007年公開のアクション映画で12年ぶりに製作された『ダイハード』シリーズの4作目。サイバーテロを題材にした物語です。

ディズニーデラックス

映画『ダイハード4.0』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\映画『ダイハード4.0』動画を/
\U-NEXTで無料視聴/今すぐ無料お試し
動画無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら

費用は1円もかかりません。

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年8月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画が違法にアップロードされた物と知って動画をダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\31日お試しで動画無料/
今すぐ無料で動画視聴する

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ダイハード4.0』の動画配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT なし 1,990円 31日間
Hulu なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
〇/× なし 932円 30日間
dTV × 300円 300円 31日間
TELASA ×/〇 × 200円/2日 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
Amazonプライム × 299円~ 500円〜 30日間

\31日お試しで動画無料/
今すぐ無料で動画視聴する

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ダイハード』シリーズ作品動画

映画『ダイハード』シリーズ作品の動画も配信中です!

『ブルース・ウィリス』関連作品の動画

  • 映画『ハドソン・ホーク』
  • 映画『永遠(とわ)に美しく…』
  • 映画『12モンキーズ』
  • 映画『フィフス・エレメント』
  • 映画『ジャッカル』
  • 映画『アルマゲドン』
  • 映画『シックス・センス』
  • 映画『アンブレイカブル』
  • 映画『隣のヒットマン』
  • 映画『バンディッツ』
  • 映画『シン・シティ』
  • 映画『16ブロック』
  • 映画『サロゲート』
  • 映画『RED/レッド』
  • 映画『LOOPER/ルーパー』
  • 映画『REDリターンズ』
  • 映画『デッドシティ2055』
  • 映画『ミスター・ガラス』
  • 映画『デス・ショット』
  • 映画『マザーレス・ブルックリン』

『レン・ワイズマン』監督関連作品の動画

  • 映画『アンダーワールド』
  • 映画『アンダーワールド2 エボリューション』

※2020年8月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでも動画情報をご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...

\31日お試しで動画無料/
今すぐ無料で動画視聴する

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ダイハード4.0』の映画情報

映画『ダイハード4.0』あらすじ

ワシントンDCのFBIサイバー保安課でハッカーによるシステムへの侵入が起きるところから物語は始まります。

FBI副局長のボウマンはブラックリストをもとに1000人以上の容疑者から犯人を探し出そうとします。

あるハッカーの青年は5万ドルが手に入ったと喜びますが、パソコンのデリートキーを押した途端大爆発が起こり、命を落とします。

その頃ニューヨーク市警のジョン・マクレーンは娘のルーシーを見守っていて、車の中で娘に手を出そうとした男を外に引きずり出します。

ルーシーは父親を死んだことにして拒絶していました。

娘が自分の家に帰ったことを確認したところでジョンに無線連絡が入ります。

FBIからの要請でハッカーのマシュー・ファレルを連行しろというものでした。

時間は夜中の3時、ジョンは指示を断ろうとしますが経験のある捜査官を向かわせるようにとのことで、彼は仕方なく現場に向かいます。

ファレルのもとには黒いバンに乗った者達がやってきていてファレルのパソコンにウィルスを送信します。

ファレルはワーロックという人物とチャットで会話をしていて、パソコンに不具合が起こり、デリートキーを押そうとした時、玄関のドアがノックされます。

彼はキーを押さず、玄関のドアを開けます。そこには彼を連行しに来たジョンがいました。

黒のバンの中ではファレルのパソコンが爆発しなかったため、直接殺す計画に変更され、一人の男が彼のもとへ向かいます。

ファレルの家に入ったジョンが彼をFBIに連れて行くと説明した時、外から銃撃されます。

ファレルを守りながら謎の一団との銃撃戦になりますが、マシンガンを持つ相手に劣勢になります。

その時ファレルの家にあったフィギュアがキーボードの上に落ちてデリートキーに当たり、大爆発が起こって敵が吹き飛ばされます。

なんとか追っ手を振り切ったジョンはファレルを連れて逃げます。

ファレルを追っていた男達はアジトにいる仲間に失敗したことを報告し、ボスと思われるトーマスという人物はヘリで追うことを命令します。

ハッカーを捜索していたFBI本部では3流ハッカーが7人、何者かに殺されたことが判明します。

ジョンはファレルをFBI本部につれていくため夜通し車を走らせワシントンにやってきます。

トーマスは手下にステージ・ワンを開始しろと言い、MTA(都市圏交通公社)のシステムに侵入します。

ワシントンの交通管制センターではシステムを乗っ取られ、信号機などの制御ができなくなり、交通事故が多発します。

ジョンとファレルの目の前でも大きな追突事故が起き、身動きがとれなくなった二人は走ってFBIに向かいます。

サイバー保安課ではアメリカの各地で交通システムがダウンしたことが報告されます。

さらに建物内では炭疽菌警報が鳴り、ボウマンは職員全員を外に避難させます。

そこでトーマスはステージ・ツーを開始し、株価が暴落します。

テレビでは放送がジャックされトーマス達が作った映像が流れます。

ファレルはファイアー・セール(投げ売り)が始まったともらします。

投げ売りとは公共機関に対する3段攻撃のことで、第一段階が交通機関、第二段階は金融と通信網、第三段階はガス、水道、電気、原子力へのサイバー攻撃のことで、現代生活のすべてが投げ売りに出されることでした。

ファレルが投げ売りの話をしていると、まだ誰もその話はしていないとボウマンが止めに入ります。

ファレルを事件の一味かと問い詰めるボウマンに対しジャックは昨夜から散々な目にあった事件の被害者で事件に関係があることを伝え、適切な対処をもとめます。

ボウマンは安全保障省の管轄であるとして人をつけて最優先で事情聴取をするように指示を出します。

車で安全保障省に向かおうとしますが、道は渋滞で混乱していていっこうに進みません。

そこで警察無線を使って道を開けようとしますが、不用意にファレルの名前を喋ったため無線を傍受していたトーマス達に居場所がバレてしまいます。

車内ではジョンがファレルにボウマンが尋ね時に殺されたハッカー達を知らないとウソをついた理由を尋ねます。

ファレルは変動型暗号アルゴリズムを開発したソフト会社が解読できるか調べてほしいと依頼してきたと言います。

本気で投げ売りを起こそうとした場合、プログラムの開発には大勢のエンジニアが必要で自分のような者がスカウトされると明かし、目の前で起こっているような大事件の片棒をかつぐつもりはなかったといいます。

その時ファレルは車を誘導している警察無線の声に聞き覚えがあることに気づきます。

それは暗号解読を依頼してきたトーマスの仲間であるマイ・リンの声でした。

そこでジョンは無線で「587のせいで大変だろう」と伝えます。帰ってきた答えは「そのせいで全車出動している」とのことでした。

「587」とは痴漢事件の暗号でジョンは相手が事件の関係者であることを見抜きます。

ボスを出せというジョンに対してトーマスが相手になります。

彼はジョンの情報を入手し、妻や子供達の話しをしてコンピューターで退職金をゼロにしてしまいます。

トーマスはファレル撃って逃げれば借金はなくなり子供達は生涯安泰だといいますが、ジョンは拒否します。

そこへ車を追っていたトーマスの手下が乗るヘリコプターが現れマシンガンで銃撃されます。

警備についていた者が全員倒され、ジョンはファレルとパトカーでトンネルに逃げ込みます。

トーマスはトンネルのシステムを掌握し、通行止めだった全車線の両側を進入可に変更し明かりを消して、ジャック達を挟み撃ちにします。

トンネル内は真っ暗になり両側から侵入してきた車が衝突して大混乱になり二人の頭上をクラッシュした車が飛んでいきます。

ピンチに陥った二人はどうなるのか。トーマスの真の目的はなにか。

映画『ダイハード4.0』キャスト・出演者

  • ジョン・マクレーン:ブルース・ウィリス
  • マシュー(マット)・ファレル:ジャスティン・ロング
  • ルーシー・ジェネロ(マクレーン):メアリー・エリザベス・ウィンステッド
  • トーマス・ガブリエル:ティモシー・オリファント
  • マイ・リン:マギー・Q
  • ランド:シリル・ラファエリ

映画『ダイハード4.0』スタッフ

監督

レン・ワイズマン

音楽

マルコ・ベルトラミ

脚本

マーク・ボンバック

製作

マイケル・フォトレル

\31日お試しで動画無料/
今すぐ無料で動画視聴する

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ダイハード4.0』の感想や口コミ

男性
男性
映画『ダイハード4.0』のやっちまったぜ感は半端ない。映画『ダイハード4.0』一番のおすすめシーンはジョンマクレーンが生身でアメリカ軍戦闘機をぶっ壊すシーンです。確かにこのシーンはCGが駆使されているためリアリティは全くと言って良いほど無し、絶対に戦闘機がぶっ壊れるわけはないんです。でも最高に面白いです。普通あの状況で戦闘機の上には乗れません。この脚本を思いついて実際に、それを作品にしてしまう製作者と出演者、何と言っても最強の男ジョンマクレーンには感服します。初めてダイハードを見ましたがあまりにも度肝抜かれたんでびっくりしました。その後ダイハード1を見たのですが物足りなくて途中で見るのやめてしまいました。また、劇中でちょいちょいジョンマクレーンがサイバーテロにあってるのにパソコン使えずたどたどしくしてるシーンがたまらなくすっとぼけていて楽しいです。
男性
男性
映画『ダイハード』シリーズを通して視聴しておりますが、今回映画『ダイハード4.0』は一体誰に酷い目に合わされるのかと思いDVDでレンタルしました。驚いたのは今回映画『ダイハード4.0』の題材がハッカー(クラッカー)との対決だという点です。あのアナログ人間である主人公がそのような特殊なスキルを持った相手と対決することが心配でなりませんでした。それに加え、今作の相棒はなんとも頼りない存在だったので、余計に不安に駆られました。しかし物語が進むにつれて、二人の役割がはっきりと読み取れていきます。相棒・マットが敵の足取りを追い、思考を読み、そしてジョンが身体を使って追い詰めて行くというコンビネーションが見事に出来上がっています。今作もスリル満点のアクションシーンが多々ありますが、衝撃的だったものをあげるとするなら停電したトンネル内でのシーンでしょう。敵のハッカーたちは、交通システムに侵入することでジョンがいるトンネルを停電にさせたのちに、電光掲示板を一方通行に切り替えます。真っ暗の中、前後から車が迫ってくるシーンには視聴者の肝は冷えたことでしょう。パニックになりトンネル内に飛び出したマットと共に、二台の車に挟まれ、最後二は頭上に車が降ってくるシーンはアトラクションのようで臨場感満載でした。終盤には臆病だったマットもへっぴり腰ながら敵に拳で立ち向かう勇気を見せてくれます。マットの成長を感じるとともに、ジョンに「今作もお疲れ様」とねぎらってあげたくなる作品となっています。今は亡き、主人公の吹き替え声優の野沢那智さんの渋くて耳触りのよい演技を楽しめる作品としても、是非試聴していただきたいものです。
男性
男性
映画『ダイハード4.0』は、世界一運が悪い男として毎年楽しませてくれている、ブルース・ウィルス演じるダイハードシリーズの第4弾です。この作品でも、ブルース・ウィルスはジョン刑事を演じていますが、この会では、全米をサイバーテロによって支配するテロ集団と戦うというストーリーでした。ここで描かれる犯罪は、コンピュータを駆使した高度な犯罪のため見応えがありました。デジタル集団であるテロリストとアナログのジョン刑事との戦いはとても迫力がありました。この映画では、ジョン刑事は妻と離婚していましたが、ジョンの娘が、ジョンのことを信頼していくシーンは心温まりました。結果的に、誘拐された娘を取り戻し、テロ集団に勝利してハッピーエンドだったのも後味が良かったです。
男性
男性
映画『ダイハード4.0』で、久々に不運MAXのマクレーン刑事が登場する。娘にお節介を焼くもマクレーンじゃないと拒絶され、本来は下っ端警官の仕事であるハッカーの連行の仕事を振られ日常でも不幸で安定の主人公です。色白い学生ハッカーを連行する簡単なお仕事は、当然簡単なはずも無くリモート操作で爆殺されそうになり、完全武装のチームから銃弾の雨を受けます。この程度の不運は序の口で、連行中に全米のネット・放送が乗っ取られるテロが発生します。マッチョが売りのマクレーンですが、事態の裏を読む嗅覚は相変わらずでテロと連行中のハッカーの関係を見破り捜査に乗り出します。敵は信号機や通信を全て掌握し、警察までも敵に回る中、相棒となったハッカーと共にテロリストの目的、アメリカの全電子財産の強奪を暴き阻止に向かいます。ネットの世界はさっぱりのマッチョ刑事と頭でっかちなハッカーがコンビでネットテロに挑み、互いを認め合うようになります。車でヘリを落としステルス戦闘機さえも破壊する肉弾派マクレーン、人脈と拾った携帯でテロの手口を暴く頭脳派ハッカーのタッグマッチが見どころです。
男性
男性
ダイ・ハードシリーズは、全て見ておりますが、そもそも本作を見たことがきっかけで、好きになったので、とても思い入れのある作品です。
1や2のようなストーリーも好きですが、本作の様に終始スピーディで迫力があるアクションでマクレーンの強さが全面的に出ており、大変見応えがあり気に入っております。
見どころとしては、シリーズではお馴染みの展開ですが、マクレーンが圧倒的優位にある犯罪グループを追い詰めていくところです。今作の敵は、今までのシリーズと異なりマクレーンには無縁と思っていたハッカーもおり、今までとは違った戦いがあり、新鮮な気持ちで見れました。アクションも見応えがあり、発電所内を車で駆け抜け、敵の幹部を轢いたり、車でヘリコプターを打ち落としたりとマクレーンの発想とそれを実行する能力には、とても驚かされました。
その勢いで、トラックで戦闘機とほぼ互角に戦っているシーンは、さすがにやりすぎだなと思いましたが、しかも撃墜までしたので、そこはちょっと引いてしまいました。
そのほかにも、1で娘役で出た子供が時を経て、成長した姿で出演したり、仲間のハッカーが最後奮戦したりとマクレーン以外の見どころもあり、とても良かったです。

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴する

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

※記載の情報は2020年8月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

 

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス