洋画

映画『ダイハード』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじとキャストを調査

このページでは、映画『ダイハード』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ダイハード』と言えば、作家ロデリック・ソープの小説『Nothing lasts Forever』を1988年に映画化したものです。

大変な成功をおさめ、この後、『ダイハード2』、『ダイハード3』など、シリーズ全5作が制作されました。

目まぐるしいほどのアクションで、飽きずに最後まで観られます。その年のアカデミー賞で4部門のノミネートを果たしました。

ディズニーデラックス

映画『ダイハード』をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\映画『ダイハード』動画/
\U-NEXTで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『ダイハード』の動画配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
〇/× なし 932円 30日間
dTV × 300円 550円 31日間
TELASA × 200円 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
Amazonプライム 〇/× × 299円 500円〜 30日間

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ダイハード』シリーズ

  • 映画『ダイハード2』見放題動画作品
  • 映画『ダイハード3』の動画見放題
  • 映画『ダイハード4.0』の動画見放題
  • 映画『ダイハード/ラスト・デイ』の動画見放題

『ブルース・ウィリス』関連作品

  • 映画『アルマゲドン』見放題動画作品
  • 映画『フィフスレメント』の動画見放題
  • 映画『パルプ・フィクション』の動画見放題

『ジョン・マクティアナン』監督関連作品

  • 映画『プレデター』の動画見放題
  • 映画『レッド・オクトーバーを追え!』の動画見放題

※2020年7月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\U-NEXTは無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ダイハード』の映画情報

映画『ダイハード』あらすじ

 

ニューヨーク市警察の刑事ジョン・マックレーンは妻のホリーと和解をするために、ロス・アンゼルスのホリーが働いているナカトミ・プラザ・ビルまでやってきます。

ホリーは、その日、ボスのタカギ氏の所有のナカトミ・ビルの30階で開かれるクリスマス・パーティーに出席していました。

空港からナカトミ・コーポレーションが雇ったリムジンに迎えられるが、その運転手のアーガイルと意気投合します。

ナカトミ・ビルでホリーと会うのですが、仲直りをするはずが、またけんかしてしまいました。

ジョンが気を静めようと一人でいる間、突然13人の機関銃で武装したテロリストたちにナカトミ・プラザは占拠されてしまいます。

テロ集団の主格はハンス・グルーバー。テロとは名ばかりで、最上階の金庫にある6億4千万ドルに値する證券でした。金庫を開けるためのコード番号をタカギ氏は拒み、そのためにグルーバーに射殺されてしまいます。

ジョンは一人でいたので見つけられずに済み、シャツにズボンだけで靴を履いていないままで脱出することができました。火災警報装置を鳴らして警察に知らせようとは思うのですが、警察は全く気が付かないままでいます。

だんだんテロリストたちは誰かが潜んで邪魔をしていることに気が付いてきました。

ジョンは、テロリストの主格、グルーバーの右腕のカールの弟をどうにかやっつけて、その武器とトランシーバーを奪い、紙切れに書いておいた言葉が、『もう、俺は機関銃を持っているぜ。ホウ、ホウ、ホウ』

ジョンは屋上に上り、そこからトランシーバーで警察に通報しようとするのですが、警察には訴えには電話を使わないと処罰されますよとかわけのわからないことを言って無視されてしまいます。

グルーバーは屋上からトランシーバーで通信するのが一番うまい方法だと気づき、ジョンを捕らえに手下を何人か屋上に送りました。

ジョンは危うく屋上から逃げ出し、エレベーターで降りようとするのですが、エレベーターはテロリストたちによって止められていて、エアダクトを使って脱出します。

そうこうしているうちに、銃撃の音が外に聞こえてきたため、ようやく警察も重い腰を上げてきました。

パトロールでやって来たパウエル巡査は、はじめは異常なしという判断をするのですが、ジョンがテロリストの死体をパウエルの車の上に落とし、仰天すると同時にようやく事の重大さに気づき、警察に通報します。

警察がようやく大勢でやってきてナカトミ・プラザの前で待機しました。ジョンはテロリストたちがプロであること、爆発物が建物にセットされていることなどを報告し、正面からの突入は危険だと説得しようとするのですがなしのつぶて。

警察はジョンの警告を無視し、SWAT、をビル内に潜入させようとするのですが、装甲車をロケット・ランチャーで爆破され、引き上げざるを得ません。

でもその間にジョンは確実に少しづつ、ロリストたちをやっつけていきます。

襲撃に失敗を繰り返す警察に業を煮やしたFBI も捜査に介入してきますが、テロ軍団に先を越されてばかりいました。

そうこうしているうちに、ホリーの同僚のハリー・エリスが業を煮やして、開放してもらうためにテロリストたちに自分がジョンを説得して降伏させようと申し出ます。

これまで自分たちの計画をことごとく妨害していた男が誰なのか、ここで初めてテロリストたちが知るわけです。

当然ジョンはその誘いには乗らなかったので、エリスは殺されてしまいます。

でも、ジョンがテロリストたちと戦っている間に、ニュース・キャスターのリチャード・ソンダークが立てこもっている刑事がジョン・マックレーンで、その妻、ホリーがナカトミで働いていることを、ホリーの家に電撃取材をして暴露…

グルーバーはホリーを人質に、マックレーンに身を引き渡せと要求するのですが…

原作の『Nothing lasts forever 』は『The Detective』の続きで、『The Detective』は1966年にフランク・シナトラが主演で映画化されました。

主役のジョン・マクレーン役には、シュワルツェネッガー、スタローン、ハリソン・フォードなど、当時有名だったいろいろな俳優が出演辞退した後、そのころまだアクション映画も経験がなく、それほど有名でもなかったブルース・ウィリスに決まりました。

つまり、それほど成功が予期されていなかった映画でした。

なのですが、封切り当時から予想外の大成功で、ブルース・ウィリスはこの映画を機に、一気にアクション・スターになりました。

\U-NEXTは無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ダイハード』キャスト・出演者

  • ジョン・マックレーン:ブルース・ウィリス
  • ホリー・マックレーン:ボニー・べデリア
  • ハンス・グルーバー:アラン・リックマン
  • アル・パウエル:レジナルド・ヴェルジョンソン
  • アーガイル:デヴロー・ホワイト

映画『ダイハード』スタッフ

監督

ジョン・マクティアナン

音楽:

マイケル・ケイメン

脚本

スティーブン・E・デ・スーザ
ジェブ・スチュアート

製作

ローレンス・ゴードン
ジョエル・シルバー

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ダイハード』の感想や口コミ

男性
男性
映画『ダイハード』は、1988年にブルース・ウイリス主演で公開された刑事ものアクションの米国映画です。それが映画『ダイハード』シリーズの第一作です。タイトルの英語表記「Die Hard」は日本語に訳すと「なかなか死なない・しぶといヤツ」になります。この映画には原作小説があることを公開当時に知ってはいましたが、同作者ロデリック・ソープ原作のパニック映画『タワーリング・インフェルノ』を観ていたことが個人的にトラウマになっていたので、少々躊躇していたことが思い返されます。『ダイハード』の原作となる “Nothing Lasts Forever” は1979年に発表されています。映画『ダイハード』は御存知の通り、本作品が成功したことで、第5作まで続編が制作されています。さて、「なかなか死なない・しぶというヤツ」である主人公のニューヨーク市警刑事、ジョン・マクレーンを演じるのは、ナイスガイ俳優のブルース・ウイリス。彼は、1980年代から俳優としての活動を始めましたが、何といってもその名を高めたのは、本作『ダイハード』の主演でしょう。ある映画評論家によれば「『ダイハード』に出演したことで、彼は予期しなかったほどのスターとなった」、とのことです。この映画『ダイハード』の中ではジョン・マクレーン刑事役を、ほとんどスタントなしで演じたことも公開当時に話題になりました。最後にトリビアなネタを。映画の中でジョン・マクレーンの妻は、日本企業ナカトミ商事の米国法人の重役として設定されています。バブル経済華やかなりし頃、日本企業が米国に進出して市場を喰い荒らしていたことへの当てこすりなのでしょうか?
男性
男性
映画『ダイハード』はあまりにも完成度が高く「オススメです!」と言ってしまえばそれまでなのですが、敢えて見所を挙げるのならば二つあります。一つは、映画を形作る様々な要素が無駄無く見事に合致することで成立したアクションです。練り込まれた素晴らしい脚本、細部に至るディテール、大事なポイントで使われるBGMや効果音…それら全てが一つひとつのアクションに説得力を生み、それ自体が物語の推進力となっているのです。もう一つは、主人公が”普通の人”である、ということです。主人公マクレーンは警官ということ以外は至って普通の人です。そんな彼が多数を人質に取ったテロリストたちに単身で挑むハメになります。所謂「ムリゲー」的展開ですが、そこで彼は”肉体”ではなく”頭”を使った奇策で対抗します。時にはそれを、絶体絶命の大ピンチを乗り切ることに使ったりもするのです。このキャラクター設定が、見ている側の感情移入をスムーズにさせているのです。これら二つは、観客を作品世界に没頭させる重要な要素となっています。見終わった後は、「なんて面白い映画だったんだ!」と満足できることでしょう。また、映画『ダイハード』はクリスマスの一夜が舞台になっているので、クリスマスに大勢で鑑賞するのもオススメです。
男性
男性
この映画『ダイハード』は脱出不可能なビルに閉じ込められた警官が、多数のテロ集団に立ち向かうところが最大の見どころだと考えます。ニューヨークの市警であるマクレーンが妻のホリーが務める企業のパーティに出向きますがテロに襲われパーティの参加者はマクレーン以外はすべて人質。マクレーンはビルをさまよいながら、密室の中でいつどんな状況で武装化したテロ集団と遭遇するかわかりません。映画の中ではどこから敵が現れるかわからない怖さと緊張感が極めてよく伝わってきます。外界との連絡は黒人警官のパウエル巡査との無線のみで孤独な戦いを強いられます。まさに孤軍奮闘の中で、今までに見たことがないくらい激しいアクションシーンを描きながらマクレーンのサバイバルを巡る戦いはこの映画『ダイハード』の見どころです。
男性
男性
映画『ダイハード』は、私がブルース・ウィリスを好きになるきっかけとなった映画です。この映画『ダイハード』で特によかったのは、テロ集団が占拠したビルにたまたま居合わせた刑事のマクレーンが、テロ集団をじりじりと追い詰めていくシチュエーションです。ビルの占拠のため、完璧に準備してきたテロ集団が、占拠するまでは順調でしたが、マクレーン一人に次々と倒され追い詰められていく姿は、見ていて爽快感があるため、この映画『ダイハード』の見どころの一つです。銃撃戦や格闘シーンは、どちらかと言うと泥臭い戦い方ですが、やられそうなのに結局全員返り討ちにするところがかっこいいと思える部分です。派手なアクションシーンだけでなく、主人公のマクレーンの人柄もとても魅力的で、殺したテロメンバーにサンタの衣装を着させ挑発したり、自身がボロボロでピンチにも関わらず外にいる警官を励ましたりとすごくいい性格していると思いました。また、とことん運のないところがあり、テロ集団に偶然居合わせたこともそうですが、特殊部隊やFBIなどの援軍が使えなさ過ぎて、全くツキがないところもマクレーンの魅力の一つです。1人で不利な状況に果敢に挑んでいく姿は、最高にかっこいいです。まさに男性好みの映画になっております。
女性
女性
映画『ダイハード』はそれまでのアクション映画とは違い、それほどヒーローっぽくない普通の刑事がボロボロになってうんざりしながらも悪役をやっつけていくという新しいアクション映画の原型を作った映画です。どんなに痛めつけられても文句を言いながら、正義のために戦う主人公の姿が『ダイハード』(なかなか殺せないやつ)ということですね。息を継ぐ間もないアクションとユーモアであっという間に再後まで観てしまう映画です。アラン・リックマンの悪役ぶりがとてもよかったです。
男性
男性
映画『ダイハード』は、ブルースウイルス主演ですっかり有名になったダイハードシリーズの記念すべき初代作品です。主役のジョン・マクラーレン刑事をブルースウイルスが演じています。舞台になったのは、高層ビルの屋上でした。実は、ジョン・マクラーレン刑事は、ついていない男で、毎年クリスマスイブになるとテロ事件に巻き込まれるという設定でした。ブルースウイルス演じる刑事が、激しいアクションをしてくれると同時に、人間味溢れるセリフを呟くのがとても面白かったです。また、銃撃戦がとても迫力があり見応えがありました。特に、ジョン刑事は兵士であった時代もあり、殺人犯を倒すテクニックをたくさん持っているところが、見応えがあります。最後には、事件を解決しジョンの奥さんとも和解できてほっとしたラストシーンでした。
男性
男性
映画『ダイハード』は、ブルース・ウィリスの名前を一躍有名にしたシリーズの第一作目です。この作品の見どころはとにかくアクションに次ぐアクションの数々です。ブルース・ウィリス扮するニューヨーク市警のマクレーン刑事は高層ビルをテロリストに占領され囚われの身となっている妻や人々を助けるために救出を試みます。「ダイハード」のタイトル通りマクレーン刑事はこれでもか、と何度も危機に直面しても死なない!とにかく強い!力だけでなく頭も良い!ブルース・ウィリスの活躍が存分に楽しめます。ストーリー展開のテンポが良く、ハラハラ、ドキドキさせてくれます。またところどころでクスリと笑わせてくれるところも大好きです。いろいろなシーンが印象に残っていますが私の一番オススメのシーンは、無線だけでやり取りをしていたマクレーンとロサンゼルス市警察の警察官パウエルが初めて顔を合わせたシーンです。言葉は少なくてもお互いを称えあうような雰囲気が良く分かります。気分が沈んだ時にもすっきり晴れやかになること間違いなしです。
女性
女性
映画『ダイハード』で、主演のブルース・ウィリスが普通のおじさんぽくてそれがとてもいいです。主人公はいつも不満タラタラ言いながら敵をやっつけていくのですが、それが一種の癒しにもなっていて、血と汗にまみれた映画なのに、アクション映画の嫌いな人も楽しみやすい映画です。映画『ダイハード』の見どころは主人公が屋上から飛び降りるシーンです。ここでも主人公はブツブツ言いながら飛び降りるのですが、めちゃくちゃ緊迫したシーンなのに、クスリと笑ってしまいたくなります。このシーンは、公開当時、クイズダービーのクイズにも使われていたのを覚えています。古い映画ですね。笑 この映画『ダイハード』の公開当時は日本のバブル経済真っ最中で、世界中にジャパンマネーを振りまいていた時期でした。だから、妙に日本企業や日本人が多く出てきます。クライマックスでは、ベートーベンの歓喜の歌が使われていますが、これが日本が年末になると歓喜の歌をよく歌うから、という理由で採用されたんだと学校の先生に教えてもらいました。日本がブイブイ言わせていた時代の影響がハリウッド映画にも反映されていますので、その辺も楽しんで見ていただきたいです。
男性
男性
まだマクレーン刑事がイーサン・ハントばりの超人になる前の一介の刑事だったころの古き良き「ダイ・ハード」の第一作です。
この映画『ダイ・ハード』の素晴らしいところは何といっても脚本です。飛行機酔いに悩む主人公、うまく行っていない夫婦、過去のトラウマによって銃が撃てない警官などの観客の共感を得る人物描写から、それを巧みに伏線に繋げ、奇麗に回収する。ハリウッド映画の教科書のような(実際教科書に使っている学校もあるでしょう。絶対!)脚本です。
また、映画『ダイ・ハード』は、アラン・リックマン演じるラスボスのハンスが特に魅力的です。それまでのマッチョなアクション映画に出てくるような悪そうな顔の悪役ではなく、スーツが似合いインテリジェンスを感じさせる悪役で、子供心に憧れたものです。今でこそ当たり前にある「魅力的な悪役が出てくる映画」ですが、少なくとも私にとって初めての経験はこの映画でした。
この映画『ダイ・ハード』で描かれる、「困難に立ち向かう普通の主人公」像は今の半沢直樹などにも通じる当時は新しい勝ちパターンでしたが、今でも充分手に汗をにぎるスリリングな演出を楽しむことができます・
可能ならば、映画『ダイ・ハード』は今の日本でもぜひリメイクして欲しい一本です。個人的には主演は渡辺徹あたりに演じてほしいです(現実は菅田将暉あたりになってゲンナリするんでしょうけどね)。

今すぐ無料お試し

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス