邦画

映画『デスノート』高画質動画を無料フル視聴!あらすじやキャストを調査

このページでは、映画『デスノート』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『デスノート』と言えば、少年ジャンプで連載され大人気となった漫画『DEATH NOTE』を原作として、2006年に公開された実写映画です。

邦画としては史上初の前・後編の連続公開として企画され、主演に藤原竜也さん、ライバルのL役として松山ケンイチさんがキャスティングされましたね。

本作は、興行収入28億円を記録し、2週連続で国内映画興行ランキング1位の大ヒットとなりました!

ディズニーデラックス

映画『デスノート』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\映画『デスノート』は/
\U-NEXTで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『デスノート』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
U-NEXT なし 1,990円 31日間
Hulu なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 400円 933円 31日間
dTV 300円 500円 31日間
TELASA × 400円 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 31日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 300円 500円〜 31日間

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる映画『デスノート』シリーズ

  • 映画『デスノート』見放題動画作品
  • 映画『デスノート the Last name』見放題動画作品
  • 映画『L change the WorLd』見放題動画作品
  • アニメ作品『デスノート』見放題動画作品
  • テレビドラマ『デスノート』見放題動画作品

U-NEXTでは、映画『デスノート』シリーズ作品が見放題動画作品なので、全作無料で一気見が可能です!

※2020年6月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『デスノート』の映画情報

映画『デスノート』あらすじ

主人公の夜神月(やがみ らいと)は成績優秀、運動神経抜群で超有名大学に通うエリート大学生でした。

彼の父親、夜神総一郎は警視庁の刑事部長を務めていました。正義感溢れる父親の背中を見て育ったライト自身も、人一倍正義感が強い青年でした。さらに母親の幸子や高校生の妹の粧裕(さゆ)とも仲が良く、絵に描いたような幸せな生活を送っていました。

優秀なライトは大学在学中に、一発合格ですら難しいとされる司法試験に初受験で合格し、将来は、自分も世の中を良くするために自分の力を活かしたいと考えていました。

しかし、なんでも手に入れていると思われているライトでも、不満に思っていることがありました。それは、世の中に溢れる犯罪の多さでした。

毎日のように事件は起き、そして犯罪者の数は減る様子を見せない世界にうんざりしていたのです。

ある日、父の総一郎のパソコンから警視庁のデータベースにログインしたライトは、犯罪率の多さと、不起訴や未解決になっている事件の数を知りました。自分の予想以上に、裁かれていない犯罪者が多いことに驚き、警察や法律というものの限界を感じてしまったのです。

データベースに記載されていた不起訴者のうちの1人「渋井丸拓男」の様子を確認してみようと思ったライトは、情報を手がかりにして渋井丸がいるバーにたどり着きました。

殺人事件を犯して不起訴になった渋井丸は、あろうことか大きな声でそのことを話題にし、仲間たちに自慢していたのです。

「犯行の瞬間、ぼーっとしてわけが分からなくなった」や「どこか遠くから声が聞こえてくる」など、心神喪失状態を偽装すれば簡単に不起訴処分になるなどといったことを騒ぎ立てる渋井丸を見て、正義感の強いライトは絶望します。

罰を受けるべき人間が、のうのうと世に出回っている。そんな風に感じたライトは、正義というものの存在すらを見失いかけて、茫然自失の状態で雨の中を1人歩きました。

すると、そんなライトの目の前に、1冊の黒いノートが落ちていたのです。

ノートだけが雨に濡れていないことを不思議に思ったライトは、それを拾いました。『デスノート(DEATH NOTE)』と書かれたノートに興味を持ったライトは家に持ち帰りました。

改めて家でノートを開いてみると、最初のページには英語で『デスノート(DEATH NOTE)』の「使用上のルール」なるものが書かれていました。

「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。」、「名前を書く人物の顔が頭に入ってないと効果は得られず、故に同姓同名の人物は死なない。」、「名前のあとに人間界単位で40秒以内に死因を書くと、その通りになる。」、「死因を書かなければ、すべてが心臓麻痺になる。」

冗談にしては良くできていると感心したライトは、おふざけだろうと思いながらも、たまたまニュースに流れていた女子高生殺人事件の逮捕者の名前を書きました。

翌朝、新聞を見たライトは驚きました。なんと、昨日の夜、名前を書いた逮捕者が「心臓麻痺」で突如死亡したというニュースが報道されていたのです。

突如、ノートの信ぴょう性が増したライトは、急いでノートを拾った場所に戻りました。

すると、黒くて大きな翼を持つ口の裂けた大きな男が、ライトの前に現れたのです。

男は死神で名前をリュークと言いました。リュークは、デスノートの管理者であり、ノートに触れた人間にしか姿が見えないようでした。

そして、リュークは、現在のデスノートの所有者はライトであると告げました。

死神に命を取られるとおもったライトでしたが、リュークはデスノートの使用方法やそれによって人間が苦しんだり恐れたりする様子を見たいだけだと言いました。

ここから、ライトのデスノートを使った「裁き」がはじまったのでした。

ライトは、指名手配犯や凶悪犯の犯人の名前を次々とノートに記し、殺していきました。あえて死因を書かないのは、誰かが犯罪者に裁きを行なっていると人々に知らしめるためでした。

ライトの作戦通り、犯罪者たちの謎の変死のニュースは世間を騒がせ、巷では「救世主キラ」という存在としてカルト的な人気を誇るようになったのです。

「救世主キラ」の存在は、犯罪の抑止力にもなっていました。犯罪率は下がり、ライトは自分が神になったかのような気分で裁きを続けていました。

しかし、警察機関は勝手な殺人を続けるキラの正体を突き止めようと、着々と準備を進めていました。

初めの殺害が日本で起きたことを理由に、キラは日本に潜伏していると判断した警察は、世界的な名探偵である「L(える)」を中心として、日本にキラ捜査本部が設置されることになります。

設置本部の本部長には、なんとライトの父、夜神総一郎が抜擢されたのでした。

…ここから、キラをめぐってライトとLたちの戦いが始まります!

キラは理想となる世界を創ることができるのでしょうか?

そして、Lや総一郎はキラの正体を突き止めることができるのでしょうか?

本作品の続きは本編でお楽しみください!

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『デスノート』キャスト・出演者

  • 夜神月:藤原竜也
  • L / 竜崎:松山ケンイチ
  • ワタリ:藤村俊二
  • 夜神総一郎:鹿賀丈史
  • 南空ナオミ:瀬戸朝香
  • 秋野詩織:香椎由宇
  • レイ・イワマツ: 細川茂樹
  • 夜神幸子:五大路子
  • 夜神粧裕:満島ひかり

リューク(声):中村獅童(特別出演)

夜神月役には、藤原竜也さん、そしてL役には松山ケンイチさんが選ばれました。

コミックのLの印象が強烈だったにも関わらず、それを崩すことなく実写の世界で新しいLを演じた松山ケンイチさんは、本作品からその名が世間に知られるようになりました。

さらに、映像ではCGの死神リュークの声は、歌舞伎役者の中村獅童さんが演じたことでも話題になりましたね!

映画『デスノート』スタッフ

監督

金子修介

脚本

大石哲也

原作

大場つぐみ、小畑健
「DEATH NOTE」

音楽

川井憲次

製作

山路則隆
堀義貴
西垣慎一郎
平井文宏
北上一三
松本輝起
大澤茂樹

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『デスノート』感想や口コミ評価

男性
男性
大人気漫画「デスノート」の実写映画です。原作では天才どうしの駆け引きによる巧なストーリーや特徴的なキャラクターなど魅力的な要素が沢山あるのですが、実写映画でもその様子は完全に再現されています。
漫画作品の実写映画化は、キャラクターのイメージに実写の俳優が合わない違和感が付き物です。特に本作のように、原作がすでに大人気作品、しかも超絶的な画力によりキャラのイメージが定まっている作品では、なおさらその点が不安です。しかし、本作に限ってはそれは全くの杞憂でした。特にLを演じた松山ケンイチさんは、コミックのイメージにかなり近いと思います。他の登場人物も演技力がある役者さん達で、演技で違和感を感じさせる事はないと思います。また、藤原竜也さん演じる夜神月と、松山ケンイチさん演じるLの高度な頭脳戦は知的要素が満載です。原作はもとより、ミステリー小説などをよく読まれる人をも飽きさせないシナリオだと思います。終盤は原作とは違う映画独自の展開ですが、この部分も納得できる流れで、原作と話が変わってつまらないという事は一切ありませんでした。コミックの実写映画化は、なんらかの要素が上手くいかなく、部分的には評価されつつも作品の全体像が高評価される作品は非常に少ないという印象です。しかし本作はそういった事がない、数少ない成功作品だと思います。
男性
男性
原作漫画を読んでから本作を見ました。キャストの違和感がまるでなく、どう映像化するのか興味深々だったいくつかの重要シーンも大満足です。主人公の夜神月(ヤガミライト)を藤原竜也が演じていますが、普通の大学生でありながらその頭脳を持て余しやがて狂気に満ちた正義感に自らが支配されていく様を見事に演じています。もうひとりの重要人物であるL(エル)に関してもビジュアルから話し方まで独特で唯一無二の存在である難しい役どころを松山ケンイチが、原作から飛び出して来たかと錯覚するほどのリアリティーで演じています。他にも映像化が想像出来なかった死神リュークを中村獅童、どこか魂の抜け殻の様な不思議少女ミサミサを戸田恵梨香がそれぞれ魅せてくれます。夜神月が次々とLを欺き世間を欺き、その度に本来敵対しているのにまるで好敵手となって追い詰めていくLとの頭脳戦は見応えがあります。ラスト近く、原作では2ページぶち抜きで描かれていた重要シーンの再現度も鳥肌必須。改めて原作の緻密さに感心すると同時に、奇跡的にこのキャスト陣が揃った事で原作に忠実なのに関わらず全く別のエンターテインメントの名作が生まれたと思います。
女性
女性
沢山の実写化の中でも、数少ない最高傑作のひとつなんじゃないのかと思います。漫画のファンでもありましたが、登場人物が漫画そのままで感動しました。とくに松山ケンイチのLの役作りがすばらしく、こんなに現実ばなれした難しそうな役を本当に違和感なく演じるなんてすごいと感動してしまいました。きっとこの映画を観た人は、今でも松山ケンイチを見て「あ、Lの役者さんだ」と思う方も多いのではないかなと思います。わたしもその一人なのですが、彼のカメレオン俳優ぶりを見たくて他の彼の出演映画にも興味を持ってしまったほどです。デュークは完全にCG感がありましたが、見ているうちに馴染んで違和感がなくなってくるのが不思議ですよね…。なので特に違和感なく見ることができたのでよかったです。この物語は、ただノートに名前を書いて殺していくだけでなく、頭のいいライトが自分のことを絶対に疑わないように知恵を使いながら人を殺していくのがおそろしくもあり面白いところでもありました。かなりの巻数がある漫画を元にしたにも関わらず、映画1本でしっかり収めた監督、脚本家さんたちはすごいなと思いました。しかも世間の評価が高いのがまた素晴らしいですよね。この映画の続編で、Lが主人公で活躍する作品もあるので、また見直したいと思います。
男性
男性
この映画の見どころと言えば何と言ってもキラこと夜神月(やがみライト)とL(竜崎)との頭脳戦です。この二人の頭脳戦を更に面白くしているのは、まずは映画の題名にもなっている「デスノート」です。この全くありえなく、しかも何とも恐ろしいノートが実在するという設定こそが、やはりフィクション映画の醍醐味だと思います。しかも、このノートはその力もさる事ながら、いくつかの複雑なルールがあることによって、二人の頭脳戦をよりスリリングなものにしています。そして、このノートのリテラシーの高い方が最終的に勝利することになるのですが、その思いもよらないノートの使い方に驚かされました。また、この他にもノートを月(ライト)が手にする切っ掛けとなった死神のリュークやもう一人の死神であるレムやミサ(弥海砂)といった登場人物も二人の頭脳戦に大きく関わり、このストーリーに深みを加えています。
男性
男性
見どころはデスノートと呼ばれる、人の名前を書くと書かれた人を死に追いやることのできるノートを手にして、社会貢献のためと思い犯罪に手を染めた人の名を次々と書き、死に追いやっていく主人公の夜神月(ヤガミライト)と次々と人を死に追いやっているのかは一体誰なのかを暴こうとするL(エル)の壮絶な頭脳戦にあると思います。お互いの作戦のぶつかり合いはとてもしびれるものがあると思います。そして、なんといっても一番のおすすめのシーンは最後にあります。最後の場面で決着がつくのですが、どのように決着がつくのかどのようにわかるのか、先ほど紹介した夜神 月とLの他の登場人物の関係性もすべてが絡まり、予想できないような、とても衝撃的なラストになっています。ぜひ最後まで見ることをお勧めします!
女性
女性
原作漫画を読んでいましたが、キャストも良くて原作どおりで違和感なく観ることが出来ました。すごく頭の良い月だからこそ、思いついた犯罪者を殺害していくというノートの使い方で、面白いと思いました。確かに月がキラとして犯罪者をさばいていくことで、犯罪がかなり減っているのであればそれは平和な世の中なのかなと思いました。でも、やはり人を殺すことは許されないという警察側との主張も納得は出来るのでこの対決が面白かったです。月は死神が現れてもあわてることなく、受け入れていて本当に高校生かな?と思ってしまいました。だけど、犯罪者を裁いているとはいえ、罪悪感でうなされたりしている月を見て、少し安心しました。そういった罪の意識も少しずつなくなっているような感じがして話しが進んでいくうちに、少し月が怖かったです。なかなかしっぽがつかめない中で、Lが出てきて一気に月をキラ候補として動いていくところがすごいと思ったし、面白くなりそうだと思いました。変人のL役の松山ケンイチさんの演技がすごく似合っていたし、キラをいらだたせる天才だと思いました。Lを殺すのが先か、キラの正体がばれるのが先か2人の対決が読めなくて、本当に面白かったです。
女性
女性
夜神月(ヤガミライト)は、優秀で正義感が強かったために、デスノートを持って闇落ちしてしまいました。そのノートに名前を書いたら死ぬノートが、ほんとにあったらどうするでしょうか?私は小心者なので、怖くて使えないかもですが。ライトも最初は、悪人が罪に問われないような世の中の対する反発から始まりましたが、まわりのキラ崇拝の反応などで徐々に自分の力を過信し、さらには自分の保身のために使うようになってしまっていったのが悲しいです。レイ・イワマツというFBI捜査官を殺して、そして目的のために自分の彼女を殺してしまったり、その辺りからもうライトに正義はなくなりましたね。その夜神ライトの前にLという天才が現れます。そのL役の松山ケンイチさんが、原作の漫画にそっくりに役作りをして、頭はキレルけれど、変わり者のLをみごとに演じてくれました。Lの本名がわかれば、デスノートに書いてLを殺すことができ、ライトの邪魔者はいなくなるのに。またLも早い段階からライトがキラだと見抜いていました。そこに、ライトに憧れる死に神の目を持った弥海砂(ミサミサ)も登場し二人のバトルは更にヒートアップ。死神の目は、自分の寿命の半分と引き換えに、人間の名前が見える目なのです。ミサミサはライトに協力してLの名前を知ろうとしますが・・。ライトとLの頭脳戦が、予測不能でおもしろかったです。
女性
女性
まずアイディアがうまい!ノートに書きこんだ名前の人に死が訪れるという、不気味で怖いノートによってみんな振り回されていきます。主人公の藤原竜也は、本当に演技がうまいです。役になりきっていて、すごみや恐怖を与えるのが本当に上手だと思います。この映画で主役は彼以外にもう考えられません。呪われたノートを中心に、サスペンスチックな世界が広がっていきますが、その世界観を見事に描いています。見終わった後もしばらくデスノートの余韻が残ります。それくらい強烈な印象を残す映画です。書き込んだだけで死んでしまうので、ノートに自分の名前が書かれたら最悪ですよね。それを知ってしまった人が、これから訪れる死に怯える姿は、視聴者までハラハラ焦らせます。しかしそんな呪われたノートの暴走は続きません。これは立派な犯罪なのですから、何も悪くない人の名前ではなく、凶悪犯たちの名前をノートに書けばいいのです。デスノートの特質を生かして悪を退治するといった設定は、なるほど!と感じました。死神と月とのやりとりも大切ですが、とても繊細に描写していたと思います。CGで合成されていましたが、とてもリアルでした。前半は悪に押されてばかりでハラハラしていましたが、後半に松山ケンイチが反撃を開始。つい応援してしまいます。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス