アニメ映画

映画『ダンボ』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替あらすじやキャスト

このページでは、映画『ダンボ』の高画質動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

映画『ダンボ』といえば、誰もが知っている超有名なディズニー作品。耳の大きな小ゾウのダンボの冒険のお話です。

\31日お試しで動画無料/今すぐ動画を無料視聴

ディズニーデラックス

映画『ダンボ』動画をディズニープラスで無料フル視聴する方法

\ディズニー映画『ダンボ』動画/
\31日間無料で見放題/

今すぐ無料で動画視聴する無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の動画多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間は無料で動画見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベルの人気動画が無料で見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴可能!
  • 会員限定の配信動画やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年8月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『ダンボ』が視聴可能なVOD

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 770円 31日間
U-NEXT × 330円~ 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 300円~ 933円 31日間
dTV × 300円~ 500円 31日間
TELASA × 330円~ 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 300円~ 500円 31日間

ディズニープラスで視聴可能な関連作動画品

  • 映画『ターザン』
  • 映画『わんわん物語』
  • 映画『アラジン』

https://tsuiokunomori.jp/disneydeluxe-lineup/

『ベン・シャープスティーン』監督関連の動画

  • 映画『白雪姫』
  • 映画『ピノキオ』
  • 映画『シンデレラ』

\31日お試しで動画無料/今すぐ無料で動画視聴する

ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

 

映画『ダンボ』の映画情報

映画『ダンボ』あらすじ

コウノトリが空から、赤ちゃんの動物達を親元に届けていきます。キリンの赤ちゃん、クマの赤ちゃん、カンガルーの赤ちゃん、カバの赤ちゃん、トラの赤ちゃん、そして、耳の大きなゾウの赤ちゃん。

本作品は、この耳の大きなゾウの赤ちゃんが成長していくお話です。

耳が大きいために、他のゾウ達から「ダンボ」とばかにされて笑われてしまいますが、ダンボの親ゾウのジャンボは、そんなダンボにたくさんの愛情を注いで育てていきます。

サーカス団の一員として活躍していたジャンボとダンボですが、ある日、ダンボが街の子供達にイタズラされてしまいます。それを見たジャンボは、ダンボを守ろうと暴れますが、サーカス団の大人達がジャンボを「凶暴なゾウ」として捕獲し、檻の中に閉じ込めてしまいます。

突然、母親のジャンボと引き離されてしまったダンボ。悲しみにくれているところに、他のゾウ達はジャンボの捕獲を笑いのネタにし、ダンボに対しても冷たい態度をとってきます。

そんな姿を見かねたネズミのティモシーが、ゾウ達の間に割って入っていくと、ゾウ達はキャーキャーいいながら散っていきます。ゾウには、ネズミが出ると鼻にネズミが詰まって死んでしまうという言い伝えがあったのです。

他のゾウ達からダンボを守ってくれたティモシーは、ダンボの元へ行き「一緒にダンボのお母さんを探そう」と提案します。

ダンボが有名になれば、お母さんに会えると考えたのです。

その時、サーカス団の大人達が、「ゾウ達でタワーを作ってその一番上にゾウが飛び乗ってクライマックスを迎える」という無茶な計画を立てていることを耳にしました。

ティモシーはその飛び乗るゾウにダンボを推薦し、段取りをします。

サーカス本番、ゾウ達がタワーを作り、その上に飛び乗ろうとするダンボ。しかしうまくいかずタワーに衝突してしまいます。

サーカスはめちゃくちゃになり、ゾウ達は大怪我をしてしまい、サーカス団はその街にいられなくなり、他の街への移動を余儀なくされてしまいました。

そしてサーカスをめちゃくちゃにしてしまったダンボは、その責任として降格処分を受けることに。最下層のランクのピエロという立場になってしまいました。

ピエロとしてサーカスの舞台に立たされるダンボ、毎日笑い者にされ、心も体もボロボロになってしまいます。

見かねたネズミのティモシーは、ダンボを元気付けようと、母親に会わせてあげようとします。

ダンボの母親のジャンボは、サーカス団のテントの近くの檻に「危険なゾウ」として閉じ込められており、外に出ることはできませんが、その長い鼻を檻の中から出して、ダンボと触れ合います。束の間の親子の時間。

いつかまた一緒に暮らせることを夢見て、ティモシーはダンボを連れて帰ります。

その頃サーカスの大人達は、サーカスの成功を祝して酒盛りをしていました。1人の団員が誤ってお酒が入ったままの瓶を落としてしまいます。

泣きじゃくっているダンボに水を飲ませようとしたティモシーは、誤ってそのお酒の入った瓶をダンボに渡してしまいます。そしてティモシーもお酒を飲んでしまい、2人して酔っ払ってしまいました。

酔っ払ったダンボとティモシーは、ピンクエレファントの幻覚を見ます。ピンクのゾウが歌ったり踊ったりしているのを見て気分がよくなった2人はそのまま寝てしまいます。

そして目が覚めると、そこは何と木の上だったのです!

カラス達に起こされたダンボとティモシーは、自分たちのいる場所に驚きを隠せません。どうやって木の上に登ったのかと考えていたら、カラスが冗談まじりに「そのゾウが自分の耳で飛んだ」と口にします。

「もしかして本当にダンボは自分の耳で空を飛べるのかも!」そう考えたティモシー。カラス達も最初はばかにしてきましたが、ダンボの悲しい身の上話などを聞いて、ダンボが空を飛べるよう協力すると言ってくれました。

一緒になって空を飛ぶ練習をして、眼鏡カラスの羽をお守りとしてダンボに持たせ、ついにダンボは空を飛ぶことができました!

そして翌日のサーカスのショーで、ダンボは30mの高さから飛ぶよう大人達に指示される。お守りの眼鏡カラスの羽をしっかりと握り、飛び立つダンボ。

しかし、眼鏡カラスの羽が飛んでいってしまう。あれがないと飛べない!そう思い込んでいたダンボは、そのまま落下してしまいそうになりますが、ティモシーが「ダンボは自分の力で飛べる!」と呼びかけます。

ティモシーの言葉を信じて、大きく自分の耳をバタつかせるダンボ。すると本当に飛ぶことができ、サーカスは大成功。ダンボは一躍人気者となります。

ティモシーはダンボの専属マネージャーとなり、ダンボはハリウッドと契約するほどの人気者となります。そしてそのおかげもあって、ダンボの母親のジャンボも檻から解放され、親子仲良く暮らすことが叶いました。

\31日お試しで動画無料/今すぐ無料で動画視聴する

映画『ダンボ』キャスト・出演者

  • ティモシーマウス:エドワード・ブロフィ
  • ジャンボ:ヴェルナ・フェルトン
  • メイトリアーク:ヴェルナ・フェルトン
  • 団長:ハーマン・ビング
  • コウノトリ:スターリング・ホロウェイ
  • キャティ:ノリーン・ガミル
  • ギグルス:ドロシー・スコット
  • プリシー:サラ・セラピー
  • ジム・クロウ:クリフ・エドワーズ
  • 牧師カラス:ホール・ジョンソン
  • 眼鏡カラス:ジム・カーマイケル
  • 帽子カラス:ジム・カーマイケル
  • デブカラス:ジェームズ・バスケット
  • スミッティー:マルコム・ハットン
  • ジョー:ビリー・ブレッチャー
  • ケイシージュニア:マーガレット・ライト
  • ナレーション:ジョン・マクリーシュ

映画『ダンボ』スタッフ

監督

ベン・シャープスティーン

音楽

オリヴァー・ウォーレス
フランク・チャーチル

脚本

ジョー・グラント
ディック・ヒューマー
ビル・ピート
オーリー・バタグリア
ジョー・リナルディ
ジョージ・スターリング
ウェップ・スミス

製作

ウォルト・ディズニー

興行収入

3533億アメリカドル

映画『ダンボ』の感想や口コミ

女性
女性
言わずと知られた超有名作品ダンボ!子供の頃にみたことがあるくらいでしたが、改めて大人になってから見返しても、また違った見方をすることができて、とっても感動します。新たに気づくこともありますし、何度見ても面白いダンボ、ぜひまた見直してみることをオススメします!特にダンボが空を飛ぶシーンは、作品全体の中で3分ほどしかないそうです。これは制作側が、ダンボが空を飛ぶシーンをより印象付けるためには「3分がベストだ」との結論から、こうした構成になっているのだそう。そうしたダンボ制作の裏事情なども知るとより深みがでて面白いですね。あと単純にダンボが可愛くて愛おしくて不憫で、日常で普段あまり抱くことのない気持ちになって、胸が締め付けられます。人間の身勝手さや、生まれつきの見た目を貶されていじめが起きたり、親子が引き離されたり、これでもかというほど不幸な運命に翻弄されるダンボ、母性がくすぐられて、守ってあげたいという気持ちでいっぱいになります!ディズニー映画は他の作品もそうですが、単なるエンターテイメントではなく、人間の本質や真理に迫る、問題提起をしてくれる映画が多いですが、ダンボは特にその色合いが強いように感じます。一見可愛らしいタッチで見やすい作品ですが、見終わったあとは色々と考えさせられることが多いのではないでしょうか

 

今すぐ無料視聴

※記載の情報は2020年8月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス