洋画

映画『バードマンあるいは』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじとキャスト

このページでは、映画『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の動画を、無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\TSUTAYAなら無料お試し30日間/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』は2014年公開の、アレハンドロ・G・イニャルトゥ監督のブラック・コメディ映画です。初演はベネチア映画祭でした。

アカデミー賞は9部門でノミネートされ、4部門、映画賞、監督賞、脚本賞、映像賞を受賞しました。

ゴールデン・グローブ賞は、脚本賞と、コメディ、ミュージカル部門男優賞をマイケル・キートンが受賞、英国アカデミー賞では10部門にノミネートされ、映像賞を受賞など、数々の賞に輝いた傑作です。

ディズニーデラックス

映画『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』動画を無料でフル視聴する方法

\TSUTAYAの無料お試しで/
『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
\DVD無料レンタル可能/

今すぐ無料お試し※DVD&CDの最新作レンタルは無料期間後から

/無料お試し30日間\
/解約手続きもカンタン!\

映画『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』が視聴可能なVOD

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
TSUTAYA DISCAS DVDレンタル × なし 動画&CD・DVD:2,417円
動画のみ:933円
CD・DVD:1,865円
30日間
U-NEXT × × なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 933円 30日間
dTV × 300円 500円 31日間
TELASA 〇/× × 200円~ 562円 30日間
Netflix なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 299円 4900円/年間 30日間

映画『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の動画は動画配信サービスでは、dTV、Netflix、TELASA、Amazonプライムで配信されています。

しかし、dTV、TELASA、Amazonプライムでは有料ポイント動画作品となっています。

Netflixでは、見放題動画作品なので会員の方は無料で視聴が可能です。

ただし、Netflixの会員ではない方は、Netflixには無料お試しの期間がないので月会費を支払ってからの市長となります。

そのため、映画『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の動画を無料で視聴しようと思ったら、DVDのレンタルしか手段がないのが現状です。

\TSUTAYAなら無料お試し/
\ 30日間もある!! /
TSUTAYA DISCASの
無料お試し

\DMMでもDVDレンタルの/
\無料お試しが利用可能/
DMMの無料お試し

マイケル・キートン出演作品

DVDでしか視聴できない作品

  • スタジオジブリの作品
  • 映画『海猿』シリーズ
  • ドラマ『海猿』シリーズ
  • ドラマ『半沢直樹』シーズン1

などなど

映画『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の映画情報

映画『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』あらすじ

リーガン・トムソンは、何十年か前、『バードマン』というシリーズ大作映画で主役を演じたハリウッドのスターでしたが、今はもう落ち目です。

最初のシーンは隕石か彗星でも落ちてくるような場面で、そのあと、リーガンがなぜか宙に浮いてる場面になります。

時々、演じた役柄のバードマンが宙に浮遊しながらリーガンの前に現れ、昔の栄光に比べて落ちぶれた今の自分の状況をあてつけるので、気分が消沈することが多い今日この頃でした。

かつての栄光とは違うまでも、俳優としてもう一度一旗揚げようと、レイモンド・カーヴァーの小説、『愛について語ろうとするときに、実際に話すこと』を自分で脚色し、劇場上演することを計画します。

親友で弁護士のジェイクが制作にあたり、今のリーガンの彼女のローラとレスリーという女優が主演、麻薬中毒から回復した娘のサムがアシスタントをすることになりました。

主演男優のラルフはリーガンから見ると大根で、ある日突然照明器具が落ちてきてラルフに当たってしまうという事故が起きるのですが、これはリーガンが自分が引き起こした事故だと、ジェイクに打ち明けます。

ラルフの代わりに主演することになったマイクは、演技力は抜群なのですが出演料が高く、リーガンは持ち家の一つを抵当に入れてマイクの出演料を支払わなければいけません。

おまけにマイクは不安定な性格で、プレビューの時に、アシスタントが自分が飲むはずのジンを水に変えたという理由で、台本を無視した上に舞台のラブシーンでレスリーをレイプしようとします。

サムがまたマリフアナを吸っているのに気が付いたリーガンはサムをとがめるのですが、かえってこんな芝居は自分の虚栄のためにやってるだけだと口答えをされます。

プレスの批評ではマイクだけが注目をあび、リーガンは頭にくるのですが、ジェイクは上演を中止しようとはしません。

最後のプレビューの日、舞台裏で、サムとマイクがいちゃついているのを見かけます。

その後でタバコを吸いに外に出たところが、ドアが閉まってしまい、ブリーフだけでタイムズ・スクエアを建物の反対側の正面のホールまで歩いて行かなければならなくなります。

その場面をビデオにとられ、YouTubeにアップされてしまい100万回以上の視聴を受けてしまいました。でもそれがかえって芝居の広告にもなったのです。

そののち、彼女に良い批評をもらえば成功間違えなしといわれる、演劇批評家のタビサと知り合います。

彼女は実はハリウッドの過去の栄光たちが芝居で栄光を取りもどそうとするのを面白くは思っておらず、ハイウッドの大根が役者になろうとするのをことごとく憎み、自分の酷評で、リーガンの芝居を殺してやると脅します。

その夜、泥酔したリーガンはまたバードマンによって幻想を見せられます。リーガンをヒーロー映画の世界に戻そうとするバードマンに悩まされますが、ニューヨークの空を飛びまわってから劇場まで帰ってきます。

リーガンは初演の日、自殺の場面で本物の拳銃を使い、間違えて鼻を撃ってしまい、観客の喝采を受けますが、タビサが何も言わずに劇場を去っていくのが見えました。

病院で手当てを受けている途中、ジェイクが報告するには、タビサの批評は素晴らしいもので、自殺未遂は事故だと判断してあると書いてあるということでした。

撃ってしまった鼻に巻いてある包帯を取ってみると、整形でバードマンのようなとんがった鼻になっていることがわかります。

イニャリトゥ監督は、この映画はいくつかの場面以外はなるべく継続映像で、つまり全体が一コマの映像のようになるように撮影することを決めていました。

これは技術的に非常に難しく、通常とは異なる撮影概念でプロジェクトを進め、台本を書くだけで2年間かかっています。

また俳優たちも継続映像撮影のために、撮影前に何週間ものリハーサルが必要でした。

この映画は、主人公を見る目はわりに温かいのですが、同時にかなりの辛辣な風刺でもありますね。

初老に差し掛かった主人公が、自分の中にある大きなエゴであり、妄想でもあるバードマンに過大評価しがちな自己の可能性を見せつけられ、また過去の失敗を擦り付けられて頭に来ながらあがいている姿がなんとも悲しく滑稽です。

誰でも50代になると今までの自分の人生を振り返って、こうすればよかった、あんなことをしなければもっと成功したのにとかいろいろ悩むのではないでしょうか。

また同時に自分の失敗も、若い頃よりもう少しユーモアをもって振り返られるかもしれません。

マイケル・キートン自身、1989年にティム・バートンの『バットマン』で大スターになった後で2作目でやめてしまい、その後はいくつも映画に出ながらもそれほどのヒットがなかったことを思うと、わざわざキートンを主演にした意図が感じられますね。

\TSUTAYAなら無料お試し30日間/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』キャスト・出演者

  • リーガン・トムソン :マイケル・キートン
  • サマンサ(サム)・トムソン :エマ・ストーン
  • レズリー・トルーマン:ナオミ・ワッツ
  • マイク・シャイナー :エドワード・ノートン
  • ジェイク:ザック・ガリフィアナキス
  • ローラ・オーバーン:アンドレア・ライズボロー

映画『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』スタッフ

監督

アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ

音楽

アントニオ・サンチェス

原作・脚本

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
ニコラス・ジャコボーン
アーマンド・ポー
アレクサンダー・ディネラリスJr.

製作

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アーノン・ミルチャン

\TSUTAYAなら無料お試し30日間/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』感想や口コミ

男性
男性
全編ノーカット風映像で話題になったバードマンは過去の栄光にすがる男の再起をかけた物語です。過去にヒーロー映画で人気を博した男をマイケルキートンが演じるという彼のキャリアを知っていれば自虐ともとれる役どころに苦笑がでます。どうにも自分のエゴのために舞台に立とうとしている彼に似た手に負えない俳優をエドワート・ノートンがやっているところも毀誉褒貶ある彼にぴったりで笑えます。ワンカット風なのも話がけっこう単純な部分を補ってくれています。また彼の妄想が絵として出てきて文芸映画チックにならず意外と派手な演出もあって飽きさせない作りです。中年にもかかわらず妄想して現実逃避しているのが痛々しいなあと思いながらも娘とうまくいっていない点で同情を誘う主人公が奮闘して尊敬を勝ち取ろうとする様は世の父親には響くものがあると思います。監督の実人生を反映しているからでしょう家族とのやりとりは娘に込めた思いがあってなんだかロッキーザファイナルの息子への激励を思わせるシーンもあります。個人的には衆人環視の中をブリーフ一丁で突っ切る場面が印象的です。情けない格好でも他人にどう思われようが仕事を全うしようとする主人公の決意を笑えながらも応援できる名シーンです。
男性
男性
すべてが規格外の、予想できない映画だと思います。始まりから終わりまで、ワンショットの長回しで撮られたように見える、視覚の効果、現実なのか、劇の中で起きる虚構なのか、それを混ぜ合わせるような演出で、非常にメタ的です。ただわかりずらいわけではなく、面白い伝え方で話される、面白いストーリーという感じです。マイケルキートン、名演です。マイケルキートン自体が、この映画に出る前、けっこうご無沙汰している感があって、カムバックを求めているハリウッド俳優という役どころに、リアリティを付与している気がします。あとはバードマンというキャラはどこか、アイアンマンを想像させるのも、なんだか面白いポイントです。個人的には、コメディアンである、ザック・ガリフィアナキスが、シリアスな演技をしていて、それが上手であることに感心しました。ドラムのアントニオ・サンチェスの劇中音楽もすばらしかった。本人一瞬登場します。
女性
女性
ブラックコメディがすごい。さすがアメリカの映画だと思いました。時々笑えないユーモアもありますが、そこもメリハリでいい。最初から最後までブラックユーモアでかためてくれえて、映画のイメージにブレがないところが素晴らしいです。マイケルキートンが、再復帰をかけてブロードウェイの舞台に挑戦していく模様を描いています。映像もいいし、脚本もコメディの割りに考えさせられる内容な気がしました。心理的な工夫もされています。でも、主人公は俳優としてもう出しゃばらなくてもいい歳になっているのに、未練があるというのがおもしろいです。実際こういうこと、ショービジネス界ではあるのだろうなと思います。過去の華やかな栄光をもう一度手にしたくなるんですよね。同じ時代には戻れないのに、また同じように賞賛されたいと思ってしまうんです。しかもその男のバイタリティがすごいです。自分のお金を犠牲にしてまで再起を目指すのですから、本気です。バードマンがだんだん幻想や妄想を抱くようになり、外見や内面まで腐っていく様子はちょっぴりえがつなかったです。しかし、奥が深いと思いました。最後は何気に感動します!
  • 映画『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』はVODで無料視聴ができない
  • 映画『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』は、DVDのレンタルでしか動画の無料視聴ができない
  • TSUTAYA DISCASなら無料お試しで映画『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のDVDが視聴可能!
  • TSUTAYA TV/DISCASならDVDのレンタルオンラインでの動画も視聴が可能!

映画『バードマンあるいは
(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年6月時点のものです。最新の情報はTSUTAYA DISCASホームページにてご確認ください。

TSUTAYAですでに無料お試しを利用したことがある人は、DMMでの無料お試しがオススメ!

DMMの無料お試し

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス