洋画

映画『バットマンビギンズ』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替とシリーズ順番

このページでは、映画『バットマンビギンズ』の高画質な動画を無料で安全にフル視聴する方法についてまとめています。

\31日お試しで動画無料/ 映画『バットマンビギンズ』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『バットマンビギンズ』と言えば、アメリカのDCコミックでも有名なキャラクターの一人です。2019年には、宿敵である『JOKER』の映画も話題を呼びましたね。

様々な俳優、監督がバットマンの映画を作ってきたわけですが、今回は鬼才クリスファー・ノーラン監督が作るバットマンを見ていきたいと思います。

国を超えて、世界中で愛されるキャラクターバットマンの映画『バットマンビギンズ』はそのタイトル通り、バットマンの始まりの映画です。如何にしてバットマンは誕生したのか、気になる人も多いはずです!

ディズニーデラックス

映画『バットマンビギンズ』動画を無料でフル視聴する方法

映画『バットマンビギンズ』動画が
U-NEXTシリーズ3作品見放題

『バットマンビギンズ』を
無料視聴する

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『バットマンビギンズ』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT 〇/× なし 1,990円 31日間
Hulu 〇/× なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
〇/× × 300円 932円 30日間
dTV 〇/× × 300円 550円 31日間
TELASA 〇/× × 200円/2日 572円 30日間
Netflix 〇/× なし 800円〜 なし
Amazonプライム 〇/× × 199円 500円〜 30日間

 

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

DCEU(DCエクステンデッド・ユニバース)作品

映画『ハーレイクインの華麗なる覚醒』エンドロールクレジット後おまけ映像は?続編や評価感想まとめ2020年3月20日から、DCコミックスの人気ヴィラン(悪役)キャラクターの一人であるハーレイ・クインが主人公となった映画『ハーレイ・ク...

DC映画作品

『クリスチャン・ベール』出演作品

『クリストファー・ノーラン』監督作品

※2020年7月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

 

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『バットマンビギンズ』の映画情報

映画『バットマンビギンズ』あらすじ

幼い頃に、強盗によって目の前で両親を殺されたブルース。孤児になったブルースを献身的に支え育てたのは、執事であるアルフレッド。

世にはびこる悪が許せず、自ら悪に対抗する力をつけようとブルースは、世界中を放浪する。

ブータンの刑務所に入れられたブルースはそこで、自警団”影の同盟”のリーダーであるラーズ・アル・グールの使者、デュカードと出会う。

デュカードは師匠として、その経験豊富かつ人を殺せるほどの圧倒的な技をブルースに教えていく。

ヒマラヤの奥地という隔絶された世界で心身ともに厳しい修行を受けたブルースは、敵の目を欺くことを教え受けた。

厳しい修行に耐え、生まれ育ち、そして両親が殺されたゴッサムシティに帰ってきたブルースだったが、待っていたのは汚職と腐敗した街の現状。

変わらないアルフレッドは、ブルースの帰りを喜ぶ。

両親を殺した犯人チルはマフィアのボス、ファルコーニに不利な証言をして釈放されたが、裁判が終わった直後ファルコーニの差し向けた殺し屋にブルースの目の前で殺されてしまう。

実質ゴッサムシティを支配してるファルコーニのせいで、司法はおろか警察までも当てにならない。

現状他人任せでは、悪を正しく裁けないと判断したブルースはウェイン産業のCEOとしての地位を得た後、亡き父の元部下であるルーシャスに協力を仰ぎ、子どもの頃の体験から自身の恐怖の象徴となったコウモリ、バットマンとして孤独な戦いを開始した。

ゴッサムではもう貴重な実直な警官、ゴードンの協力によってマフィアのボスであるファルコー二の麻薬密輸の現場を急襲し追い詰めるも、その裏ではもっとおぞましい危機がブルースの幼馴染レイチェルとゴッサムシティに迫っていた。

拘置所に送られたファルコーニは、組んでいた精神科医クレインに精神的に裁判は無理だと証言しなければ彼の共謀を明かすと脅しをかける。

しかし、ファルコーニは逆にクレインに幻覚剤を使われたせいで気が狂ってしまい、ナローズ島にあるアーカム精神病院に収容されてしまう。

クレインの正体であるスケアクロウの調査していたバットマンだったが、バットマンも幻覚剤を使われ錯乱状態に陥ったところをアルフレッドに救われる。

ゴッサムシティの上下水道に大量の幻覚剤を流しているクレインはレイチェルを捕らえ手にかけようとするが、駆け付けたバットマンに彼女を助け出され部下ともども倒されてしまう。

救出されたレイチェルも幻覚剤の中毒症状が出たが解毒剤を投与され、無事事なきを得た。

しかし、ブルースの誕生日パーティーの日、ヒマラヤで気絶させ、別れたはずのデュカードが現れる。

ヒマラヤで殺したラーズの使者だったデュカードだったが、実は彼がラーズ本人だったのである。

ラーズの真の目的は、部下だったクレインに幻覚剤を拡散させ集団ヒステリーを起こすこと。

ゴッサムシティを破壊すること、が目的だった。

 

最終決戦、ガスとして吸引した場合のみ危険な幻覚剤を、ラーズはゴッサムシティの中心地で散布しようと計画する。

モノレールでの激しい戦いの末、ゴードンの活躍でレールが脱線。

地上へと落下していくモノレールの中で、バットマンはラーズを自ら殺すことはしないが助けることもせずに単独で脱出に成功する。

モノレールは大破、事件はやっと終息する。

バットマンの正体がブルースだと知ったレイチェルはゴッサムシティに平和な日々が訪れた時にブルースと一緒になる約束をする。

警部補に昇進したゴードンはバットマンに捜査協力を求めるようになり、現在追っている事件の犯行現場にトランプのジョーカーが残していく犯人の男の話をする。

再び、戦いに向かうバットマンを夜の闇が包む。

 

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『バットマンビギンズ』キャスト・出演者

  • ブルース・ウェイン/バットマン:クリスチャン・ベール
  • ヘンリー・デュカード/ラーズ・アル・グール:リーアム・ニーソン
  • レイチェル・ドーズ:ケイティ・ホームズ
  • アルフレッド・ペニーワース:マイケル・ケイン
  • ジェームズ・”ジム”・ゴードン:ゲイリー・オールドマン
  • ルーシャス・フォクッス:モーガン・フリーマン
  • ジョナサン・クレイン/スケアクロウ:キリアン・マーフィー
  • ラーズ・アル・グール(影武者):渡辺謙
  • カーマイン・ファルコーニ:トム・ウィルキンソン

主演のクリスチャン・ベールは、2009年に作られた映画『ターミネーター4』で未来のジョン・コナーを演じた俳優でもあります。

映画『バットマン ビギンズ』を撮影の際、前作の為に54キロまで落とした体重をアイスクリームなどの高カロリーのものを大量に食べて6ヶ月で86キロまで戻して挑んだ、という過酷な話がある俳優です。

その体にも注目して見てみると面白いと思います!

また、渡辺謙さんが出演されており大作への日本人出演も嬉しいですよね。

最近では、バットマンの永遠の宿敵であるジョーカーを主人公にした『JOKER』も大ヒットしています。

映画『バットマンビギンズ』スタッフ

監督

クリストファー・ノーラン

音楽

ジェームズ・ニュートン・ハワード
ハンス・ジマー

脚本

クリストファー・ノーラン
デヴィッド・S・ゴイヤー

製作

ラリー・J・フランコ
チャールズ・ローヴェン
エマ・トーマス

原作

ボブ・ケイン
ビル・フィンガー『バットマン』

 

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『バットマンビギンズ』感想や口コミ

男性
男性
映画『バットマンビギンズ』の主人公であるキャラクター、バットマン自体は昔の作品を子供の頃に見た事がありましたので、ある程度ストーリーを知っていました。なので、映画『バットマンビギンズ』も面白味はそんなにないかと思い、軽い興味本位で見ました。映画『バットマンビギンズ』はバットマン誕生のお話が主となっているのですが、ストーリーを一新して、他の映像や演出などの点からも、映画『バットマンビギンズ』シリーズをリブート作品と言うがごとく全く違う作品になっていて、とても面白かったです。1点だけ、ストーリーが難解になっているし、マフィアや麻薬や悪の社会が主で描かれているので、子供にはお薦めできません。しかし、映画『バットマンビギンズ』はバットマンのイメージを一新させてくれる作品だと思います。DCコミックシリーズですが、一般的なのは元から特殊能力を有していてヒーローとして悪と戦うものです。しかし、映画『バットマンビギンズ』のバットマンは、一般人が訓練やトレーニングで力を手に入れることでヒーローになるという物で、私は人間味があり現実離れしすぎていない、アメコミヒーローの中でも好きな作品です。またバットマンはダークヒーローという所が、ただ明るい世界で悪と戦うのではなく、世の中の悪を背負ってまで大事な物を守ろうと本当の悪と戦うという点が、とてもかっこいいです。また主人公が生きている町の設定が秀逸です。マフィアが警察より力を持ち、汚職と腐敗が蔓延してしまっているゴッサム・シティ、正義や個人の力など何の意味も持たないと主人公が気づく序盤の場面で、もうこの映画に引き込まれてしまいました。印象的なシーンとしては、やはりモノレール車内での影の同盟のラーズとの戦闘シーンです。特別に魔術を使ったり、圧倒的な腕力で戦うのではなく、シンプルに強化スーツとハイテク機器を使って後は肉弾戦、敵と対話しながら戦うという所は人間くさくて良かったです。そして最後はラーズを殺したり、警察に突き出すのではなく、動けなくして「殺しはしないが、救う気もない」という捨て台詞と共に自身はモノレールから飛び立つなんてまさにダークヒーローだと思いました。エンディングではジョーカーの存在がちらっと出てきています。ジョーカーは知っていたので、これで続編を確信しました。映画『バットマンビギンズ』の次作となる映画『ダークナイト』でのジョーカーとの対決がとても楽しみです。
男性
男性
バットマンは、昔TVのロードショーでうっすら見た記憶があり、ちゃんと映画で見るのは映画『バットマンビギンズ』が初めてになります。映画『バットマンビギンズ』は、全体的に暗い印象の映画で、必ずしもみんなから称えられるヒーローではないというところが、一般的なヒーロー映画と違い、惹きつけられました。映画『バットマンビギンズ』の見どころとしては、超人的な能力を持つヒーローではなく、普通の人間が鍛え上げ、正体を隠し、人知れず悪と戦うところです。戦い方もど派手なアクションではなく、闇や人の恐怖心をうまく使い、忍者に近い戦い方をメインにしているため、迫力はあまりないですが、悪人たちが混乱し、おびえながらやられていく姿は、見ていてスカッとします。また、バットマンの協力者の警部の演技が良く、舞台になっているゴッサムシティは、信じられないくらい汚職まみれの町ですが、その中で正義感を失わず奮闘している警官という感じがすごく出ており、映画の雰囲気をしっかり引き立てて、ストーリーにのめり込むことができました。
バットマンの表の顔が大富豪の成功者として、描かれており、マナー違反をしてしまったホテルをそのまま買い取ったり等、金持ちっぷりを発揮しますが、不快感はなく逆に好感を持てます。映画『バットマンビギンズ』での執事役のマイケル・ケインやバットマン装備の開発者役のモーガン・フリーマンという配役も豪華で、見応えがる作品だと思いました。
男性
男性
映画『バットマンビギンズ』は、世界的に大人気となったバットマンシリーズの映画で、2005年に公開されました。この作品では、バットマン誕生の秘話が語られているのでとても興味深いです。あらすじは、悪が蔓延るゴッサムシティにて、両親を強盗に射殺されて富豪の息子のブルースが幼少期からのトラウマである、蝙蝠の恐怖を克服し悪と戦うことを決意します。一筋縄では倒せないと思ったブルースはバットマンというダークヒーローと手を組み悪を退治することにします。一部の理解者を味方につけることで、ブルースは街に幻覚剤がばらまけるのを阻止するという話です。バットマンシリーズは、ダークな世界が描かれていて、独特の世界観が表現されているところが良いです。また、ラーズ・アル・グールの役で渡辺謙さんが出演しているのが、日本人にとっては嬉しい限りです。
女性
女性
映画『バットマンビギンズ』は、ノーラン監督による新たなバットマンの誕生譚であり、とても面白い作品です。犯罪に巻き込まれ、両親を失ったブルースがバットマンとして活躍する、という基本的な設定はそのままですが、人物を深堀りすることで感情移入しやすくなっています。法で裁けない相手に対して、どうするべきなのか、ブルースの怒りや葛藤が伝わってきて、胸が苦しくなりました。汚職と腐敗だらけのゴッサムシティでは、悪人であっても罪を免れることができてしまいます。そんな中でも、犯罪は法のもとで裁かれるべきだとするレイチェルの考えは、正論だと思います。レイチェル自身が強い信念を持っていて、ブルースのことも心配しているからこそ、正しいやり方を貫こうとするは格好いいです。しかし一方で、まともな方法にも限界があります。その穴を埋める存在が必要だと、ブルースはバットマンになることを選びます。アルフレッドやフォックスたちの協力を得ながら、普通の人間でも戦えるよう武器やスーツを作り上げていく展開に、ブルースの覚悟と努力が表れています。また、ゴードンとの協力関係もここから始まるので、感慨深くなりました。ダークヒーローの道を進むと決めたブルースは、レイチェルとは相容れない立場となってしまいます。ゴッサムの平和を願い、大切な人達を守ろうとしているのに、愛する人とは結ばれないことがとても切なかったです。これから待ち受ける困難に、バットマンは、ブルースはどう立ち向かっていくのか、気になって仕方なくなるラストでした。
男性
男性
映画『バットマンビギンズ』は、クリストファー・ノーラン監督によるバットマンシリーズとなるダークナイトトリロジーの第1作目。ダークファンタジー要素の強いティム・バートン監督、ミーハーでおちゃらけた雰囲気のあるジョエル・シュマッカー監督からの流れを一新させた、バットマン映画の金字塔。クリストファー・ノーランがスタジオに乗り込んで製作を説得したという逸話もあるほど熱量の多いバットマンとなっています。映画『バットマンビギンズ』の見どころは、バットマンの生い立ちが分かりやすく描かれること。この映画『バットマンビギンズ』一作を見れば、バットマンがどんなヒーローでどういう闇を抱えているのかが分かります。また、これはシリーズ全体を通して言えるのですが、セリフが本当にカッコいいです。例えば、主人公ブルースは自分がバットマンであるということを隠すために普段は馬鹿社長を演じているのですが、その姿を偶然、本当に好きな幼馴染レイチェルに目撃されてしまいます。当然動揺を隠すことはできず、ブルースはこう言い訳をします。Inside me, I am more.「僕の中身は違う。こんな奴じゃないんだ」それに対してレイチェルは冷たくこう返します。It’s not who you are underneath. It’s what you do that defines you「中身は大事じゃないわ。あなたの本質を決めるのは行動よ」そしてクライマックス。バットマンはレイチェルを助け、レイチェルはバットマンを呼び止めます。「あなたの名前を教えて」と問うレイチェルに、バットマンはこう答えるのです。It’s not who I am underneath, but what I do that defines me.「(マスクの)中身が大事ではない。私の本質を決めるのは私の行動だ」それを聞いた時のレイチェルの表情!こんなにカッコいい正体のバラし方が他にあるでしょうか。一度でいいからこんなカッコいいシチュエーションでセリフを決めてみたいものです。(ちなみにバットマンは夜な夜な犯罪者を私刑にする犯罪者です。最高にカッコいい変態です)また、主人公ブルースの師匠は、スターウォーズでオビワンの師匠クワイ・ガン・ジンを演じたリーアム・ニーソンが演じています。しかしながら「怒りを力に変えるのだ」とジェダイとは全く正反対の教えを授けるところも本作の隠れた魅力の一つです。なお、クリストファー・ノーラン作品のほとんどに出ている俳優キリアン・マーフィーが本作のヴィラン「スケアクロウ」として登場するのですが、シリーズを通して彼の扱いがどんどん小さくなっていく、そして愛嬌が増していくのが微笑ましくて個人的には楽しいです。大傑作の続編「ダークナイト」の陰に隠れて埋もれがちな映画『バットマンビギンズ』ですが、観れば観るほど隠れた魅力満載の逸品です。

\31日お試しで動画無料/ 映画『バットマンビギンズ』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス