洋画

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』高画質動画を無料フル視聴!MCUフェーズ4ラスト

このページでは。映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』と言えば、アメコミヒーロー映画「アベンジャーズ」シリーズの最新作!

\ディズニープラスは31日間で無料見放題/映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』
動画を無料で見る

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、映画の公開まで物語の内容についてネタバレ禁止令が出ていたので、内容が気になっている人も多いのではないでしょうか?

ディズニーデラックス

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』動画を無料でフル視聴する方法

\映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』/
ディズニープラスなら
\マーベル作品動画が見放題!/

今すぐ無料お試し

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間は無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベル作品の人気作品が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 770円 31日間
U-NEXT × 220円/2日 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× 400円/2日 932円 30日間
dTV × 200円/2日 550円 31日間
TELASA × 500円/2日 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
Amazonプライム × 199円/2日 4900円/年間 30日間

 

\マーベル作品が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のシリーズ作品順番

フェーズ1

  1. アイアンマン 2008年
  2. インクレディブル・ハルク 2008年
  3. アイアンマン2 2010年
  4. マイティ・ソー 2011年
  5. キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー 2011年
  6. アベンジャーズ 2012年

フェーズ2

  1. アイアンマン3 2013年
  2. マイティ・ソー/ダーク・ワールド 2013年
  3. キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー 2014年
  4. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 2014年
  5. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 2015年
  6. アントマン 2015年

フェーズ3

  1. シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ 2016年
  2. ドクター・ストレンジ 2016年
  3. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 2017年
  4. スパイダーマン:ホームカミング 2017年
  5. マイティ・ソー バトルロイヤル 2017年
  6. ブラックパンサー 2018年
  7. アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 2018年
  8. アントマン&ワスプ 2018年
  9. キャプテン・マーベル 2019年
  10. アベンジャーズ/エンドゲーム 2019年
  11. スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム 2019年

フェーズ4

  1. ブラック・ウィドウ 2020年5月
  2. ジ・エターナルズ 2020年11月
  3. Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings 2021年2月
  4. Doctor Strange in the Multiverse of Madness 2021年5月
  5. Spider-Man 3 2021年7月
  6. Thor: Love and Thunder 2021年11月

 

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...

マーベル作品の親会社である、ディズニーの動画配信サービスであるディズニープラスなのでもちろんのこと、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』をはじめとするマーベル作品の動画のほぼ全てが見放題動画作品です!

他社の動画配信サービスで無料動画になっている、MCU第1作目の映画『アイアンマン』の動画やソニーが権利を持っている『スパイダーマン』シリーズの動画は、残念ながら配信されていません。

しかし、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の動画をはじめとする上記以外のマーベルの映画動画は、他の動画配信サービスでは有料作品となっています。

そのため、マーベル作品動画やディズニー、ピクサー作品の動画ファンの方はディズニープラスに入ったほうが絶対にお得です。

\マーベル作品が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\マーベル作品が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の映画情報

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』あらすじ

2018年、タイタン星人サノスにより全宇宙の生命の半分が消し去られる大量虐殺事件「デシメーション」が起こった。

その事件から3週間後、トニー・スターク(アイアンマン)とネビュラは地球に帰る手段をなくし宇宙を漂流していた。

生還を諦めかけたその時、アベンジャーズと合流していたキャロル・ダンヴァース(キャプテン・マーベル)の助けにより地球に帰還を果たす。

スティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)をはじめアベンジャーズの生存者たちは、失われた命を散り戻すためにサノスを襲撃する。

サノスにとどめを刺したことで決着はついたが、インフィニティ・ストーンはすでに砕かれており、失った者たちを取り戻すことはできなかった。

この戦いから5年後の2023年、平穏を取り戻しつつある世界を残されたアヴェンジャーズのメンバーが守っていた。

そんな中、偶然量子世界から抜け出したスコット・ラング(アントマン)により重大な情報がもたらされる。

量子世界が時間の概念を超越し、タイムトラベルが可能になるという信じられない情報であった。

サノスとの戦いの後、自暴自棄になっていたソーやクリント・バートン(ホークアイ)もメンバーに説得されアベンジャーズに復帰を果たす。

3つのグループに分かれたアベンジャーズは、それぞれが失ったものを取り戻すために時間を超えた戦いに挑むのであった。

空間も時間も超越した激戦の先に待っている衝撃の結末とは!

大人気アメコミヒーロー映画の最新作『アベンジャーズ/エンドゲーム』!

これまでの集大成となる本作は過去最高のボリュームで物語が展開していきます。

あまりにも衝撃的な結末は、公開当初ネタバレ禁止として口外しないように言われていましたね!

\マーベル作品が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』キャスト・出演者

  • トニー・スターク(アイアンマン)/ロバート・ダウニー・Jr
  • スティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)/クリス・エヴァンス
  • ブルース・バナー(ハルク)/マーク・ラファロ
  • ソー/クリス・ヘムズワース
  • ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)/スカーレット・ヨハンソン
  • クリント・バートン(ホークアイ/ローニン)/ジェレミー・レナー
  • ジェームズ・“ローディ”・ローズ(ウォーマシン)/ドン・チードル
  • スコット・ラング(アントマン)/ポール・ラッド
  • キャロル・ダンヴァース(キャプテン・マーベル)/ブリー・ラーソン
  • ネビュラ/カレン・ギラン
  • サノス/ジョシュ・ブローリン

映画「アベンジャーズ」シリーズのフィナーレを飾る本作は、映画「アバター」を抜き、興行収入世界歴代1位を記録しました!

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』スタッフ

監督

アンソニー・ルッソ
ジョー・ルッソ

音楽

アラン・シルヴェストリ

脚本

クリストファー・マルクス
スティーヴン・マクフィーリー

製作

マーベル・スタジオ

\マーベル作品が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』感想や口コミ

男性
男性
映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、人生で観た映画の中で一番好きな作品で、映画館に6回観に行きました。映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』が好きな理由は、「一体いくつの感情を刺激したら気が済むの?」というぐらい、3時間の中でたくさんの驚き、感動、笑い、興奮、感動をもらえるからです。映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、物語の冒頭からもう衝撃なんです。ホークアイが愛する娘(これ、監督の娘さんなんですが)に弓の射方を教えているのですが、ちょっと目を離すともういないんですよ。黒い塵を残して。これ、前作の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を観ているとわかるんですが、サノスによって消されてしまった証拠なんですよね。『アントマン&ワスプ』のラストもそうだったんですが、この消えてしまうという状況が本当に絶望的で。もちろん、過去の映画でも姿が消えてしまうという設定はたくさんあるんですが、あれだけヒーローたちががんばって阻止しようとしていたサノスの野望を止めきれなかった結果として、罪のない人たち前で消えてしまうというのは悲しいものがあります。この後から話がジェットコースターのように進んで行きます。意外にもサノスへのリベンジは割とあっさり完了してしまい、次に失ったみんなをどうやって元に戻そうかと模索している中で、『アントマン&ワスプ』の最後で量子の世界に入ってしまったアントマンがひょんなことから無事に帰還したことを受けてタイムスリップを思いつき、それを実行に移そうとするのですが、笑と涙と驚きの連続なんです。
過去に戻ってサノスが集める前にインフィニティ・ストーンを集めて、失われた人たちを復活させようという計画なのですが、その過去のシーンは以前の作品とまったく同じシーンを別の角度からすべて再現していて、その完成度の高さに開いた口が塞がらないほど衝撃を受けます。また、ソーの激太り問題に加えて、彼のこれまで見たことないような女々しいコミカルなキャラクターも笑えるし、キャップの「アメリカのケツ」(SNSでキャップのおしりがキュートだと話題になったことを作品内に取り入れたもの)もかわいいし、トニー・スタークが亡き父親と再会するところは涙なしには観れません。でも、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の一番の見どころはやっぱり終盤の大バトルのところです。なんとか集めきったインフィニティ・ストーンでハルクが指パッチンをするのですが、その直後に過去のサノスが現代にやってきてしまうのです。もともとヒーローたちは半分の数に減らされている上に、サノス軍の攻撃で基地は壊滅し、まともに戦えるのはキャップ、ソー、アイアンマンの3人だけ。そこで、まさかのキャップがムジョルニアを操るという、劇場内で他のお客さん全員が「えええ?!」って声が漏れ出ちゃうほどの衝撃はあるものの、すでに満身創痍状態。このまま負けてしまうのかというところで、キャップに無線が入るんです。サムから。「On your leht.(左から失礼)」と。これ、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』で、サムがランニングしているところを、キャップが左から抜いていくときに言うセリフで、ファンからしたら「ここでそれを言うのかー!!」という興奮モノです。そこからドクター・ストレンジの黄色い輪っかが無数に表れて、復活したヒーローたちが全員集結するんです。この映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のシーンは本当に感動中の感動で、みんなが生き返ったことに涙がボロボロボロボロこぼれて、着ていたTシャツがびちゃびちゃになるほどでした(笑)ヒーローだけでなく、ブラックパンサー、ソー、ドクター・ストレンジの国から無数の戦士たちを集めてサノス軍に対抗できる戦力を用意し、両者のにらみ合いが始まります。そして、キャップの「Assemble」のかけ声で戦闘開始。ここの大乱闘っぷりはまさに『ロード・オブ・ザ・リング』のラストバトルを超える勢いで、まばたきする余裕もないぐらいの接戦です。映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の最後は、再びインフィニティ・ストーンが付随したガントレットを装着したアイアンマンが指パッチンをすることでこの戦いは終わるのですが、その行為は普通の人間には負担が大きすぎて、彼はその命を落としてしまいます。これが、ドクター・ストレンジが予知した唯一勝てる未来だったのです。2008年に『アイアンマン』から始まったマーベル・シネマティック・ユニバースですが、このシリーズの父と呼ぶにふさわしいアイアンマンがいなくなることで幕を閉じる寂しさにも涙が止まりませんでした。彼の娘、モーガン・スタークが言ってました。「3000回、愛している」と。そのセリフは全観客がトニー・スタークに向けてかけてあげたい言葉であると思います。
男性
男性
映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、今まで登場したヒーローが総結集して、強敵と戦うシーンが一番の見所です。また、映画『アベンジャーズ/インフィニティウォー』で消えてしまった仲間たちを、時空を超えて助けにいくところは感動ものでした。今までメインで戦っていたヒーローたちに数々の悲劇が起こりますが、最終的にはハッピーエンドだったと思います。アベンジャーズシリーズで登場するヒーローたちは皆人間味があって、ユーモアがあって本当に好感が持てます。どんなシリアスな場面でも必ずコミカルなシーンが入るので、見ている側としては暗くなり過ぎず、あくまでもエンターテイメントとして楽しめると思います。このエンドゲームは特に終盤がシリアスなのですが、「素敵なエンディングだな」と思わず笑顔になれるような展開でした。また、新たなヒーローの誕生を思わせるような場面もあったので、今後のアベンジャーズにも期待できると思います。今までのマーベル作品を観てきた人なら物凄く感情移入できると思うし、そうでない人も壮大な世界観に引き込まれると思います。映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、おすすめの作品です。映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』を観ないと人生損しますよ!
男性
男性
映画『アベンジャーズ』シリーズの総括でどうやって終わらせるのかと思い、劇場に足を運びました。映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の1番のおすすめのシーンは、やっぱり「I am Ironman」ですかね。名に恥じぬ一言でした。映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』では、最初にどうやって帰れば…、無理だ諦めるしかない。ただ、一縷の望むで一言だけでも届いてくれたのなら…。というシーンから始まりますが、いきなりやってきたキャプテンマーベルに連れ戻された後、全員途方に暮れる状態から、コミカルにシーンを進めながら、最終決戦では全員集合!映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の見どころになる本当の最終決戦は壮観すぎますね。アントマン、ワスプが逆になってますし、扱えなさそうな武器も平気で扱う。パスワークで血路が開けるか?と思っていたところで取り返されたりする。出来ることは全部やって、最後は大団円…。じゃなかった…。と思ったらキチンと終わらせた。映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』楽しめたシリーズ完結作でした。
男性
男性
基本的にマーベルの作品は全て好きですが、この映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』を挙げたの集大成の位置づけだからです。もちろんこの映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』以降もいくつかの作品は続いていくみたいですが、アイアンマンとキャプテンアメリカの物語がここで一つの区切りをつけることは非常に意義深いものがあります。特にサノスの野望を身をもって食い止めたアイアンマンが命を落とすところはこれまでのアイアンマンシリーズを知っているからこそぐっとくるものがありました。加えて全てのヒーロー・ヒロインが一堂に会して最終決戦に向かうシーンも鳥肌が立ちましたね。サノスも決して純粋な悪ではない…善と悪の単純な二元論では語れないような部分もこの映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の魅力だと思います。監督のルッソ兄弟が上手くまとめた、そんな感じです。
男性
男性
アベンジャーズ インフィニティ・ウォーの衝撃のラストから、待ち遠しかった次回作が、このアベンジャーズ/エンドゲームです。アベンジャーズシリーズの完結作として、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は必見の映画です。映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のみどごろはストーリー展開です。インフィニティ・ストーンの力で全宇宙の生命の半分が消し去られてしまいますが、これらをどう取り戻すのか、タイムトンネルを使った壮大な計画が面白いです。さまざまな点が徐々に解き明かされていくのも面白いです。また、迫力のある戦闘シーンはCGを駆使しているとはいえ、どれも圧倒される映像です。そして、何よりもアイアンマンやキャプテンアメリカなどのキャラクターたちの生き様がカッコいいです。彼等が背負っているもの大きさや、葛藤のなかで彼等が下す決断など、わたしたちにも勇気をくれるものです。そんな彼等のラストが涙を誘います。
女性
女性
映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』はアベンジャーズの最後の作品です。サノスに負け、人類の半分がいなくなり、途方にくれてる残ったアベンジャーズのメンバーたちは、どうにかしてサノスを探し出しやっつけて、消えてしまった仲間達、人達を戻そうと考えてる中、トニースタークが宇宙から戻ってきます。ですが、スパイダーマンの子がいなくなってしまった事にすごく責任を感じています。責任だけでなく可愛いかったから悲しかったのだと思います。そしてキャプテンにあの大事な時にいなかった。と、怒りをぶちまけます。ですが戻ってきた時と同時にキャプテンマーベルが探せばわかる。と、いいサノスが田園で暮らしてる事がわかり、みんなで行きます。行ってサノスはいましたが、石はないと言います。その事に怒ったソーがサノスのクビを切り落としてしまいます。私としては前作で首を切っておいてくれたらと思いましたが、なんの収穫もなく戻ってきます。そしてアントマンの登場で事態はかわり、タイムマシンでサノスがストーンを全部集める前に戻す計画を練ります。今回はハルクが個人的には注目で、このなんともいえない空気をハルクが変えてくれてるように思いました。ハルクも自分を受け入れ、バナーとハルクを合体させて、唯一和む空間かあるようにかんじました。そしてタイムマシンの成功もあり石を得て元に戻す事に成功しますが、その前にナターシャが悲しい事になり、あの場面はとても辛かったです。その後元には戻ったものの、サノスがやってきて戦いになります。初めはアイアンマン、キャプテン、ソーでしたが、声が聞こえてきて消えてしまった仲間達が戻ってきます。この場面も最高です。そしてキャプテンの言葉と共に戦いが始まります。みんなの力がすごく、見ていて飽きません。最後、サノスにストーンの手がいってしまいますが、アイアンマンがストーンを持っていて指を鳴らします。アイアンマンは倒れそのまま帰らぬ人になってしまいますが、トニースタークらしいと感じてます。この映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』では、トニースタークは若い時のお父さんとも会え、自分の子供に3000回愛してるとも言われてます。いなくなってしまうのはとても残念で悲しいですが、やれない事ができたのではないかと思います。見どころはと言われると全部としか言いようがないくらいの作品です。映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は最後にふさわしい終わりだったと思います。
女性
女性
映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』冒頭、家族とBBQを楽しんでいたホークアイ。突然、家族が消えてなくなり途方に暮れるところ。これがサノスの指パッチンした瞬間だったのです。ミニバンに潜んだアントマンが奇跡の復活を遂げるところ。ロケット(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの一員)は、見た目がアライグマなのにカッコつけたしぐさが面白さを醸し出すところ。タイムトラベルをしてインフィニティ・ストーンを探して、消滅した半数の生き物たちとヒーローたちを蘇らせるところ。新しい蜘蛛の足型アタッチメント装着で登場するスパイダーマンの活躍。まぁ、マーベルスタジオの番宣でしょうか。真田広之が、やくざ役で驚きの登場。見事なはまり役に驚きます。最後に、やっぱり強いキャプテンマーベル。史上最強の女子は彼女に間違いありません。
男性
男性
映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』で、サノスによって人類の人口が半分になってしまった世界で、皆の大切な人が消えてしまったことに嘆くシーンは本当に悲しかったです。でも、宇宙からスタークが無事帰還して、残ったアベンジャーズメンバーでサノスが襲来する前まで戻って、インフィニティ・ストーンをそれぞれ奪取するところは、メンバーそれぞれの過去の自分もいたりするので、とても印象的なシーンでした。その作戦によって見事サノスを追い詰めることに成功し、全てのインフィニティ・ストーンが詰め込まれたグローブで皆を呼び寄せ、全面対決するシーンはこの映画の一番の見どころです。アベンシャーズの皆が団結して戦う最終対決後、スタークがその犠牲になってしまったのは悲しかったです。スタークがいない世界で、皆がそれぞれの道を歩み始める映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のエンディングシーンもオススメです。
男性
男性
映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、アメリカンヒーロー映画としてすっかりおなじみになった、アベンジャーシリーズの映画です。「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズの映画では22作品目です。公開されたのは2019年のことでした。この作品は、アベンジャーシリーズの完結作です。前作に登場し、生き残ったヒーローたちに加えて、アントマンやキャプテンマーベルらも参戦しているところが魅力的です。サノスの手によって全宇宙の生命が半数にされてしまった世界で、ヒーローたちが失われた仲間や人々を取り戻すために戦うというストーリーです。この映画は、コンピューターグラフィックスの使い方がうまいと思いました。アベンジャーシリーズの最終作として映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、ふさわしい仕上がりだったと思います。
男性
男性
『アイアンマン』から始まった壮大なMCUに一つの終止符が打たれます。映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』もう感動です。映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』を見て、何度も泣きました。私自身マーベル作品が大好きでリアルタイムで追っていてついに迎えた今作映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のラスト、終わってしまって悲しいという思いよりは今までお疲れさまでしたという思いの方が強かったです。それぐらい一人一人のキャラクターに対して感情移入のできる描き方をしているマーベルには頭が上がりません。マーベル映画のチーフであるケヴィン・ファイギの功績はもっと称賛されるべきです。今までのヒーローが総集合するということはみなさんもうわかっていると思いますが、その戦い方がもうファンの期待に応えてくれるものばかりで、ずっと脳汁出っぱなしでした。「あのヒーローとこのヒーローが共闘⁉」映画でここまで熱くなれたのは『マッドマックス』以来かもしれません。過去作の印象的なシーンがすべて伏線となっていて、怒涛の伏線回収シーンは圧倒的でした。こういったところもユニバースとして作品を作ってきた強みだと思います。DCコミックス映画もユニバースとして作品を公開していますが、作風が統一されておらずあまり成功しているとは思えません。一つ一つの映画はとても面白いのですが、むりやりつなげようとしている感じが否めません。その点さすがケヴィン・ファイギ。映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』で終止符が打たれるといってもMCUが終わってしまうわけではありません。今後も新たな展開と新たなヒーローによって素晴らしいユニバースが展開されることでしょう!今から待ちきれません。
男性
男性
映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、marvel studio11年の集大成となる本作。
映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、ストーリー、キャラクターが魅力でありシリーズファンでなくても楽しめる良質なアクション映画。
▼映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』おすすめシーン/セリフ
①アイアンマンからのハグ
前作インフィニティウォーでサノスの指パッチンで消えてしまったスパイダーマン。アイアンマンであるトニーとは親子のような関係ですが、トニーはその性格からスパイダーマンに冷たく接していました。スパイダーマン単体作品では「まだハグは早い」と他人行儀でしたが今作では蘇った姿と見るとトニーの方から無言のハグ。2人のファンにとっては最高のシーンです。

②キャプテンアメリカのアッセンブル
物語終盤敵であるサノスとの戦いで1人ボロボロになるキャプテンアメリカ。何とか立ち上がりますが目の前には数百、数千のサノス軍。そんな絶望的な状況で次々現れるアベンジャーズ の面々。全員揃ったところでキャプテンアメリカが静かに、そして力強く、「アベンジャーズ !アッセンブル」今作最高のシーンの1つです。

③アイアンマンの最後
本作のラストにてサノスとの死闘を繰り広げるアベンジャーズ。そして一歩先をいくサノス。仲間の力を借りて何とかインフィニティーストーンを自らのスーツに移すことに成功したアイアンマン。そして「i am ironman」と一言残し指パッチンを行う。サノスはゆっくりと灰になって消えていき何とか倒すことに成功するがその代償となったのはアイアンマン。指パッチンの衝撃で瀕死となり最愛の妻であるペッパーが「ゆっくり休んで」と声をかけると胸の光が消えていく。映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』での、11年の歴史に幕を閉じる最高のシーンです。

男性
男性
アベンジャーズの第4作映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』。ついにサノスとの戦いも最終章。前回の衝撃のラストからどうなるんだろうと思っていたら、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』では、序盤からいきなり衝撃!!いきなり物語が5年後になるとは思いもよらなかった。塵となった人々を戻すことができず、それぞれの生活を送っている仲間たちを再び呼び戻し、インフィニティストーンを求めて過去へ行くシーンは、前回のインフィニティウォーの続編とは思えない雰囲気です。何よりすごいのが、これまでの21作品のセリフや行動が伏線となっており、シリーズを通してみてきた人にとってはワクワクが止まらなかったと思います。10年間の物語の締めくくりとしては素晴らしい作品です。すべてのヒーローが集結するシーンは言うまでもなく、アイアンマンが亡き父に、ソーが亡き母に、キャプテンがペギーにもう一度会えたということはファンにとってとても嬉しいことです。しかしその一方でブラックウィドウやアイアンマンがいなくなってしまうのはとても寂しいです。自らを犠牲に世界を救おうとするアイアンマンの姿はアベンジャーズ1のラストで見た真のヒーローの姿そのものでした。映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、映画界における歴史的な1作品であることは間違いないと思います。
女性
女性
映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、アイアンマンを始まりとして、長い年月をかけて描かれてきたMCUヒーローたちの歴史の終焉にふさわしい超大作でした。映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の前作インフィニティ・ウォーでサノスに敗北してしまい、絶望の中で残された者達がどう戦っていくのかと映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の公開をずっと心待ちにしていました。3時間という長尺にまず驚かされました。その中で、最強の敵サノスを倒すためにヒーローたちが集結するまでの過程や、インフィニティストーンを回収するために過去に向かう展開が、ラストバトルに至るまでがしっかりと描写されていて、そのゆったりとした雰囲気が逆にこれからの激しい戦いを思わせて、楽しんで見られました。タイムトラベルのシーンで、過去のMCU作品をセルフオマージュしており、過去作品を網羅してきたファンにはたまらない展開だったと思います。かくいう私も途中何度も涙しながら観ていました。あれだけの数のヒーローが登場しながらも、それぞれのドラマをしっかりと見せてくるあたりが流石のMCU、本当にヒーローを大切にしているのだなと思いました。そして映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』クライマックスの最終決戦。すべてのヒーローが力を合わせサノスに立ち向かう、その大迫力の戦闘シーンはまさに圧巻。そこからはずっと涙腺が決壊したままでした。映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、とにかく皆に観てほしい作品です!
男性
男性
今まで見てきたマーベル作品がここに繋がるためだったと思うとそれだけでも興奮してしまうほど、やっと決着がつくという思いで見ました。
しかし、前作の終わり方が強烈でどう考えてもハッピーエンドで終わらないだろうという展開だったので、パワーアップしたソーとキャプテンマーベルでサノスは倒せそうだけど、消えた仲間はどうするのかというところなどいろいろ考えてしまい、始まる前から楽しませてくれました。
珍しいなと感じたことろは、ヒーロー映画で過去ならまだしも現在で、敵側の目標が成就され、さらにその後の敵の行動が描かれていたところです。また、インフィニティストーンをちゃんと後始末しているサノスは、いろんな意味で強敵と思わせる相手でした。
見どころとしては、やはり最終決戦でヒーローたちが集結するシーンです。今までの流れとこれほどのメンツが勢揃いするシーンは、圧巻でした。そして、圧倒的な強さのキャプテンマーベルが中心ではなく、古株のアベンジャーズメンバーが奮闘し、戦いを決着させていたので、とても良かったです。
シリーズで、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが一番好きだったので、メンバーが欠けて次回作どうするのかという疑問が残っているので、そちらも期待して待ちたいと思います。

【ディズニープラスなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
ディズニー・ピクサー・マーベルの高画質動画が見放題!

今すぐ無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス