洋画

映画『アバター』動画を無料フル視聴方法!字幕&吹替やあらすじとキャスト

このページでは、映画『アバター』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『アバター』は、「観るのではない、そこにいるのだ。」がキャッチフレーズ。ジェームス・キャメロン監督がタイタニックから12年ぶりに監督を勤めた作品。

映画界に浸透してきた3D映画を実写に取り入れた、当時としては斬新だと人気を集めた実写3D映画の原点と言える作品です!

ディズニーデラックス

映画『アバター』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\映画『アバター』の動画/
\U-NEXTで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『アバター』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
U-NEXT × 330円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 300円 933円 31日間
dTV × 300円 500円 31日間
TELASA × × なし 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 299円 500円 31日間

 

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

『サム・ワーシントン』関連作品

『ジェームス・キャメロン』監督関連作品

  • 映画『タイタニック』の動画見放題
  • 映画『ターミネーター』見放題動画作品
  • 映画『アリータ:バトル・エンジェル』の動画見放題

※2020年7月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『アバター』の映画情報

映画『アバター』あらすじ

あらすじ RDA社は衛生パンドラに希少鉱物を発見し採取を試みるが、先住人ナヴィは協力の意思を全く見せない。

希少鉱物の採取と開発の為、RDA社はナヴィのDNAから人口生命体を作り、神経をリンクさせ操作できる「アバター」を作り出し、ナヴィとの接触と交渉をする「アバター計画」実行する。

戦争で負傷したジェイクは、治療代を得るためにアバター計画に参加する。アバター捜査員であったが戦死してしまった双子の兄の代わりにアバター計画に参加するのだ。

兄とは一卵性双生児であった為、兄のアバターとは問題なくリンクできた。グレイス博士の指揮の元、捜査員といて任務に付く。

しかしRDA社の責任者パーカーは、地道に交渉をしているグレイス博士のやり方を気に入っておらず、二人の間には亀裂が生じていた。傭兵部隊の隊長、クオリッチ大佐も、いざとなれば手段は選ばないとしていた。

アバターのリンクが慣れてきた頃、トラブルが発生、グレイス博士と逸れてしまい、危ないところをナヴィのネイティリに助けられる。

ネイティリに彼女の部族、オマティカヤ族の村に連れて行かれ、彼女の父母や仲間に会う。元軍人と言うこともあり、他の調査員と違う印象を持たれたジェイクは、ネイティリからナヴィの生活や文化を学ぶ。

捕らえた獲物の亡骸にも祈りを捧げるナヴィ、全ての魂は大地に戻り、輪廻をするという考えだからだ。翼竜たちも、ペットではなく、触覚を通して意思疎通ができる友人として扱っており、自分たちで環境破壊を繰り返している地球とは大違いだった。

そしてジェイクは「魂の木」とも出会う。「魂の木」はナヴィの神、「エイワ」を宿す聖地であり、この惑星パンドラの生命を生成し維持しているという。ナヴィは「母なる女神・エイワ」を讃えていたのだ。

ある日ジェイクは伝説の空の獣を目撃する。この獣に認められ、従えたものはナヴィの中でも尊敬される存在で、指導者として讃えられる存在になれるということだった。

厳しい狩や修行を終えたジェイクは、彼らに信頼を得ることができ、正式に彼らの「兄弟」として認められた。そして彼らに昔から伝わる伝統の言葉をいただく。「ナヴィは二度生まれる。」

素晴らしい生活や文化を持っているナヴィと触れ合っていくうちに、ジェイクはナヴィに魅力を感じ始め、彼女たちの文化を守りたいと思い始める。彼女とも仲が深まっていき、次第に二人の間に愛情が芽生え、彼女と恋に落ちる。同時にジェイクはRDA社に疑問を持ち始める。

なかなか進展がないRDA社のパーカーとクオリッチは待ちきれず、ついにナヴィの村を襲撃してしまった。空からヘリによる攻撃、巨大ロボットからの攻撃など、彼らの強引すぎる手段にジェイクは驚き、ナヴィ側につくことを決意する。

しかしナヴィも侵略をしている人間側のジェイクのことを再び信頼はできなかった。そこでジェイクは伝説の空の獣を手懐け、再び彼らの前に立ち、彼らの信頼を取り戻すことができた。

ジェイクの指示の元、ナヴィはDRA社への反撃を開始する。激しい激闘の中、惑星パンドラの生物たちも味方になり、RDA社を制圧していく。ジェイクも戦闘機を爆発させたが、クオリッチはうまく逃げてしまい、巨大ロボットでジェイクのアバターへのリンクを断ち切ろうとしてきた。

ジェイクがリンクしているカプセルはもうすぐそこ。ジェイクは阻止しようとクオリッチの巨大ロボットにも怯まず、最終対決に挑む。

ナヴィ達の暮らしや生き方を守る為、そして愛する彼女を守る為に、ジェイクはナヴィを、惑星パンドラの為に戦う。

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『アバター』キャスト・出演者

  • ジェイク・サリー:サム・ワーシントン
  • ネイティリ:ゾーイ・サルダナ
  • グレイス・オーガスティン博士:シーガニー・ウィーバー
  • マイルズ・クオリッチ:スティーブン・ラング
  • トゥルーディ・チャコン:ミシェル・ロドリゲス

映画『アバター』スタッフ

監督

ジェームス・キャメロン

音楽

ジェームス・ホーナー

脚本

ジェームス・キャメロン

製作

ジェームス・キャメロン
ジョン・ランドー

 

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『アバター』感想や口コミ評価

男性
男性
映画『アバター』が、初めて3Dメガネをかけて映画館で見た作品です。圧倒的な映像美にストーリーが入ってこないくらい衝撃的でした。特にシーンとしては、主人公が儀式で断崖絶壁の場所で翼竜に飛び移るシーンです。自分は高所恐怖症なのでもう目を塞ぎたくなるくらいリアルな3D映像に、気持ち悪くなるくらい凄かったです。映画『アバター』のストーリーとしては、人間がはるか遠い惑星の希少鉱物を手に入れる為にそこに住んでいる先住民族ナヴィに瓜二つなアバターという人造生命体を作って説得を試みるのが前提となっています。最終的には人の強欲により自然は破壊され、それに怒ってナヴィと人との戦いになってしまいます。その中で主人公と仲間達が人かナヴィかどのような決断をしていくのかという所が見ものです。ストーリーは難しい要素がなく、3D映像に集中できる点が非常に分かりやすいので老若男女楽しめる作品だとと思いました。また、わざわざ先住民族の言語を作り出すなんて製作者様の意気込みを感じられて、その発想だけで素敵だと思いました。1点、気になったことがありました。さすがにアバターが受けたダメージが実際の人に反映されてしまう所は、そこはそこまでの技術があるんだから自動緊急脱出装置あるとかしないと、危険すぎて実用性に欠けるとは思いました。そもそもそんな現実的な考えを持ってこの映画は見るべきではないので、曲がった考えや先入観なしで純粋にこの世界に入るととても楽しく鑑賞できると思います。ナヴィが住んでいる惑星の自然の美しさ、神秘的な様子が3Dでとても表現されていて見ていて気持ちがいい作品でした。3D初心者にはお薦めの作品です。
男性
男性
映画「アバター」は2019年に公開されたアメリカ映画です。監督はジェームズキャメロンで、タイタニックでも有名になった監督です。公開時は本格的に3D映像を採用したことで有名になり、迫力のあるシーンが多かったことを覚えています。後にテレビでも放映されましたが、映画「アバター」は映画館の大きなスクリーンで見たほうがよい映画になっています。主役である人間とアバターの戦い、交流が話の流れになっていますが、アバターが巨大で異様な姿をしているので最初は戸惑います。しかし見ていくと動きも自然でどこかの惑星での出来事だという実感もわいてきます。映画「アバター」は、今でも通じる3D映像ですが、今の技術で置き換えるとどうなるのか興味を引きます。ジェームズキャメロン監督はターミネーター、タイタニックを監督している巨匠ともいえる人物です。映画「アバター」は常に斬新な映像を取り込んでいるので、期待感がある作品に仕上げてきます。アバターは単なるSFではなく、人間と異生物との交流を肯定的に取り上げているので共感を持ちます。
女性
女性
映画「アバター」でまず最初に驚いたのは、映像の美しさです。最新テクノロジーで描かれるアバターの世界観に一瞬で引き込まれてしまいました。映画「アバター」の映像はとても美しいのですが、ストーリーはとても考えさせられるものでした。この映画「アバター」は西暦2154年、人類がエネルギー問題解消のため、ナヴィが住む惑星から鉱石を採掘するというストーリーです。しかし、ナヴィ達は交渉を断固拒否したため、軍事的制圧をかけられてしまいます。私はこの話を聞き、将来起こってしまう事なのではないかと思ってしまいました。ナヴィ達は、自分達が住む自然豊かで、美しい場所を守るために必死に戦います。私達が住む地球も、自然豊かでとても素晴らしい環境です。その地球は今、人間の手によってどんどん汚染されてしまっています。将来、このアバターの世界が現実とならないよう、自分ができる事は何かと深く考えてしまうストーリでした。
男性
男性
タイタニックから10年以上を経てジェームズ・キャメロン監督が放った映画「アバター」。2時間半を超える長尺ですが、その上映時間を長く感じさせません。資源豊かな星に目をつけた人類が先住民から資源を奪おうとするなか、海兵隊出身の半身不随の主人公は人類と先住民とのDNAを組み合わせたアバターを使って先住民の中に身を置くことになります。次第に任務に疑問を抱くようになり・・・というストーリー展開もさることながら、何よりその世界観・画面の美しさに惹かれます。透き通るような色彩がちりばめられた画面、縦横無尽なカメラワークを駆使しての迫力のアクションシーンなどに目を奪われます。映画「アバター」の舞台となる場所は惑星パンドラという架空世界ですが、そこで起きる問題は現実社会、現在の地球上の社会にも通じるものがあり、考えさせられます。
男性
男性
映画「アバター」は、ジェームス・キャメロンが放った渾身作。映画「アバター」のストーリー・映像・特撮・音楽、すべてにおいてキャメロンの最高傑作。映画界にはこれまでも多くの天才が生まれてきました。彼も天才の一人です。映画「アバター」の物語はある惑星が舞台で、人間と異民族との闘い、まるで白人とネイティブ・アメリカンとの歴史を見るようです。キャメロンの頭の中にはその考えがあったのでしょう。それはさておき、エンターテインメントですから、堅苦しいことはともかく、見ていて面白ければいいので、この作品は兎に角映像がとても見事で、なおかつ美しく片時も目が離せないほど、想像力に満ちた驚異的で偉大な作品。ただ一つ、主演俳優が何の魅力も感じられないのはこまったものです。続編も楽しみです。
男性
男性
映画「アバター」は、近未来という設定で、太陽系外の惑星を植民地化するためのミッションに取り組むという映画です。コンピューターグラフィックスが駆使されていて、本当にありそうな惑星の様子が見事に描かれているところが素晴らしいです。また、この映画の最大の魅力は、アバターという装置を使うことで、この装置は人間の脳を活用して惑星の現地人の姿のダミー生物をコントロールするというものでした。主人公となる兵士は、車椅子生活でしたが、アバターを利用するとダミーの体で走れるようになります。そんなアバターとして惑星で活動しているうちに、彼はその星の原住民の娘と恋をしてしまいます。その恋の様子は、爽やかで切ない気持ちで見られました。最後には、主人公は現地人の姿で永遠に生き続けられるようになり、ハッピーエンドで良かったです。
女性
女性
映画「アバター」は、初めて観た3D映画。もう超酔ったし!!!笑 最初は酔って画面を直視できず、顔を背けて斜めから薄目開けて見てました…(意味ない
でも、慣れてきてちゃんと観ると何てキレイなのか。こんな美しい、幻想的な映画は初めてでした。脚が不自由で車椅子生活のジェイクにとって、ナヴィとなって自由に歩き、駆け回り、動けるというのは夢の様だったろうと思います。トゥルークに受け入れられたらナヴィの指導者として尊崇を受けると聞き、果敢にチャレンジするジェイク。本当の自分であれば車椅子から立ち上がることもできない、でもナヴィの姿ならできる!と挑戦する気持ちはよく理解できます。そしてその精神は素晴らしい。侵略してくる人間だからとナヴィから迫害されることもあったジェイク、とうとうトゥルークに受け入れられトゥルーク・マクトになり見直されるという流れは見ていて非常に気持ちが良かったです。見返す系はいつ見てもすっきりするものですよね。笑
そしてこうなると、彼にとって現実の人間世界よりナヴィとしての生き方を選択するのは当然のこと。最終人間ではなくナヴィとして人間と戦うことを決意するジェイク。そして死闘の末、ナヴィが勝利を勝ち取り人間たちは撤退していく。ジェイクも人間ではなくナヴィとして再び生を受け、ハッピーエンドでした。映画「アバター」のストーリー自体は珍しいものではありませんが、やはりこの映画「アバター」は美しい映像が見どころです!本当にキレイでした★
女性
女性
映画「アバター」の監督を務めたのは、あの超大作ムービー「タイタニック」を手掛けたジェームズ・キャメロンです。彼の作品はたいてい見ているしどれもスケールの大きな作品が多いので、アバターも期待して見ました。怖いイメージがあったのですが、SFと思って見れば映画「アバター」は、そこまで怖くありません。アバターというのは自分の分身で、操ることができるものです。ジェームズ・キャメロンがスター・ウォーズへのリスペクトを込めて監督したようですが、内容は全くスター・ウォーズっぽくはありません。宇宙飛行士が宇宙を舞台に戦闘するシーンもありませんし。でも最後の決戦は迫力があって楽しめます。パンドラの映像美も素敵ですし、3Dで見たらさらに楽しめたと思います。植物や動物の動きが繊細に表現されていたし、デザインや色合いもとても美しかったです。設定やアイディアも斬新で素晴らしいと思うし、ほかに似た作品もありそうでない気がしました。映画評論家からはあまり評判良くないみたいですが、個人的には傑作だと思います。さすがジェームズ・キャメロン、その映画の世界観に引き込むテクニックが素晴らしいです。見終わった後も映画「アバター」の余韻を引きずってしまいました。映画「アバター」のSFワールドにどっぷりハマれます。
女性
女性
映画「アバター」は、宇宙物のSF映画ですがあながち空想とは言い切れないなあと思うお話です。地球外の惑星で実際に生命が居る可能性が有り、割と地球から近い惑星をモデルにそこに住む青い肌を持ち驚異的な身体能力と神秘的な能力を持った知的生命体と滅びかけている地球からの侵略者で有る人間の争いというか争いの中で起きる人々の心の変化が描かれている作品です。見所としてはまずはすごすぎるCG技術による映像美、これぞSF映画の醍醐味!と言える程幻想的且つリアリティーを感じる圧倒的な景観に、現実からかけ離れすぎていない未来的な科学技術に見とれてしまうシーンの数々。ただそれだけの映画に終わらず体に障害が有る主人公が実験体として驚異的な身体能力を持つアバターとして研究目的に行動し、動き回り、人間的、精神的な成長を果たすヒューマンドラマ的な楽しみ方も出来る作品だと思っています。作品として、また芸術として傑作だと思います。冒頭であながち空想とは言い切れないと書いたのはやはりCGの完成度の高さと内容の繊細さ、洗練さによって近い将来地球に起きるかもしれない悲劇に関するメッセージ性とその結果発展していく科学を応用した形がこのアバターかもしれないという現実味を味わったからでした。百聞は一見に如かず、ぜひ映画「アバター」鑑賞してみて下さい。後悔はしないと思います。

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

*2020年7月時点の情報なので、ホームページでも詳細をご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス